ときたま日記

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

BOOK

2016.07.05
XML
カテゴリ:BOOK




はちみつが我が家にやって来てから、
仕事中も何をしていても、はちみつの可愛い顔が浮かんできます。

そして、最近本を読む時間も、ますます減ってしまいました。

ある日、「ごめんねはちみつ〜雫と、
一人でタリーズへ。



4.jpg



読みかけの、石田ゆり子さんの天然日和を読んできました。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】天然日和 [ 石田ゆり子 ]

何年も前に出たエッセイですが、
意外と男っぽい石田さんの何気ない楽しいお話は、
女友達とのお喋りの様な時間を過ごせます。





1.jpg
図書館でも、久しぶりに本を借りました。
小説じゃないけど。


やはり、活字に浸ってる時間は素敵です。
素敵な写真も。


はちみつの事も、しばし忘れてしまいます。


12.jpg
ごめんね、はちみつ。



週末、1年前から楽しみにしていたイベントに参加してきました。

イベントの最中に、数ヶ月前から入退院を繰り返していた叔母の訃報が届きました。
何度かお見舞いに行っていて、こんな日を失礼ながら覚悟していました。
イベントの日に重なる気もしていただけに、あ〜、本当になっちゃった・・・。と。

店を切り盛りし、高級外車に乗り、
ゴージャスで元気な叔母でした。

それだけに病床の姿には、結構なショックを受けました。














最終更新日  2016.07.05 14:13:28
コメント(6) | コメントを書く


2016.01.17
カテゴリ:BOOK




昨年10年分位破棄して、
今年こそはやめようとしばらくつけずに我慢してたのに、









1.jpg
やっぱりないとダメ。

財布の中も、気持ちもまとまりが悪い。





2.jpg


性分ですね。

DAISOで108円でした。



2015年度家計簿買いました

2013年度版家計簿買いました

2011年度版家計簿買いました












最終更新日  2016.01.17 10:53:00
コメント(4) | コメントを書く
2015.01.15
カテゴリ:BOOK
ずっとお陽様が出ていた毎日、
今日は、溜め込んでたかの様に大雨雨

1月ももう半分。
なんだか、引きこもりのような私。

絵画教室に通いたいのだけど、
先にパート先見つけようと思うと、動きが取れない。

体験教室だけでも行ってみようと、ネットで教室を探し始めると、
あっと言う間に時間が過ぎていく。


昨日も、そんな風に1日が終わってしまいそうだったので、
歩いて市民センターに行き、
図書館で時間を過ごしました。


今月号の雑誌を数冊、
それから、



スティーヴン・キング著 
トム・ゴードンに恋した少女


母と兄とピクニックに来た9歳の少女が、
山で遭難してしまう。
恐怖と闘いながら、
憧れの野球選手トムゴードンとの空想の会話を心の支えにし、
決死の冒険をするというお話。


