324125 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山百合快特が生きた日々

PR

全275件 (275件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

2018年10月07日
XML
テーマ:鉄道(14720)
カテゴリ:京王線

お久しぶりです。

山百合です。



偶然にもデヤ900 + サヤ912 + クヤ911 (DAX) に遭遇することができました。

つつじヶ丘駅で折り返し作業を行うデヤサヤクヤ
▲ つつじヶ丘駅で折り返し作業を行うデヤサヤクヤ




この車両は普段は高幡不動車両基地にいることが多いのですが、

前日に開催された若葉台車両基地の見学会で展示車両として用いられたようで、

高幡不動車両基地に戻すための回送に遭遇したようです。



以上、数年ぶりの更新にもかかわらず超あっさりな日記でした。







最終更新日  2018年10月08日 01時55分09秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年09月27日
カテゴリ:京王線
かねてから噂されていた京王の新しい事業用車。

先月の上旬にJ-TRECの横浜事業所から若葉台車両基地まで陸送され、

下旬には相模原線若葉台~橋本で試運転が行われるようになりました。

土日にも試運転が行われたので撮影してきました。

デヤ900
▲ 京王堀之内~南大沢駅間にて。


デヤ901
▲ 南大沢駅にて


デヤ901
▲ 京王永山駅にて


デヤ902
▲ 京王多摩センター駅にて




新しい事業用車の形式はデ900で、

9000系の特に0番代を基に設計されたと思われる点が多く挙げられます。

(前面の貫通扉の幌受け、車体下部の裾絞り、扉などなど)

編成は2両で新宿寄りがデヤ901、京王八王子・高尾山口・橋本寄りがデヤ902となっています。

デヤ902は前パンとなっていますが、何故かほかのパンタグラフとは逆向きに設置されています。

また、行先表示機および種別表示機が何故かLEDではなく幕となっており、

しかも営業用車両ではないにもかかわらず「特急」などの営業用種別の幕や

「京王八王子・高尾山口」といった現在では実施されていない分割列車の方向幕まで備えてあるようです。

(このような幕があるのは以前別の車両で使用していた幕をそのまま流用だけだからなのだとは思いますが。)



さて、今回導入された事業用車は公式発表によると

総合高速検測車「Dynamic Analytical eXpress (ダックス) 」や

運搬用貨車 (チキのことか ? ) を牽引するほか、

排雪板を備えており、降雪時に運行させることで線路上の除雪を行うとの記述がありました。

DAXやチキは現在はデワ600の編成に組み込まれることで牽引されており、

デヤ900においてもデヤ901とデヤ902の間に組み込まれて牽引されるのではないかと推測しています。

デワ600は現在の役目をデヤ900に明け渡すことになるので、

デワ600の去就についても気になりますね。

相模原線の検測を行うデワ+DAX
▲ 京王多摩センター駅にて


夏空を行く事業用車
▲ 京王稲田堤駅にて


地下化直前の調布駅をゆくデワチキ工臨
▲ 地上時代の調布駅にて


朝日を浴び多摩川を渡るデワ+チキ
▲ 中河原~聖蹟桜ヶ丘駅間にて







最終更新日  2015年10月14日 23時31分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月14日
テーマ:鉄道(14720)
カテゴリ:京王線
今まで一度も都合がつかず、未撮影だった高尾山冬そば号。
今年は特に予定が入らなかったので撮ってきました。バレンタインなのに予定無しかよとか言わないように。

冬そば号送り込み回送
▲ 高尾山冬そば号送り込み回送
。京王よみうりランド駅にて。
ブレて大惨事。。。

高尾山冬そば号
▲ 高尾山冬そば号本運転
。無難に中河原 ~ 聖蹟桜ヶ丘駅間で。

準特急高幡不動ゆき
▲ 準特急高幡不動ゆき
。高尾山冬そば号の返却回送を待っている間の1コマ。長沼駅にて。

冬そば号返却回送
▲ 高尾山冬そば号返却回送


高幡不動で発生した“緊急保安装置点検”のせいで波乱の冬そば号でした。






最終更新日  2015年02月15日 19時32分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月12日
テーマ:鉄道(14720)
カテゴリ:東京急行電鉄
思い付きでふらっと鷺沼へ。
7601F廃車回送






