000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆめが丘へ行こう

PR

全8件 (8件中 1-8件目)

1

リリーのこと。

2013.10.05
XML
カテゴリ:リリーのこと。
こうして布団に横になって

ブログを書いてる今も、足元ですやすや眠る我が家の




我が家の…




いたずら嬢、リリーです!












いや、可愛い




家に帰り玄関あけたら、でれんでれんの紫苑ですが(笑)



きっと、子供いたらこんな感じになるかなあ…?(笑)




しかしいたずら嬢ですよ



rblog-20131005003424-00.png



シガレットケース、見事に破損!!(*`Д´)ノ!!!





(笑)



全くもって困ったちゃんだけど



私にとってはそれも嬉しいことに思えてなりません。



犬は犬の本来持つ姿がある。



人と生きてはいても

その本来持つ姿は、脈々と息づいていて。


その姿を、人間が踏みにじってはいけないんだ。



神聖不可侵なその領域に踏み入られたとき

犬の心はきっと壊されてしまうのだろう。


言葉を持たない彼等は、怯えや、逆に恐怖からくる威嚇をするしかなくなってしまう。





さて、内容ないなW



投稿アプリが調子悪くって


なかなかアップできん…





おやすみなさい♪









Last updated  2013.10.05 00:34:31
コメント(0) | コメントを書く


2013.09.18
カテゴリ:リリーのこと。
いやあ

リリがですね


もーイタズラっこで困ってます(笑)


rblog-20130918003805-00.png


サブ充電器の接続コードもこの有り様!!


しかもそれに気づいたのが外でっていう…(;A´▽`A


でもねえ



rblog-20130918003806-01.png

この罪のない顔見ちゃうと


怒る気力がね、失せちゃうんだw





今日は疲れた。

仕事忙しかったうえにちょっと遊んできた。


ほいでも明日お休みやあ


ってことで


rblog-20130918003808-02.png


ビール+野菜ジュース(マンゴー味強め)飲んだ



もちろんミックスさせるんですよっと


ジュース1、ビール2、くらい。


半々でも美味しい




ってことで





りり抱っこして寝る( ̄q ̄)zzz


おやすみなさい♪







Last updated  2013.09.18 00:38:19
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.06
カテゴリ:リリーのこと。

今日は梅雨の中休み。


リリーを連れてドライブ行ってきました(*´ω`p♪q


向かうのは、やっぱり何度行っても飽きることない、阿蘇山です。

大自然を見せたかったんです♪

rblog-20130606003343-00.png


車酔いもしないこの子は人様に迷惑をかけることもなく、


大観峰~草千里、と廻って来ました(^-^*)


大観峰では、アメリカからやってきたという観光客の方に目にとまり


[you are like a fox!]


と言われ(^-^;


[ow!she'snot a fox,do you know Shibainu?]


と会話が弾み(^-^;


柴犬っていうのはご存知だったらしいが

さすがに豆柴は知らなかったようで


覚えている単語を駆使して(笑)

she is three years old,so she's not a child:)
we call a dog like her mamesiba,mame means a little bit small,

みたいな会話したかな?(^。^;)

すごく珍しかったようです。

have a nice trip!

といってとりあえず、大観峰を後にしました。

(ちなみに旦那も一緒だったんですが、会話には入れないものねっ♪)

お次に向かった草千里。


rblog-20130606003345-01.png


レストランには入れないので、現地の出張たこ焼きとホットドッグで空腹を満たします。


次回はペット同伴可のお店も見つけているので次回はレストランにチャレンジ!


出来上がりまでの間も美味しそうな匂いをものともせず、お座りして待てるあたり、

リリーはこういうことはしっかりしてるな、って感心しました。



草千里にはお決まりの乗馬体験のための馬が並んでいたんですが…







rblog-20130606003347-02.png








馬をみて


硬直してましたw


これは本当に笑ってしまって…w


写メの姿のまま固まってしまって(^-^;



そこでもまたまた韓国からの観光客の方の目にとまり


女性二人だったんですが

how pretty Shiba!


といってたんで

do you know Shibainu?







とこれまた、眠っている拙い英会話力を楽しく起こしながら

we have Shibainu.


だそうですが、リリーが3歳くらいっていうのをきくとこれまたびっくりされて(^-^;


しっかり、リリーは彼女達のカメラに収まって、日本旅行の思い出の一部となったようです( ´艸`)


いやはや、今日のドライブはいつにない刺激を味わえました。

外国からの観光客が多かったですなあ…(;^ω^)

