11500511 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

弥生おばさんのガーデニングノート「花と緑の365日」

2020.07.01
XML
カテゴリ:7月の誕生花
晩春から夏に、枝先の光沢のある厚い葉の上に、ピンク色の小さな装飾花がにぎやかに集まって球になった大きな花が咲きます。

7月1日の誕生花は、梅雨空を明るく彩るピンク色のアジサイ(紫陽花)、アジサイ(ピンク)。

花の名は、青い小花が集まって咲くことからのあづさい(集真藍)が転訛したという説や、花がかたまって咲くことからのあつさき(厚咲)が転訛したという説などがあります。

別名のハイドランジアは、ギリシャ語のhydro(水)とangeion(容器)で、水を好むからとも、果実の形が水瓶に似ていることからともいわれています。

ハイドランジアは、江戸末期から明治にかけてヨーロッパに渡り、ヨーロッパで鉢花用に改良された花の大きいアジサイを指します。

 

花言葉「強い愛情」は、淡い黄緑色の花がどんどん愛を表すピンク色に色づいていく花の印象からつけられています。

花言葉「元気な女性」は、梅雨の曇り空に長く咲く花の、柔らかく優しい印象をもつ女性的なピンク色のイメージからきています。

 

ハイドランジアは装飾花の数によって手まり咲きやガク咲きがあり、咲き始めはガク咲きで、開花が進むと手まり咲きになる中間品種もあります。

アジサイの花色は同じ品種でも用土や肥料によってブルーにもピンクにもなり、酸性土壌では青く、中性から弱アルカリ性土壌では赤みを帯びます。

ユキノシタ科(アジサイ科)アジサイ属、耐寒性落葉小低木、原産地:日本
別名:ハイドランジア

アジサイ(ピンク)の花言葉:元気な女性、強い愛情。
アジサイ(ピンク)の誕生花:7月1日

アジサイ(青)の花言葉:忍耐強い愛、あなたは冷たい、無情。
アジサイ(青)の誕生花:6月2日、6月4日

アジサイ(紫陽花)の花言葉:移り気、浮気、冷淡、あなたは美しいが冷淡だ、辛抱強さ、辛抱強い愛情。
アジサイ(紫陽花)の誕生花:6月2日、6月3日、6月13日、6月14日、6月17日、6月19日、6月27日、6月29日、7月1日

流通時期:鉢花を早春~初夏まで見かけます。

パパイヤ
​ ​​ ​​ ​

​ ​​ ​​ ​






最終更新日  2020.07.01 10:30:05
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

サイド自由欄

  バラ
​ ​

​ ​

​​ ​​​

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.