191080 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

林艮酔記 

全157件 (157件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 16 >

ブルゴーニュ

2007年09月02日
XML
カテゴリ:ブルゴーニュ
数日前,
黒毛和牛が
半額だった。

冷凍しといたやつを
玉葱・人参と一緒に
トマトで煮込み,
ブルゴーニュの赤を
飲むことにした。


飲んだのは,
2月に買った,
ジュヴレ・シャンベルタン。

徒然わいんさん
教わったもの。

おそらく最安の
ジュヴシャン村名。

ナッツ,ハーブ,
生木,ゴム,革,
土,そして黒糖。
好きな香り。

酸味ぴっしり,
タンニンしっかり,
ダシ少々。

スリムだが,
好みの味。

麦チョコにも合いそう。

----------------
AOC:ジュヴレ・シャンベルタン
生産者:トルトショ
生産地:ジュヴレ・シャンベルタン/コート・ド・ニュイ/ブルゴーニュ
生産年:2004
ぶどう:ピノ・ノワール
種類:赤
----------------






Last updated  2007年09月02日 20時57分37秒
コメント(10) | コメントを書く
2007年08月28日
カテゴリ:ブルゴーニュ
首が細くてグラマラス…
古代美術を思わせるような
トロ・ボーのボトルが好きである。
ボトルを眺めるだけで
うっとり。

中身はというと…

多少は涼しくなったものの,
まだまだ暑いので,
冷やしてスタート。

最初こそ,
赤い果実とハーブばかりの
単純な香りだったけれど,
徐々にふくらみと複雑さを増してきて,
なかなかいい感じ。

味はといえば,
ピュアでキュートな酸味がいい。
苦味もなかなか悪くない。
ふくよかさはもう一歩だけれど,
まあ,ACブルだから。

00って,
なんとなく避けてきたけれど,
思ったよりよいのかも。
といっても,今さら手には入らんか。

----------------
AOC:ブルゴーニュ
生産者:トロ・ボー
生産地:ブルゴーニュ
生産年:2000
ぶどう:ピノ・ノワール
種類:赤
----------------

食べたのは,
ほうぼうの刺身
小松菜の卵炒め






Last updated  2007年08月29日 01時02分43秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年08月26日
カテゴリ:ブルゴーニュ
ロゼに,めぐまれなかった。
めぐまれなかったから,
敬して遠ざけていた。

けれど,
ブルーノ・クレールの
マルサネ・ロゼ05は,

結構うまいじゃないか。

深さや奥ゆきが
びっくりするほど
あるわけじゃあないが,
するすると1本。

強くはないが,
ほんのりいい香り。
味は端麗辛口きりり。

飲んでも飽きることがない。
1本はあっという間。


食べたのは,
キハダマグロの刺身。
タラコおろし。
キムチ。
茄子とピーマンと豚バラの味噌炒め。






Last updated  2007年08月27日 02時38分06秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年08月22日
カテゴリ:ブルゴーニュ
夜になって,涼しくなった。
秋の虫が鳴いている。

窓を開けて風を入れながら,
ラモネのパスグラ05。

食べたのは,

マグロの刺身と
モヤシのおひたしと
胡瓜の味噌和えの後,

ラムと玉葱とキャベツの
ジンギスカン風。

決め手は「ベル」の「成吉思汗たれ」。


しめは,
それでもやっぱり暑いので,
キムチをお供に
冷たい麦茶で茶漬け。








Last updated  2007年08月23日 02時17分23秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年08月09日
カテゴリ:ブルゴーニュ
夏,飲みたくなるのは白。
でもブルゴーニュの赤も何本か,
冷蔵庫(の野菜室)で冷やしてある。
といっても大抵はパスグラなのだけれど。

暑さのせいか,
無性にレバニラ炒めが食べたくなって,
でもレバに白は
さすがに合わないだろてんで,
久々にブル赤が飲みたくなって,

冷えたやつを物色していたら,
見覚えのないのが出てきた。

ナタリー・ヴィゴ
オート・コート・ド・ニュイ01

東武百貨店の値札が\2730

インポーターは,
某誌の「ウスウマ」キャンペインに
1枚も2枚も噛んでいた
ヌーヴェル・セレクション。

う~ん,
いつ買ったんだ?(^^;


飲んでみると…

温度が低い割には,結構香りが豊か。
リンゴとハーブ・ティーが鼻に抜ける。
酸味とダシも,派手さはないがしっかり。
タンニンも,きめ細かいがきっちり。

かなりの好印象。
ウスウマ,かも。

レバニラにはもちろん,
イカのワタ味噌炒め煮(+大根おろし)にも,
豚の生姜焼き(+キャベツ+インゲン)にも,
ぴったんこカンカン♪







Last updated  2007年08月10日 03時08分06秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年07月06日
カテゴリ:ブルゴーニュ
モンジャ焼き
ではない。


