932626 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

LIFEのボヤキ ~クローン病患者ですよぅ~

iii=症状は?~その2~

B:腸の病変以外の症状

 クローン病が悪い時には、腸の潰瘍以外の症状のみられることがあります。 腸管外病変と呼ばれていますが、関節の症状や皮膚の症状、又は眼の症状が 出てきます。

1、関節症状
 関節炎、骨関節炎、脊椎炎などがみられます。関節が腫れ、赤くなることがあります。 痛みがありリウマチを間違われますが、リウマチ反応は陰性です。 消炎鎮痛剤により症状の改善をみることがありますが、腸の病気を押さえなければ なかなか治りません。

2、皮膚症状
 結節性紅斑、壊死性膿皮症などがみられます。紅いしこりのある発疹や一部に 膿を持つような皮膚炎がみられ痛みがあります。壊死性膿皮症は足にみられることが 多いようです。頑固で治りにくいものですが、腸の病気の治療がこれらの皮膚の病気を 治療するのに役立ちます。 サラゾピリンのアレルギー症状で、はしかのような発疹と発熱及び肝傷害がみられる ことがあります。

3、口内炎症状
 通常は5mm以下の浅い潰瘍(アフタ)が口の中にみられます。 口内炎と同じ症状ですが、腸の病気が悪くなっている時によくみられます。

4、眼症状
 ぶどう膜炎、角膜病変、眼瞼炎などが起こります。ぶどう膜炎では、かすみ目・ 眼痛・まぶし目・頭痛がみられ失明することもありますので眼科受信が必要です。 腸の病気の状態を反映していることが多いようです。 副腎皮質ホルモン投与によって白内が起こりますし、中心静脈栄養(TPN・IVH)時 にはまれに角膜に病変を合併することがあります。

5、胆・肝病変
 胆管周辺炎や脂肪肝がみられます。輸血や手術をしたことのある場合には 肝炎を起こすことがあります。クローン病ではまれですが、硬化性胆管炎の 合併をみることがあります。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.