キング大好きな上に、評価が高いので、
何年も前から読もうと思っていたけど、
図書館のは、ちょっと触るのを躊躇するくらい汚れていて、
持ち帰りたくはない・・・・。

時間もなくずっと借りもせず、いざ買おうと思ったら、
本屋さんではもう、取り扱っていませんでした。
コレクター本扱いで、新書は高価になってしまってる状態。

図書館で、少しだけ読んできました。

やっぱり続き読みたい。
運動の為に通おうかしら。



本当は、こんな事を書くつもりじゃなかったのだけど雫









【中古】 トム・ゴードンに恋した少女 /スティーヴン・キング(著者),池田真紀子(訳者) 【中古】afb

中古は、綺麗なんだろうか・・・・。




























最終更新日  2015.01.15 15:52:35
コメント(2) | コメントを書く
2014.11.27
カテゴリ:BOOK


もういい加減、家計簿つけるのやめようと思いつつ、
又来年の分も買ってしまいました。

付けたところで、何も変わらないのですが、
付けないよりは、ほんのちょっぴり使いすぎにブレーキがかけられるかと。
と、毎年同じ事書いてるかな?もしかして。


11.jpg

毎年、楽チンに付けられるのを買っています。
2014年版と同じもの買うつもりだったのに、
売っていなかったので今年は一昨年と同じサンキュから出てる家計簿で。


みるみる貯まる家計ノート

貯まるのは、レシートばかりなりさいふ雫




2013年度版家計簿買いました

2011年度版家計簿買いました




ミルクパンを検索中に、と〜っても可愛いマグを見つけてしまいました。


ポーランド陶器のマグ。


1.jpg


4.jpg



5.jpg



6.jpg



7.jpg



洗練されたカップも素敵だけど、
この気持ちが和むようなフォルム、冬にはぴったり音符

実家で昔使っていた、益子焼のカップのフォルムに似てるんです。


マグカップ、家に売るほどあるので、
これ以上増やすまいと決めていたのですが、
集めたくなってしまう〜。



では仕事に行ってきます。





ボレスワヴィエツの製陶会社で最も古く歴史があります。「ZAKLADY CERAMICZNE BOLESLAWIEC」の陶器は独特のハンドメイド感があり同じ柄でも作る職人によって異なるテイストになります~【ポーランドマグカップ DU70M】





ポーランド かわいい食器 ポーリッシュポタリー【ポーランド陶器・食器】マグカップ 0.2L マニュファクトゥラ社 K67-P372【RCP】





ポーランド かわいい食器 ポーリッシュポタリー【ポーランド陶器・食器】マグカップ 0.25L ボレスワヴィエツ社 GU1452-1074A【RCP】





カップのくびれが飲みやすい!ポーランドの伝統陶器【ポーリッシュポタリー】ポーランド陶器 食器 マヌファクトゥラ社 ベリーマグ 200ml [K67-LW000]












最終更新日  2014.11.27 08:12:46
コメント(7) | コメントを書く
2014.04.02
カテゴリ:BOOK



長男、昨日入社式でした。
前日は入社式のリハーサル。

昨日の入社式には、代表で挨拶文を読んだ様です。
リハーサルでは3回噛んだとか。おい〜.gif

本番は大丈夫だった様ですが。


今週、都内で研修を終えたら、
更に研修で2ヶ月程寮に入る様です。

今迄も、大学や友人宅で寝泊まりしていて、
殆ど家にいなかったけど、
でもこれを機会に、配属によっては家を出ていくんでしょうね。

俺の授業料がなくなったから、
少し生活楽になる?


なんて聞かれました。


それはそれだよ。
そんな事、気にしててくれてありがとう。


最近は、長男に薦められた本を読んでいます。

半沢直樹の原作者 池井戸潤の
下町ロケット空飛ぶタイヤ

代わりに私は鉄の骨を薦めました。



【送料無料】下町ロケット [ 池井戸潤 ]

 

【送料無料】空飛ぶタイヤ(上) [ 池井戸潤 ]



【送料無料】空飛ぶタイヤ(下) [ 池井戸潤 ]




【送料無料】鉄の骨 [ 池井戸潤 ]



昨日は電車の中に、リクルートスーツ姿の子達がずら〜り。
ニュースでも入社式の模様を流していました。

今頃皆、真剣な目で、
先輩達の説明を受けているんでしょうね。


今から長男の新しいスーツを取りに行かないと。

就活中にズボンのお尻の所破いちゃってて、
仕方なく次男のスーツ着て行ってるんです。
次男のスーツ破かれる前に取り返さないと雫

お尻が少々むちっとしてるので、
小学校の頃から、ズボンの同じ部分が破けるの、
変わってません雫









最終更新日  2014.04.02 14:33:12
コメント(10) | コメントを書く
2012.12.07
カテゴリ:BOOK


ノートノートノート

『湖の民』として密かに不思議な力を持ち続ける、
日出一族と棗一族は、
長きに渡り、琵琶湖の傍に住む事で力を保ち続けていた。

日出涼介は、日出一族の特権で、
無試験で石走高校に入学し、
本家の御殿で世話になりながら、
その能力を開花していく修行を始める。

お洒落な朝食、豪華な弁当、
本家の長男淡十郎と、真っ赤な学ランを身に纏い、
船頭付きの船で高校に通う、なんとも現実離れした現実の毎日。

そして涼介は同級生、棗広海と出会う。

日出家と棗家の因縁は長く、
彼等が知り合う事で何かが起ころうかという時に、
この二つの家を潰そうとする者が現れる。

両家存亡の危機に、
涼介、淡十郎、広海、
そして淡十郎の姉清子が加わり、
この強敵に立ち向かおうとするが・・・。


偉大なるしゅららぼん / 万城目学 著

しゅららぼん.jpg




読み始めはまるで、
ハリーポッターのパクリの様で、
ま・・・・万城目さん、どうしたの?
と思ったのですが、
読み進めていく内に、
万城目ワールドの痛快さが健在だった事に
安心していきました。

