11922896 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(130)

黒執事

(470)

黒執事(アニメ)

(153)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(165)

ちはやふる・俺物語!!

(127)

進撃の巨人

(126)

マギ・ワンパンマン・DAYS

(108)

薄桜鬼

(81)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(86)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(75)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(63)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(62)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(45)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(44)

K BTOOOM!

(33)

河内遙&宇仁田ゆみ&オノ・ナツメ作品

(49)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(44)

TIGER & BUNNY・ボールルームへようこそ

(48)

信長協奏曲・信長のシェフ

(20)

小玉ユキ&高台家の人々他森本梢子作品

(39)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(106)

ゲーム原作アニメ

(47)

オリジナルアニメ(YOIなど)

(71)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

ノイタミナ枠

(35)

お気に入りアニメ

(100)

アニメその他

(108)

少年ジャンプ

(502)

青年誌コミックス感想

(228)

少年誌コミックス感想

(118)

少女・レディースコミック

(195)

BLもの

(55)

声優

(9)

小説他

(12)

今週読んだコミック

(115)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

アンパン@ Re:花咲ける青少年 特別編3 感想(11/27) 色んな感じ方があるんですね。
らいち♪♪@ Re[1]:週刊少年ジャンプ2019 43号一言感想(09/23) 漫画好きさんへ なるほど~~~ 確かに少…
漫画好き@ Re:週刊少年ジャンプ2019 43号一言感想(09/23) わたしは花子の告白はブラフだと思ってい…
らいち♪♪@ Re[1]:「進撃の巨人」29巻ざっくり感想(09/14) anise9684さんへ やっぱり進撃は面白いで…
anise9684@ Re:「進撃の巨人」29巻ざっくり感想(09/14) ヒストリアの事を思うと可哀想過ぎて リヴ…

Favorite Blog

ハイキュー!!、終わ… New! みやさとver.さん

週刊少年ジャンプ201… New! あくびネコさん

劇場鑑賞「フッド:… BROOKさん

「なきいさち」を省… hiko 888さん

◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

Rakuten Ranking

2011年04月16日
XML

「俺がネームみて いいと言った物に 今まで間違いがあったか?」

キャァ~~~~ これって すごい自信だわさ~~ (/ω\*) 
いいなぁ こういう人!! 自分に自信がある人ってき。
仕事が出来る人が好きってのもあるんだけど、ついでに そういうちょっと強引に見えて
実は 作家さんの不安を紛らわせてるってテクも 素晴らしいv

こんな人に編集に付いてもらった作家さんて 幸せだと思うわ♪

でも 高野のやり方がまだ分かっていなかった律は 高野の 漫画家さんに対する態度が
気になって 自分なりに励ましを入れます。

後になって高野が実はちゃんと漫画家さんのことを考えて 印刷所と交渉し締め切りを
伸ばしていたことや、漫画家さんが納得いくように描かせるつもりだったこともわかって。。

それでもって、漫画家さんが仕上げ終わった時には「お疲れ」って優しい声掛けてることも
知って。。

とはいえ、漫画編集の修羅場を次々に経験していく律にとっては 先行きが思いやられる
ことばかり・・・

やっと印刷所への入稿を終え、編集部に戻る二人。

今日は律がいて良かったと言う高野に もっと気の利いたセリフが言えたらよかったという
律。。
いつも肝心なところで直球ばかりと・・・。

高野にブラックコーヒーを手渡され、この人でも笑うんだと なぜか
ドキドキしてる律( ̄ー ̄☆キラリ

作家の能力を最大限に引き出し、一緒に作品を作り上げ、そしてその作品が売れている。
自分が理想とすることを現実にやっている高野の手腕を認め、見直してもいいかなぁ~~
なんて 律が思っていると・・・。

直球でいいんじゃないかと そして「お前変わってないな」と言う高野。
意味がわからずに「人違いです」と答える律。。

さぁ こっからですよ!!奥さん 用意はいいですかぁ!?

