12068912 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(130)

黒執事

(471)

黒執事(アニメ)

(153)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(165)

ちはやふる・俺物語!!

(127)

進撃の巨人

(127)

マギ・ワンパンマン・DAYS

(108)

薄桜鬼

(81)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(86)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(75)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(63)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(63)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(45)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(44)

K BTOOOM!

(33)

河内遙&宇仁田ゆみ&オノ・ナツメ作品

(49)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(44)

TIGER & BUNNY・ボールルームへようこそ

(48)

信長協奏曲・信長のシェフ

(20)

小玉ユキ&高台家の人々他森本梢子作品

(40)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(106)

ゲーム原作アニメ

(47)

オリジナルアニメ(YOIなど)

(71)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

ノイタミナ枠

(35)

お気に入りアニメ

(100)

アニメその他

(108)

少年ジャンプ

(508)

青年誌コミックス感想

(231)

少年誌コミックス感想

(120)

少女・レディースコミック

(200)

BLもの

(55)

声優

(9)

小説他

(12)

今週読んだコミック

(117)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

エレン@ Re:週刊少年ジャンプ2019 51号一言感想(11/20) 今更ですが、ただの石像ならともかくリー…
アンパン@ Re:花咲ける青少年 特別編3 感想(11/27) 色んな感じ方があるんですね。
らいち♪♪@ Re[1]:週刊少年ジャンプ2019 43号一言感想(09/23) 漫画好きさんへ なるほど~~~ 確かに少…

Favorite Blog

今朝の特撮感想 New! あくびネコさん

今日の収穫(ブルー… BROOKさん

歯科金属が痛みの原… hiko 888さん

2019 株主総会 ビッ… mkd5569さん

◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

Rakuten Ranking

2009年02月22日
XML
カテゴリ:DARKER THAN BLACK

「裏切りの記憶は、琥珀色の微笑み...」
いろいろと謎が多いストーリーですが、どうやら物語の核心の部分に関係しているらしい展開。

太陽に大黒斑と呼ばれる黒点が出現した。それは5年前、南米のゲート消失時と同じ現象だった。時を同じくして、連続爆破事件が発生。イギリス秘密情報部、MI6の元諜報員でフェブラリーと呼ばれる契約者が首謀者だという。彼女の別名はアンバー。黒の南米時代の仲間だった。MI6諜報員のノーベンバーは「流星の欠片」を奪い去ったアンバーを追って、共犯のマキという幼い契約者を捕らえようとする。黒もまた彼女の行方を捜すが......。
オッドアイの少年マキ。契約者である彼は、周囲の物を爆破炎上させる能力を持っている。ノーベンバーはマキに捕らえられ、仲間になるよう求められる。アンバーを中心とする彼らは、東京で南米と同じ惨事を起こそうとしているのだった。その頃、黒と再会するためにアンバーは銀を人質に取っていた。現われた黒にマキは嫉妬をたぎらせ襲い掛かる。そこへ窮地を脱したノーベンバーも現われ、炎と氷がぶつかり合う--!

OPが変わって 前半の歌がとっても気に入っていただけに なんだかなぁ・・・
って 思ったんだけど、段々聞きなれてきたらすごくいい感じ♪

とくに黒がワイヤーみたいなので全身縛られるところがいいですハート(笑)

で、アンバーとは何者??
どうやら以前 黒と組んで組織に所属し ともに戦っていたということ
ノーベンバーたちのMI6のメンバーでもあったが 二重スパイをしていてどちらも裏切った
ということはわかったんですけど・・・
その目的は??

