190948 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

林艮酔記 

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

世界あちこち

2007年12月25日
XML
カテゴリ:世界あちこち
BARレモンハート,クリスマス恒例ビーフシチュー。
2ヶ月近く前から仕込みはじめる逸品。
身もよじれる美味さ。
…今年もまた,一滴残らずいただきました♪

MENUは,
プロシュート,
パルミジャーノ・レッジャーノのかたまり,
野菜の手づくりピクルス,
そして,ビーフシチューにバケット。

飲んだのは,シャンパン(マム)のあと,
ローヌの98の…つくり手忘れた(^^;
ロッソ・ディ・モンタルチーノの05の…つくり手忘れた(^^;;
シャトー・ラグランジュの01,そして
シャトー・ヌフ・デュ・パプの81の…つくり手忘…(。_°☆\(- - )イイカゲンニセイ


都合により,写真もありませぬm(_ _)m
だめだこりゃ(笑)






Last updated  2007年12月26日 00時32分55秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年10月12日
カテゴリ:世界あちこち
や○やで売ってた千円のピノ。
ルーマニア産と書いてある。

久々に,ちょっとワクワク。

  ◇  ◇  ◇

開けた途端,
すももの香り満開。

ちょっとすると,紅茶の香り。
アールグレイかな?

ひょっとすると,超お買い得?


ところが。

味は,薄っぺら。


2日目に期待…

  ◇  ◇  ◇

さて2日目。

香りは岩海苔。
ちょっと革っぽさ。

悪くはない。

でも。

味は,薄っぺら。

3日目に期待…

  ◇  ◇  ◇

で,3日目…

期待するんじゃなかった…(T_T)







Last updated  2007年10月13日 02時45分11秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年09月11日
カテゴリ:世界あちこち
デシベル,ではない。

デ・ボルトリ…オーストラリアのワイン。

近所のスーパーで,
1本600円を切る安値で売られている。

ところがこのワイン,かなりうまい。
すでに1ダースは,お世話になっている。

香りが到底3桁レベルではない。
甘やかな梨,爽やかな草,
そしてバターミルク…
セミヨンがうまく効いているのだろう。

で,味はというと,
セミヨンの甘さもあるが,
程よくキレよく後口がいい。

これだけのコストパフォーマンスが,
ずっと続けばいいんだけれど…

----------------
生産者:デ・ボルトリ
生産地:オーストラリア
生産年:2005
ぶどう:セミヨン・シャルドネ
種類:白
----------------

食べたのは,
塩胡椒で炒めた豚としめじに,水菜とミニトマトを合わせてサラダ風にして,
ポン酢+ヴァージンオイルのドレッシングで。(長い(^^;)








Last updated  2007年09月11日 21時57分28秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年08月21日
カテゴリ:世界あちこち
暑い。
日向に出ると1分で,蒸し焼き人間ができあがる。

こう暑いと,口中をひんやりさせてくれるものしか飲みたくない。

かといって,白ばっかりでは飽きるから,
山に持って行こうかと思って買ってあった
安い赤を,思いっきり冷やして飲んだ。

まあ,冷たきゃ何でもうまいのであるが,
それにしても,2本とも意外にうまかった。


サンライズの「チリカベ」(1/4)と,
ラブレ・ロワのヴァン・ド・ペイ・ドック,ピノ・ノワール(1/2)。


食べたのは,
鰹の土佐づくりと,シラスおろしと,



豚バラと小松菜の炒め物,そして



茄子味噌炒め丼。






Last updated  2007年08月21日 23時13分26秒
コメント(10) | コメントを書く
2007年06月03日
カテゴリ:世界あちこち
鯛のかぶと焼き。



ちょっとコワイ…(^^;


鰹の…
なんだ?(^^;
鰹+白髪葱もどきと生姜とレモンと醤油。

おろした生姜にレモン汁をかけたら,生姜が赤くなった。
化学反応?(@O@)




飲んだのは,
おそらく2年ぐらい前に,
試飲したとき断りきれずに買ってきた
ジェイコブズ・クリークのシャルドネ・リザーブ2003。



かなり樽タルしていたので,
なんとなく飲む気になれず,月日は過ぎて…

エイヤッと開けて飲んでみたら,
意外に上品でうまかった。

そういえば,すっごく久しぶりのシャルドネでありました。






Last updated  2007年06月04日 00時36分12秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年02月09日
カテゴリ:世界あちこち
洋風無国籍居酒屋?
料理も酒も,なんでもあり。
ワインは15種類ぐらい。

フロアマネージャーらしき人は,顔がインド系。
でも日本語達者だから,う~む,
日本語がうまいインド人か,インド人みたいな顔の日本人か…

店の名前は,たしか Chocotte Hail …「ちょこっとはいる」

食べたのは,馬刺し(凍ってた),
焼き茄子と湯葉のおひたし,
牛スジと大根の「地獄煮」(韓国風…地獄というほど辛くはなかった)
たっぷりチーズ入りオムレツ,
それと,「気まぐれピッツァ」(トッピングはその日の気分次第らしい)。

飲んだのは,
アルゼンチンのマルベック。
香りにミルクっぽさがあって,かなりよかった。
味はジャミーでスパイシー,お肉に合う。

でもねぇ,グラスならリスクがあるのわかるけど,
ボトル売りで仕入れ値の3倍は,とりすぎでしょ(--#

----------------
ワインの名:アラモス
生産者:カテナ
生産地:アルゼンチン
生産年:2005
ぶどう:マルベック
種類:赤
----------------






