11811230 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(130)

黒執事

(468)

黒執事(アニメ)

(153)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(165)

ちはやふる・俺物語!!

(127)

進撃の巨人

(125)

マギ・ワンパンマン・DAYS

(108)

薄桜鬼

(81)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(86)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(75)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(63)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(62)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(45)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(44)

K BTOOOM!

(33)

河内遙&宇仁田ゆみ&オノ・ナツメ作品

(49)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(44)

TIGER & BUNNY・ボールルームへようこそ

(48)

信長協奏曲・信長のシェフ

(20)

小玉ユキ&高台家の人々他森本梢子作品

(38)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(106)

ゲーム原作アニメ

(47)

オリジナルアニメ(YOIなど)

(71)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

ノイタミナ枠

(35)

お気に入りアニメ

(100)

アニメその他

(107)

少年ジャンプ

(496)

青年誌コミックス感想

(226)

少年誌コミックス感想

(117)

少女・レディースコミック

(192)

BLもの

(55)

声優

(9)

小説他

(12)

今週読んだコミック

(114)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Favorite Blog

今朝の特撮感想 New! あくびネコさん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

東京・ガン講習会 hiko 888さん

2019くじの日 敗者… mkd5569さん

Rakuten Ranking

全27件 (27件中 11-20件目)

< 1 2 3 >

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

2013年07月21日
XML

星名くんは 二重スパイだったんですね~

割とメインの反乱分子っぽいのに 目が大きいし(イイ人の部類に入りそうな目)、名前も
ピンと来るものが無くて   ・・・( ̄  ̄;) うーん ?????って感じだったのですが 
なるほど~っと思った次第です。

島は 上手い事 伊東らに取り込まれてしまったのか?そんなはずはないだろうけど・・・
っと思ったら、星名の方が先に島を取り込んでいたようですね。

島単独で 彼らを嵌める気でいるのかとも思ったんですが、反乱分子をあぶり出すための
策に乗ったってことだったとは。。

新見さんも イズモ計画推進派ではあったものの、穏便に進めたかったようで、伊東の
ように犠牲を厭わないと強行に出るつもりはなかったようです。

最終的には伊東を阻止する形で島を守ってましたし、元々 人類のためによかれと思っての
行動だったんでしょうね。。
真田さんとのこれまでのやり取りを見ても 根っから悪だくみをする人とも思えませんでしたし。

でも もっと大事になるかと思ったんですが、あっけなく押さえちゃったようです。

艦長が出て来て 「何やっとるか、バカモノ!!」って叫んで収拾ですからね(^^;

伊東は仕掛けた割に 甘過ぎると言うか、あんなんで 本当にクーデターが成されると
思っていたんでしょうかね。。
行き当たりばったりの計画としか思えず。。

それに、ビーメラが移住が可能な星だったとしても 地球に残る人類全て移住させるには 
ガミラスからの攻撃を防ぎながらの航海になるわけですし、ヤマトですら ギリギリでここまで
やってきたわけですから、それを何往復もするなど、とても実現可能な計画とも思えず。。

移住の途中で全滅しかねず。。

ガミラスも地球に目を付けてたようですが、ガミラス星にもっと近い、ビーメラが地球人に
とって移住可能なら、ガミラス人にとっても可能なんじゃないでしょうかね??

その点はどういうことになってるんでしょうかね。。

ま、あんまり長期間揉めてしまっても本末転倒になってしまいますから、これくらいで収める
のが丁度いいといえばそうなのかもですがw

ガミラスもヤマトも内部に不穏分子を抱えていたってことですが、ヤマトの方はとりあえず
解決したようです。

 

それにしても 山本玲ちゃんの単独行動&保安部への攻撃はなかなかカッコ良かったものの
意味はあったんでしょうかww

結局、雪が古代くんに抱きつくことに貢献してしまっただけだったんじゃないでしょうかね。
報われないなぁ。。

彼女の有能さをもっと古代くんにアピールできるといいのにと思うのですが。

 

あと、百合亜も 髪型を変えた状態が人格が入れ替わっていることを表しているようですが
分かりやすいとは思いますが、なんか不自然ですし 私は面白味がないと思いますw

言動におかしいところがある点に関しては 古代くんはもう少し注意深くあるべきでは。
他人に対してあまり興味がないのか、イイ人過ぎるのか、ちょっとぼんやりし過ぎてる気が。

伊東は 雪こそがユーリアであると思っているようですが、実際どうなんでしょう。。
百合亜を乗っ取ってる思念がユーリアじゃないのかと思うのですけど、そうなるとユーリアと
雪は全然別だと思うのですが。。

とはいえ、雪の過去が謎に満ちていることは確かで、もしかしたら もっと以前にやってきた
イスカンダル人の子孫だったりして。。

 

そうそう、OPが すっかり様変わりしましたね。

でも 以前のOPも合唱で あまり私としては好まなかったので この際、どうでもいいかなと。
EDで既に既成概念が潰されることには慣れて来てしまったしwww大笑い

ただ、OP用に作られた絵じゃないことがちょっと寂しいかなと。。

 

総統 早く帰って来てください♪







Last updated  2013年07月22日 00時18分28秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年07月15日

今回もざっくりザクザクの感想で。

篠原は器の大きそうなイイ男ですね~ (〃∇〃v)
加藤のことだけでなく、怜ちゃんのことも温かく見守ってるし。

今回の私的 見所の一つは真琴の話に全く興味を見せなかった加藤www
いや~ホント 細やんの声聴くだけでダブルハート(≧∇≦)
まるで女の子の話になど興味を持たない加藤を これからもお願いしますv

怜は 結構 感情をストレートに出す子みたいですね。
分かりやすくて 可愛い。
それに比例して 古代に迫り捲る肉食系の雪は・・・(^^;

そして 今回 肉食系といえば、新見さんも狩りを始めましたねww
島を何かも目的の保険として確保しておきたいようです。

あの3人組に島は絡め取られてしまうのでしょうか。
伊東は雪の経歴が改ざんされているっぽいことを言ってましたね。

なんか 不穏な動きが目立ってきたヤマトです(^^;

 

