225698 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆめが丘へ行こう

PR

X

Profile


ライサ0764

Favorite Blog

クライエントさんと… 幸せを引き寄せる山形県の心理カウンセラー&セラピスト・向月謙信 (☆”鯉)さん

あなたはそらへつば… 華冬♪さん
~龍ちゃんと愉快な… 龍ちゃん0311さん
ヒイシのRS SHOP ヒイシさん
廃人は褒め言葉 puyorin5150さん
闇夜の火遊び 火緒さん
雨飴小町 空に… ぺこ小町さん
ウナオスREDST… unakasさん
藤田啓介が勝手に書… 藤田啓介さん
§EXECUTION… えぐぜ。。さん

Comments

ニコニコッ!@ Re:私にとっての嬉しい、とは。(03/06) 私の知り合いも、自宅で社労士の本と格闘…
ライサ0764@ Re[3]:ぷっつり…(03/20) dee2さん >そいや、何日か前に紫苑見たぞ…
dee2@ Re:ぷっつり…(03/20) そいや、何日か前に紫苑見たぞ、古都銀でw…
ライサ0764@ Re[1]:ぷっつり…(03/20) ブラッキーさん >大丈夫?無理しすぎんよ…
ブラッキー@ Re:ぷっつり…(03/20) 大丈夫?無理しすぎんようにして、息抜き…

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Calendar

Headline News

Archives

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2013.01.02
XML
カテゴリ:

 

いってみたい 国 場所

 

フランスの

 

 

top_ph01.jpgベルサイユ.jpg

 

ベルサイユ宮殿。

Château de Versailles

 

 

ぜひ

ぜひ

 

行きたいです。

ルイ14世

太陽王と崇められた王が作った広大な宮殿。

マリー・アントワネットが過ごした宮殿。

愛を求めて 苦悩した宮殿。

最後は革命で追い出され

ギロチンの露と消えた

彼女の想い出と栄光と 生き様が詰まった宮殿。

身も知らずのルイ16世と 愛のない政略結婚をして。

 

優美な庭園を

ゆったりと散策して

鳥の声を聞いて・・・さんざめく光を浴びて・・・

言葉なくともただただその優美さに溺れたい。

豪華なドレスを着て 衣擦れの音をひきずって

たくさんの取り巻きをつれて、栄華と栄光に包まれていた彼女の

ひと時の住まい。

それを感じてみたい。

本当に愛した人とは 結ばれなかった彼女の

痛みが残る宮殿。

 

寂しさから、湯水のように国庫を使ってしまった宮殿。

 

マリーアントワネットがもし

愛のある結婚をしていたら、彼女はこの宮殿で

民衆のことを想い

勉学にいそしみ

民に愛された人になっていたかもしれない。

愛があるから夫であるルイ16世と

よき君主として 国母として 生きれたかもしれない。

いってみたい。

だって彼女の母は オーストリアにおいて

偉大なる女帝と謳われた名君。

ただひたすらに民を思った大女帝マリア・テレジアだったのだから・・・

 

なぜだか彼女には

感銘を受けずにいられないから。。。

 







Last updated  2013.01.03 04:08:52
コメント(0) | コメントを書く
[旅] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.