11903264 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(130)

黒執事

(469)

黒執事(アニメ)

(153)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(165)

ちはやふる・俺物語!!

(127)

進撃の巨人

(126)

マギ・ワンパンマン・DAYS

(108)

薄桜鬼

(81)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(86)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(75)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(63)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(62)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(45)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(44)

K BTOOOM!

(33)

河内遙&宇仁田ゆみ&オノ・ナツメ作品

(49)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(44)

TIGER & BUNNY・ボールルームへようこそ

(48)

信長協奏曲・信長のシェフ

(20)

小玉ユキ&高台家の人々他森本梢子作品

(39)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(106)

ゲーム原作アニメ

(47)

オリジナルアニメ(YOIなど)

(71)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

ノイタミナ枠

(35)

お気に入りアニメ

(100)

アニメその他

(108)

少年ジャンプ

(501)

青年誌コミックス感想

(228)

少年誌コミックス感想

(117)

少女・レディースコミック

(195)

BLもの

(55)

声優

(9)

小説他

(12)

今週読んだコミック

(115)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

らいち♪♪@ Re[1]:週刊少年ジャンプ2019 43号一言感想(09/23) 漫画好きさんへ なるほど~~~ 確かに少…
漫画好き@ Re:週刊少年ジャンプ2019 43号一言感想(09/23) わたしは花子の告白はブラフだと思ってい…
らいち♪♪@ Re[1]:「進撃の巨人」29巻ざっくり感想(09/14) anise9684さんへ やっぱり進撃は面白いで…
anise9684@ Re:「進撃の巨人」29巻ざっくり感想(09/14) ヒストリアの事を思うと可哀想過ぎて リヴ…

Favorite Blog

どりちゃんのちょっ… New! あくびネコさん

今日の収穫 (10月1… BROOKさん

こんなにキレイに!… hiko 888さん

◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
SOLILOQUY rumi0503さん

Rakuten Ranking

全469件 (469件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 47 >

黒執事

2019年09月18日
XML
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​​​​ここのところ、話が停滞気味に感じてましたが、やっと動きましたね。
この辺りもう少しテンポ良く進むとよかったなぁと。

やなセンセがレースとかフリルとか、楽しそう~~~ってのは娘も感じてて
付いてきてくれてますが、旦那と息子は脱落気味・・・(^^;

単行本出てからまとめて読みたい気持ちは分からないでも無く・・・

私としてはメイリンの過去話は興味あるので、さぁこれからだぞ!!って
とこなんですけどね。

先月の感想は​こちら​。



やっぱりジェーンはメイドとしてではなく、別口で雇われていましたね。
血液収集工場のガードマンといったところでしょうか。

最初からメイリンのことを“殺し慣れている”人間だと認識していたようです。
ってことは、ジェーンもそっちの人間ってことですもんね。
メイリンと互角の腕のようで。

でも、藍猫のことはどう思ってるんでしょうね??

メイリンには身体に傷がたくさんあったし、靴も編み上げブーツだし明らかに
一般メイドとは違うことは明瞭でしたが、藍猫の方にはそれほど警戒してなさ
そうです。

私としてはメイリンは生まれながらに“殺し屋”として生きてきたわけではなく
坊ちゃんに雇われてから腕を磨いたのだと思うのですよ。

もちろん、極度の遠視はスナイパーとしての資質はあると思いますが、接近戦
に有利というわけでも無く。
だから銃以外ではそれほど強いわけじゃ無いと。

その点、藍猫の方は・・・謎。
本当の殺し屋は相手にそれを察知させないのではないかと。
藍猫は劉のボディガードですからね。
本来、簡単に捕まるようなことはないはずで、わざと捕まったとしか思えず。

メイリンが大人しくしててくださいって言ったから大人しくしてるだけとかで。

だから藍猫は寝ているようではあるけれど、そのうちメイリンが来るだろうと
思っていて、今はやることもないし休憩してるだけで、実は状況も把握してる
のではないかと思うのですよ。

起きてるのに寝たふりしてるんじゃないかと。
で、ジェーンにもメイリンにもそれを気づかせてないという。
それくらいやりそうなんですよね、藍猫なら。

ジェーンはメイリンに今の雇い主の3倍の報酬を約束するから寝返るよう勧誘。

でもね、ジェーンは報酬で仕事を請け負ってるのでしょうが、メイリンは違う
と思うのですよね。

例え報酬がなくとも坊ちゃんのために働くのだと。
それくらいのが坊ちゃんにはあるし、感謝してるんじゃないかなと。

それが次号から明かされるようです。

多分、4カ所全てが血液収集工場で、その内の一つが葬儀屋がメインで動かして
いるとこじゃないかな~っと思っているのですよ。
坊ちゃんか、セバスのとこ。

なのでこれから順にスネーク以外の使用人’sの過去が判明するのでしょう。

劉と藍猫は謎のままでしょうけど。

過去、メイリンの前に現れた坊ちゃんと​悪​い男。
執事の格好をしたしの専門家​

これは期待しかありませんv
​​​​​​​​​​






Last updated  2019年09月19日 22時15分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月18日
カテゴリ:黒執事
今月もほぼ進展無しなのでさっくりと。