最終更新日  2015年02月12日 23時12分22秒
コメント(1) | コメントを書く
2015年01月30日
テーマ:鉄道(14720)
カテゴリ:JR東日本 南武線
雪が降りましたね。
E233系8000番代が投入され、205系・209系の置き換えが進む南武線を撮影してきました。

雪の中をゆく209系2200番代ナハ53編成
_IMG0074
_IMG0081
いつの間にか減っていた205系1200番代
E233系8000番代と積雪の初コラボ !
_IMG0090
_IMG0091
_IMG0108
_IMG0113
雪の中でも快速運転 !
かろうじて何のヘッドマークだか判別できる程度の着雪
ヘッドマーク付きのE233系ナハN12編成
209系ナハ32編成と雪の組み合わせ、あと何回見られるか
_IMG0118
_IMG0126

1 番下の写真以外は稲田堤 ~ 中野島駅間の稲田第一踏切で撮影。
1 番下の写真は中野島 ~ 稲田堤駅間の稲田第三踏切で撮影。






最終更新日  2015年02月01日 03時00分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年06月28日
テーマ:鉄道(14720)
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりに更新してみる^^;



土日の休みを利用して名古屋に行ってきました。

休みっていうのは自ら生みだすものなんですね。今回の旅行でそう思いました。




愛知環状鉄道2000系電車
▲ 愛知環状鉄道2000系電車


愛知環状鉄道線という路線に乗りました。が、この路線、全然環状じゃないんですよね…

愛知環状鉄道線、略して愛環線は、岡崎駅から自動車製造業で栄える豊田を経由して高蔵寺駅を結んでいます。

2005年に愛・地球博が開催された際は、会場への輸送のメインルートとなっていたそうです。

愛知「環状」鉄道と名乗っているくらいなのですから、環状運転をする計画はあるのかと思いますが、現状を見る限りではその計画の実現への道のりは遠そうです。



今回は岡崎駅から乗車。ホームは愛環専用のものでしたが、改札はJRと共用でした。

そのため乗り換えが楽かと思いきや、愛環は交通系ICカードが使えないとのことで、名古屋から岡崎までPASMOを使って来てしまったがゆえに改札を一旦出ることになりました。できれば交通系ICカードが使えるようにしてほしいです。

愛環線の多くの区間は単線でしたが、一部区間は複線化されていました。また、単線区間も用地は全区間にわたって複線分確保されていました。

単線なので行き違いが発生するのですが、その際の待ち時間は短かったです。しかし、途中何も無い駅で3分ほど停車するというようなことがありました。

1時間とちょっとで終点の高蔵寺駅に到着。

愛環線はJR中央 (西) 線と直通運転を行っている列車もあり、その接続駅である高蔵寺駅はJRと共用です。

不正乗車防止のため、駅到着間際に車掌による乗車券の確認がありました。

[普通|岡 崎]
▲ [普通|岡 崎]


こうぞうじ
▲ こうぞうじ


JR中央 (西) 線
▲ JR中央 (西) 線


この中央線と、東京を走る中央線がつながってると思うとなんだか不思議な気分に陥りました。



以上、久しぶりの更新でした。






最終更新日  2014年07月15日 22時43分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月17日
テーマ:鉄道(14720)
カテゴリ:JR東日本 千葉支社
不思議なことにこれだけ放置され続けているブログにアクセスする人が毎日少なくとも20人、平均で30人居るんだよね。

こんばんは、山百合です。
今年の夏も例によって館山に行ってました。ただ、高校生だった頃とは違い、車で行くようになりました。どうも自分、電車だけが好きなのではなくて、旅行が好きだったみたい。最近ドライブが楽しくて仕方ありません。