が、ガミラス側は その上をいくドラマが展開されてます。
デスラー総統が暗殺されてしまいました。\(^o^)/

ハハハハ

そんなことあり得ないので 総統は先に企てを読んでいたか、用意周到に脱出していたか
ってことになるのでしょう。

さすがに こんなとことで総統の退場があるわけはなくwww
あのしい笑みを まだまだこれからもせていただかなくては(/ω\*)

さて、では 誰がこの暗殺を計画したか・・・ですが、どうやらドメルさんがわれている
ようです。

ドメルさんのお屋敷には奥さんがいましたね。
てっきり別居しているものだと思っていたのですが、ちゃんと夫婦してました。
これにもびっくりwwwびっくり

怪しい人がドメルさんの屋敷に逃げ込んだようですが、総統を暗殺しようとするような女
だったら さすがにドメルさんも嫁には迎えてなかったと思うので、逃げてきた人は怪しい
けれど、暗殺には関わっていないか、もしくは ドメルさんの家に逃げこむように手配され
ていたか そんなところじゃないでしょうか。

もし、嫁が暗殺関係者だったら、自ら嫁を成敗しちゃうんだろうな、ドメルさんなら。。
もしかしたら ドメルさんが自分の家庭を顧みることもなくなり 総統の統治にも不満がある
ってことから 嫁が裏切ってるんだとしたら 残念だなぁ。。

 

デスラー総統はドメルさんが犯人でないことは分かってるでしょうし、わざと主犯を炙り出す
ために暗殺されたかのようにみせたのかもしれませんね。

ドメルさんを陥れようと その後に動きを見せる者がまずはしいですからね。


それにしても あと一歩でヤマトを沈めることができたというのに、ガミラス側はもったいない
ことをしてしまいましたね。

ドメルさんの作戦はほぼ完璧で、通常の戦闘だったら主力艦隊を抜いたところで沖田館長の
逃げ勝ちだったと思うのですが、別部隊を呼び寄せ、そして絶妙タイミングでヤマトの前に
先回りをさせるとは。。

ワープによる待ち伏せでは ヤマト側は前方に敵を感知することはできませんから 突き
進むに決まってますし 補給もなく、すでにかなりの損傷を負っていて反撃できない状況です
から あとホンの少しの攻撃で ドメルさんの完全勝利だったんですよね。

それを まぁ 間の悪いというか・・・

ヤマト側にしたら なんとラッキーだったというか・・・

ドメル艦隊のあり得ない撤退によって、ヤマトは命拾いをしました。
ドメルさんが帰ってくれなかったからここでヤマトはわってましたよねww

 

ガミラス側のドラマの方が面白くキャラが立っているので つい総統とかドメルさんの方に
肩入れしたくなり、もうちょっとでヤマトを沈めることができたのに残念!!

なんて思ってしまいましたよ。。
なんでここで最優先事項を発動させちゃうかなっと。

ま、ことがことだけですから ヤマトなんて相手してる場合ではないわい ってところなんで
しょうけども。

 

途中で 無理やり終わっちゃったとはいえ、今回の艦隊戦は見応えがありましたねv

沖田館長復帰で強行に前方敵主戦力に突っ込んでいくのは きゃ~~怖い って思った
んですが、やはりゾクゾクしますww
お互い、艦体をぶつけ合うことになりながらも一歩も引かない両艦長が素敵

高性能メカに訓練されてるもいない若いパイロットが搭乗し、チート戦が展開されるお話
より、断然 力が入ると言うものです。

やはり修羅場を幾度もくぐりぬけ 経験を積み、直観の磨かれたおっさんたちの戦いは
迫力がありますwww 

こういう戦闘を見せていただきたいですね~

 

そういえば、冒頭、別の星をガミラス帝国が一斉攻撃し、制圧してましたが、あの星には
イスカンダルからの助け舟はなかったんでしょうかね?
すでに植民地みたいになってるからしょーがないよね、ってことだったんですかね。

あの容赦ない攻撃を見ていたら、地球がヤマト一隻で 何とかなるようなもんでもなさそう
だなと思ってしまいました(^^;

アレだけの艦隊を向かい討つだけの戦力がなくては あっという間に地球も制圧されて
しまうことでしょう。

よくもまぁ これまで持ちこたえていたものだと。。







Last updated  2013年07月15日 15時34分43秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年07月07日

今回は ヤマトもざっくり感想で。。

セレステラさんの作戦でヤマトに精神攻撃が仕掛けられたようです。
彼女の星の人はこんな技が使えるんですかね。。

古代と雪は二人で探索に出かけてたようですが、う~~ん なんか今作のこの二人は
あまり応援したい気になりません。

雪があまり私にとって魅力的に感じられないってのが主な理由ですかね。

山本玲の方が好感が持てるキャラになってます。

二人の会話が全部ヤマトに筒抜けなんですが、なんか 話してる内容が二人でいちゃいちゃ
してるってよりは 雪が一人で古代にちょっかい出してる風で・・・

なんだかなぁ・・・っと(^^;

ま、いいんですけどね。

ヤマトに異変があり、戻ってみると誰もいなくて、自動航行。

エレベーターが動かないってことで梯子で移動しますが、またもや雪のお尻が元気w大笑い

さすがに今回は古代くんも・・・。

これ劇場だとスクリーンいっぱいに 無限に広がる大宇宙的に雪のお尻が広がってる
わけですよねwww

今回は完全に下から見上げるアングルですからね・・・(^^;

それも わざわざ頭を踏みつけて見上げなさいと言わんばかりの主張www

別にこの方向性でも構わないのですが(お色気キャラが嫌いなわけじゃないので)、ただ
私の好きな雪のキャラからはどんどんと遠ざかっているようです。。

そんな雪に惚れて行くのだとすると 古代くんも私の好みから遠ざかっていくのでしょうね。

今作はデスラー総統に期待したいと思います。

 

それにしても 精神攻撃を受けてクル―全員呆けてるって大丈夫なんでしょうかね??

