000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

林艮酔記 

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

銀塩

2008年03月07日
XML
テーマ:銀塩カメラ(19)
カテゴリ:銀塩


北野神社にて。


Mamiya-Sekor C 55mm F2.8,
Mamiya M645 Super,
Fujichrome Velvia50,
Epson GT8700F.






Last updated  2008年03月08日 02時09分10秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年03月06日
テーマ:銀塩カメラ(19)
カテゴリ:銀塩
昨日の問題の答えは,これ↓



マミヤM645スーパー。

これとVelviaで撮ったポジの現像を受け取ったとき,
びっくりした。
青い空が,鮮烈。

ただ,スキャンすると,ちょっと印象が違ってしまう。



スキャンに時間がかかるので,今日は1枚だけ…


Mamiya-Sekor C 55mm F2.8,
Mamiya M645 Super,
Fujichrome Velvia50,
Epson GT8700F.






Last updated  2008年03月07日 02時39分01秒
コメント(10) | コメントを書く
2008年03月05日
テーマ:銀塩カメラ(19)
カテゴリ:銀塩
新しいカメラ(といっても,もちろん中古)の試し撮り。



フィルムのせいか,レンズのせいか,
はたまた空模様のせいか,
妙な色合いになった。
ちょっと面白いので,あえてそのまま。

  ◇  ◇  ◇

「まぁた新しいカメラ買ったの?!」
「だって,安かったんだもん」
「安けりゃ何でも買うのか,あんたは」
「そうかもしれない」
「まるでドジョウの日焼けサロンだわ」
「何それ?」
「すくいようがない」
「どじょうはわかるけど,なんで日焼けサロン?」
「日焼けサロンて,サンオイル塗るんでしょ。そしたらなおさらすべるじゃない」
「…一生懸命考えただろうから言いにくいんですけど,ちょっとすべってると思うんですが…」
「うるさい! それにしても,変なカメラだね!」
「カメラに八つ当たりしないで下さい…」

さて,ここで問題です。
新しいカメラとは,どんなカメラでしょう?

ヒント1:目線の高さ。
ヒント2:縦横比3:4






Last updated  2008年03月06日 02時43分32秒
コメント(6) | コメントを書く
2008年02月18日
テーマ:銀塩カメラ(19)
カテゴリ:銀塩






Leica R4,
Macro-Elmarit-R 60mm F2.8,
Centuria 100,
GT-8700F.






Last updated  2008年02月18日 00時41分32秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年02月15日
カテゴリ:銀塩
こんなものを買ってしまった…



まともな写真は,まだ撮れていない。


Ai Nikkor 28mm F2.8S,
Canon EOS 20D.






Last updated  2008年02月16日 03時17分05秒
コメント(10) | コメントを書く
2008年01月18日
テーマ:銀塩カメラ(19)
カテゴリ:銀塩



Ai Nikkor 20mm F3.5,
EOS RT,
Centuria 200,
Epson GT-8700F.




久々に,EOS RTを持ち出した。
デジタル化以前は,主力で使っていたカメラ。
バックアップも含めて3台あるが,今はみんなご隠居。

なんといってもペリクルミラーなので,
一眼レフなのにシャッターを切った瞬間が見える。
だから,ストロボが光ったか,被写体が瞬きしなかったか,写した瞬間わかるスグレモノ。
人物を撮るのに,これ以上のカメラはないと思う(EOS-1NRSを除いて)。

ペリクルミラーのデジイチがほしい…

ファインダーはほとんどスヌケなので,MFには厳しいけれど,
超広角用として,ときどき使ってみようか。






Last updated  2008年01月18日 12時28分04秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年01月12日
テーマ:銀塩カメラ(19)
カテゴリ:銀塩
ミノルタSR-1s。



ミノルタだけは手つかずだったのだが,
姿の美しさに惚れて,買ってしまった。

1967年発売というから,すでに40年。
純機械式総金属製で,露出計は初めからついていないという潔さ。
OM-1よりは90g重いが,十分小型軽量。

なんといっても,小ぶりなペンタプリズムの形が美しい。
45mm F2という準パンケーキレンズも魅力。
「ロッコール(六甲る^^)」という響きもいい。


そして,買おうかどうしようか迷っていたスキャナ。
ちょっと前の型を,オークションで安く手に入れた。



そのお値段,なんと2,100円。
しかも35ミリ判だけでなく,中判はおろかシノゴ(4×5)までスキャンできる。

…う~ん,中判ほしくなっちゃう。

いろいろ試した結果,
360dpiの長辺15cmぐらいでスキャンするのが,いちばん具合がいい。
ただその後,レベル・色相・シャープなどの調整は必要。
その結果が,下の写真。



どっかで見たような…(^^;




いやあ,このスキャナ,使えます。
お店でCDに焼いてもらうより,ずっといいですわ。


MD Rokkor 45mm F2,
Minolta SR-1s,
Centuria100,
Epson GT-8700F.