帰りのコンビニで,
サッポロ一番
ソース焼きそばが,

「食べて」

と訴えかけてきた。


焼きそばといえばビール,
ではあるが,

ゆうべ開けた
モンジャール・ミュニュレのパスグラが,
冷蔵庫で冷えている。

これが意外に,合うのであった。



食後の麦茶は,
もっとうまかったりするんだけど。







Last updated  2007年07月07日 03時47分09秒
コメント(12) | コメントを書く
2007年06月20日
カテゴリ:ブルゴーニュ
すっかり常連となった
ミシェル・ラファルジュのパスグラ。

02の在庫がなくなりかけたところへ,
楽天のポイントが少々たまっていたので,
竹澤さんに残っていた01を
全部注文した(といっても5本だけど)。

02より酸味が強く,スリムな印象。
でも,和食には02より合うかも。

ともあれ,うまい。

マグロと鯛の刺身,宇部かまの蒲さしのあと,
船キュウと茗荷に仙台味噌。

なかなかよい。


さて,
岩手では,トウモロコシを「きみ」と呼ぶ。

今年もきみの季節になった。

なんといっても,皮ごと塩茹でするのがいちばんうまい。
つまみ兼主食兼デザートとなる甘さが絶妙。



ナッツ系の香ばしさ漂うミシェル・ラファルジュのパスグラにも,

ぴったし♪






Last updated  2007年06月21日 02時57分27秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年06月08日
カテゴリ:ブルゴーニュ
火曜の晩に旧友たちと飲み過ぎ,
まる2日,体がおかしかった。

考える意欲がない。
食欲がない。
そしてなんと,酒を飲む意欲がない。

これは異常事態。

しかたないので水・木と
ビールしか飲んでない。

って,それでも飲むんかい ヾ(- -;)


さて今日,
3日ぶりに元気になって,
アラン・ユドロ・ノエラ。

食べたのは,
青森のメバルに,大分のシマアジ。

シマアジは養殖だけにそれなりだったが,
メバルはうまかった。


それにしてもシマアジ,
昔は高級魚で,
奇跡的にうまかったんだけどなぁ…


それから,久々につくる意欲がわいて,
豚しゃぶと茗荷のごま塩おろし和え。

豚バラの甘みがうまい。


あとは,
谷中と板わさと,
しめは盛り蕎麦。






Last updated  2007年06月09日 01時51分26秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年05月30日
カテゴリ:ブルゴーニュ
急に煮しめが食べたくなって,
蓮根やら牛蒡やらを買ってきた。

アク抜きは時間がかかるし,
近頃の野菜は
アクがなさ過ぎるぐらいなので,
省略。

まずは,
人参と牛蒡と蓮根を適当に切り,
新じゃがをまるのまま放り込み,
水から茹でる。
(蓮根だけは皮を剥く)

じゃがいもの皮が
手で剥けるくらいになったら,
お湯を捨ててざるに上げる。

茹でた鍋をさっと水で洗い,肉を放り込んで炒める。
…今日は,合鴨の冷凍してあったやつ。
肉から出るので油は要らない。

さらに椎茸と,じゃがいも以外の茹でた野菜を入れて炒める。

その間にじゃがいもの皮をむいて切り,
厚揚げを切って湯通しし,いんげんを適当に切って鍋に入れ,
酒と味醂と醤油と,ほんの少しの「にんべんつゆの素」。

水をひたひたにして,10分ばかり煮たら,火を止めて待つ。
…あとは飲んでる間に出来上がり。

書いてみるとなんだか長いけど,至極簡単,しかもうまい♪


さて,話変わって…
でん六の麦チョコが届いた。
しかもクール便。
配慮が行き届いてますな。

賞味期限が来年の3月。
ということは,
9ヶ月で12袋を
消費せねばならんわけね。

で。
麦チョコといえば,
ワインはポンソでしょう。

というわけで,
谷中生姜とマグロの刺身と
煮しめの後で,
麦チョコ&ポンソ。

食べてみると……うまい!
おっしゃるとおりです>BAR10会長。

「香ばしい麦の香り!」と,ビックリマークつきでパッケージに書いてあるとおり,
ほんとに香ばしい。
そしてチョコレートは,ミルクたっぷり。
他のはたいてい,砂糖の味が前面に出ちゃうのだけれど,
これはちがう。

さすがであります。

あ,ポンソも非常にうまかったす。
(付け足しかいっ!)








Last updated  2007年05月31日 02時43分04秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年05月27日
カテゴリ:ブルゴーニュ
近所のスーパーで,
天然ブリアラてんこ盛りが
298円のさらに半額で手に入った。

冷蔵庫の肥やしになりかけてた
大根とともに,
季節外れの鰤大根に。

おまけに,
関アジの刺身も半額。

ラッキー♪
ただ,飲む酒が問題。

今日は日本酒の気分じゃない。
かといって,
白身や赤身に合うワインは
たくさんあるが,
青い魚に合うワインを知らない。

たとえ生臭くない関アジでも。


唯一の例外は,
フィリップ・ルクレールの
ACブル,レ・ボン・バトン。


結局,行き着く所はここなのね。






Last updated  2007年05月27日 22時41分30秒
コメント(10) | コメントを書く

全157件 (157件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 16 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.