竹生島、湖西、マキノ・・・・
琵琶湖を中心に物語が進むので、
滋賀県に住んでる方や、近辺の方には、
風景がイメージし易くて楽しいでしょうね。



高校生の少年の青い気持ちが
大きなものに向おうとする下り、
大切なものを守ろうとする下り、
そして、奪われた者が悲しみ怒る下りが、
相変わらず摩訶不思議な万城目ワールドの中で、
キラキラ輝いたり、せつなくさせたりします。

やっぱりこの人の話は、
重くはないけど、
色々と心の中に何かを残してくれます。
大好きです。






【送料無料】《本屋大賞2012 ノミネート作品》偉大なる、しゅららぼん [ 万城目学 ]















最終更新日  2012.12.07 09:14:14
コメント(8) | コメントを書く
2012.10.04
カテゴリ:BOOK






LiLiCoさんの自叙伝

ノート



ザリ.jpg


ザリガニとひまわりを、
読みました。





星

日本人の母と、スエーデン人の父とのハーフのLiLiCoさん。

もう随分長いこと、
テレビで拝見してるような気がしますが、
お仕事が安定したのは、意外と最近のこと様です。



2年くらい前の、
海外ドラマのイベントで見掛けたり、

IKEAの講演で、たまたまお話を聞いたりして、
派手で大柄な人というイメージだったのが、
実物はとてもお洒落で可愛らしい人でした。


そしてその時の講演で
「売れなくて、5年間ホームレスしてました。」
と聞いてビックリ。

女の人なのに!?
しかも良くそこから此処迄這い上がったなと。



一体どんな風に?
そこが知りたくて、
最近、本が出ていることを知り、
借りて来たんです。




子供の頃、学校では、
随分ひどいイジメにあっていた様です。

家に帰っても、母親に理解されず、
両親の夫婦喧嘩に耳を塞ぐ毎日。


アイドルになりたくて、
18歳で母親の反対を押し切り、
単身、東京の葛飾のおばあちゃんの家に。

日本語が全然話せなかったLiLiCoさんに、
おばあちゃんは一生懸命話しかけて、
夢実現の為のお手伝いをしてくれたそうです。


おばあちゃんの元を離れ、
浜松での売れない歌手時代。
住んでた部屋を閉め出されたり、
知人に裏切られたり。


そして、やむなく始まった車での生活。
マネージャーとどさ回りして、
その日その日のお金を稼いでいた等々、
最近のLiLiCoさんからは想像のつかない過去。

なのに、そんな大変な日々が、
面白可笑しく前向きに、
あっけらかんと綴られています。


ホントに前向きです。



子供の頃に、親から受けられなかった愛情を、
おばあちゃんとオジちゃんから貰い、
マネージャーと二人三脚した日々を土台にして、
今に在るLiLiCoさん。


幾つかのせつない別れ。
出会った人への感謝。
若さなのかも知れないけれど、
人ってこんなに頑張れるんだなって。

この方の、凄く真っ直ぐな心にも、
自分が忘れてしまったことを思い出させてもらった様な。


この本に出会えて良かったなって思いました。
久し振りに、良い本を読んだ気がしました。





【送料無料】ザリガニとひまわり [ Lilico ]


さそり座花












最終更新日  2012.10.04 23:51:11
コメント(4) | コメントを書く
2012.09.07
カテゴリ:BOOK



先週、三谷幸喜著 清洲会議を読みました。

本能寺の変の後、
織田家後継者を誰にするかを決めた
あの清洲会議を、
会議に関わった者、各々の視点、
しかも現代語訳で進めた一冊です。




【送料無料】清須会議 [ 三谷幸喜 ]



