000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

バラ香るエクステリアプランナーのお庭♪

PR

X

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

ジ・アレンウィック・ローズ

May 5, 2020
XML
The Alnwick Rose ジ・アレンウィック・ローズ

その香りも素晴らしく殿堂入りしてもいいぐらい優秀なアレンさんの2020年開花です。
ディープカップの咲き姿もイイんですよねぇ~。あっ、香りは以前から伝えているようにキンモクセイ並みのイイ意味で甘ったるぅ~い感じです(←1本あるだけで部屋中香ります!)
毎年さほど手をかけてないのに花数もたくさん凄いから、お庭に1本あるとオススメです♪四季咲きの特徴も凄くて、冬まで咲いちゃってます。



バラ苗 ジ・アレンウィック・ローズ イングリッシュローズ ER専用角鉢植え 大苗 ソフトピンク






Last updated  July 22, 2020 09:07:46 AM
コメント(0) | コメントを書く


May 11, 2019
The Alnwick Rose ジ・アレンウィック・ローズ

去年、いったん肥料をお休みしていたアレンさんの2019年の開花です。
あっ、なぜ肥料を休止したかの理由ですが、それは是非とも高原通寿先生の「根力で咲かせるバラつくり」を読んで勉強してみてください。今年になって驚きの成長、開花ですよ。薔薇バカ時代まっさかりの頃でしたが、この本に出会ってバラ育ての概念・極意が分かったような気がします(なぁ~んちゃって、笑)
でも、それぐらいオススメの本。内容は文字ばっかりで地味かもしれないけど、雑誌で華やかに登場するローズマイスターの方々より、よっぽどウンチクが詰まっているなぁ~と実践して思いました。
なもんで古株だけど、またまた大きくニョキニョキ成長中。もともとシュートが出やすく樹勢が旺盛なアレンさんの特徴でもあるんだけどね(汗)


根力で咲かせるバラつくり 盛り土三層構造で活力アップ (コツのコツシリーズ) [ 高原通寿 ]


ジ・アレンウィック・ローズ 裸苗 - The Alnwick Rose(Ausgrab)






Last updated  October 4, 2019 03:39:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 10, 2019
The Alnwick Rose ジ・アレンウィック・ローズ

うぅぅぅぅ~たまらないね、このコロコロ&カップ咲き!2018年のアレンさんの開花です。
ヘタしたら晩冬まで年中咲いちゃう強健なアレンさん。花付きも花首もバツグンで、さすがお花屋さんで売ってる切花品種だけあります!
なにより、香りが凄い!その甘ったるぅぅぅぅ~い香りはお部屋に1本あるだけで芳しく、数ある我が家のバラの中でも一番じゃないかな、この強香っぷりは。
そして、切花品種だからなるべく花瓶に飾りたいところなんだけど・・・・なにせ花付きがいいもんでそんなにカットできず、咲かせっぱなしで蛍光ピンクのアンリマルタンさんの隣でなかなか良いコラボにさせてます♪
でぇぇぇ~ツボミがたくさん付いて花期はけっこう長いんですが、それでも遅咲きのクレマチスとはなかなか合わず・・・・上画像のようにアレンさんが咲き終わった後にクレマチスが咲いてくるときもあります(汗) でも、それはそれでバラが終わったお庭を、今度はクレマチスが彩ってくれてヨし!季節によってはドンピシャに咲いてコラボになったりするから、自然相手に人間がどうこうできるもんじゃぁ~ないし、気ままにいくのがイイのねん♪
<公開日時:May 11, 2018 yaplogにて>


ジ・アレンウィック・ローズ 裸苗 - The Alnwick Rose(Ausgrab)






Last updated  September 17, 2019 06:00:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 9, 2019
The Alnwick Rose ジ・アレンウィック・ローズ