先月号の感想は​こちら​。


扉絵はメイリン。

メイリンの口を塞いだのはやはりジェーンでしたね。
単にメイリンが覗き見をしてたのを止めるためだったようで。

が、メイリンに全く気配を感じさせずに背後に立ったということなので
ただのメイドでは無いことは確か。

メイリンたちと同様に何らかの捜査のために潜入してる可能性も無きにしも
非ずですが、メイドとしては古株のようなのでその線はなさそうですよね。

となると、屋敷の方でメイド以外の能力を必要として雇った者ってことになり
そうですね。

アニーが辞めて、また朝礼があったようです。
毎朝あるわけでは無いようなので、この朝礼というのは単に男爵がメイドを
物色するためのものなんでしょうかね。

それにしてもいつ、あのメッセージは入れ込まれているのか??

藍猫ですら気づかないうちにカフスに入れるなんて出来るんでしょうか?
最大の謎だわ。
ジェーン辺りがスリの手口で行ってるのかな~~とか。

藍猫は部屋に戻って来ませんでしたが、多分、藍猫に危険が及んだのではなくて
男爵が藍猫の変態美技とか何かの虜になってしまって、今頃、男爵の方が全裸で
目隠し状態ではないかと思われ・・・

男爵は妻の代わりを求めてるようですが、きっと逸脱していることでしょうw
何しろ劉といつも一緒にいるんですからね。
色んな手札を持っているはずw

次の展開を待つとしましょう。

でも、もう少し早く進まないかな~~~






Last updated  2019年08月18日 01時07分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月20日
カテゴリ:黒執事
今月は大きな進展もありませんでしたのでサクッとだけ。
扉絵はメイリンと藍猫。
二人は可愛いけど、コルセットってしんどそうですよね。

先月号の感想は​こちら​。



ヒースフィールド男爵はメイドに手を出す主のようです。
だからメイドの待遇が良かったんでしょうかね。
お風呂の回数とか。

アニーのカフスにメッセージが入れてあったようですが、誰が入れたん
でしょう。

アニーはヒースフィールド男爵に気に入られたのかポンってされてました
けど、あれが合図だったんでしょうか。

でも、その後、彼女のカフスに誰かが触ったということもなさそうなので
どうやってあのメッセージは入れ込まれたんでしょ???
不思議。

男爵だとしたら手品師ですね。

ミセス・アビーがカフスに注意を払うように促していたのは、主からの
メッセージを見逃さないようにさせるためでしょうね。

メイリンは滅茶苦茶小さい文字を読み取ってます。
さすが。

それにしても今回、先生、めてきてますね。
今まではセバスのおいたも直接的には描かれてなかったのに、変態チックに
きましたよ。

最近の先生の絵は肉感的ですよね。

コルセットを着けたままってことで男爵は派だということが判明。

22時就寝というのは男爵が情事を行うのにメイドを早く仕事から解放させて
おく必要があるからですかね。

それをいいことに、眠っている使用人から血液を抜くってことも行われて
いそうですけど。
ちょっと薬を飲ませておけば、坊ちゃんのときのように簡単にできそうです
から。

メイリンが何者かによって拘束される恐れが出ましたけど、背後からきたのは
誰だったんでしょうね。

口を塞ぎ、片方の手は胸を鷲づかみしてるように見えるのですが、これは男性
でしょうか?
でも、男性にしては口を塞いだ手の大きさが小さいような気が・・・。

男性だったらメイリンの顔の半分くらいは覆えそうですし。
ミセス・アビーか、ジェーンあたりが怪しそうなんですけども。
彼女たちは絶対何かやらかしそうです。

ここにはカルスタイン病院の元ナースがいるってことだったので、この二人が
そうである可能性が高いですよね。

ナースなら血液を抜くのも容易でしょうし。

藍猫はすっかり寝ちゃってますが、大丈夫なんでしょうか(^^;
メイリンは調査を終えるまでは反撃に出られないでしょうし心配です。






Last updated  2019年07月20日 02時47分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月18日
カテゴリ:黒執事
​​​​久々に出てきましたね。
暁学会w