Last updated  2008年01月12日 03時09分02秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年12月12日
テーマ:銀塩カメラ(19)
カテゴリ:銀塩
しばしの休眠中に,
スタッフからのアナウンスは多少改善されてるみたい。
それに「定期メンテナンス」という名の不定期メンテナンスも,
土曜の深夜ではなく,平日の未明に行われるとのこと。

まあ,年末だけの特例かも…と思いながら,
復帰しようかな,という気持ちが,ちょっとだけ湧いている。

--------

さて,ここからが本題。

おりーぶさんのblogを見ていると,OM-1が欲しくなる。
でも,プリズムは腐食しているのが多いし,
人気があるからそんなに安くはないし…てんで,
なんとか我慢していた。

話は変わるようだが,年明けの休みの目途が立った。
元旦に赤岳,2月に西穂独標…今年と全く同じ(^^;

問題は,持って行くカメラである。
デジカメは,寒いとバッテリのもちが心配。
今年持って行ったGRDは,1日1個のバッテリが必要だった。
2月の西穂独標は,GRDとD40の2台だったのだけれど,青息吐息だった。

やっぱり,フルメカニカルでしょう。
もっているフルメカ・カメラは,Nikon Fだけ。
はっきり言って,重い。
となればやはり,植村直己さんも北極へ持って行ったカメラ…

ということで,やっと話はOM-1へ戻る。

昨日,新宿の「カメラのきむら」で,7350円のOM-1を見つけた。
「メーター不良」とあったけれど,そもそも電池を想定してないから,メーターは要らない。
手にとってみると,
何よりプリズムの腐食がない。
モルトも奇跡的にきれい(貼り替えたのかな)。
シャッター速度も,手元で計れる範囲では正常。
ミラーに多少の汚れ,ファインダー視度の若干のズレはあるものの,
奇跡的掘り出し物。

というわけで,林艮家の一員となったのでありました。



EOS 20Dと比べると,20Dがキングコングに見える。

撮ってみても,光線漏れもないし,何の問題もない。
超ラッキー♪





まあ,銀塩(フィルム)カメラは,レンズの光を正しくフィルムに導けばいい,
というだけの存在なのだけれど,
やっぱり気に入ったものだと意欲がちがう。

冬山は,こいつにコダックのPlus-Xを入れて撮ろうかな…

OM Zuiko Macro 50mm F3.5
Olympus OM-1
Centuria 200

…追記(訂正)…
植村直己が使っていたのはニコンF2植村スペシャルで,
OM-1は加藤保男がエベレストへ持って行ったんでした。

それと,フルメカ・カメラはジャンク畑から拾ってきたキヤノンFTbも持ってましたな。
でもこれもデカくて重いし,モルトを貼り替えないとちょっと不安だし…
って,誰に言い訳してるんだ?σ(^-^;






Last updated  2007年12月13日 11時49分17秒
コメント(21) | コメントを書く
2007年11月14日
テーマ:銀塩カメラ(19)
カテゴリ:銀塩
17mmの画角をフルに生かして撮るのは,けっこう難しい。





正六角形のフレアがきれい(笑)





Tokina 17mm F3.5, Nikon EM
Centuria 200

CDプリントは,キタムラより55ステーションの方が,質がいいみたい。
値段も400円ばかり高いけど。






Last updated  2007年11月14日 00時45分27秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年11月04日
テーマ:銀塩カメラ(19)
カテゴリ:銀塩
ニコンFにウエストレベル・ファインダーをつけ,
超ローアングルで撮ってみた。





蟻の目,よりは高いか。


Ai Nikkor 28mm F2.8S, Nikon F,
Centuria 200, CDプリント。






Last updated  2007年11月04日 22時45分03秒
コメント(12) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.