608674 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

中学受験!合格を最短距離にするために

週末音楽家なのです。


【週末音楽家】のページ

ここでは、【週末音楽家】ミスター・ツカムこと 塚本誠一郎の活動結果を紹介します。


休日に曲を作り、それを売り込む…という生活を
もうかれこれ10年間やっています。

世間では、週末起業…が流行っていますが、私は


そう【週末音楽家】なのです。




鳥羽一郎『スペイン坂』の巻


ミュージカル映画「シェルブールの雨傘」って観たことがありますか?

兵役によって別れることになった恋人が、
数年後のクリスマスの夜、再会するんです。
それぞれ家庭を持っていて…

そのラストシーンの場面に流れるテーマメロディが切なすぎて
私は何度観ても泣きます。



この「スペイン坂」の詩をはじめて頂いたとき、
シェルブールの雨傘」を思い出しました。


私にとってこの曲は、現代版「シェルブールの雨傘」です。
ぜひ一度聴いてくださいね。



             2004年1月21日発売
                 マキシシングル
             鳥羽一郎 『スペイン坂』

                 作詞:高畠じゅん子
                 作曲:塚本誠一郎
                 編曲:若草 恵

                  日本クラウン


            スペイン坂   

            ♪♪
           駐車場から でてきた女性(ひと)は
              ダイヤのピアスも 昔のまんま
              蔦のからまる煉瓦の家が
              愛の家庭になるはずだった

                  マリオの店はあるだろか
                  君が名づけた スペイン坂
                  綺麗な指をくみあわせ
                  俺の目を見て はなすくせ

                   愛し合いながら 別れわかれたね
                   これしかないわと 言い置いて・・・

    
   鳥羽一郎さん、作詞の高畠じゅん子先生、編曲の若草恵先生、どうもありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------


           2003年10月10日発売
              アルバム
              真綺(マキ)   『ちょっとだけ…ブルースな夜』
           の中の1曲

            「もうブルースは聴かない」
              作詞:塚本誠一郎
              作曲:塚本誠一郎
              編曲:村松充昭


              アートユニオン

            真綺

              
             ねえ、マスター飲ませてよ 帰りたくないのよ今夜
               ねえ、マスター涙忘れる カクテルをひとつ

               この店でアイツのブルース 聴いたのが運のツキ
               愛されて捨てられて まるで売れないシナリオさ

                   もうブルースなんて聴きたくない アイツ想うから
                   胸にささった恋心 誰かつかまえに来て

        真綺さんは、ライブ活動を中心にやられています。毎月2回、
          東京品川パシフィックホテルでのライブ
          お薦めです。

          毎回、私の曲を唄ってくれています。

          また、ラジオ関西「さやま裕美のファニーボイス」(火曜深夜25:00~)
          の準パーソナリティーとしても活躍中!
          真綺さん、どうもありがとう。

----------------------------------------------------------------------------------


           1997年9月26日発売
              シングル
             木村みゆき 『ミッドナイト・ボサノバ』

               作詞:南田圭
               作曲:塚本誠一郎
               編曲:青木望

               日本クラウン

               
みゆき

            ♪♪
          セピアカラーのドレス ベッドに脱ぎ捨て
             熱いシャワーに身をゆだね 夢心地
             ワインの味とキスの 酔いにまかせて
             わがままにはしゃぎ通した Fridaynight

               いつか傷つくと 噂されても
               変えるなんて出来ないわ
               そうよエステでも消せないほどの
               火傷(やけど)ぐらいは覚悟の上よ

                 強がりと 空しさの
                 独り暮しの夜 更けてゆく

          木村みゆきさんは、横浜在住です。「月刊カラオケファン」のポップスレッスンコーナーを、。
             もう6年ぐらい執筆されています。
             最近会ってないですね。お元気ですか?



© Rakuten Group, Inc.