11734504 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(130)

黒執事

(468)

黒執事(アニメ)

(153)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(165)

ちはやふる・俺物語!!

(127)

進撃の巨人

(123)

マギ・ワンパンマン・DAYS

(108)

薄桜鬼

(81)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(86)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(75)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(63)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(61)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(45)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(44)

K BTOOOM!

(33)

河内遙&宇仁田ゆみ&オノ・ナツメ作品

(49)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(44)

TIGER & BUNNY・ボールルームへようこそ

(48)

信長協奏曲・信長のシェフ

(20)

小玉ユキ&高台家の人々他森本梢子作品

(38)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(106)

ゲーム原作アニメ

(47)

オリジナルアニメ(YOIなど)

(71)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

ノイタミナ枠

(35)

お気に入りアニメ

(100)

アニメその他

(107)

少年ジャンプ

(493)

青年誌コミックス感想

(226)

少年誌コミックス感想

(116)

少女・レディースコミック

(191)

BLもの

(55)

声優

(9)

小説他

(12)

今週読んだコミック

(113)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

らいち♪♪@ Re[1]:「八雲立つ 灼」1,2巻感想(06/02) 千菊丸2151さんへ 闇己が転生したことで…
千菊丸2151@ Re:「八雲立つ 灼」1,2巻感想(06/02) 「八雲立つ」、連載時は高校生だったので…
千菊丸2151@ Re[2]:黒執事 GF10月号・144話「その執事、御用」感想(09/20) らいち♪♪さんへ 確かに、彼女は「シエル…

Favorite Blog

密かな攻防 New! あくびネコさん

今日の収穫 (8月… New! BROOKさん

静岡医療学園専門学… hiko 888さん

◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
SOLILOQUY rumi0503さん

Rakuten Ranking

2009年06月22日
XML

ここまで話が進んでいるのに 今さら OPの5人並んでいる時の立人の肩幅が狭いのが
気になる・・・ もう 何 言ってんだろうね。

あらすじは いつものごとく NHK公式HP

あら 立人PCしてる。原作にはなかったよね。でも似合うよ♪
おお~~ムスターファだ 小野Dハート

「主人だよ。ボクは彼女のペットピンクハート花鹿はお前の何だと聞かれたユージィンの返答。
自らペット宣言をするユージィン。
追い出されて部屋がなくなったユージィンを 部屋がみつかるまで バーンズワースに
おいて欲しいと立人に頼む花鹿。
立人は ぜ~~~~~たい ユージィンを家におきたくはないのだけれど
一生懸命に お願い♪お願い♪ をしてくる 花鹿に負けてしぶしぶ承諾する。
立人にしたら羊と狼を一緒に住まわせるようなもの ってことらしいけど
花鹿は羊だろうか(笑)?
だいたい花鹿はユージィンを人間でなく豹だと思ってるし、ユージィンにしても 花鹿を
独占したいって感じでもない。好きは好きだろうけど、ちょっと違う。

花鹿のこととなると冷静でいられない立人が いいですわ~うっしっし
ついつい嫉妬心が メラメラか?
自分は夫候補ではなくて ユージィンはハリーが選んだ夫候補。。
冷静でいられるわけはないわな。。

で、久し振りの再会に社交辞令を言い合いながら、腹の中でお互いに
「ネクラの若年寄」だの「社会的役立たず」だの ののしり合う二人。
二人とも 無意識の嫉妬心がお互いの存在を疎んじてるんだよね~~~

そこへルマティの登場。ちょっと大人びたルマティ。カッコいいです♪
しばらくバーンズワース家に滞在したいと言う。

ルマティと花鹿は遅くまでしゃべっていてそのまま寝てしまう。
もちろん、何事もないのだけれど(祖父はほぼ同じ年でやることやったのにね)
立人は呆れ、しっかり花鹿は叱られる。

ルマティは花鹿が嫁にいけなくなるというのなら、オレが妃に迎えると花鹿を連れ出し
プロポーズ。 「オレは生涯、お前以外の妃はいらない!!」
おお~~なんて ステキなプロポーズきらきら

けれども二人は 恋という感情がよくわからず、そういう気持ちになったら
結婚しようということに。。笑える二人。 おこちゃまだ~い!

ルマティの自由奔放な言動をみて、立人はルマティにカリスマ性を感じる。
困ったヤツだが 憎めないっと。
だが、それは兄である皇太子にしたら脅威ではないだろうかとも感じる。

一方、ルマティと花鹿をみているユージィンは
「不思議なこともある・・・このボクが、人間に興味を持っている。
花鹿の周りには面白いヤツが多すぎる。。」
って 余裕(笑)??それとも超越??

そして、立人の下へラギネイに政変が起こったと言う知らせが。。現国王死去。

ついにクインザが動く。クインザは己の信念を貫くため、ひたすらルマティのために
しばしの別れをルマティに告げていた。
ルマティに挨拶をするクインザが切ない
ルマティが3歳の時から、片時も離れずにいた二人。
クインザにとってルマティこそが全て。
今後の彼を思うと ホント切ない。。

立人は ハリーの出生の秘密からルマティと花鹿はいとこ同士であると確信していた。
花鹿の身を思うと ラギネイと距離を置いたほうがいいはずなのに、なぜハリーは
花鹿とルマティを引き合わせたのか訝しく思う立人。
今のうちに 離れた方がいいと思っていた矢先に、バーンズワースはラギネイの政変に
巻き込まれてしまった。

立人も巻き込まれろ 巻き込まれろ~~~
いよいよ お話が大きく動き出しましたね!!これから これから!

全てはクインザの企みか?
花鹿は 国外追放になったルマティを当然匿おうとする。それを見越しての計画?
立人にはクインザが胡散臭く感じる。

冷静にいろんなことが見極められる立人なのに 花鹿のこととなると
そこだけがね~~~ ハリーの思惑にも気づかないし。。

もう、可愛い立人!

ルマティは 謀反の罪を着せられ国外追放になり クインザとも離れ ただヒトリに。。

さぁ 次回のルマティが楽しみです。立人とのやり取りも!
そして、立人の服の色がいい感じ~







Last updated  2009年06月23日 02時12分20秒
コメント(2) | コメントを書く
[花咲ける青少年 他樹なつみ作品] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.