また子爵とか出てくる可能性もあるんでしょうか。


扉絵はメイリンと藍猫。
メイドしてますv

今回は現在の状況説明って感じですね。
あれこれと情報収集したものの決定打になるものはなく・・・

葬儀屋は暁学会と繋がりがあったということで、その線を洗い出して
みると・・・

怪しい動きが4カ所。
そこで二人組になってそれぞれの箇所に潜入捜査を開始。
メイリンと藍猫もその内の一つである男爵邸にメイドとして潜入してる
ようです。

怪しいところがなければ戻るってことのようですが、これって全部関係
してそうですよね。
同時に暴かれそうです。

そうそう、今回、坊ちゃんのおみ足が随分と肉感的なんですけど~~~
劉のところは食事がいいんでしょうかね。

珍しく坊ちゃんのふくらはぎがふっくら。

ラストのセバさんのコマもいつになく力強い顔。
これまでのやなセンセの絵とちょっと感じが違う??

というか悪魔を隠してないセバさんってことなんでしょうかね。
眉も鼻も目も口も力強いw
悪魔っぽさがダダ漏れて眼福。

さぁシエルの補給路を断つことはできるでしょうか。
みんなの活躍を楽しみにしたいと思います。
​​​​






Last updated  2019年06月18日 23時51分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月18日
カテゴリ:黒執事
​​​突然のメイドターンとなりました。
もちろん、何か目的があるんでしょうがさっぱり。

先月号の感想は​こちら​。




メイリンと藍猫はメイとランとしてヨークシャーのヒースフィールド男爵の
お屋敷で働くことに。

ミセス・アビーの「人手はいくらあってもいい」という言葉にメイリンが
反応してますね。

坊ちゃんたちはシエルの血液補充のためのルートを探してるはずですから
それに関係してるってことですよね。

メイリンはジェーンに使用人の数を聞いてのでそれもチェック対象のよう
です。

もしこの屋敷を制圧するなら相手側の人数を把握しておく方がいいってこと
でしょうか。

こんなお屋敷くらいメイリンと藍猫がいればすぐに潰せそうですけど潜入の
目的は何なんでしょう。

それにしてもメイリンも藍猫もメイドが務まる気が全くしないんですけど。
メイド姿はとっても可愛いんですけどねw

二人がメイドとして役に立たないことは坊ちゃん達は百も承知でしょうから
長期ではなく短期の潜入で何か起こすのか探るのかってことでしょうね。

そろそろもう少しサクッとお話が進まないとうちの家族たちが脱落していき
そうです(^^;

私はのんびり進行でいいんですけどね。
これからどんどん楽しくなるってことなので期待したいです!
​​​






Last updated  2019年05月18日 07時52分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月19日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​​​​​​​​今度はシエルサイドのお話。
はぁ・・・これは簡単な兄弟喧嘩では済まなそうです・・・

先月号の感想は​こちら​。



扉絵はシエル兄さんにタナカさんと葬儀屋さん。
ファントムハイヴ家の書庫でしょうかね?
シエル兄さん、お勉強中って感じ。

いや~~~こちらも相当賢いのでしょうね。
肉塊から貴族

うう・・・ホントに生きているのならいいのですが・・・

ミッドフォード侯爵夫妻にこれまでのことを説明をするシエル。
自分が死んだとは言わず、深手を負って葬儀屋に治癒してもらっていたと。

嘘は言ってないけど・・・
やはり上手いなと言ったところでしょうか。

ミッドフォード侯爵たちを見送るシエルの視線に温度を感じない。

シエルは現在のファントムハイヴ家の状況を知り、弟がいかに経営を巧みに
行ってきたかを確認したようで。
って、本格的にファントムハイヴ家の当主としてやってくつもりのようじゃ
ないですか(><)

えええ~~~~!?
私はてっきり、一時的な存在だから自分が伝えられること全てを弟に託して
いくための兄弟喧嘩だと思ったんですが、マジ??

領地のことやら使用人の手配まで始めてます。
タナカさんも以前の使用人達を戻す気なんて更々なさそうですし・・・

私の推察は希望でしかなかったってことですね・・・。
まさか本気で​奪​いに来てるとは・・・ (ノД`)   

あらら・・・
今更だけど、えらいこっちゃだわ。

シエルと葬儀屋の関係は坊ちゃんのそれと大差なさそうですね。
葬儀屋はこの後どうするつもりなんでしょ。
弟ではなく兄にファントムハイヴを継がせることの意味は?