古代くんが正気に戻らなかったらどうなっていたのかと。


それに みんなが大切な思い出に耽っているって時に、なんでまた古代くんはあんな寂しい
時のことを思い出していたんでしょ。。

お兄さんとの思い出っていっても ハーモニカをもらった時のことも大切だったんだろうと
思いますが でも 一緒に遊んでもらった時のこととか、もっと楽しかった時のこととか
なかったんでしょうかね。
両親との思い出だって、もっと幸せな時とかなかったのかと・・・

大切な思い出が あんな哀しい状況って・・・

他の人達は ふぇ~~~~~って呆けた顔して 戻ってこようとしてなかったというのにね。。

 

謎の人形が出てきたり 急な場面展開も ま、精神世界のことなので なんでもありといえば
ありでいいんですけど、郷愁を駆りたてたり、戦意を喪失させる目的なら もっと効果的な
やり方があるんじゃないかと思われますし、

あんな風に遠隔で同時に多くの人間の精神に干渉できる能力があるのであれば、それだけで
十分な攻撃足り得るんじゃないでしょうかね。

凄いことだと思うのですよ。

 

戦闘中に脳内に干渉して神経の命令系統をちょこっと触っちゃったりするだけで ヤマトの
艦内はえらいこっちゃになりそうですけど。

今回、このような目に遭ったわけですし、ヤマト側はこの手の攻撃から守るための手段を
早急に講じておかないとまずいですよね。

 

実際は もう攻撃出来る人はいなくなってしまったようですが。。
セレステラさん自身には この能力はあるんでしょうか?

ヤマトのクル―から何か情報を入手したようで これは今後使われることになるんでしょうかね。

 

それから 百合亜には 雪と一緒に治療を受けていたユリーシャの意識が入り込んでると
考えたらいいんでしょうか??
彼女が今後 何をするのかにも注目したいと思います。

そして ゼーリックさんが何やら動きをみせそうですね。
ドメルさんのこともセレステラさんのことも気に入ってないようですし、デスラー総統に対して
どう思っているんでしょうね。。

彼らを蹴落として自分が総統に取り入ろうとしているのか、それとも、総統陣営を倒したい
と思っているのか・・・。

彼の動向にも注目です。







Last updated  2013年07月07日 22時56分09秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年07月01日

今回 戦艦とか作画が綺麗でしたね~

惚れ惚れしながら見てしまいました。

今回の敵は フラーケン@中田さん操る次元潜航艦。
なんかハ―ロックみたいな人キマシタww
それにしてもガミラスキャストの豪華なことwww

このステルス艦の話は旧作であったんでしたっけ?
なんか潜って叩かれて やられてる話はあったような気がするんですけども 記憶がwww

なんせヤマトは毎週ボコボコにされてドキドキするんだけど、何とか持ちこたえてたって
ことくらいしか まともに覚えてなくて(^^;

印象的な戦闘は覚えてるんですけどね。。 恐ろしい記憶力です。

 

いやいやそれにしてもドメルさんの周りには 使えそうな人と使えなさそうな人がはっきり
してますね~~
お顔は残念ながらイケメンとは言い難い方々ではありますが、いおじさまたち。

この中にいると デスラー総統のしさが引き立つってものです。

フラーケンさんの 部下は これまたみなさん戦好きな面々のようで。
戦略を練って知的に戦うってより ゲリラ的にガァ~~~~と派手にやり捲っちゃうのが
お好きって感じで楽しそうです。


ヤマト側は 沖田艦長が突然倒れてしまって さぁ大変。びっくり
沖田艦長って こんなに頻繁に体調崩してましたっけ??

副艦長の真田さんが 代理を務めます。

じっとなりを潜めてる作戦ですが、早く動きたい人たちは不満なようでww

加藤くんはお坊さんになる予定なら もう少し落着きを養った方がいいのかもしれません。。
キャラがブレてきたww?
最初の頃は達観したようなこと言ってませんでしたっけ??

というよりも これが地で 段々と隠し通せなくなってきたってことかwww大笑い

可愛い人ですww
きっと篠原くんが 宥め役なんでしょうねv

藪さんは心配してるんだか してないんだか・・・
気が小さいってだけなのかな。

根競べをしてることも辛いけど、沖田艦長の容体が心配で堪らない古代。
待ってることしかできないわけですもんね。

それにしても さすが佐渡先生。やるとキャやりますv


ジッとしてるのに 飽きて来たガミラス側は 逃げたフリ。

敵が逃げたと考えソナーを打ち策敵を勧める新見と 罠の可能性を考えシーガルを出し
異次元の敵を策敵することを進言する古代。

真田は 古代の身を案じて新見案を採用。


新見案では 敵がまだ近くに潜んでいた場合、ヤマトの位置を教えることになり、非常に
危険なことになる・・・。

どうしても 直感で危機を感じるため、古代は沖田館長と話をした後、命令違反になるけれど
ここは行かねばならないと独断でシーガルを出すことに。
っと、榎本さんはすでに シーガルに亜空間ソノブイを乗せてますv

榎本さんは いつも先読みするよう教えてるようですが、この場合はシーガルを出して策敵
した方がいい、もしくは その可能性があると判断したってことですね。

命令がないけど、古代がきたってことから独断だと察したんでしょうが、古代の判断を支持
したってことですね。

 

結果的には 古代がヤマトの危機を救った形になるのですが、真田さんが新見案を採用した
理由が 古代を死なせたくなかったから・・・だとしたら かなり私情が入り込んでいてヤバい
のではと・・・。

もし、古代が勝手に出撃していなければ、古代一人を守るためにヤマトが撃沈され、地球の
未来が閉ざされることになったわけですもんね。。

残念だけど 真田さんは艦長としては不向きなようです。

 

勝手に行動した古代は上官の命令に従わなかったのだから 当然まずいわけですが、
もし、沖田艦長が倒れていなければ、古代もしくは、誰か他の者を策敵に出したのでは
ないかと思われ・・・

あの状況では 敵が罠を仕掛けていると疑うべきだったと思いますしね。

犠牲が出るかもしれないけれど、犠牲は最小限に抑え、使命を全うすることを最優先とする。
時には それができる非情さがないと艦長は務まらないのでしょうね。


今回は 上に立つ立場に適する人間、そうでない人間という対比がはっきりと描かれて
いたようです。

真田さんも新見さんも 古代兄と関係が深かったことを示す会話がありましたが、古代弟が
兄にそっくりなら なおのこと、古代弟が何を考え行動するのかも読めてたわけでしょうし
決して無謀な考えではなく(本人は直観だと言ってましたけど) あの状況から導き出される
敵の行動に対処するための最善策として採用すべきだったのになっと。


真田さんも新見さんも優しい人のようです。
新見さんは もっと腹黒い人かと思っていたのですが、今回の古代兄に対する想いから
実はイイ人なんだろうなと。。

 

それにしても 相変わらず、ガミラス側は渋くていいですね~

実戦経験豊富なガミラス相手に ほとんど初陣状態で挑むヤマト。
そういえば こういう対比だったよなぁと 今さらながら思い出しwww


地球にはもう士官クラスで戦える年齢層が居なくなってしまってたんでしたっけ?

