12080086 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(130)

黒執事

(471)

黒執事(アニメ)

(153)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(165)

ちはやふる・俺物語!!

(127)

進撃の巨人

(127)

マギ・ワンパンマン・DAYS

(108)

薄桜鬼

(81)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(86)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(75)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(63)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(63)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(45)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(44)

K BTOOOM!

(33)

河内遙&宇仁田ゆみ&オノ・ナツメ作品

(49)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(44)

TIGER & BUNNY・ボールルームへようこそ

(48)

信長協奏曲・信長のシェフ

(20)

小玉ユキ&高台家の人々他森本梢子作品

(40)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(106)

ゲーム原作アニメ

(47)

オリジナルアニメ(YOIなど)

(71)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

ノイタミナ枠

(35)

お気に入りアニメ

(100)

アニメその他

(108)

少年ジャンプ

(509)

青年誌コミックス感想

(232)

少年誌コミックス感想

(120)

少女・レディースコミック

(200)

BLもの

(55)

声優

(9)

小説他

(12)

今週読んだコミック

(117)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

エレン@ Re:週刊少年ジャンプ2019 51号一言感想(11/20) 今更ですが、ただの石像ならともかくリー…
アンパン@ Re:花咲ける青少年 特別編3 感想(11/27) 色んな感じ方があるんですね。
らいち♪♪@ Re[1]:週刊少年ジャンプ2019 43号一言感想(09/23) 漫画好きさんへ なるほど~~~ 確かに少…

Favorite Blog

末っ子、今昔 New! あくびネコさん

今日の収穫(12月… New! BROOKさん

歯科金属が痛みの原… hiko 888さん

2019 株主総会 ビッ… mkd5569さん

◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

Rakuten Ranking

2019年10月17日
XML
​​​​​​​​​​​​​​​TVドラマ化ということで、今回は独立させて感想書きました。
ドラマは見ないけど、原作面白いですし実写には向く作品だと思います。
ただエレンを初めとした狂気を孕んだキャラたちは役者さん次第かな~

これまでのざっくり感想もまとめました。
1~2巻感想​ ​3巻感想​ ​4巻感想​ ​5巻感想​ ​6巻感想​ ​7巻感想​ ​8巻感想



“五番街の女王"と畏れられるファッションデザイナー・岸アンナに対し、
自分たちのパトロンになってくれるようにプランを提示するさゆり。
しかし彼女の案は一蹴されてしまう。
互いのプランが激突するプレゼンテーション対決の結末は──!?

さゆりはアンナ相手にやってのけましたね。
プレゼンの内容自体はアンナにとっては稚拙と感じたようですが、それよりも
さゆり自身を気に入ったようです。

美しいプレゼンをするさゆりを自分と同じ“戦う女”と認めましたv
さゆりも自分の可能性に掛けてたと思いますが、本当は震えるほど相手が大きく
脅威であったようで。
それでもやりきってアンナを味方につけたのはさすが。

最強のパトロンを得て、早速PV制作開始。
エレンの服をデザインしたのはなんと岸あやの。

このあやのが結構可愛いのですよねw
岸親子らしく自己中心でイケイケではありますが、再びエレンの前に登場する
ところとか、ドアの外でタイミングを計っていたのかしらんとか思ってしまい
ますよ。

さゆりに嫌われてるとわかるとちと動揺を見せるところも、自信家だから誰もが
自分に好意を持つはずと思っているのにショックだったんでしょうねw
エレンは例外でしたが、エレン以外にもそんな人間がいるとは思ってなかったん
でしょう。

とはいえ、さゆりの自分に負けないほどの傲慢さ気の強さを母親同様、気に
入ってしまうところが可愛いですよね。
同族嫌悪ではなく、自己愛の延長のようにw

ダメ推しはさゆりが光一の元カノで、さゆりから光一を寝取ったのがあかりだと
知ったときに見せた粗相でしょう。
あまりの動揺っぷりが可愛いったらあやしないw

それでもすぐに切り替えてしまうのがさすが。

いつの間にか光一はさゆりとあかりが付き合っていた男ってことで勝手に価値が
上がってますねw
よほど凄い奴なのだろうって、そりゃ思いたくなりますよね。

こういうところは光一はラッキーなのかもです。

あかりはあかりでエレンが岸アンナの服を着ているのを知って、まだエレンが
自分のことを好きなんだと解釈してるあたり、こちらもさすがw
勘違いッぷりが可愛いですし、岸親子のDNA​最強​ですv

第5章のエレンのターンが終わり、次は光一のターン。
光一が新入社員として目黒広告社に入ったところから。
オレはクリエーターだ!ってことで即戦力になろうと空回ってようです。

エレンをライバル視してるから負けるわけにはいかないって最初から焦ってる
のが痛々しい。
新入社員が即戦力になんてなれるわけないのにね。
もし、そんな新入社員がいたら、それこそ天才だし本物でしょう。
でもあやのじゃないけど、滅多にいませんよ、そんな人は。
そこに気づけないところが光一とも言えますが(^^;

久米田の「忙しいからこそ手伝ってもらうと余計に手間が掛る」つまりはその
申し出は迷惑というのが多忙な現場の声ですよね。
まだ光一には己の力量の把握が出来てないから怖いもの無しです。

が、いきなりピンチに立たされた!!!
ここで本当に才能のある人間ならそれを発揮できるチャンス到来なわけですが、
光一にはそれができるのか・・・?

厳しそうなんですけど。​​​​​​​​​​​​​​​
さぁどうかな。






Last updated  2019年10月17日 00時03分11秒
コメント(0) | コメントを書く
[少年誌コミックス感想] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.