どうも マキの話からすると、黒のことをとても好きであるらしいし
(いつも黒の話をしていたというし)
契約者たちのために何かをしようとしているような感じ。。

「黒の笑顔が見られなら何だって出来る」って言葉からも 何かのために(黒や契約者たちのため?)
何かを壊そうとしているような気がするのです。

黒と組んでいた時に アンバーはふと「組織から逃げようか」と黒に言う。
本気なのかどうなのか 意味深で その時に羽根の付いたお守りを黒に渡す。
「あなたの笑顔をずっと守ってくれますように」

この言葉はマキが木に引っ掛けたお守りを黒が取ってやって渡すときに言った言葉ですね。
同じお守りでした。アンバーの何かしらの想いがこめられているものなのかな。
何であの言葉を言ったのかと思ったけど、こういうことだったのね。

銀の前に現れたアンバーは「はじめまして。銀 久し振り」って。

これが表す意味は??

はじめまして で 久し振りって変だもの。
銀として はじめましてだけれど、何かしら以前から関係していたということ??
アンバーはお寺の境内に拉致られてしまうのだけど、
その時 銀に対し語りかける。

「彼はね、一度だけ本気で笑ってくれたことがある。とびっきり、抜けるような笑顔だった。
その時思ったの。『ああ、こりゃやられたな』って。
私はきっと、この人のためなら何だって出来るなって。
あの笑顔がもう一度見られるなら、なんだって・・・・。
きっとあなたも思うはず。あの人のこと、見ててあげてね」

これが アンバーの行動の元になっている想いなのかな。。

銀がアンバーに連れて行かれたことをアンバーの置手紙で知った黒は
足に傷を負いながらもアンバーの元へ行く。
組織はこの二人を会わせないように妨害するのだけれど、組織に反抗してまでも
黒はアンバーに会いに行くんだよね。。
それも 何やら憎しみを持って。裏切られたから腹立てているというだけでなく
妹に関することで アンバーから 聞き出したいことがあるようで。。

今回はいつもの冷静な黒ではなくて とても感情をむき出しに、必死になっている姿が見られ
いつもとのギャップが大変おいしかったですぽっ
普段冷静で冷酷な人が 我を忘れて必死になってる時って すっごくドキドキしますよね~
いいわぁ~~目がハート

アンバーとの再開シーンでは 黒が怪我をしていることに気づいたアンバーが近寄っていくと
黒はそれを拒絶する。
「大きくなったね 黒」←どういう意味だ??契約者としての能力とか影響力のことだよね??
「裏切り者を許すつもりはナイ」
妹のことを聞く黒に対し、アンバーは「会わせてあげようか?」
そして、「とっても遠くて、すっごく近く」と言う。

黒はアンバーを平手打ち。

「一緒に来て、ヘイ。そうすれば会わせてあげる。
でも、もしそのために、この街が闇に消えてしまうとしたら・・・どうする、ヘイ」

これが アンバーが今からしようとしていることに関係しているんだろうな。

「ふざけるな!」黒が言い放つ。

そこへ BK201を追いかけてきた霧原がやってきて 銃を構える。
気が付いた銀が叫ぶ。
アンバーが時間を止める??時間を止めたってことだよね??
すごい能力だ。一番すごいのかも。

アンバーだけが動くことが出来て 黒にキスをして去っていく。
「たくさん旅をしたよ」って 何か探りを入れていたのか情報収集か
それとも 行動を起こすための工作活動か??
黒のこと 今も好きなんだね。。
だけど、伝えられない理由があるんだろうな。
何かとってもつらそうで 好きな人に嫌われてでも何かしなくてはならない重要なことが
あるんだろうな。。
黒を仲間にしたかったみたいだけど、今後どうするのかな~
イブニング・プリムローズって何をしようとしているんだろう。

黒はアンバーにもらったお守りを残していたんですね。
アレだけ荷物がないのにお守りは持ち続けていたということは あながち
裏切られたことを 恨んでいるとか そういうことではなさそうですね。

かわいさ余って憎さ~って ヤツか(笑)??

この回のお話はとても面白かったです。熱い黒を見ることが出来て~~~ハート
アンバーに平手打ちって のも なんかよかった~
攻める黒が好きだ(笑)

今後の展開を楽しみにします。







Last updated  2009年02月22日 17時37分55秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.