毎回、毎回 「窮鼠猫をかむ」状態で進んでいくヤマト。

地球滅亡まで あと●日 っていう悲壮感は新作にはあまり感じませんが、このハラハラ感
というか崖っぷち感が だんだんと板に付いて来たような気もwww

 

ヤマトのクルーはみんな若いから まだまだ沖田館長には頑張ってもらわないといけませんね。







Last updated  2013年07月01日 21時04分30秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年06月24日

今回の見所は 嬉しそうにホットラインでお話をする総統でしたv

お相手はもちろん スターシャさんですよね。


今回は スターシャさんと古代兄のこととか、旧作よりも突っ込んだ感じになるのでしょうか。
総統のスターシャさんに対する想いとかはどうなのかな。。

スターシャが地球を無条件で助けるってわけではなく、自分の力で取りに来れたらという
条件を付けてることを知ったんでしょうかね。
私が誤解していたとかって 紳士的な対応。

それに ヤマトがイスカンダルを目指してるのだと知って総統はしそうですね。
スターシャの試練に対し、自分たちが立ちふさがることで力を誇示したいのかな~

見上げるとそこにイスカンダル。。って位置がいいですね~~

いろいろ総統の胸の内を考えると楽しいですww

 

さて、ヤマトの方は・・・ ガミラスと遭遇する率が減るだろうと考える真田さん。
理由は 銀河系内にガミラス星があると考える方が自然だからと新見さん。

島と古代は メルダさんのことで対立。
地球側が先に手を出したのか否か。

沖田館長の一喝によって、二人は罰として各部のお掃除を1週間させられることに
なったようです。

可愛らしいことww

それにしても 波動砲の発射口が小さくないですかねww

 

藪はこっそり新見に何か報告してますね。
最初に攻撃した艦の艦長が島の父親だったこととか 山崎さんが真実を島に告げたとか
そういうこと伝えてたんでしょうかね。

新見は島のことを調べてるようですが・・・。

なんかよくないことに島を巻き込みそうですね。
藪も いい感じに嫌なキャラに仕上がってますv

 

勲章を授与するときにデスラー総統が ドメルに対して
「野蛮人の船を討伐してきてもらいたいのだ。行ってくれるかい?」って声を掛けた時の
表情が・・・ 色っぽ過ぎるんですけど。。 (*/-\*) 

ドメルさん、奥さんいるらしいけど、もしや・・・って 思わずにはいられなくなるほどww

今回のデスラー総統は 非常に美味です♪

やはり総統が出てくると私もテンションが上がりますww

ヤマトの内部でも不穏な動きがあるようですが、ガミラス側も一枚岩ではなさそうで。。
総統の取り巻きがドメルさんをやっかんでる様子。

それだけでなく、一般市民の間にも不満を持つ者が多く現れているようです。
ガミラスは変わった・・・って言葉が 何とも。。

ドメルさんには子供がいたようです。
美人の奥さんとは夫婦仲は悪くなさそうですが、ちょっと冷えてる気がしないでも。。
妙にリアルな距離間ww

 

そうそう、今回は お尻推しカットが多かったですねww
真琴といい、雪といい(^^;

古代の乗ってるコスモゼロに必要以上にお尻強調して座りこむ雪に参りましたwww大笑い

こういうのは嫌いじゃないのですが、旧作の森雪を知ってるだけに 品がない子になったなぁと。

あまり熱くならないクールな主人公と さり気なく女をアピールしていく肉食系ヒロイン?
これが平成ってことなのかしらんww

この方向でヤマトは進んでいくようなので生温かく見守っていこうかとww

 







Last updated  2013年06月25日 02時45分15秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年06月17日

ちょ、冒頭 白色彗星のあの曲なんじゃないの???びっくり

アレンジがかなりされていて、一瞬、あれ?聞き間違い?

あれ???って思ったんだけどそうだよね。

ドメルさんが戦っていたのは ガトランティスだっけ?

あの白色彗星帝国の人たちだよね?
ってことは 同時進行ってことをはっきり出してるってことですね。

ガミラス帝国 実は大変だったんじゃないの?
ヤマトなんて相手にしてる場合じゃないとか?
ま、でもドメルさんが かなり押してるから一応、ガミラスが優勢に進めてるようですが。。

いや~~ それにしても まさかあの曲をここで聴くことになるとは思っていなかったので
ドキンハートとしましたよ。懐かし~~~鳥肌!!
あの曲好きだったから。。ときめくwww


やっぱりまた もう1回ちゃんと聴こうかなww
LPは未だにあるけど、聴けないのでCDレンタルかなww

ガミラス側のミサイル攻撃が凄いですね♪
ドメル@大塚さん カッコいいです!!

今後の活躍が楽しみです。
どうみても ガミラス側の方が(モブのおっさんも多々だけど)イイ男ダブルハートが揃ってる気が
いたします。

ヤマト側は私には若いんですよねwww
総統とかドメルさんあたりが 男の色香を漂わせてセクシですわぁ~(/∀\*)
ドメルさんのお尻も素敵

総統からの招集に 前線を離れる無念さを滲ませながらも命令は絶対ってことで やむを得ず
従うドメルさんがいいわぁ。
軍人さんとしては当然なんだけど、こういう規律に従い理性で行動する大人にホッとしますわ。

ダダっ子は苦手。

今回判明したこととしては ガミラス人と地球人はDNA配列まで同じということ。
違うのは肌の色だけ。

って 地球人だって肌の色は様々なんですから、ほぼ同じってことですよね。
これって もう 地球人のガミラス人もついでにイスカンダル人も他の星の人も みんな
同じってことでいいんじゃねww

メルダさんの体を検査していたようですが、ガミラス人の隠すところが 地球人と同じで
良かったですわww
違っていたら大変なことですよww
へそ隠して あと丸出しとかねwww

メルダさんの扱いについて 色々と意見が分かれているようですが、どうやら古代くん
メルダさんを解放してやりたいようです。
でも、メルダさんの機体はワープできないので ヤマトから放りだしたら死ねというような
ものだと真田さん。
ごもっともな意見です。

古代くんは冷静で人道的に見えるけどちょっとお頭が弱い??

