000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

バラ香るエクステリアプランナーのお庭♪

PR

X

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

★ジェフハミルトン

May 16, 2019
XML
​​​​Jeff Hamilton ジェフハミルトン

やっと、この2014年春にこのジェフ様をお披露目することができました・・・・。実は昨年春以降まったく開花報告しなかったのですが、その理由は・・・・・・昨年初夏に禁断の移植をしちゃった!せいだからです・・・・。
やっと告白することができました・・・・だいたいバラの移植(移動)は休眠する冬にやるもので成長期は厳禁、しかもバラ本体に相当のダメージを与えるということで、あまりの衝撃事件すぎて報告することができませんでした・・・・(汗)
でもね、私が植えた場所を間違ってしまったっていうのもあるんですが、花壇の前面に鎮座させてしまい、後ろのバラは見えないわ、イングリッシュローズの中でも生育旺盛なせいで、アクセントで一緒に植えたローズドゥレッシュちゃんをも飲み込む始末だわで、もうホトホト困りはててたんです(涙)
このジェフ様は一言で説明すると「質実剛健」ってな感じでしょうか。昔はバラ本の紹介でも「とにかく強健!」「とにかく丈夫!」「強健すぎるとこが短所!(笑)」みたいに、とにかくガッチリ、ムッチリ枝も太くて真っすぐで(あっという間に3mは伸びる)、株元なんかピエールドゥロンサールぐらいにぶっとくて、その咲き姿から大分かけ離れるぐらいの剛健さなんです(相撲取りみたいな?)
だから虫なんかも来やしなくて(葉っぱもかたくてね)、病気にもなりません。でも最大の欠点は、「じゃぁ~年中咲いてくれれば大目に見るよ」なんですが、これまた春以降は咲かない!昔の解説本では「秋はあまり咲かない」と正直に書かれていましたけどね、つまり「チラホラ咲く返り咲き」部類なんですよ。ほぼ一季咲き状態・・・・・初夏や秋に咲いても、本当にチラホラ。だから皆様気をつけてください!現在は「四季咲き」として、しれ~っと売られております。昔は冷涼な気候なら秋以降にも咲く。とか正直に書かれていたのにねぇ~・・・・・今は関東でも夏37度ですよね、無理ですって!
というわけで、まだ他のバラも控えてるし、一等地にジェフ様を置いとかなくても・・・・だいたい狭いお庭に四季咲きじゃないバラはなくてもね・・・・・もう処分かな・・・・なぁ~んて考えが昨年初夏によぎってしまったのですが、でもその咲き姿は1、2を争う素晴らしさ!ということで、ダメもとで移動させちゃった次第です。
植えた場所は、奥まった超日陰の場所。初夏なのに枝をぶった切ってコンパクトにさせて、さすがにダメかな・・・・と、思ってたら・・・・・なんと芽がでた!さすがジェフ様強健すぎだね!(笑)
以前は蛍光ピンクのローズドウレッシュと合わせていましたが、現在は同じく日陰に鎮座しているユアインネルンアンブロさんとコラボになりました。なんだか日陰のおかげでその旺盛すぎる成長が落ち着いていい感じになってホッ。花の咲き具合は変わらず、しかもその大きさは日陰のおかげで可憐になって、結果的に二重丸の結果となりました!
でもね、でもね、良い子はマネしないでね!たぶん質実剛健なジェフ様だからできた結果なのです・・・・ってか、この子何があっても枯れないね・・・・・・(笑)
<公開日時:May 16, 2014 yaplogにて>