ですが電車好きも健在でして、最近ではリゾート列車に凝っています。
館山に帰っていた時に、近年内房線で運転されているリゾート列車、リゾートあわトレインの運転日がちょうど重なっていたので乗車してきました。
IMG_0198
自分が乗車したのは館山駅11:25発の安房鴨川ゆき。
館山駅に停車中の普通列車
▲館山駅に停車中のリゾートあわトレイン

リゾートあわトレインは臨時列車ながら、自由席連結の普通列車。自由席ならば普通乗車券や青春18きっぷのみで485系『ニューなのはな』に乗車できてしまいます。これだけでも充分に乗り得列車なのですが、指定席はもっとすごいんです!!
『ニューなのはな』は団体臨時列車用に改造された車両で、普通の列車としても、お座敷列車としても運転することが出来るのです!!

リゾートあわトレインでは、そんな『ニューなのはな』の車両の特性を活かし、海側をボックス席、山側をお座敷として運転されるのです。
モロ484-8、お座敷モロ484-8、座席


モロ484-8、車内
▲リゾートあわトレインの車内


しかもこれ、指定席を1つ確保すると、通路を挟んで対応する位置のお座敷も使い放題 ! 『ニューなのはな』はお座敷列車として運転される時はグリーン車扱いとなりますが、リゾートあわトレインの指定席は座席扱いなので、普通車扱い。なんともおトクです。
なお、自由席の6号車は山側もボックス席となっています。

館山駅で発車の40分前くらいに指定席券を購入したのですが、この時点で空席状況は△マーク。結局、館山駅発車直後の車内アナウンスでは、指定席は満席とのことでした。あの内房線で指定席が満席になるということが起こりうるのかと若干の衝撃^^;

下りの安房鴨川ゆきは自由席の6号車を先頭にして、5号車から1号車は指定席となっています。なお3号車はイベントカーとして、鴨川シーワールドが水槽を設置し、エイやヒトデ、ウニに伊勢えびと海の生き物にふれあえるコーナーになっていました。なかなかおもしろい企画だと思います。

館山を出発すると、途中九重駅に停車した後すぐ千倉駅に到着。この駅では上り列車との行き違いのため17分停車します。この時間を利用し、千倉駅ではさまざまなご当地の食べ物が販売されています。
千倉駅のある南房総市は、今でもツチクジラという小さめなクジラに限り、捕鯨が行われています。そのため鯨肉を使った食べ物が販売されており、自分は鯨メンチカツを買ってみました。
鯨特有の臭みは無く、鯨肉が硬いということも無く、それでいてしっかりと鯨の味がしていて非常に美味しかったです。ただメンチカツ1つ200円は高い…。
他にも穴子のお弁当やドラゴンフルーツのアイスクリームなど、南房総特産の食べ物がたくさん売られていました。

千倉発車後は大きなイベントは無いのですが、停車する駅の観光案内が新鮮でした。普段当たり前に乗っている路線で観光案内があると変な感覚ですよね。

車内では記念乗車証を貰ったり、記念写真の撮影などが行われ、もうすぐ旅のおわり。
その直前に最後のイベント、山生 (やもめ) 橋梁の通過を迎えます。この山生橋梁は、湾曲した海岸線をショートカットする、海の上に架けられた橋で、そこを通過する時の景色が非常に美しいことから、リゾートあわトレインではこの橋を通過する際徐行運転が行われます。
またここは通過する電車の撮影スポットでもあり、外を見るとカメラマンもちらほら見受けられました。
海の上を走る前パン211系
▲実は以前山生橋梁に撮影に行った時のことを記事に書いております