甘ったる~いキンモクセイの香りがする2017年春開花です。このバラ、もっと香りをフューチャーされてもいいと思うのに、なんで話題にあがらないんだろ?お部屋に1本あるだけでも、凄ぉ~く甘い香りが広がるんだから♪
植えてる位置は、ビビットピンク(蛍光ピンク)のアンリマルタンさんのお隣り。ほんのちょぉ~っとオレンジが入ってるかなぁ~ぐらいのお上品ピンク色なもんで、お庭とのなじみもいいし優秀ですね!あっ、切り花品種だから花首強いし、花持ちもヨいですからね~♪
ただ・・・・オレンジが微妙に入ってるピンク色だからか、けっこう合わせるバラの色が難しい・・・・意外とどのバラともマッチしない(笑) もぉ~アレンさん単体で飾るか、淡い色のバラと合わせて花束にしたりしてます(汗) でも、年中(初冬)まで咲いてくれるからいいのさ!シュートの出もいいし、景観用としてのバランスもいいしオススメです♪
<公開日時:May 13, 2017 yaplogにて>


ジ・アレンウィック・ローズ 裸苗 - The Alnwick Rose(Ausgrab)






Last updated  September 17, 2019 06:00:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 8, 2019
​​The Alnwick Rose ジ・アレンウィック・ローズ

そのバラが一本あるだけで・・・・部屋の中は香りムンムン・・・・キンモクセイの香りでおなじみのピンク薔薇、アレンさんの2016年春開花でございます。キッチンに1本飾っただけなのに・・・・・その強烈な香りにクラクラです(笑)
花つきも毎年よいですね~、完全四季咲きの切花品種、花首もしっかり花持ちよいです♪ 毎春咲くビビットピンクのアンリマルタンさんの隣にて綺麗で嫌味のない(ちょいオレンジがかった)ピンク花を咲かせております。
下の画像は昨年秋撮ったもの。いかんせんよく咲くバラは当たり前すぎて写真撮らないがちになるんで、過去から引っ張りださないと画像が足りないのよね(汗) でもお花屋さんで売られてるような感じで(実際売られてる品種なんだけど)綺麗でしょ?ウフ♪
もうちょっとワサ~って咲いてくれたら、もっと素敵な景観になるんだろうけど、我が家は全体的に日陰気味の和風庭だから、これでも十分上等な仕上がりなのよ~。だから日陰めの庭だからってバラをあきらめてる方・・・・大丈夫だから!
絶対そこじゃ育たないだろ~ってバラを選ぶんじゃなく、日陰めでも十分咲く一季咲きだったり、強健な品種の四季咲きだったりを選別していけば大丈夫よ!
<公開日時:May 06, 2016 yaplogにて>


ジ・アレンウィック・ローズ 裸苗 - The Alnwick Rose(Ausgrab)​​






Last updated  September 17, 2019 05:59:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 7, 2019
​​​​The Alnwick Rose ジ・アレンウィック・ローズ

はぁ~い、毎年初冬まで咲き続けちゃうアレンさんもまずは秋バラ咲きました~。
相変わらずしつこく言ってる「夏中盤からの天候不良」により、今年は小ぶりめの開花です。まぁ~でもたくさん咲いてくれているから、一応御の字かな。長雨でぜぇ~んぜん薬剤散布できなかったから葉っぱは落ちちゃうし、期待してなかったんだけど、思いのほか咲いてくれて感謝感激、だから「バラは強し!」っていつも頭が下がっちゃうんだけど(自分もこんな風に強くいられたらって)。
あっ、別に薬まみれにしてるわけじゃないのよ、春と秋に2週間おきで軽めに「適切な薬剤散布」ってやつよ。
薬剤散布には賛否両論あるけどね、この10年色々検証したけど「ナチュラルにエコに」ってなぁ~んにもしないと一番バラにダメージがあってボロボロな姿になってしまう。それより堆肥をすきこんだりフカフカの土にしつつ「適切な薬剤散布」を施したほうがバラが元気、元気この上なし!
エコ至上主義でいくなら毎日の物凄い観察の無農薬でやっていけばいいんだろうけど・・・・・・誰だって事情は色々あるじゃん!
仕事だってあるし、家族の介護が大変なご家庭もあるだろうし・・・・・・私だって今年まさかの父親が突然の入院!で大変だったよ。でもさ、ちょっとの薬剤散布でバラが元気でいてくれてさ、立派な花を咲かせてくれて疲れた心を癒してくれたら嬉しいじゃない。毎日の物凄い観察の時間はとれないけど・・・・・・バラには「元気でいてくれてありがとね」っていつも感謝しています。
もうすぐバラ歴約10年の私・・・・・「バラ育てはこうじゃないといけない!」っていう人をみて、ちょっと「肩の力を抜いて、もっとラクにいこうよ」って最近思う次第です。っていうか、かなりのズボラ育てでもそこそこ咲いてくれちゃうのがバラだしね(笑)
<公開日時:October 02, 2015 yaplogにて>