でも


リリーがいなかったら異邦人との交流もまずないことです。



彼女が、ただそこにいるだけでこんなに変わる、一つの物事。



疲れましたあ!心地良く、リリーもぐっすり夢の中です。



おやすみなさい☆【★フトン★】q-ω-)ZZzz

















Last updated  2013.06.06 00:33:58
コメント(2) | コメントを書く
2013.06.05
カテゴリ:リリーのこと。


今日のリリーです。





rblog-20130605005917-00.png



洗濯機の音に興味深々です( ´艸`)




rblog-20130605005918-01.png



お食事の風景です。



寝そべって食べるなんて、ぐーたらな子です
┐('~`;)┌ヤレヤレ



お食事を平らげ




ドリンクタイム。





rblog-20130605005920-02.png







・・・16年一緒にいたジャッキーでさえ




このような芸当を見せたことがありませんでした(●´∀`;汗)ゞ










もう、ただただ可愛い!(笑)







友人に下の写メ送ったら




rblog-20130605005922-03.png



「何で(私がw)おかん顔になってるんねん!(笑)」




と言われました(^0^;)







おかん顔ってなんやねんっw




おやすみなさい(○uзu)眠・・・..。oо○







Last updated  2013.06.05 00:59:31
コメント(1) | コメントを書く
2013.06.02
カテゴリ:リリーのこと。

先日、リリーが保護されていた施設に、リリーを連れて来るときにお借りしていたリードとハーネスを返しに行ってきました。

施設の方に気になっていた今までのリリーの行動をお話すると

やはり施設の方も、私が思っていたとおり

恐らくは酷い虐待を受けながら育ったのではないか、ということでした。

左側しか歩かないのも右側を歩いていたら、以前の飼い主にひどく怒られていたのでしょう。

散歩中でもどこか何かに怯えたように私のほうを振り返るのも、怒られはしまいかという恐怖心からくるものだと思います。

父が立ち上がるとひどく恐れて尻尾を下げて逃げるのは、おそらく蹴られたりしてたのではないでしょうか。

ワン、と鳴かないのも、鳴いたら怖い、怒られる、たたかれる、そんな躾のせいかもしれません。


ずっと動物と接してきた施設の職員の方と私が思っていたことが合致して

私はいっそう、この子にこれからの我が家での生活において

もっと犬らしく

もっと自分の感情に怖れる事なく正直に

元気いっぱい生きていけるようさせてあげたい

そう強く思いました。



施設の男性職員にも最初は恐れていたらしく、慣れるのに1カ月以上かかったようです。

例えば犬の寿命が15年として、180ヶ月。

人間の寿命が80年として960ヶ月。

こうして比べてみると、犬の一生の1カ月というのはものすごく尊い日々。

人間以上に凝縮された大切な1カ月なのに。



我が家での一生が、この子にとって一番楽しい時間であるようにと私は願います。

今まで悲しい日々だったかもしれないけれど

これからは犬らしく、彼女らしく居ることができるように愛情をいっぱい注いであげたい。

躾と称した虐待。

物言わぬ動物がそんなことをされたら、しかも、最大限のサインとなる鳴き声すら抑制されたら

この子の気持ちの行き場がなくなって、怯えて震えて、生き物というより置物になってしまうのに

こんな躾だったら要らない、そう私は思います。

動物を飼う資格がないと思います。


叱ることも必要です。

でも叱った分、愛情はいっぱい注がなければいけません。

そうすれば物を言えなくても、態度や鳴き声で私達とコミュニケーションをとろうとしてくれるのは彼等なんです。

それに私達は応えてあげればいい。



人間だってそうですよね…。

児童虐待や、部活動などの教育現場での体罰問題。


躾や教育と勘違いして、暴力に変化するまでに時間はかからないんだと思います。


叱ったなら、良いところは誉めて。

良いところを見つけてあげて伸ばしていく。


それが命を預かって育てていく立場の者には絶対不可欠であって、それを経験したりしていない者、理解出来ない者には預けるべきじゃない、と思うのです。

こうして欲しいから叱る、でもこうして欲しいというエゴに応えられなかったり、リアクションがなかったり、拒絶されたら

さらに酷く執拗に、しつけのはずだった事が暴力に変わっていく。


エゴの塊に過ぎない、と思うのは私だけでしょうか…?




それでもここ数日で


rblog-20130602015502-00.png


じゃれてお腹見せたり



rblog-20130602015503-01.png



寝てるかと思いきや、寝ながらドッグフード食べてたり(このあとトレイに口突っ込んだまま寝たw)



和やかな姿を少しずつ披露してくれてます。


私にはその一つ一つが何気ない事なのに、ひどく貴重で一番嬉しい瞬間です。









Last updated  2013.06.02 01:55:29
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.29
カテゴリ:リリーのこと。
ヤバいです。

リリー溺愛です(ぁ…(;´∀`)

今日は酷い倦怠感で仕事休みました。


で、昨日100均で買ってきたバンダナをリリーの服に変身させてみました(^^*)

rblog-20130529221422-00.png

まずリリーのサイズに合わせて周囲を縫い


rblog-20130529221423-01.png






ボタンホールを作って


rblog-20130529221425-02.png


ボタンを付けて


rblog-20130529221426-03.png


背中の中心に折り返しを付けて、飾りボタンを付けて



とりま今日はここまでー(o^^o)