清洲会議.jpg



表紙の秀吉が、スマホ持ってます。

で、書いたの三谷幸喜です。

だから、どんな現代語訳か、多分想像出来ると思います。


超軽いです。
途中で、最後迄読まなくても良いかな〜

とさえ思いましたが、
それ程時間のかかりそうな量でもなかったので
とりあえず読み終えました。



それなりに軽かったのですが、
柴田勝家が、羽柴秀吉にどんどん飲まれていく下りは、
勝家の純朴さが余りにも歯がゆく、
秀吉の小賢しさがあまりに快活で憎らしく、
三谷幸喜なりの解釈、演出ではあるものの、
最後はきゅっ!と締まった様な気がしました。



中でも、お市の方の心の中が現代語訳で表されているのは、
面白いものでした。






















最終更新日  2012.09.07 18:48:40
コメント(4) | コメントを書く
2010.11.11
カテゴリ:BOOK


早い早い、もう11月も半ば。

来年の家計簿を買いました。
家計簿も、多分20冊目。


毎年、どれを使うか本屋で悩み、
料理の写真やレシピがついた分厚いタイプや、
袋分けタイプや、
普通のノートに毛が生えた位のや、
色々使って来ましたが、
最近はベネッセサンキュから出てる、これに定着。

家計簿2.jpg

価格が手頃で、薄いのが良いです。
中の紙質も、シャーペンのHBが乗り易い。


家計簿1.jpg

以前は、日にちごとに、支出残高を一円違わずつけていたけど、
この家計簿にしてからは一週間ごとに、
日にちも前後しながら、気楽につけてます。


表題通りの『みるみる貯まる!』とはいかず、
お金は出ていくばかりだけど、
家計簿を止める事が何となく出来ません。


家計簿.jpg
ソロバンのパチパチ音も、好きなのでした♪






最終更新日  2010.11.11 19:49:23
コメント(6) | コメントを書く
2010.10.04
カテゴリ:BOOK


末次由紀のコミック、
ちはやふる


最近高一の息子が、家にあった1~8巻を読み出して、
「続きはまだないの?」と言われ、
やっと、続きを買いました。

ちはやふる.jpg

っていうか、10巻まで出てたなんて。

ノート雪ボーダー.gif雪ボーダー.gif雪ボーダー.gifノート



転校生新(あらた)を通じて、
百人一首の世界を知った、小学6年生の千早が、
仲間やライバルと共に成長していく話です。


小学生だったメインキャラの千早、新、太一が、
2巻で早くも高校生となり、
三人の恋愛模様(千早は恋愛に鈍感なので、
恋愛模様と言えるか否か)にも気が置けません。

高校に入り、本格的に百人一首に向き合う千早。

千早を含む、かるた部の部員達、
先生、ライバルとの関わり、
何よりも、大会シーンで描かれる人間模様が凄く良い。

百人一首を軸に、
なんでそんなに夢中になれるのか、読んでみれば納得です。
青春て、こんなに熱かったっけ~・・・・と、
40オンナも、涙うるうるする場面が満載で手書きハート
出てくるコ達皆が、愛おしくなります。

出てくる大人もいいんだな~。
憎たらしいはずのライバルも、丁寧に描かれ、
嫌なヤツに描かない所、
心理描写、一人一人の役割、成長の仕方に、
作者の温かい人間性を感じます。

主役は高校生だけど、
レディコミに連載されてるマンガだからなのか、
大人が読んでも耐えられる内容、
百人一首の美しさ、深さにも久しぶりに触れられ大満足。


一冊読む間に、何度も目尻に涙が伝わって、
美人だけどかるたバカの千早に、
何回声を出して笑わされる事か。

あ、私、少し熱くなってますね。


切なくなったり、熱くなったり、
千早達は元気の素。
なので、うちの高一男子が夢中になるのも、
納得なのです。

ちなみに、私も息子も、
ドSの須藤くん、お気に入りキャラです。


ちはやふる(1)

ちはやふる(2)

ちはやふる(3)

ちはやふる(4)

ちはやふる(5)

ちはやふる(6)

ちはやふる(7)

ちはやふる(8)


出来れば、ジャニーズ抜きでドラマ化して欲しいわ~音符






最終更新日  2010.10.04 11:45:15
コメント(2) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.