Last updated  2007年02月10日 02時38分19秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年01月09日
カテゴリ:世界あちこち
急に,泡が飲みたくなった。
けれど,まともなグラスがない。


 リーデルのヴィノムのシャンパーニュは,
 デザインが好みでない。



 ベーシックのシャンパーニュが,
 ダックスフンドみたいに短足で,愛敬があってよい。

 ところがこいつ,
 池袋でも渋谷でも,どこにも売っていない。


RIMG0192.jpg
 仕方ないので,
 「ワインスター」とかいう怪しい名前の
 シャンパングラスを購入。

 ただ,意外に口当たりがいいし,
 デザインもバランスがなかなかよい。

 飲んだのは,激安カヴァ。
 ラベルのデザインが上品だったので買ってみた。
 ハーフで\580,フルボトルだと\1,000。

 それにしちゃ,なかなかうまい♪

 なんだか今後,泡にはまりそうな,危険な予感(^^;



RIMG0194.jpg
 食べたのは,
 豚バラの生姜焼き。








Last updated  2007年01月10日 03時56分45秒
コメント(12) | コメントを書く
2006年10月03日
カテゴリ:世界あちこち
一昨日2002を飲んで気に入った
ガロのソーヴィニヨン・ブラン。
2004も発見したので,試してみることに。

コルクは合成に変わってた。

甘やかな香りは共通。
でもちょっと派手な感じ。
味わいも,少し化粧が濃い。
その分ちょっとひっかかりがあって,
すいすい1本,というわけにはゆかず。


「それって,夕べ飲み過ぎただけなんじゃないの」
「ともいう」
「てか朝だったし。どんだけ飲んだの」
「ん~,生ビール1杯に,日本酒3合に,ワイン3杯に,ハイボール1杯に,カルヴァドス1杯…」
「ありえない」
「で,帰ってきてからまたワイン」
「……」

おかげで今日は,モノクロームな1日であった。

----------------
ワインの名:シエラ・ヴァレー,ソーヴィニヨン・ブラン
生産者:E&Jガロ
生産地:カリフォルニア
生産年:2004
ぶどう:ソーヴィニヨン・ブラン
種類:白
----------------

食べたのは,
マグロブツ+茗荷。
豪州サーロインの細切りステーキ,レモン入りおろし醤油+水菜。






Last updated  2006年10月04日 01時53分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年10月01日
カテゴリ:世界あちこち
近所のサミットに,いつも並んでいる。
どこのスーパーにも,ざらにありそう。
値段は\775。もちろんフルボトル。

安すぎると,かえって買うのがこわい。
とくに\1,000円を切ると,
まずまともに飲めたためしがない。

ところがよくみると,
2005年にまじって,なぜか2002年が何本か。
ソーヴィニヨン・ブランで2002となると,今はほとんど売ってない。
ちょっと興味がわいて,1本買ってみた。


これが,びっくり。
ちゃんと飲めるのだ。
それどころか,
果物の蜜のような,甘やかな香りさえするのである。

味は酸味が中心で,濃くはないけれど,
すっきりしていてかえって好印象。
弱いながら,うまみと甘みもあり。

おいしい水。

2002だからなのか,2005もよいのか。
試してみる値打ちはありそう。

----------------
ワインの名:シエラ・ヴァレー,ソーヴィニヨン・ブラン
生産者:E&Jガロ
生産地:カリフォルニア
生産年:2002
ぶどう:ソーヴィニヨン・ブラン
種類:白
----------------

食べたのは,
刺身(バチマグロ,スルメイカ)+茗荷,貝割れ。
鮭缶とレタスと水菜のサラダ(マヨネーズ+醤油+レモン)。
冷や奴(削り節+葱)。






Last updated  2006年10月02日 03時05分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年09月15日
カテゴリ:世界あちこち
明日天気になあれ,てんで,縁起かついで
オー・ボン・クリマ…すなわち「よい気候で」。

気候と天候は違うじゃん…
というのは気づかなかったことにして。

ラベルの色が,ブドウ入りソフトクリームみたいでおいしそう。

色(ラベルじゃなくてワインの)は,透明感ある小豆色。
「カリピノ」というイメージからすると,
思ったほど濃い色ではない。

香りは,
梅系の酸,熟成ミルク,胡椒,黒系果実,革。
ほどほどにふくよか。樽はあまり感じない。


味は,
やはり梅系の酸。渋苦味がけっこうしっかり。黒系果実の甘み。胡椒。
ちょっと厚ぼったい苦味が後に残るが,私の好きなりんご味も。

カリピノに対する先入観のせいか,意外とピュアに感じる。
今どきのジュヴレ・シャンベルタン,と言われても,
私ゃ素直に信じるだろう。

もうちょっと寝かせてみたい。

----------------
ワイン(畑)の名:ラ・ボージュ・オー・ドゥスュ
生産者:オー・ボン・クリマ
生産地:ビエン・ナシード・ヴィンヤード/サンタ・マリア・ヴァレー/カリフォルニア
生産年:2004
ぶどう:ピノ・ノワール
種類:赤
(ハーフボトル)
----------------

食べたのは,
かつおのたたき(+茗荷+生姜+レモン+酢+醤油)
小松菜のおひたし(+鰹節)






Last updated  2006年09月16日 03時38分06秒
コメント(0) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.