 

 

自分に会うのは初めてだという律を 高野は押し倒し

「これなら思い出すか・・・?」

突然キスを・・・!  それも 結構長くてディープ(p≧∀≦q)〃

「冗談止めてください!オレ 男ですよ!?」

律の言葉に 「お前にとってはいつも冗談なのかもな」
雰囲気は随分と変わったけど 直球なとこは相変わらずだと言う高野。

「お前、オレのこと好きっていったろ?」

戸惑う律に高野は 高3のとき親が離婚してて 旧姓は「嵯峨」だと告げます。

 

え?? えええ?? えええええええっ!?

 

律の中で 嵯峨先輩=高野 だと繋がります (〃∇〃v)  

 

あんなに好きだった嵯峨先輩。




でも 律は大きな勘違いをしていたようで。。
自分のことをどう思っているのか勇気を出して 嵯峨に訊いたところ 嵯峨は笑った・・・

律は それを 「笑われた」 と思った。。

 

 

遊ばれたと思った。

 

初恋は 失恋に終わったと思ってた。。

 

律は 初恋の痛手のみを晴らすべく 高野を追いかけます。

「よくもあんなひどいことをしておいて名乗れたな!!」と律。
「人をんで捨てたくせに!」っと。。

ところが、高野に言わせると 「いきなり回し蹴りを喰らわせて 次の日から消息不明に
なったのはどこのどいつだ!?」っと切り返され・・・

律は自分が回し蹴りなんかしたことは すっかり忘れてますwwww

自分のやったことを忘れてるなんて最低だと言われた律は 
本気だったのに それを笑った高野こそ最低だと返します。

が、笑ったのは照れ隠しかなんかだったんだろって あっさりと高野に言われてしまい。。
しかも 「それを10年根に持ってるとか?お前バカじゃねぇの??」

高野としても ようやく 律の謎の行動の理由がわかり納得したようです。
彼としては 自分の方こそ 振られたと思ってたんですよね。

 

もう、ホント律の おバカさん (*/-\*)

なんて ややこしいことやってんのよぉ~~~~~!!

だから面白いんだけどさ  (〃∇〃v)

 

ようやく謎が解けた高野は
「そういうことなら 口説いてもいいんだよな?」

「へ?」

 

「どんな恋愛をしても オレはお前を忘れられなかった・・・。だから もう一度 オレを
好きって言わせてやるよ。だから 覚悟しておけ・・・!」

 

  キタ━━━キ(p≧∀≦q)〃タ━━━━━━━!!!!

 

高野のこの俺様っぷりが きぃぃぃ!!!!!

たまんねぇ~~ (/ω\*)

 

律にとっては 性格がねじ曲がるほど 嵯峨先輩に笑われたことはショックだった。
なのに それはただの照れ隠しだった・・・

 

律 大ショ~~~~~っクwwwwww

なぜ 高野=嵯峨先輩だと気が付かなかったのか。。
もし、高野の言うことが本当なら、自分が勘違いしていたと言うのなら
先輩は 自分のことを好きだったということか?

自分は また高野を好きになってもいいのか??

などと 悶々とする律ですが、高野の言葉を鵜呑みにするには 律は
ヤサグレ過ぎてしまったということで、浮かんで来た想いをばっさりと否定

もう~~素直じゃないんだからぁwwwwww 

 

 

そして 律はお引っ越し。
お隣さんにご挨拶をすると そこには  高野の姿がv

 

動揺する律wwwww

「もう告白に来たのか 早いな」と高野wwwwww

 

はい これで 決まりですね♪

早く律がちることを楽しみにしております(o´▽`o)

 

って 原作でもまだ 堕ちてないんですけど??
アニメで先に せてくれるのかな 期待しますよ!!!!

 

先の展開読めてるけど 若干オリジナルが入ったりで
久しぶりにドキドキワクワク 昂ぶるわぁ~~

 

 

楽天ブログでは19日から TBが受付できなくなります
それ以降、TBを送ってくださる方はミラーブログの「薔薇色のつぶやき別館」へ

トラックバックURL http://rese912.blog38.fc2.com/tb.php/1141-671177fe







Last updated  2011年04月17日 01時34分05秒
コメント(0) | コメントを書く
[純情ロマンチカ 世界一初恋 ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.