13082178 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(131)

黒執事

(486)

黒執事(アニメ)

(153)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(165)

ちはやふる・俺物語!!

(130)

進撃の巨人

(144)

マギ・ワンパンマン・DAYS

(110)

薄桜鬼

(81)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(86)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(75)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(65)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(67)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(45)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(44)

K BTOOOM!

(33)

河内遙&宇仁田ゆみ&オノ・ナツメ作品

(50)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(45)

TIGER & BUNNY・ボールルームへようこそ

(49)

信長協奏曲・信長のシェフ

(20)

小玉ユキ&高台家の人々他森本梢子作品

(41)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(106)

ゲーム原作アニメ

(47)

オリジナルアニメ(YOIなど)

(71)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

ノイタミナ枠

(35)

お気に入りアニメ

(101)

アニメその他

(110)

少年ジャンプ

(532)

青年誌コミックス感想

(251)

少年誌コミックス感想

(142)

少女・レディースコミック

(217)

BLもの

(56)

声優

(9)

小説他

(13)

今週読んだコミック

(135)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

らいち♪♪@ Re:明けましておめでとうございます(01/01) mamakappaさんへ あけましておめでとうご…
mamakappa@ 明けましておめでとうございます 今年も新年のご挨拶が出来ることを嬉しく…
らいち♪♪@ Re[1]:新年あけましておめでとうございます(01/01) 千菊丸2151さんへ 明けましておめでとう…
千菊丸2151@ Re:新年あけましておめでとうございます(01/01) 新年明けましておめでとうございます。 薄…
らいち♪♪@ Re[1]:週刊少年ジャンプ2020 28号一言感想(06/16) 漫画好きさんへ コメントありがとうござ…

Favorite Blog

2012年04月16日
XML

いや~~~すごく面白かったですわ、この作品♪
幕末好きには堪らんですわv 
これまでの感想はこちら その1 その2

 

負傷し、命を落とすかもしれないという目に遭ってから 生きていてこそだと思った翔太郎は
百舌と祝言をあげることに。。

侍である以上、翔太郎がいつ命を落とすかもしれないってことは百舌も当然 覚悟していて
だからこそ 一緒に居られる時間はできるだけ近くにいたいって気持があるんでしょう。

それまでの翔太郎は 必ず生き残るって思っていたから 百舌とのことも ある程度自分で
納得できるようになった時に迎えたいと思ってたのでしょうが 今の自分の立場では
いつ 命を落とすことになるかもしれないってことで 後悔しないよう決心したようです。

これまで 仕事とあらばいくらでも男と寝てきただろうし、百舌と寝て生き残った男は
清蔵だけって言われていたくらいだったけど 翔太郎に抱かれる百舌はしそう。。

きっと好きな男に抱かれたってのは 初めてだったんじゃないのかな。。
清蔵とのことはわからないけど。。百舌姐さんよかったねv

翔太郎と夫婦になってますます百舌の女っぷりも上がるし、何と言っても百舌を娶ったあとの
翔太郎のカッコいいこと!!!!(p≧∀≦q)〃

正直、ここまで彼が成長する話だとは思ってませんでしたわ。
洋装の翔太郎なんて 惚れ惚れダブルハートですよ。。

やっと夫婦になったのに 翔太郎には長州征伐の命が下り 子供ができた百舌は
大事をとって会津に戻ることとなり 離れ離れに・・・。

これからが 切ないんですよね( p_q)
もうほとんど別れたまま。。

この後、翔太郎は幕府側の人間として戦っていくから負け戦続きになるし、一度だけ 
百舌が一目子供に父親を見せたいと危険を冒して会いにくるんだけど ここなんて
ほんと涙が止まらない。。涙ぽろり

部下たちは辛い思いばかりなのに 自分だけ幸せな一時を味わうわけにはいかないって
百舌との再会を拒む翔太郎に これから自分と子供は翔太郎がいなくなっても生き抜いて
行かねばならないから せめて一目父親の姿を見せてやって欲しいという百舌。

彼女は戦の最中、自分が勝手なことをしていて 翔太郎にとっても余計なことをしていることは
わかってるんだけど 母親としての自分をとったんですよね。百舌もかっこいい・・・。

