139528 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

LIFE,LOVE&PAIN

PR

プロフィール


由巳ゆみ

2005/01/30
XML
テーマ:たわごと(22252)
カテゴリ:雑記


先日、『暴走族、死語ですね』というタイトルを、
あるブログ検索エンジンで更新しようとしたところ、
「このコメントは、登録できません」の文字が出た。

ん?暴走族、が悪いのか?
なら○走族でいくか。
ところが、相変わらず同様の冷たいメッセージが出る。

これはもしや…と思うと、
やっぱり「死」の一文字が引っかかっていたのであった。

なんでだ!「死」のどこが悪い?!
私はむっ、ときた。
死と生は対極にあるものではないのだ。
どっちも自然なんだよううう!!

死は日常の中にある。
病気などで、死を意識するようになれば、
誰でもそのことを確認するはずだ。
皆、忘れて生きているだけだ。
全ての人に起こる人生のイベントをタブー視するなんて、
自分の人生が悲しくならないか?
私は、いつか死にゆく時、自分を否定されるのは嫌だ。

「みんな、いつかは死んでいくよ」
昔の、死に至る病を持つ恋人が言った。
私は静かに納得した。
彼にとって、死は幼い頃から日常であり、「楽になれること」でもあった。
それでも、私が生きるのと死ぬのとどっちがいい?と尋ねると、
「どっちも淋しいね」と言った。

死ぬ時は誰でも一人ぼっちである。
この世の人たちとのお別れでもある。
それは淋しいことだろう。

せめてもう少し、死をポジティブに考えられないものだろうか。
忘れようにも忘れられないところに死がある人もいるのだ。
改めて、死はそんなに悪いことなのか?と、問いたい。

仮にも、言論を管理するサイトなのに。

私は、「死語」という言葉を、「△語」に変えた自分のタイトルを見ながら、
まったく腑に落ちない気分なのであった。



頑張ってよう書いたな、とホメて下さる方は下を「ポチ」。

blogranking blog ranking (日記雑談・その他)へ

押してくれた方、ありがとう~♪励みになります。






最終更新日  2005/01/30 08:28:21 PM
[雑記] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

スナッフィ~。のぴ… スナッフィ〜。さん
知恵の友の会 知恵の友さん
猫限会社 ニコテレビ かんちゃん!さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.