超絶似ているバラ!といったら「モンクゥール」かな♪

モンクゥール(大苗)7号鉢植え 四季咲き(シュラブ) ロサ・オリエンティス​​​






Last updated  August 28, 2019 09:54:01 AM
コメント(0) | コメントを書く


May 15, 2019
​Jeff Hamilton ジェフハミルトン​

はい、こちら私が愛してやまないジェフハミルトン様です。コロコロの巻き巻き、強健すぎなぐらい元気で病気にもならず、花首もしっかりしているので切花品種にも劣りません。花付きもバツグンだし・・・・言うことナシ!ですね。
今年はもう「1週間に一度のバラ育て」は卒業したので、たわわにバラをカットして花瓶におさめました。ジェフ様をたぁ~くさん飾ることができるなんて涙ものです(感動)
思えば通い育てのときは、バラはたくさん咲いているけど持って帰る数に限りがあり、各バラを数本ずつしかカットできませんでした・・・・それでも限界まで「バラ抱え」に挑戦して電車の中では「なんだこのおばさん?」でしたけど(笑)だからこの毎日の幸せに感謝せざるを得ないですね、あぁ~ありがたやぁ~ありがたやぁ~。
そうそう、唯一欠点といえば、秋はあまり咲かないということでしょうか(ホントに咲きません)。でも、こちらの件は購入前からイングリッシュローズ解説本でも確認済みだったので問題ないのですが、でも予想外なのはホントに直立にグングン育つところでしょうか(笑)このバラだけ、いやに解説本で「強健すぎ」、「勢力旺盛」と書いてあったので、ど~ゆ~ことだろ~とは思いましたが、ホントにカットしてもカットしても固くてブッとい枝が、これでもか!と直立に伸びていきます(笑)
<公開日時:May 13, 2013 yaplogにて>

超絶似ているバラ!といったら「モンクゥール」かな♪

モンクゥール(大苗)7号鉢植え 四季咲き(シュラブ) ロサ・オリエンティス






Last updated  August 28, 2019 09:53:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 14, 2019
​​Jeff Hamilton ジェフハミルトン

あっ、一応去年に引き続き秋も咲いたジェフちゃんです、でもこの写真の分だけ。まぁ~ジェフちゃんは、とにかくイングリッシュローズの中でも秋に咲かないタイプなもので、ほとんど一季咲きと思ったほうがいいくくりのバラです。
しか~し!大好きな巻き巻きコロコロのバラだし、まぁ~それでもいいやぁ~って思ってたんだけど、なんと「バラの家」さんで「モンクゥール」なる、このジェフちゃんを小さくしたようなバラがでたそうではないですか!しかも完全四季咲き!
こ~なると悩みますね~巻き巻きのコロコロの四季咲き・・・・ありそうで、なかなかないんですよねぇ~。バラの品種改良は日々進化してるなぁ~と感じざるをえない今日この頃です・・・っていうか、また新しいバラ買っちゃうか?って感じなんですが(笑)
<公開日時:October 14, 2012 yaplogにて>

超絶似ているバラ!といったら「モンクゥール」かな♪

モンクゥール(大苗)7号鉢植え 四季咲き(シュラブ) ロサ・オリエンティス






Last updated  August 28, 2019 09:53:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 13, 2019
​​Jeff Hamilton ジェフハミルトン

さてさて、このジェフちゃんも地植え3年目で花束ができるほどの二番花を咲かせてくれるようになりました。
しかも見事なカップ咲きで、私の好きな巻き巻き~、ウフ。だって二番花ってあんまりいいイメージなかったんですよ、5月下旬から6月に咲き終わって、初夏のバラなんておまけで不完全な形で咲くようなもんだと思ってましたから。
ところがところが、私みたいなズボラ育てでもそこそこのバラがそこそこの二番花を咲かしてくれました(笑)
このジェフちゃんは憧れのピエールドゥロンサールの代わりになるかなぁ~なんて動機で4~5年前?ぐらいにベランダ鉢育てでスタートしました。事実、今じゃそのピエールドゥロンサールも手にしたわけですが、このジェフ様はそれ以上に色々な期待にこたえてくれ、私のお気に入りトップ3に入るぐらいです(詳しくは過去記事を読んでね♪)
<公開日時:July 14, 2012 yaplogにて>

超絶似ているバラ!といったら「モンクゥール」かな♪

モンクゥール(大苗)7号鉢植え 四季咲き(シュラブ) ロサ・オリエンティス






Last updated  August 28, 2019 09:53:01 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 12, 2019
​​Jeff Hamilton ジェフハミルトン