百舌にとっては惚れた男の子供を ひとりでも立派に育てると言う覚悟でもあるわけで。。
ただ自分が寂しいからってことでは 彼女は会いに行ったりはしない。。

これが 最後かもしれないって再会は 胸が締めつけられる思いですよね。。
ほんのひと時だけ 息子を抱く翔太郎も 切な過ぎる。。(><)

あの時代を生きた人たちってのは 半端ない精神力。。

会津の兵を率いることになった翔太郎に 会津の武士たちは初め 会津出身ではない翔太郎を
受け入れないのですが、その時の様子が「薄桜鬼」の斎藤が会津兵に拒否られたときと似てて。
これって 元ネタがあるんでしょうかね??
新撰組の方のネタなのかな。。

翔太郎は着々と男っぷりをあげていくのですが、長州の高杉もこれまたイイ男!!

自分たちを討ちにきた翔太郎らを追い詰めるも 一度 死を見逃してもらっていることを
差し引いても彼ら兄弟のことを買ってる高杉は 翔太郎を殺したくないと 鮫さんに
切腹してもらうことで翔太郎を助けることに。。

もともと捕まった時点で殺されていたはずの鮫さんの傷の手当てをし、生かしておいたのは
その後に死に場所を与えたかったって最初から思ってたわけでもないんだろうけど、
やはり長州には寝返らない翔太郎たちを無事に帰すためには 鮫さんの命を持って
収めていくしか仕方ないってことで。。

翔太郎を殺したくないのは鮫さんも同じ。。
自分の一人の命で 翔太郎らが助かるのであればと 見事な散りっぷり。。
死に急ぐことは愚かなことかもしれないけど それでも貫かねばならない志がある。。

男たちの、言葉にはしないけれど お互いに分かり合てるってところを見せられると
グッときますね。
日本人ってこういう気質をDNAに持ってるのかな。。

高杉は労咳で もう先がないってことも翔太郎にみせ、だからこそ、お前は命を簡単に
落とすなと。。

私なんて源太郎と同じで すぐ感情で動いてしまいがちだから こういうクールな男たちの
冷静な判断と行動には 即行 れてしまいます。。

その後、白心郷の瑠儀と龍馬を倒しておきたいという勝海舟の計略から 翔太郎と源太郎は 
龍馬を近江屋でることになります。

この作品では 龍馬は先見の明を持つけど商魂の汚い男として描かれて・・・
彼は士道を貫こうとする翔太郎らとは逆の生き方ですからね。この作品では仕方ない。

高杉なんかは 立場は違って敵同士ではあるけれど、それぞれの立場で士道を貫かんと
した点では 同じだからわかりあえたってことなのでしょうね。。

瑠儀は取り逃がすものの、西郷と裏取り引きをして瑠儀を追い詰めたところは凄かったですね。
瑠儀は片腕を失くすことになるわけですし。
琉球の王子と西郷と瑠儀・・・ 凄く緊迫した場面でした。
架空の話をこれだけ上手く史実に乗せてくるとは・・・!!です。


それにしても 龍馬や西郷に対峙するも臆さない翔太郎がこれまた素敵ダブルハートなんですわ。。
どんだけ男前に成長してんだよ!!!って。

以前にはなかった色気もダダ漏れてくるようになるし、日本刀を扱う彼はホント美しいし
強いし 様になるしで 痺れます(*/-\*)
刀を抜いた姿も 引き下ろした姿もどれもクラクラするほどかっこええ!!(*´д`)ハァハァ

この後、翔太郎は会津藩として新撰組らと共に鳥羽伏見での戦闘を戦い抜くですが 
ここまで描ききるかってくらいこれが壮絶。。
でも 翔太郎はこの戦いで 同じように国の行く末を想う者同士が立場の違いによって
殺し合いをすることに疑問を感じるのですよね。。
だからといって 士道を捨てることはできないのだけれど・・・。

それでも 彼の中で何かが それまでとは違ってくる。。

あらやだ・・・感想が収まりきらないわww と言うことで分割します(^^;

まさか こんなに長くなるとはww 久々の長編www

 

続きは   こちら







Last updated  2012年11月25日 20時26分09秒
コメント(0) | コメントを書く
[青年誌コミックス感想] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.