241424 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

辛口リリーのこれ美味しい!

PR

Profile


博多のリリー

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Headline News

Archives

2020.02.12
XML
カテゴリ:失敗! 注意!!
米紙ワシントン・ポスト電子版は11日、中央情報局(CIA)とドイツ情報機関が1960年代以降、日本など同盟国を含む120カ国以上や国連に暗号機を販売してきたスイスの会社を秘密裏に所有し、外交公電などの通信内容をひそかに解読していたと報じた。

丸裸なのは、日本だけ?
これでは、交渉にならない。

ドイツ公共テレビZDFとの共同調査報道。暗号機は一時、各国政府の外交公電や通信の約40%で使用されるほど流通し、現在も12カ国以上が使っているという。
米政府は最近、通信網の安全性を巡り中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)などを批判しているが、米国自身が半世紀にわたり同盟国などに暗号機を販売して情報収集をしてきた実態が暴露され、各国に波紋を広げそうだ。
スイスの暗号機製造会社は「クリプトAG」。米国は60年に同社と契約を結び、70年ごろ米国と西ドイツの連邦情報局(BND)が共同で買収した。70年以降はCIAや国家安全保障局(NSA)が共同で作戦を実施していたという。
同紙は50年代から2000年代に製品を購入した62カ国・機関が特定できたとしてリストを公表。日本やイタリア、トルコのほか国連も含まれていたが、米国と敵対してきたソ連(現ロシア)や中国、北朝鮮は購入していなかったとされる。
CIA文書は「外国の政府は少なくとも2カ国(場合によっては5、6カ国)に秘密の通信を読み取らせるため、米国とドイツに高額の支払いをした」と記していた。同紙はイスラエルやスウェーデン、スイス、英国が知っていたか情報を得ていた可能性があるとしている。
しかし、発覚した場合のリスクの大きさから東西統一後のドイツは93年に離脱。米国はドイツ側から株式を購入し所有を続け、解読を続けていたが2018年に売却した。

用済みということですね。

博多はつ花のボランティア修理担当が社長のブログをお借りして、発言させていただきました。
接待用高級お弁当の博多 はつ花 の商品はちょっと高級な、無農薬、無人工甘味料、無添加物を食材に使っています。配送には、冷凍車を用いております。お渡し後は、早めにお召し上がりのほど、お願い申し上げます。

ランチタイム、歓送迎会のお弁当のご予約、受付中。ご予約日は翌日以降でございます。
完全予約制高級仕出し弁当専門店
弊社のお弁当は、大切な方と一緒に頂くプレゼント用のお弁当です。上棟式、法事、喜寿、米寿、白寿、敬老会、大相撲九州場所、博多座観劇、セミナー、ブランド品ご商談会などでお使い頂いております。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ






Last updated  2020.02.13 05:30:05
コメント(0) | コメントを書く
[失敗! 注意!!] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.