ヤマトの他の乗組員から向けられる憎しみの感情から守るための処置でもあるという真田さん。
そんなことをする乗組員はヤマトにはいないという古代くんは やっぱりちょっとお子様?
私には真田さんの方が理解できます。

ヤマトは沖田館長クラスのおじいちゃん級か若者ばかりで 山崎さんクラスが少ないのが
非常に残念。
しかも 若者の方が上とか・・・


メルダさんの尋問は古代くんが担当することになりますが、ちょ、膝近くねwww?

艦内には メルダさんが言っていた、地球側から仕掛けたという話が広がっていて。。

私はてっきり、正義感の強いメルダさんの忠誠心を削がないために 敢えてガミラス側の
上層部が彼女に嘘の情報を与えていたってことかなと思っていたのですが、本当に地球側
から手を出していたとは・・・

これにはビックリでしたびっくり

旧作もこんなでしたっけ?あまり覚えてないのですが。。

しかも 沖田艦長も指揮官としてその現場に居て、生き残りが山崎さんだったとは。
緘口令が布かれ 真実は闇に葬られて、誤った情報が伝えられているようです。
地球側からの攻撃を指示したのが 芹沢さんってのがまたねww

旧作でもありましたっけ?ホント覚えてないんですよね(^^;

島は真実を山崎さんから聞かされても信じようとはしません。。
ってこれもなんか 熱いってより、思慮の浅いお子ちゃまで・・・。

小さな子どもならともかく、もう少し冷静に受け止めて欲しいものだと。。

確かに「過去に目を閉ざす者は 未来に対しても盲目」だわさ・・・

旧作の古代と島が入れ替わってるみたいですね(^^;


古代がメルダさんに尋問を行っているのを監視してる伊東たちですが、まぁ この人も
何ともイヤらしい役割でww
表情もまたアレですけど、メルダに向ける視線と言い、わざと玲を挑発するような言動と
いいww
怪しさ&イヤラシサが分かりやすい人ですww

惚れてしまうやんww


さて、ジムで汗を流す雪と玲ですが・・・雪が声を掛けます。
「あの人に特別な意識を持ちすぎてるんじゃないかな?すっきりしようか?」

てっきり古代をめぐって直接殴り合うか、それともメルダさんに嫉妬し二人でボコるか
もしくは 焦った雪が古代から玲の目を離すために百合の世界へと誘うのか?


とか思ったら 全てハズレで お風呂タイムでしたww大笑い

でも サービスタイムのはずなのに なぜかジムでのシーンと言い、あまりエロさを感じずww

結構 胸とか見えてるのに なんか健康的なんですよね。
ミロのビーナスみてエロスを感じないのと同じww

制服姿の方が よっぽど、身体のライン丸出しで イヤらしんじゃないでしょうかねww
ま、でも 喜んだ人は多々いたと思われますがv

雪のキャラも随分と変わってますよね。
もう少し、控えめで恥じらいをもつ子だったと思うのですが。。

同性の前とは言え、おっぱい丸出しにしてるような子ではなかったと。
逆に 隠してる玲の方に色気を感じ、そそられて眼が追ってしまうというww

新作の古代くんの性格だと 知的なお姉さんタイプに惚れそうなんですけども。。
大丈夫か雪ww


さて、どういうわけだか メルダと玲が戦闘機を出してバトル。
空で勝負しましょう。って玲が誘い出したんでしょうけど。

こんな勝手なことしたらアカンでしょうに。

玲の機体は整備途中だったためかエンジントラブルを起こし墜落。機体は爆破。

ところが・・・

6日間の営倉入り。。え!? もっと厳重に処罰とかありそうなものだけど。。
そういうものなの???

命令違反だよ??戦闘機を戦闘以外で勝手に使って潰しちゃったんだよ?
ガミラス側は軍隊だけど、ヤマトは違うってことなのかな??

やっぱヤマト緩いわぁww

玲も もっとクールな子だと思っていたのに ちょっと思慮が足りなくて残念。。
実際の戦闘中の一騎打ちとかだったら カッコよかったのに。

ま、いいか。



なんか今回は 古代くんがやたらメルダさんを口説いていたようなwww
これで メルダさんも 古代くんにれてしまうのでしょうかwww

 







Last updated  2013年06月18日 03時05分04秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年06月11日

今回は いつもと違うワープで 異次元断層へ入り込んでしまいました。

旧作でも 確かこんなお話ありましたよね。
あまりしっかりとは覚えてないのですが、やっぱり 波動砲を撃って次元の狭間に亀裂を
入れ 脱出したような気が・・・。

今回のワープの失敗は 自動航法室に原因がアルっぽいのですが・・・
謎の女性の姿が・・・。

何者なんでしょうね。これが前回オルタが言っていた船の女神なんでしょうかね??
百合亜は霊が見える体質だってことでしたし、何やらの精神体がヤマトを守っているって
ことでしょうか?

