301822 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

リ ニ モ ね っ と B l o g

PR

カレンダー

バックナンバー

日記/記事の投稿

カテゴリ

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

その他

2019/05/03
XML
カテゴリ:その他

令和」スタート!






最終更新日  2019/05/03 09:19:28 AM
2019/04/13
カテゴリ:その他
木々が芽吹いてきた







最終更新日  2019/04/13 02:41:16 PM
2019/03/03
カテゴリ:その他







最終更新日  2019/03/03 04:47:41 PM
2019/01/21
カテゴリ:その他

寒い日が続きます。






最終更新日  2019/01/21 06:58:35 AM
2018/12/31
カテゴリ:その他
良い年をお迎えください








最終更新日  2018/12/31 01:58:02 AM
2017/01/06
カテゴリ:その他


明けましてしておめでとうございます。






最終更新日  2017/01/06 11:59:41 AM
2010/06/08
カテゴリ:その他
5月29日に「第1回リニモの今と未来を考える会」という集会が、
「リニモの今と未来を考える会」(連絡先山谷さん他4名)
の主催で開催され、島田がパネリストとして参加しました。

この会の案内チラシには、リニモには賛否の意見があるところから
「まずは実態を知り、ニュートラルな立場からリニモの未来を考え、
この町の将来につながることを、みなさんと考えていきたい」
と言うこの会の主旨が書いてあります。

このような主旨の話し合いの場は、
リニモを活かしたまちづくりが求められ、一方ではリニモに対する
多額の公的な助成が避けられなくなっている現状の中で、極めて
大切なものです。リニモねっとが主催した「リニモとことん語る会」
の目的とも一致するもので、リニモねっととしても積極的に
参加していきたいと考えます。

しかし、
この会の運営は、その主旨にまったくそぐわないものでした。
「話題提供」として基調講演的な話をされた立命館大学教授
松川周二氏の話は、「運輸政策審議会の答申にあった路線だから
つくるのだという前提ですすめたことが誤りである」
「リニモが無くなるとどうなるかなどと脅迫的な書き方をしている」
などと、リニモと愛知県・長久手町への批判を中心にした一方的な
内容でした。さらに松川氏は、リニモを評価する視点について
島田が6分話したところで、ヤジによって発言を中止させるなど
中立性を欠いた態度を取りました。

このような滑り出しで始まった会は、「利用者のことを考えて
リニモと地下鉄と(同じきっぷを使えるよう)協定を結んで欲しい」
などの建設的な批判も出ましたが、「リニモが廃止になっても、
元々なかったものと諦めてもらうしかない」などという発言者が
ヤジを含めて何度も発言を許されるなど、「ニュートラル」には
遠い雰囲気になってしまいました。

島田が
「自分が使うか使わないかを中心に考えると議論がおかしくなる」
と指摘しているにもかかわらず、その後司会者が
「リニモを使う人使わない人」を挙手させ、使うか使わないかを中心に
議論するよう誘導するなど、司会者の対応にも問題がありました。

対立的な意見があるなかでも
住民同士が理性的に話し合いをするためには、
会の運営ルールや目的をあらかじめ参加者に確認する、
テーマを絞り拡散しないようにする、
適切で詳細な情報・資料を提供し事実に基づいた冷静な討論にする、
賛否両方の立場の専門家を呼び双方の意見を客観的に聞く、
議事録を作成するなど会議を公開し発言に責任を持ってもらう
などの工夫をすることが求められます。

真の「住民参加」を進めるためには、
住民同士が理性的に話し合いできる能力を身につけることが
欠かせません。準備された主催者のご労苦をねぎらうとともに、
運営方法の改善を要望します。

リニモねっと 代表 島田善規






最終更新日  2010/06/13 11:59:54 PM
2010/05/11
カテゴリ:その他
先日報道された
「リニモ社員8900万円着服」事件(5/8中日新聞)は、
リニモねっととしても黙って看過すことができない
信じがたい不祥事です。

私達リニモねっとは、リニモを活かした住みよく環境にも
やさしい地域づくりが、ひいてはリニモの経営にも貢献するもの
と考え、4年間さまざまな活動を続けてきました。最近も、
リニモの素晴らしさを伝える「リニモ・ボランティアガイド」や、
リニモに対して冷ややかな意見を持つ人々とも合意形成を
すすめる「リニモ・とことん語る会」などに取組んできました。
これによるリニモの増収額は直接にはわずかであっても、
その意義の高さを信じて進めてきました。

今回の横領額は、リニモの年間営業収入の1割近くにも達します。
人々のささやかな努力の何千倍が吹き飛びました。
このような報道に接した私達は、「何をやっているんだ」
という強い怒りと脱力感を覚えます。
次に、この事件によってリニモに対する否定的な意見が
出てくるのではないかと懸念します。また、このずさんさは、
監督者の怠慢や名鉄からの出向社員の単発的な個人的犯罪
というだけではなく、会計処理の基本の理解と事務処理全体の
方法に問題があったのではないかとの疑問を持ちます。

このような危機感から私達は、関係の方々に対して、
信頼回復の第一歩してこの事件の経過と原因について市民利用者に
詳しく説明すること、二度とこのような事件を起こさない
目に見える改善策を講じるようお願いいたします。
また、リニモのすべての社員の方々に対して、
リニモが市民利用者・行政(税金)によって支えられていることを
よく理解し、信頼され親しまれるリニモになるよう、
また必死さが伝わるような具体的で分かりやすい行動を起こすよう
要望いたします。

リニモはまだ若い会社です。リニモとともに新しい若いまちが
生まれつつあります。市民利用者に愛される明るい社風を、
若い社員の方たちが今から作り始められることを期待しています。
リニモねっとも、ともに歩いてまいります。

2010年5月11日 リニモねっと代表 島田善規






最終更新日  2010/05/13 01:18:48 AM
2010/05/07
カテゴリ:その他
5月7日の中日新聞に
リニモ体験乗車ガイドが掲載されました。






最終更新日  2010/05/09 11:55:30 PM
2010/04/01
カテゴリ:その他
中日新聞3月28日朝刊の記事に
「リニモとことん語る会」が載りました。

関係者の皆様には、のべ20時間を越える
「リニモとことん語る会」へご参加いただき、
またご講演、運営、資料提供などに多大なご尽力をいただき、
まことにありがとうございました。






最終更新日  2010/04/01 08:42:48 PM

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.