山生橋梁を渡り、太海駅に停車。そしてトンネルを抜けると終点の安房鴨川駅に到着です。安房鴨川駅では周辺のゆるキャラによるお出迎えがありました。

さてこの後自分は館山に戻り、上りのリゾートあわトレインの撮影を試みました。撮影地は例年向日葵が咲き乱れる館野。

向日葵とニューなのはな
▲向日葵とニューなのはな


だいぶごまかして撮りました (笑) というのも普段の年だと、線路際まで一面向日葵が咲いているのですが、今年はまったくの不作。仕方が無いので手前の方に咲いていた向日葵にピントを合わせて、奥の方がどうなってるかわからないように撮りました。

最後こそごまかしてしまいましたが、リゾートあわトレインは乗ってみて非常におもしろかったです。今度の秋は運転区間を延長して浜金谷駅始発になるようですので、皆さんも是非乗ってみてはいかがでしょうか。

以上、リゾートあわトレイン乗車録でした。







最終更新日  2013年08月27日 00時50分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年02月21日
テーマ:鉄道(14720)
カテゴリ:民鉄

どうも、山百合です。
前回更新が夏休み。安定の放置プレイw
いや、忙しいんですよ大学生は。日々レポートに追われまくっていました。

が、長期休暇に入ればこっちのもの !! (←?)
いろいろなものから開放され、やりたい放題やっています。

さてこの日は、高校時代のてつけんの友人から招待され、
彼が進学した大学の鉄道研究会が主催した団体貸切列車に乗車してきました。

その車両はというと、東武634型スカイツリートレイン !!

例の快速・区間快速用の6050系を総合車両製作所で魔改造したあの車両です。

今回のイベントは、朝8時半に柏駅集合と、自宅からでは中々に厳しかったので、前日柏駅までそれなりに近い友人宅に宿泊することになりました。

そこでせっかくなので前日は東武鉄道の支線を乗り潰しすることに決めました。

まず最初に向かったのが亀戸駅。ここから東武亀戸線に乗車しました。
都心のど真ん中を走っているのにたったの2両編成。
それだけ乗客が少ないのかと思いきや、それなりの乗車率を誇っている感じでした。

さて亀戸線で曳船に出た後は、東武スカイツリーライン()に乗り換え。
急行に乗り2駅、西新井に到着。
そう、東武大師線です。
東武大師線も2両編成の8000系ワンマン運転対応車。。。
いくらスカイツリーラインから撤退しようが、いくら東武東上線から本数を減らそうが、東武鉄道の支線には8000系が大量に残っています。
東武大師線でおもしろいのが、西新井駅でスカイツリーラインとの間に改札機が設けられていること。
これは、普段大師前駅で改札を行っていないための処置なのですが、なんとも変な感じです。
そして、亀戸線ではほぼ全区間地上複線だったのに対し、大師線では高架単線。
短い路線といえど、その成り立ちがぜんぜん違うということが伺われますね。

そして改札の無い大師前駅を適当に散策した後は、もと来た経路を戻り、亀戸駅まで戻ります。
そこから、JR総武線に乗り継いで船橋駅に到着。

もう言わずもがな、東武野田線に乗車です。
東武野田線といえば、とにかく長いという印象でしたが、実際乗ってみた感想はまさに印象通りでした。
ちょっと走ってはすぐ停まる。しかもスピードもあまり速くない。そんな感じでした。
ただ思ったよりも駅間は長かったですが。
野田線の役割はJRで言えば武蔵野線のような路線で、利用者は、自分の最寄り駅と、1番近い乗換駅の間だけ乗るような路線だったので、優等列車が作られることも無さそうだなという印象です。(まあ南武線もそんな感じの路線なのですが快速が登場したので、断言はできませんが。。。)

