13293020 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

X

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(131)

黒執事

(494)

黒執事(アニメ)

(153)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(165)

ちはやふる・俺物語!!

(131)

進撃の巨人

(147)

マギ・ワンパンマン・DAYS

(111)

薄桜鬼

(81)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(86)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(75)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(65)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(70)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(45)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(44)

K BTOOOM!

(33)

河内遙&宇仁田ゆみ&オノ・ナツメ作品

(50)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(45)

TIGER & BUNNY・ボールルームへようこそ

(49)

信長協奏曲・信長のシェフ

(20)

小玉ユキ&高台家の人々他森本梢子作品

(42)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(106)

ゲーム原作アニメ

(47)

オリジナルアニメ(YOIなど)

(71)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

ノイタミナ枠

(35)

お気に入りアニメ

(107)

アニメその他

(110)

少年ジャンプ

(532)

青年誌コミックス感想

(259)

少年誌コミックス感想

(147)

少女・レディースコミック

(226)

BLもの

(58)

声優

(9)

小説他

(13)

今週読んだコミック

(135)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ミント@ Re:別冊少年マガジン5月号「進撃の巨人」139話(完結)感想(04/17) 何度もエラーが 画像認証は正確なのに そ…
らいち♪♪@ Re:明けましておめでとうございます(01/01) mamakappaさんへ あけましておめでとうご…
mamakappa@ 明けましておめでとうございます 今年も新年のご挨拶が出来ることを嬉しく…

Favorite Blog

脱走犬事件 New! あくびネコさん

87歳 年齢を感じさ… New! hiko 888さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

リトルワールド あみりん9129さん

半妖の夜叉姫(全24… おぼろ.さん

2021年02月24日
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ついに完結ですよぉ~~~~~
長かった!
本当に長かったです。
最初にコミックスの感想を書き始めたときはこれ、終わるの???って思ってましたが
終わりは来るのですよ。

ちゃんと生きててよかった私。


コミックス最初の感想

原作感想その1​ ​図書館戦争​ ​図書館内乱​ ​図書館危機​ ​図書館革命


前巻の感想は​こちら​。


手塚と柴崎が結婚! 
新たなスタートを切った堂上班は文学授賞式で彦江司令の護衛につくことになり!? 
またプールでのトリプルデートも収録 そして九州への出張で、入隊以来初めての
遠距離を経験した郁と堂上。
思い出のあの地へーー? 
幸せいっぱい、感動のフィナーレ。

原作者の有川さんも末巻で書かれていましたが、本当に上手いことコミカライズされ
ましたよね!
この方において他にない!!っという直感に納得です。

私も原作+アニメから、コミックスに入ったのですが、感動の連続でしたもん。

ちゃんと図書館戦争だけど、コミックスならではの仕様になってるし、独自色も出され
てるという神業ですよ。

本当楽しませていただきました!!

柴崎たちの結婚式、良い感じですよね。
柴崎は綺麗だし、手塚も素直にそれを認めてるし幸せ一杯ですよ。
毬江ちゃんにもお裾分けがいってるし。

簡単なお礼だけど毬江ちゃん勇気を出して話した後、小牧に確認するときの距離が
近くていいですよねw

郁も無事スピーチ終わってよかった、よかったw
原作では手塚と柴崎の結婚式の話でストーリー自体は終わっていたと思うのですが
オリジナルかな?
その後のお話がいくつかありました。

私は「たまにある特殊な任務」で郁が本領発揮?したのが気に入ってます♪
柴崎の情報を元に読んだ本から爆弾の隠し場所を正確に思い出す手塚の記憶力が凄い
と思いましたが、自分の勘?から犯人の目星を付けた郁が凄いですよ~~~

普段、頭を使うことは他者に任せてる郁ですが真剣に考えてる姿が格好良かった。
本格的にタスクフォースの一員ですね。

それに妻の仕事を正当に評価出来る堂上もいいですよね。
身内だからって過小評価して言わないところがいい!!!
もちろん小牧も部下の能力を信頼してるし、堂上班は最高ですよ。