あっジェフ、ジェフ、ジェフ、ジェフ、ジェフちゃんだよぉ~っと、あっ、少し小躍りしちゃいました。それぐらいこの花が咲くと嬉しくなっちゃうバラ様です。
コロコロ好きにはたまりませんね~、香りもよいし強健で~、また咲き進むと白く退色する感じがまたアンニュイでぇ~大好きだぁ~。
だいたい近所の方にバラを差し上げると、ポンパドールさんかこのジェフちゃんを皆様欲しくなっちゃうようです(もちろん第一位はピエールドゥロンサールさんですが)
でぇ~このバラの花に関することは過去記事を読んでいただければなんですが(←手抜きじゃないですよ、汗)、今回はこの種のイングリッシュローズについて最近思ったことを書きたいと思います。
クライミングタイプのイングリッシュローズはそのままツルバラとして育てていいと思うのですが、ジェフハミルトンのようなシュラブタイプのバラをツルにすると、どうも花付きが少なくなるようなんですよね。色々なお宅や京成バラ園のバラを拝見した検証の結果でも、やっぱり少なくなるみたい。
半つる性だし日本では大きくなるからツルでもいいってことなんだろうけど、やっぱり自然樹形というかジュラブっぽくすると花付きが全然違う。まぁそれは本にも書かれていることなんですけどね、私も花数を楽しみたいな~と思い、このジェフちゃんをすんごいツルにしようとしたんですが、それはヤメて自然樹形で育てることにしました。そしたら今年もんのすごいツボミの数になっちゃって、それはそれで大変なことになっちゃったんですけど(笑)
<公開日時:June 02, 2012 yaplogにて>

超絶似ているバラ!といったら「モンクゥール」かな♪

モンクゥール(大苗)7号鉢植え 四季咲き(シュラブ) ロサ・オリエンティス​​






Last updated  August 28, 2019 09:52:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 11, 2019
​​Jeff Hamilton ジェフハミルトン

秋ですね!秋ですよ!なんと!ジェフ・ハミルトンちゃんが秋に咲きました!
一房ですけどね・・・このバラは春に咲いたあと、夏にチラッ、ホラッって咲けばいいほほうなんですが、まぁ~ほとんど一季咲きと思ったほうがいいバラなんですよ。
大好きなバラなので、まさか秋にお目見えできたのは至極うれしいです。そういえば、どなたかのサイトでジェフ・ハミルトンを秋に咲かせるには、夏剪定とかをせず伸ばしっぱなしにするのがいいとか?を拝見しました。
確かに今回、このハミルトン様をつるバラにするつもりで伸ばしっぱなしにしたのがいいのでしょうか・・・っていうか、剪定しないでいると3mぐらいはビヨ~ンって上に伸びちゃうんですけどね(笑)
あっ、我が家ではほかにも完全四季咲きといわれるジ・アレンウィック・ローズやザ・プリンス、ジュードジオブスキュアが咲いております。これらのバラはホントに年中よく咲きますよ!
<公開日時:October 22, 2011 yaplogにて>

超絶似ているバラ!といったら「モンクゥール」かな♪

モンクゥール(大苗)7号鉢植え 四季咲き(シュラブ) ロサ・オリエンティス






Last updated  August 28, 2019 09:52:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 10, 2019
​​Jeff Hamilton ジェフハミルトン

完璧、いや~完璧、完璧だよ!もうその一言しかないジェフハミルトン様です。
香りもさることながら、咲き姿、花つき、花もち、花の大きさ、強健、なんといってもうつむいて咲かないイングリッシュローズ!と完璧です(他に所有のイングリッシュローズはここまで完璧じゃなく・・・感動しています)。
思いおこすこと3年前、ピエールドゥロンサールに憧れまくっていて、でもベランダ組なので、なんとか似ているバラはないかと探したのがこのバラ。
でも鉢植え時代は花付きはちらほら、なんだか背ばかり高くなって全然ダメじゃんと思っていた矢先コガネ虫被害に。しょうがないから地植えしよぉっ~って、フタを開けてみたらこの花付きです!
大口開いてデカく咲かないほどよい花の大きささがよいんですよ~、これまた花の周りは純白なのに中心はクリアピンクな感じとか、も~最高(時間がたつと退色して全体が白っぽくなります)。結局、鉢栽培だとそのバラの本当の真価は分からないってことが、色々と分かってきました。とにかく、私にとってピエールドゥロンサール、ジェフハミルトン、ルイーズオディエがトップ御三家になっています(笑)下記写真は、花色・形をちょっと比べてみたものです。
<公開日時:June 07, 2011 yaplogにて>

