989421 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

政治、現代史、進化生物学、人類学・考古学、旅行、映画、メディアなどのブログ

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

farr@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
背番号のないエース0829@ 婿入り 現在井上ひさし「吉里吉里人」を読書中な…
自費出版のリブパブリ2010@ ありがとうございました。 京都ヒストリカ国際映画祭事務局さん …

Headline News

2017.04.20
XML
カテゴリ:経済

 マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏(写真)が、ロボットへの課税を検討すべきだと提言しているようだ。それも、どこか1カ国単独ではなく、世界各国が協調して、という。

◎疎外された肉体労働=単純労働
 後者は、前者が善であれば、必然的提言と言える。例えばアメリカ1カ国がロボット課税を行えば、アメリカの製造業の生産性は著しく衰え、日本やドイツ、スターリニスト中国に負けるからだ。
 しかし前者の提言は、マイクロソフト創業者と思えないほどの極論だ。
 産業の自動化が急に進むと、社会が混乱するから、ということだが、単純労働を自動化・ロボット化で置き換えれば、人間はさらに創造的な仕事をできるし、すればよい。
 理系だった僕は、学生時代、あまりバイトできなかったけれど、たまにやる肉体労働=単純労働ほど疎外されたものはなかった。早く労働時間が終われば良い、とそれだけしか考えられなかった。

◎ロボットがロボットを作る
 AI化の途上にある世界は、まだ工場の完全自動化のはるか手前にある。ロボット先進大国である日本でも、管理部門には人がいる。不具合が起これば、すぐにかけつけてラインの停止にならないように手当てする。
 ロボットの大手企業と言えば、ファナックが有名だが、同社の先進工場では、産業用ロボットを同じロボットが作る。サッカー場ほどの広さの工場のフロアで働いているのは4人くらい、と徹底的に省力化されているが、それでも管理要員はいる(写真)。

◎フォード社のテーラーシステムの工場がマイカー大衆化を進めた
 思えば、世界で最初に工場自動化を取り入れたのは、アメリカのフォード社である。流れ作業で車に部品を実装し、テーラーシステムのもと、分単位、秒単位で労働者を管理し、無駄を省いた(写真=1930年代のフォードの工場)。



 それによって自動車の値段は下がり、労働者自身にも手が届くものになり、アメリカに世界最初のモータリゼーションが訪れたのだ。
 そのアメリカの世界的IT企業の創業者が、ロボット化の流れを規制するような提言をすることに、時代の流れを感じる。

昨年の今日の日記:「ブラジルの大統領ルセフ、ついに下院で弾劾決議;南米初の五輪に臨めない身から出たさび」







Last updated  2017.04.20 04:11:54

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.