みんな結婚後もいつまでもこんな風に仕事を続けて欲しいな~っと思っていたので
エピソードとして読めて嬉しいです。
何れは郁が産休取ったりしてまた形は変わるのでしょうけど。

さすがに夫婦揃ってタスクフォースは無理かなと思いますのでね。
手塚兄が頑張って、図書のあり方が変わっていけば図書隊の仕事も変わっていくの
でしょう。

あと、柴崎のシチュー作ってる姿も可愛くてウキウキ。
手塚に独占させるのはもったいないくらいですが、手塚もこれくらいの楽しみが
帰宅したら待っていても許しましょうw
手塚も毎日天国w

とはいえ、柴崎にはチラチラと郁を引き合いに出されてヤキモキのようですが。
一緒にお風呂入って仲良くしてくださいってところです。
でも、実際は手塚が楽しみにしてても、いざとなると柴崎が誤魔化しちゃうかな。
手塚が待っていたら入らないけど、手塚が待ってなかったら自ら入りそうw

2人で毎日お風呂に入るとしたら小牧のところだと思いますよ。
毬江ちゃんが可愛くて仕方がないようですからね。
毬江ちゃんも小牧を自分に向かせるためだったら何でも惜しみなくしそうだしw

みんなでプールに行く話も面白かったです。
それぞれが自分のパートナーを外敵から守ろうとしてるのがねw
確かに柴崎を筆頭に毬江ちゃんも可愛いし、郁だってスタイル抜群ですからね。
男どもが他の男の目を気にするのも仕方がない。

さすがに護衛対象のような布陣には笑いましたけど 泣き笑い
柴崎だけがしれーっと当然という顔してるのもいい。

そうそう、郁が女の子らしいプロポーションにしてもらってましたね。
以前、大阪のホテルで全裸で鑑の前に立ってたときはもっと厳ついガダイだったので
あらら・・・少女漫画なのにリアルだわ・・・容赦ないっと思ったんですよね。

郁の職務を考えれば華奢な体つきは絶対にあり得ないのでむしろそれが当たり前だと
思いましたけど、今回は水着ですし柴崎や毬江ちゃんと一緒にいるので郁も可愛くて
よかったです。

が、プロポーション可愛くしてもらっていても、いざ緊急事態となれば即動けるのは
格好いいですよね。
夫婦そろって対応が早い
あの2人が並んで立ってる3コマは​痺​れましたよ( 〃▽〃)

堂上はもちろん、郁の立ち姿に見惚れます!!
​強そう!!​
2人きりの時は甘々ダブルハートですけどね。
もうすっかり夫婦なんだなぁって・・・ベッドで会話してる2人が馴染んでて嬉しく
なりますよ。

ラストは思い出のあの本屋さんに行きましたね。
玄田はいつの間にか折田さんと揃って指輪してるし、緒方も寄りが戻りそうだしで
みんな幸せになるのが予感できる締めで大満足です。

そして小牧と毬江ちゃんの結婚式シーンも拝めるとは~~ (〃∇〃v) 
脳内妄想は幾度したかわかりませんが、やはり画があるとありがたいです。

この2人も官舎へお引っ越し。
これでみんな揃いましたね。
家族ぐるみでますます楽しい毎日になりそうです。

結婚は小牧が最後になりましたけど、一番イチャコラダブルハートしそうですよねw
毬江ちゃんへの愛が惜しみなく​溢​れてきそうw

ま、みんながみんなそれぞれのパートナーが可愛くて仕方が無いって思ってること
でしょうし、女の子たちも自分のパートナーこそ最高って思ってるでしょうから
みんないつまでも仲良くお幸せに~~~​​赤ハート赤ハートです。

原作を補完してめちゃHappyで締めていただけて感謝きらきらしかありません。
コミックスは盛りだくさんでまさに感動のフィナーレです!!
ホント、弓先生ありがとうございました。

デフォルメされたキャラたちも超可愛くて​大好き​でした!!


さ、次は番外編の感想を書かなくては。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2021年02月24日 22時15分55秒
コメント(0) | コメントを書く
[図書館戦争・暁のヨナ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.