延々8000系に揺られ、柏駅に到着。ここから数駅電車を乗り継いで、この日は友人邸で1泊しました。



そして当日、再びの東武野田線、柏駅。
ここから634型スカイツリートレインに乗車 !!
さあ ! あれだけ長かった東武野田線を通過運転 !! と思ったのですが、東武野田線は通過列車の運転を想定していないらしく、踏切が対応していないため、結局全ての駅に運転停車(汗
さらに本来はミステリー列車のはずなのですが乗務員さんがポロッと経由地を漏らしてしますというハプニングもありましたが、最初の経由地、大宮駅に到着。
この大宮駅で、ミステリートレインは1時間弱のバカ停。車外に出ることもできないので、一見すると退屈そうですが、ここで目玉企画がありました。
それは、東武博物館名誉館長、花上嘉成さんによる講演会 !!
634型製作のウラ話や、東武野田線の新型車両、60000系のお話などを披露して下さいました。
また大宮駅停車中は、JRのジョイフルトレイン「ゆう」や、185系湘南色などおもしろいものを見ることができました。

さて大宮駅発車後、春日部に向かい、そのまま東武スカイツリーラインに直通。
複々線区間では東武の車両から、東京メトロ日比谷線、半蔵門線そして東急田園都市線の車両と色とりどりの車両を楽しむことができました。
車内ではお弁当が配られ、昼食。
その間に本当にあっという間に浅草駅に到着。
やっぱりいつ来てもあの浅草駅の構造とカーブのキツさには驚かされます。
電車は折り返し、北千住を通過。ここでビンゴ大会が始まりました。
そのビンゴカードが、東武鉄道の車両によるもの。
ただ、東武8000系だけでも13種類が存在するというなかなかにマニアックなビンゴカードでしたw
ちなみに自分はこのビンゴで東武鉄道のカレンダーを頂きました。
そして、ビンゴも終わると東武動物公園から南栗橋の間を走行中。
自分は南栗橋から先の区間は乗ったことが無かったので、最後の約30分は車窓を楽しみました。

さて無事ミステリートレインは終着駅の新栃木駅に到着したのですが、ここからなんと南栗橋車両管区新栃木出張所の見学会 !!
ここでは634型と、その種車となった6050系の並び写真を撮影させていただきました。
新栃木出張所車庫見学
▲ 南栗橋車両管区新栃木出張所見学会の様子


スカイツリートレイン 会津田島ゆき ! ?
▲ スカイツリートレイン 会津田島ゆき ! ?


東武634型とその種車6050系の並び
▲ 東武634型とその種車6050系の並び


さて、見学会の後は解散となったのですが、せっかく新栃木駅まで来たので、そのまま東武宇都宮線に乗って宇都宮まで行ってみることにしました。
で、やってきたのは例によって例のごとく8000系。。。
どうも宇都宮線はつい最近までは10000型や30000系なども走っていたらしいのですが、ワンマン化されて以来8000系ばかりの路線になったそうです。
そして東武宇都宮駅に到着。お腹が空いていたので駅前の餃子屋さんで餃子を食べることにしました。
皮が柔らかくてとてもおいしく感じました。

そして東武宇都宮駅からJRの宇都宮駅まで移動。一応、遠いということは知ってはいたのですが実際歩いてみるとホントに遠かった。。。しかも東京に比べて寒く、かつこの日は風が強かったため特に遠く感じました。

さて、宇都宮からは湘南新宿ライン・・・ではなく、東北新幹線に乗ってしまいました。
だって宇都宮から大宮って遠いんだもん…
最初にE5系 + E3系(こまちタイプ)の各駅停車のやまびこが来ましたが、あえてスルー。
その数分後に来るやまびこ・つばさのつばさの方に乗車しました。
というのもE5系は去年の3月に、こまちタイプのE3系は一昨年の7月に乗ったことがあり、つばさタイプのE3系には乗ったことが無かったからです。
E3系2000番代つばさの2 + 2列シートを堪能してきました。
そしてあっという間に大宮駅に到着。今度こそ湘南新宿ライン・・・ではなくここまで新幹線に乗ったのだから東京まで新幹線に乗っちゃいます。
本当は大宮から東京まで、来月引退する200系に乗りたかったのですが、時刻表を見る限り1時間以上来ないことが判ったので、仕方なくE4系に乗車。
E4系も今まで乗ったことが無く、200系の次の引退がE4系であることは火を見るよりも明らかなのでE4系に乗ることにしたのです。
せっかくE4系に乗るのなら、3 + 3列シートに乗っておけという方も居るかもしれませんが、やっぱり少しでもゆったりしたシートがよかったので、2階席の3 + 2列シートに乗車しました。
通常ですと2階の自由席は3 + 3列シートなのですが、ちょうど乗った列車は指定席を使う人が少ないのか、普段指定席である2階の3 + 2列シートも自由席となっていたのでちゃっかり勝席をゲットすることができました。
大宮から東京は本当に一瞬で、さすがに疲れていたのでそこから自宅までは真っ直ぐに帰宅しました。