だとしたら イスカンダルからの使者であった、スターシャの妹たちか?
地球人と同じとは限らないので、命が尽きたら精神体となって彷徨うのかも。。
って 地球人も同じかww

肉体は滅んでしまっても、ヤマトに乗って一緒に故郷に帰りたいのかもしれません。

で、その存在がワープに干渉した理由がわかりませんけどね。

でも、ガミラス関係者だとは思えませんしね。。
ヤマトの航海を邪魔する目的であったわけではなく、たまたま干渉してしまってってこと
くらいでしょうかね。

だけど、原因を突きとめておかなければ怖いですよね。。
度々次元の狭間に入り込むようでは困りますもん。

今回は 同じく次元の狭間に落っこちちゃったガミラス艦との友情を育むお話でした。
って友情らしきものを通わせたのは艦長だけですが(^^;

ガミラス艦から 一緒に抜けだそうという提案が出されますが、それを伝えにやってきたのは
人間と変わらぬ姿のガミラス人・メルダさん。
別嬪さんです。

ここで 前回のガミラス人と同じ土俵で戦えるってのが活きてきますね。

銃を携帯していた古代を信頼できないっていうあたり、地球人と同じルールや価値観を
持ってるってことですし、姿形はまだしも、銃を武器であると判断したことからも戦闘機とか
宇宙船だけでなく、武器も同じような形態で、銃の取り扱いまで一緒ってことですもんね。

地球人とガミラス人とイスカンダル人は元々同じところで派生したんじゃないかと考えた
方がいいくらい。。

同じような文明を発達させたってことですもんね~~

軍の階級まで一緒って この広い宇宙であり得ん話ですwww泣き笑い

が、それを言ってしまったら全てが成り立たなくなってしまいますので、考えない、考えない。

ああ・・・子供の時は 何の抵抗もなく、不思議に思うこともなく受け入れていたんですけどね。
大人になるってことは イヤらしいwww

 

今回の注目すべきところは 玲の兄がイケメンで古代に似てるってところでしょうか。
玲は かなりのブラコンだったようですし、その兄に面影が似ていて、自分を認めてくれた
人ってことだから、そりゃ気にならないわけはないでしょうね~~

ただ、彼女は 誰かを押しのけてまでも自分の想いを告げようとするようなタイプではなさ
そうなので、きっと古代が雪に惚れているってことが どこかでわかるようなことになれば
身を引いちゃうんでしょうね。

修羅場があったりすると面白いのですが、絶対にないでしょうからww

今回 ガミラス艦からやってきたメルダさんも戦闘機乗りのようですし、玲のライバル
あり、また どこか、お互いに気持を通じ合えるような存在ってことになりそうですね。
男が解り合うには拳だ!って 言わんばかりの取っ組み合いもしましたしね。
ガミラス人の身体能力も火星人と同じくらいのようです。

ここで 圧倒的に力の差があったら それはそれで面白いけど。。

戻るはずだった艦が 同胞によって沈められてしまったことで、メルダは暫くヤマトに
滞在することになるのでしょうか?

その間に古代に惚れたら面白いのにwww大笑い

そういえば、ガミラス人を前にした古代は 冷静でしたね。すごく大人な対応。

旧作の古代はもっとやんちゃ坊主のきかん気さんだったと思うのですが。。
感情が乏しいので 本当に大人なのか、もしかしてちょっと頭が弱いのか心配になって
しまうところですww



沖田はメルダが持ってきた提案に乗ることになり、ガミラス艦を信じ、波動砲を撃つことに。
どうせ、何もしないままでは 次元の狭間から出られないわけですし、抜け出る方法が
それしかないのなら、相手を信じ乗るしかないですよね。。

沖田だって 相手の声や話す内容、醸し出す雰囲気を総合して、即座に信用するに値
すると判断したってことでしょうしね。

例え騙されたのだとしても それ以外に方法もないのだから 仕方ないし。。

一応、使者を送り込んでくるというのも誠意の表れでもありますしね。。

が、自力航行が出来なくなり けん引してもらってる途中で、ガミラス艦でトラブルが起こり、
一時、けん引ビームが切られてしまうことに。

やっぱり騙されたのかと思う乗組員たちですが、すぐにまたけん引が再開されることに
なり 何とか無事 脱出。。

ところが、出口でガミラス艦隊に待ち伏せされていて。。

 

これは やられたと思いますよね。

ヴァルス・ラングと沖田は お互いに信用に値すると存在だと認めたでしょうに、水を
差された形に。

でも ヤマトを攻撃しようとするゲールに対し、自らの艦を動かさないことで 己の意志
示したラング。。

その散り様に きっと沖田も彼が約束を違えなかったことを理解したことでしょう。。

即座に その場からの離脱を指示する沖田。

留まっていたゲール艦隊は 司令官だけ逃げ、残りは異次元断層に飲み込まれることに。


さぁ 帰るところがなくなってしまったメルダは どうするのでしょうね。

なんか あんまり危機感もなく 淡々と航海が進んでく感じのヤマトです。
何だろう、乗組員のみんなが平和だからかなぁ。。

地球から離れ、先行き不安な航海だけど、勢いだけで進んで行くぞ!!って 変なとこで
アドレナリンが出てる興奮状態ってのがないんですよね。。

平成だからかww大笑い







Last updated  2013年06月12日 01時02分15秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年06月03日

今回はオリジナルでしたね。

アナライザーと オルタと名付けられたガミロイドの間に生まれた関係と、ロボットには
心があるのかというお話。。

捕獲されたガミロイドを分析してみると そこからわかることとして、ガミラス星人も地球人と
同じ数学を持ち、物理学を理解するコミュニケーション可能な文明を持つことが判明。
これは戦争になった時に重要な意味を持つという真田さん。

つまりは同じルールで戦えるってことのようです。

そうなんですよね~~

昔は宇宙人 というか地球以外の生命体が人間と同じ形態をしていて、同じように言葉を
話、同じような組織を作り、同じような考え方をしていることに何の疑問も感じてなかったの
ですが、それってモノ凄い確率の低いことですもんね。

下手したら、というか、人間の可視範囲内にない生命体とかあっても全然不思議なことでは
ないのですから。。

質量とか構成原子とかそういうのだって 全然違うこともあり得るだろし、地球外物質とか
あって当たり前ですもんね。

同じってことが恐ろしいくらい。

なので、その辺のことは なんとなくここでクリアしちゃった感じでしょうか?