お裁縫はめっちゃニガテなんですよw


ニットはかなりやるんだけど(^0^;)


ボタンホールなんて作った事もないw




だもんでスマホで作り方を検索し

見よう見真似でやってみたのです(^-^;


針なんて握ったのって5,6年ぶりだなあ…w


うつになる前は出来てたんだけど

うつになってからはこんなことすら億劫だったから。


リリーパワーですわぁ(笑)


明日には完成するだろうから


着せたところをupしようと思います。


自分のパワーを何かに向けることができる。

それがとても幸せです。



さてw



勉強っw






Last updated  2013.05.29 22:14:38
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.27
カテゴリ:リリーのこと。
案外、リリーはひょうきん者である(と思う)

壁に手をかけておしっこやらうんこやらやってしまう子(笑)

写メ撮り損ねたんですがw

チャンスあれば撮りたいです( ´艸`)


けれどもこの子の心の傷は半端ないようです。


男性を怖がる割には、しっかり躾されている。

それが窺えるのは散歩の時で

必ず、リリーが私の左側を歩く。

リードを短く持って、私と並んで歩いてあげると落ち着くらしく

右側は絶対歩かない。

きっと飼い主の左側歩行を躾られているんだろうけど

これを躾るのはかなり至難の業だとおもう。

ドッグトレーニング等に行ってたのかも知れない…。

しかも、無駄吠えどころか

ワンと言うことを忘れているのではないかと思う程、鳴かない(^。^;)

何かをおねだりするときは近寄ってきて左前足でクイクイっと手をかけてペロリと舐める。

唯一鳴くときは、「きゅーん」がせいぜいである。

テレビもじっと観ている事がある(^-^;

まるで我が家に来る前は、生活色が無かったかのように

全てが珍しいようで、必ず鼻を近づけてくる。

昨夜は勉強しているところに、床に置いていた筆箱がたいそう珍しかったようで

始終筆箱の外側内側を嗅ぎまわっていた(^0^;)






その反面、大事にされていた様子なのに男性をかなり怖がる…。


この子の心の傷は、本当に半端ない。

もっと甘えたい気持ちがあるはずなのに

恐怖心といつも闘ってるように見える。

一番楽しいはずの外でも、怯えてる。


私達と過ごす事で少しでもそんな恐怖心が薄らげば。

それだけを目指して私達はこの子に接していかなきゃ(^-^*)

rblog-20130527222205-00.png


ツーショットです(*/∇\*)






Last updated  2013.05.27 22:22:11
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.26
カテゴリ:リリーのこと。

昨夜はどうにも、ブログ書き終えてから眠れず

というのも、リリーの事を考えてたら

もしかしたら、この子は殺処分されていたかもしれないんだ、と思うと

眠りはやって来ず、それでも睡眠導入剤を飲もうとも思えず、の一夜でした。

殺処分の酷さ、残酷さ、以前に見たことあるので…。


リリーは運良く、福祉事務所の方に発見され、譲渡会等を通して里親が見つかるまで保護してくれる施設に拾われました。

そして1ヶ月ほど、飼い主探しをしても応答はなく、譲渡会へ出る前に私が出会えたんです。

そのことを慌ただしかった1日が終わり静かになって思うと、何故だか胸がいっぱいになってしまい。

どんな飼い主に以前飼われていたかわかりません。

どんな事が好きで、そして嫌いなのか、どんな生活習慣だったのかもわかりません。

それでも、話しかければいい。
きっと何かを示してくれるし、現に一つの事がわかり、2つの事がわかり…

どうにかコミュニケーションを取ろうと思って接しています。

リリーはまず男性を極度に怖がっていなす。

最初は、元の飼い主が女性の独り身だったのかな?と思ったんだけど

テレビから聞こえる男性の声にさえ怯えることや、散歩中に男性が遠くから歩いてきているのを認めると

立ち止まって固まったかのようにその男性を凝視しています。

食べ物を手であげようとする父の手すら怖がって、なかなか近づきたがりません。

推測なんだけど、どこかで男性に酷い目にあったのかもしれない、と思います。




ペットは、命で

私達と同じように、心を持ち、血がめぐっています。

同じように、心臓病や癌、皮膚病にもなり

私達と何ら変わりのない命なのです。


どうしてこんな思いをさせることができるんだろう?

トラウマを作るような、酷い事をするのだろう?

人間だってトラウマを背負うと

解決するまでに長い時間がかかります。

動物だって同じ。

命や心への尊厳が必要なのに…。


リリーの心が少しでも安らげるように

私は何かが出来れば必ず誉めて、抱きしめてあげています。

いけないことは、目をみて駄目よ、と言い聞かせ、なるだけ時間をかけて我が家でのやっていいこと、いけない事を覚えてくれたら、と思っています。


命のこと。

生きる事。

リリーはそんな事を私に問いかけてくれそうです。

rblog-20130526133228-00.png






Last updated  2013.05.26 13:32:53
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.