ジ・アレンウィック・ローズ 裸苗 - The Alnwick Rose(Ausgrab)​​​​






Last updated  September 17, 2019 05:59:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 6, 2019
The Alnwick Rose ジ・アレンウィック・ローズ

はぁ~い、毎年期待を裏切らないアレンさんも2015年春たわわに咲いてくれましたぁ~。
とぉ~っても花付きが良い切花品種、まるでキンモクセイみたいな甘ぁ~い香りも忘れちゃいけない小悪魔的なところが魅・力・的。
あっ、切花品種だけに花首はしっかりとしております。よく「どうしてそんなに首がすわったお花屋さんみたいなブーケみたいになるの?」とか、「うちのバラはすぐに下にむいちゃう、どうして?」って、バラを差し上げた方々に言われることがありますが、違いはそこですね。
やっぱりお花屋さんで売られるような品種は花首しっかりしているし、ハッキリお顔を見せて咲いてくれるし、何より花もちいいし無残に散ることもありません(掃除がラク)!
以前ウィリアムモリスを育てたことがありましたが、花首弱いもんで全部下にむいちゃうしで、あぁ~ゆぅ~のは自分的には悲しかったなぁ~・・・・なもんで里子にだして今ではとっても素敵な広いお宅で可愛がってもらっておりますが、それがキッカケで切花品種を集めだしたかもしれません(限りある狭い庭だし)
ま、四季咲き性も申し分ないしシュートもびゅんびゅん出てくる強健品種で欠点はないんだけど、どぉ~しても何か一つ短所的なところをあげろというなら・・・・意外と個性的なオレンジピンク花なもので、けっこう他のバラとブーケにするとか相性で難しいときがある、かな?ってことぐらい。もぉ~このバラは単品で大きな花瓶に豪華にドカッと飾るぐらいが艶やかさが増していい感じだと思います!
<公開日時:May 07, 2015 yaplogにて>


ジ・アレンウィック・ローズ 裸苗 - The Alnwick Rose(Ausgrab)






Last updated  September 17, 2019 05:58:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 5, 2019
The Alnwick Rose ジ・アレンウィック・ローズ

毎年恒例、初冬でも最後まで頑張るアレンさんです・・・・・晩秋、初冬でも咲くバラとしておなじみのアレンさん、来週の金曜にはほとんどの会社が仕事納めというなか、最後の一つが咲き誇っております・・・・。
ホント毎年、プリンスさんどっちが最後まで残って咲ききるかのデットヒートを繰り広げて面白いっていうか、まぁ~頑張って咲いてくれてありがたいです(笑)
そうそう、地植えで大株にしたてたブルーデージーが12月中旬に満開になってね、意外にも四季咲きバラの引き立て役に健闘しています。「ブルーデージーが秋に咲かない」っていう声が聞こえるけど、大株にすると秋から初冬に満開になるよ、我が家は日陰気味だから12月中旬になっちゃったけど、南向きのお宅だったら11月下旬には満開じゃないかな。
それにしても、アレンさんはモスローズのアンリマルタンをバックに咲いてくれるんだけど、この一季咲きのモスローズ・・・・・どのオールドローズより強健なのよね・・・・・・葉っぱも冬でもちっとも散らないし・・・・・その枝ぶりっていったら半端ないし・・・・・アレンさんを見る度にこのモスローズ「アンリマルタン」が見えてしまい、「誘引どうしよ・・・・・モスローズでトゲトゲだからヤだな・・・・」とか恐怖におののいてしまいます(笑)
ま、でもやんないとダメだからね、そう!その美しい姿を春に見せてくれるからさ!みんな寒いけど頑張ろうね!←空元気(笑)
<公開日時:December 21, 2014 yaplogにて>