同じみたいだし、このまま話を進めていいんじゃね?みたいなww

ガミラス人とかイスカンダル人とコミュニケーションが取れなくては お話になりませんので
これはもうこれでOKってことでv

 

ガミロイドであるオルタくんは 結局、バグってしまったのかアナライザーがシェルブロックを
破壊し、メインフレームを初期化。
再起動できなくしてしまいました。つまりは破壊したってことですよね。

私はてっきり アナライザーの頑張りによって意志の疎通が出来るようになり、一部データの
やりとりも可能だったりして、しばらく一緒にヤマトで生活をすることになるのかなっと
思っていたのですが。。

スターウォーズみたいな感じで ロボット同士のコミュニケーションもこんな風に出来るように
なるのだから、地球人とガミラス人も分かり合えるよね。。

ってな感じになって。。

ところが、ガミラス星に近づくか、ガミラス艦から発せられる磁気とかによって、オルタくんに
バクが起こり、そこで今回のような話の流れになって破壊されてしまうのではと。。

折角築き上げた友情が引き裂かれてしまい、それが そのまま地球人とガミラス人の行く末とリンク・・・

とかって 展開を想像していたのですよね。

今回でガミロイドであるオルタくんが退場してしまい、ちょっと残念。。

アナライザーは命令されれば、それに従うのみですが、オルタくんを破壊するとき、
彼の中の記憶が再生され、少しばかりはアナライザーにも影響を与えたんじゃないのかと
思いたいような・・・。

旧作ではアナライザーで雪のお尻を触ったりして 結構セクハラしてたような気がするんです
けどね。。記憶違いかな~~

ロボットのくせに人間っぽかったような。。
新作では そういうのはないみたいですね。その代わりの今回のお話でしょうか。

ただ、ロボットに心はあるのかということについて真田さんがいろいろと意味深な発言
しているので、もしや、真田さん アンドロイドだったりしますか???

なんて 思ってみたり。。

旧作では義手、義足だったと思いますが、今回はそれ以上なんでしょうか。。
どうでしょう。。

 

それにしても、保安部の伊東が一番怪しいって顔してると思うのですがwww
彼が保安部でいいんでしょうかね。。(^^;
絶対何かやらかす気がします。

 

それからEDが変わりましたね。
 ・・・( ̄  ̄;) うーん ?

作品に合ってます??

前回のEDも私としてはあまりこの作品に合ってないように感じたのですが、今回も。。

ヤマトの航海ともう少しリンクするような歌詞というか 曲が聴きたいものです。。

麗しい総統の姿が見られることは嬉しいのですがww

 







Last updated  2013年06月03日 14時01分39秒
コメント(6) | コメントを書く
2013年05月26日

今回は 旧作にもあったお話でしたね。
ちょこっと違ってたような気がしますが(うろ覚えww)だいたいあんなお話だったんじゃ
なかったかなっと。

今回は デスラー総統と沖田館長の勝負。

ヤマトをネズミに見立て、追い詰めていくデスラー総統と 罠が用意された逃げ道に 敢えて
飛びこんで活路を見出す沖田艦長。。

いやいや なかなか面白い。。

 

って ストーリーは知ってるんですけどね(^^;
でも やっぱりほら ドキドキするじゃないですか。

前回はちょっとバカ騒ぎが過ぎたというか、軽すぎるヤマトのクル―たちに(メインどころは
別だけど)脱力感を覚えずにはいられませんでしたが、ロマンの欠片も感じられなかったし・・・

若い人たちだから時に羽目を外すことがあっても構わないと思うのですよ。
でも、自分たちに課せられた使命に対して 意識が低すぎると思われるような人たちが
多いのはいかがなものかと。。

別れを惜しむ家族が地球にいる者と もう家族がいない者、この先に進むために敢えて
騒ぐ者、ひっそりと決意を固める者、さまざまな人がいてこその赤道祭でいいのだと思う
のですよ。

だけど、コスプレとかそういうの、ヤマトに必要ですかね?
これも時代なんでしょうか。。

今回は ガミラス側が出て来たことで ヤマトらしくなりました。よかった、よかったww

 

ガミラス星→都市→総統 のところで ポロ~~~~ンって あのガミラスを連想させる
まったりとした曲がくるかな~~~って思ってたのですが違ってて・・・
あら 寂しいわ って思ったら 総統が話を始めた時 ポロ~~~~ンきました♪

やぱり総統の登場にはあの曲だと思うのですよね。
ミステリアスで 大人の魅力を感じるじゃないですか。

今作の総統は若返ってww っぽいし、非常に素敵ダブルハートダブルハートになってます。
なので、口元の小さいシワいりません(><)

それにしても ガミラス側はおっさんが豪華ですね~
これぞ、重鎮って感じの人がたくさん。

ヤマトとは正反対ですね。
でも、ヤマトのメインクル―たちは成長過程にあり、これからの戦闘や旅路の中で一人前に
なっていくわけで、それを見守るのも楽しみのひとつなんですよね。

なんて歳を喰ったんだ私はwww大笑い

ま、ガミラス側はおじさん多しといえども、無能の人も多くて・・・(^^;
人間 歳を重ねればいいってもんじゃないってことですね。

若くても使える人は使えますし。。

そして、

「ガミラスに下品な男は不要だ・・・」

 キタ━━━━(゚∀゚) ━━━━━━!!!!

 

名台詞いただきました!

デスラー総統は下品な男はお嫌いv

お酒を飲んで オヤジギャグを口にしただけのことですが、デスラー総統の気に障るような
振る舞いをした者は即刻 処分されてしまいます。
あのままエアシューターのように家に送り返されていただけだったら笑いますがww泣き笑い

そういえば、セレステラさんはとても有能そうだし、美人さんだし、総統の側近としては
申し分ないと思うのですが、前髪がないのが残念。。

いっそのこと、女性じゃなかったらいいのに・・・とか思う。

 

デスラー総統自らが立てたヤマトを陥れる作戦でしたが、沖田館長の冷静沈着な判断により
ヤマトは絶体絶命のピンチを乗り切ることに。

デスラー総統としては 閣僚たちの前で自分の作戦を誇示したかったんでしょうが、それが
面子丸潰れ・・・

ところが、さすが総統。

腹を立てたり、子供じみた悪態をつくこともなく、敢えて敵を大したものだと評価し、戦死した
者たちや遺族への配慮を指示。

これですよ~~


この余裕こそがデスラー総統なのです!!  (/ω\*) ハート

シュルツさんは残念でしたが、ガンツら信頼のおける部下らとともに誇り高く最期を遂げる
ことができたのはせめてもの救い。。

旧作では もっと呆気なくやられてしまっていたような気がしますし。。
う~~ん ここもうろ覚えですが(^^;

 