超絶似ているバラ!といったら「モンクゥール」かな♪

モンクゥール(大苗)7号鉢植え 四季咲き(シュラブ) ロサ・オリエンティス






Last updated  August 28, 2019 09:51:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 9, 2019
​​​Jeff Hamilton ジェフハミルトン​

見事に咲き乱れましたジェフハミルトンちゃん!
ザ・コガネ虫から復活!です。
ベランダ組のときは1~2輪しか咲かなかったのにな~、コガネに根っこをやられたにも関わらず、地植えにしたらたわわに咲いてくれました!
なんたってピエールドゥロンサールに憧れて、でもベランダじゃキツそうだし・・・ということで選定したバラだけに、この咲き姿は感激ひとしおです(泣)
下はピエールちゃん1輪と合わせてみた時の写真です、けっこう分からないもんでしょ♪
でも、このジェフちゃんに何を感激してるかっていうと、本当に丈夫なんです!病気知らずで、また、このしっかりした葉っぱのせいか、虫が寄ってこないんですよ。どの資料をみてもこの子は「とにかく強健!」「とにかく丈夫!」「強健すぎるとこが短所!(笑)」みたいのが載ってまして、本当にイングリッシュローズのなかでも強い子みたいです♪
<公開日時:June 16, 2010 yaplogにて>

超絶似ているバラ!といったら「モンクゥール」かな♪

モンクゥール(大苗)7号鉢植え 四季咲き(シュラブ) ロサ・オリエンティス
​​






Last updated  August 28, 2019 09:51:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 8, 2019
​​Jeff Hamilton ジェフハミルトン

こちらは実家組の地植えしているジェフ・ハミルトンでございます。
スィートムーンと同様に元はベランダ組の鉢栽培でしたが、これまた同じようにコガネ虫の被害にあいまして、実家で養生となりました(根っこがほとんどなかったんですよ・・・・)。
しか~し、今年の冬に地植えしたら見事に復活!もともとイングリッシュローズっていう強健さも相乗して鉢栽培の頃以上の成長具合を見せてくれました!予想以上の復活ぶりなもので、そのまま花を咲かせることにしよぉっと♪早くコロコロの花姿を見たいな~。
っていうか、コガネ虫の件もありますが、その勢力旺盛具合にベランダ鉢栽培でビビッた・・・というのも地植えした理由の一つでもありまして・・・・。結構どんなバラでも鉢栽培できる!と、本には書いてありますが、このジェフ・ハミルトンのおかげで身の程を知った機会でもあったというか、考えてバラを買うようになりました。
<公開日時:May 21, 2010 yaplogにて>

超絶似ているバラ!といったら「モンクゥール」かな♪

モンクゥール(大苗)7号鉢植え 四季咲き(シュラブ) ロサ・オリエンティス






Last updated  August 28, 2019 09:50:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 7, 2019
​Jeff Hamilton ジェフハミルトン​

咲っきました~♪咲っきました~♪
この子も期待こめて楽しみにしていた特別な薔薇でございます。
綺麗に咲いてくれましたね~、ウフ。なんといっても香りが期待以上!イングリッシュローズって、ちょっと軽視していたんですが、噂にたがわず「丈夫で強健、かつ香りも素晴らしい」と、いうことなし!
成長もグングンのドカンドカンで、来年の冬には鉢のサイズを特大にしないといけませんね。手入れを頑張って、蕾をふやすぞ~!ということで、この薔薇も来年が楽しみです♪
<公開日時:May 17, 2009 yaplogにて>

超絶似ているバラ!といったら「モンクゥール」かな♪

モンクゥール(大苗)7号鉢植え 四季咲き(シュラブ) ロサ・オリエンティス






Last updated  August 28, 2019 09:50:29 AM
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.