ジ・アレンウィック・ローズ 裸苗 - The Alnwick Rose(Ausgrab)






Last updated  September 17, 2019 05:58:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 4, 2019
The Alnwick Rose ジ・アレンウィック・ローズ

はい、初冬までどかんどかんツボミが付いちゃって咲きまくるアレンウィックさん、今年も秋バラ絶好調です!
画像だとピンクっぽいことが多いけど、何気に何気にけっこうなオレンジピンクなのよ。オレンジ色のバラは苦手だったので、あと一歩これ以上のオレンジだったらアレンウィックさんはダメだったかな。でも、ほんのりピンクがのる素敵なバラちゃんです。あっ、パットオースチンはオレンジ色じゃないよ、カッパー(黄色がかった赤っぽい感じ)な黄金色ですから!
そしてそして、アレンウィックさんはなんといっても、完全四季咲き品種なだけにツボミの付きが一年を通してハンパなく優秀すぎ!お花屋さんで売られている切花品種なもので、こんな花持ちのいいバラが年中、初冬まで咲いてくれるなんてありがたいよね!
ちょっと今年の秋バラは、まずは色が薄めだったかな。けっこう濃い色の年もあったりで、まぁ~バラはその年の天候具合で色幅がありますね。でも冬間近のバラはどれもこっくりとした濃いお色になるもんね~、アレンさんはまだまだあと二ヶ月は楽しめまぁ~す。
<公開日時:October 01, 2014 yaplogにて>


ジ・アレンウィック・ローズ 裸苗 - The Alnwick Rose(Ausgrab)






Last updated  September 17, 2019 05:58:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 3, 2019
The Alnwick Rose ジ・アレンウィック・ローズ

じゃん!完全四季咲き品種のアレンさんも二番花咲いてくれましたぁ~。
今年はなんか二番花のクオリティが良いような感じがします♪ 撮った画像もなんかカラフル、カラフルぅ~。そして何度も書いてますが、二番花は小ぶりで咲いてくれるので、どのバラも合わせやすいのがいいですね、春の本ちゃんバラは各バラもそれぞれの大きさ(巨大だったり)があるんですが、二番花はどれも一緒に合わせられてよいですね~。
んでもって今年のアレンさんは二番花もコロコロの形。いつもだったら平らにひしゃげちゃったり、すぐパッカァ~って開いて咲いちゃうんですけどね。もしかして今年は雨が多かったり梅雨時に気温が低かったのがよかったのかな?
だぁ~って去年まで、6月以降といったら気温は37℃前後になるは、雨が一切降らない傾向が続きましたからね。もぉ~夏時の雨の降らなさぷりったら泣くしかなかったですよ、でも今年は雨もほどほどに降ってくれて我が家の水がめも潤ってラッキーな感じ(あっ、手作り雨水タンクがあって、雨が降ればほほガーデニングの水道代がかからないようになってます♪)
今年はピエールドゥロンサールもたくさん二番花が咲いて、アレンさんと一緒にコラボができました~。巨大花のピエールさんと合わせられるのも二番花の醍醐味だね。去年と同じなら、充実した木になったピエールさんは秋も咲いてくれるはずなので、また合わせられるかなぁ~って期待しています。なんかピエールさんは個性が強いので、何気にふんわりピンクで咲くアレンさんが一番コラボできたりするんですよね。
<公開日時:June 26, 2014 yaplogにて>


ジ・アレンウィック・ローズ 裸苗 - The Alnwick Rose(Ausgrab)






Last updated  September 17, 2019 05:57:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.