以上、東武スカイツリートレイン乗車の記事でした。







最終更新日  2013年02月28日 19時49分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年08月02日
テーマ:鉄道(14720)
カテゴリ:京王線
ってことでご無沙汰しております。山百合です。残念ながらまだ生きておりました(爆)

調布駅が地下化する直前は、地下化によって廃止になる相・調布1号踏切から朝2本連続で来る都営車8両を撮影するのにはまってました。

そんな訳でその写真の一部を放出。

_DSC0659

_DSC0670

_DSC0884

_DSC0892

都営車は同じ列車でも車両によって表示がバラバラでおもしろいですよね。
ちなみにこの2本の列車、調布駅地下化後のタイヤ改定でそれぞれ各停本八幡行きが各停大島行きに、急行新線新宿行き(新線新宿から各停本八幡行き)が急行新線新宿行き(新線新宿から各停大島行き)に変更されています。

相・調布1号踏切を含め、地下化された区間の地上部はすっかり廃線跡みたいになっていて、10年以上調布駅に慣れ親しんできた自分にとっては若干の寂しさも感じてしまいます。





おまけ その1

地下化直前の調布駅をゆくデワチキ編成
▲地下化直前の調布駅をゆくデワチキ編成

せっかくなので記録しておきたかったこの1枚。下り列車が被りギリギリでヒヤヒヤしました(汗
でも大学生にもなるとこういう時間の列車でも気軽に撮りに行けるようになっていいですよね。



おまけ その2

本線を颯爽と駆け抜ける7000系2両
▲本線を颯爽と駆け抜ける7000系2両

競馬場線をいったりきたりする7000系2両が、日中ちょっとだけ家出して飛田給までやって来る時間がありました。本線を2両編成が行く姿はなかなかシュールwww
少なくとも地下化によるダイ改以前はこのような列車がありました。今は無くなったのか、それともまだあるのかすら把握してません。(ぉぃ

以上です。






最終更新日  2012年09月12日 00時42分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
皆さんこんばんは。山百合です。
ただいま余目駅を出発した寝台特急あけぼのから更新です。
こちらは強い雪が降っております。

長かった青森合宿も遂に終わり、ただいまゴロンとシートに横になっています。



青森駅出発直後に青森県に津波注意報が発令されたり、その後関東地方で強い地震があったりと若干の不安がありますが、秋田駅出発時点では3分程度の遅れで済んでいるので比較的順調と言えましょう。

今日は寝台特急に2回も乗るという物凄い行程w

朝大館駅を出発し、一旦鷹ノ巣駅まで戻ってから明後日で臨時化されてしまう寝台特急日本海に立席特急券で乗車。
青森まで行ったあと、津軽新城駅で寝台特急あけぼのを撮影し、その後大鰐温泉駅から弘南鉄道に乗車して中央弘前駅に移動。
弘前城を観光したのち今度は弘前駅から弘南鉄道で黒石駅まで行って、バスで青森駅に戻り、あけぼのに乗って今に至ります。



はぁ、更新している間に鶴岡駅を過ぎてしまった…。
辺りはすっかり静まりかえっているので自分も寝ることにします。
おやすみなさいzzz






最終更新日  2012年03月14日 23時33分28秒
コメント(1) | コメントを書く

全275件 (275件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.