次回はオリジナルの話でしょうか。

旧作に比べ 設定もキャラも増えた分だけ話に厚みが出来ていると思うのですが、その分、 
メインとなるお話への尺が短く 場面をこなすだけで余韻が感じられなくなってしまってる
ような気も。。

旧作の昭和のテンポでは今の時代、間延びしてしまうのかもですが、出来る限り丁寧に
メインキャラたちを描いてくれるといいなぁと思います。

って もう22話まで出来てますけどね(^^;

 

 







Last updated  2013年05月27日 00時14分12秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年05月19日

今回はガミラスサイドのお話はなく、ヤマトサイドのお話でした。
総統が出てこないと寂しいな~って思ってたんですが、これが結構楽しめましたww

今回はいつも以上に 趣味趣向が暴走した感想となっておりますので、苦手な方は
即行 回れ右で♪

うちは まともな感想は少ないですので くれぐれもご注意くださいませww




ヤマトはヘリオポーズを超えることになり、ここから先は地球との通信が困難になるって
ことで クル―たちは地球の家族たちとの交信が許可されることに。

ついでに赤道祭ってのも行うことに。。

真琴は騙されてコスプレをしてましたけど、なんでそんな衣装を持ってるんだって話ですよねw

そんなもの持って乗り込んで来てたんですね。。
ま、個人の趣味なんだからそこは自由にってことでしょうが、緊張感ないなぁww(^^;
他にも何人もコスプレしてる人達もいましたしね。。

軍隊じゃないってことなんでしょうが、ガミラス側に比べるとまるで子供だな。。
この後、成長していくんでしょうが、こんな子たちが選抜されていてヤマトは大丈夫なのか
と思っちゃいましたね。。

彼らに地球の命運を預けていいものかと・・・

っと思ったら、加藤も(><)
なんか 加藤までもが残念キャラになってるんですけど。。
なんで坊さんスタイルをそこでする??

血の気が多くて扱いにくいところもあるけど、生死についてを真剣に捉えてる真面目で
かっこいい奴なんだから それ以上の余分なキャラ付けいらないよ。。
ついでにモミアゲもいらないよ。。(><)

とはいえ、今回の注目はこの加藤と篠原の関係ですねv
二人をみてたら ドキッダブルハートとしちゃいましたわ(/ω\*)

加藤と山本玲の兄は親友だったわけですが、私の脳内では別の関係に仕上がってますわv
篠原は二人に憧れていてずっと見守っていたんだけど、実は篠原は 山本のポジションを
羨ましくも思っていた・・・

っていかがです??

山本亡き後、篠原は加藤への想いを一切見せることなく、加藤の片腕として彼を支えて
いる・・・。
でも、その関係もいつかは・・・

って 今日は これで激萌ダブルハートダブルハートですよwwww(*/-\*)

加藤と篠原の距離間がたまりませんわ♪

加藤→山本玲 だったら面白いなって思ってたんですが、それはすっかり消え去りましたv
このまま 航空隊のみなさまは男だらけの中で楽しく過ごしていたきたいと切に願います

玲が紅一点でおりますが、彼女は 古代に好意を持ってる様子ですし、男だらけの控室
みたいなところにいるのは居心地が悪そうですから、いつも別のところにいるのでは・・・
ってことで 彼女は別枠扱いでwwww

そういえば、彼女はマースノイドなんですね~ 眼が赤いのはその設定のようで。
彼女も古代と同じく通信をする家族はいないってことで お仕事を手伝っていい雰囲気に
なってましたv

古代は全くその気がなさそうでしたけど。。大笑い

なんか このまま気付かずに終わってしまうんでしょうかね。。
だとしたら ちょっともったいないですね。

一方、出遅れ感の雪の方は、作業する二人を眺めていましたが、最後にきっちり古代と
ツーショットになってました。
それに、雪にも家族は残っていないと判明。

これで 境遇的には3人同じってことで。。
ただ、雪の場合は新設定としてスターシャの妹ユーリアとどういう関係だったのかってのが
気になるところです。

1年前から記憶がないってことですし、ユーリアが地球にやってきたのも一年前。
もう一人の妹サーシャとよく似てるってことからも 雪がユーリアなの?って思ってみたり。。

さすがにそれはないかな~~

それにしても やっぱり女性陣のユニフォームは気になりますねwww
男性ファンは嬉しいでしょうし、私も嫌いではないのですが、戦艦に乗ってる者としては
どうなのよ?って思ってしまうのですよね。

せめて 玲が着ていた宇宙での作業服くらいのラインだったらカッコいいのにな。

身体のラインを強調したデザインで何も文句が出ない女性陣って設定なんでしょうね。
あまり賢くみえないのが残念。

いっそ、男性陣も同じようにボディラインがはっきりわかるダンサーのようなデザインに
していただいたらいかがなものかとww
そしたら 何かおかしいって思いませんかねww

私としては男性陣のボトムインからのデザイン変更はよくなってると思ってるので、女性陣も
同じデザインだったらよかったのにと。

味気なさ過ぎてクレームが来そうですがwwww大笑い
そのうち慣れて来るかなと思ったのですが、一向に慣れませんわww

そうそう、伊東くんは新見さんと同じくイズモプロジェクト側の人間のようですね。
このしい二人は何やらしでかしてくれそうです。
名前も 芹沢、伊東、新見ですからねww

だったら艦長は近藤であって欲しいのに なぜか沖田というwww
しかも、徳川が部下だしwww o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

ま、その辺はどうでもいいことなのですが。

 

今回はストーリーに関する感想はほとんど書いてませんが、地球を想い、自分たちより
先に逝ってしまった若い者たちを想い 沖田と徳川が酒を酌み交わすシーンはよかった
ですね。

確かこんなシーンが旧作にもあったはず。うろ覚えですが。

「これで地球を想うのは最後にして、祭りが終わったら前だけを見て進む」って沖田の
台詞には ジーンとくるものがありました。

 

あと、真田さんが分析してるガミロイドが妙に気になるのですけど~~♪
ポーズが可愛らし過ぎてえっす。。(*/-\*)ハート

公式サイトのデスラー総統が色っぽ過ぎる件も どうにかしてください(*´д`)ハァハァ

 







Last updated  2013年05月20日 02時54分58秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全27件 (27件中 11-20件目)

< 1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.