弟だけでも生きていたのだからファントムハイヴ家は取りあえずは存続する
ってことだと思うのですが、葬儀屋にとって“ファントムハイヴ”というのは
あくまでも兄の方ってことなんでしょうか?

「これ以上ファントムハイヴを失いたくない」って言葉はそういう意味だった
んでしょうか。
最初から弟はスペアでしかないと?

もしかしたらシエル自身の素質として何かあるのかもですが。
はぁ・・・辛い。

“ポラリス”と“ベガ”たちはシエルのための血液を得るために出かけているよう
です。
ってことは、ここの供給を止めてしまえばシエルの維持はまた困難になるって
ことですよね。

坊ちゃんたちはこれを​狙​うんですね。

シエルはやはり死んでしまったってことにするつもりでしょうか。

それにしてもファントム社のクリスマス新製品のサンプルの見事なこと!!!
いやいやいや、これ全部商品にしたら世界中で売れそうなんですけど。
お着替え分とかも含めてまだまだ展開できそう。

シエルは弟の功績夢の実現を褒めちぎりますが、それをあっさり切り捨てる
非情さ・・・。

全く弟の夢には関心がないようです。
これは理解し合えないわ・・・
まるで坊ちゃんを見てないってことですもんね。

うわぁ・・・

お互いに大切な存在であることは確かでしょうが、シエルにとって坊ちゃんは
庇護すべき者でしかないのでしょうか。
圧倒的にシエルの方が弟を支配してますよね。

坊ちゃんが劣悪な環境で喘息が出なかったのは不思議に思っていたのですが、
もしかして双子というのは忌み嫌われていて、大人になるまで生きていられ
ないようにそっと何か盛られてたってことはないですかね?

これまで考えたくはなかったのですが、あのタナカさんの冷静さを見てると
当主の命なら何でもありなんだろうなと思えますし・・・
ファントムハイヴ家を守っていくためだったらやりかねないとすら・・・

シエルもまさに“悪の華”そのもの。
シエルにしたら弟は甘いのでしょうね。

アグニを殺したのもファントムハイヴ邸に当主の許可無く勝手に居座る侵入者
くらいにしか思ってなかったのでしょうか。
ソーマの身分は知ってたはずですが。

ああ・・・そうか、シエルは坊ちゃんとは顔は同じでも全く​違​うんですね。
これも今更ですが。

とはいえ微笑むシエルの​麗​しさには抗えない。(*/-\*)
なんて浅ましい私。

ところで、坊っちゃんは自分達を貶めた者たちへの復讐を誓ってますがシェルは
それについてはどう考えているんでしょ?

もし女王の番犬の仕事も兼ねて自分がファトムハイヴ家当主としてこの先やって
いくつもりならば、なぜ先代は殺されたのかには疑問を持たないんでしょうか?

もしかして黒幕を知ってる?
タナカさん共々。

だから探す必要もないし、対処法も既に心得てるとかでしょうか?

これまで色んな事件がありましたが、青の教団編に入ってから凄く長いのですが
この先はもう何々編とかの括りで話が進んでいくのではなく、対シエルがメイン
で展開していくのでしょうか。

これまでは壮大なプロローグだったとか?

そのうち解決してまた元のパターンに戻るだろうと思っていたのに、もう絶対に
それはなさそうですし、これまで以上に腹をっていかねば・・・。​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2019年05月18日 00時54分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月14日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​​​​​怒濤の展開が続いております。
悲惨な過去回想の後はシエルからの恐ろしい仕打ち。
スフィア・ミュージックホール連続殺人事件の重要参考人として逮捕される
こととなった坊ちゃん。

まさかシエルに嵌められるとは・・・ですよね(><)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒執事(28) (Gファンタジーコミックス) [ 枢やな ]
価格:606円(税込、送料無料) (2019/4/14時点)

楽天で購入


これまでの感想は​こちら​。

本誌感想は以下に。
もうドキドキハラハラで毎月読んでましたよ。
これでもか!!ってくらい坊ちゃん追い詰められましたから。
既に感想を上げてますのでここでは追加感想のみ書き足しておきます。

6月号感想​  ​7月号感想​  ​8月号感想​  ​9月号感想​  ​10月号感想​ 
11月号感想​  ​12月号感想​  ​1月号感想

最愛の坊ちゃんを嵌めておきながら、シエルは楽しそうですよね。

本気で坊ちゃんを陥れるつもりではなさそうです。
本誌を読んでいるときはシエルの意図はさっぱりわからなかったんですが、
通して読んでみるとタナカさんも使用人達を敵に回して坊ちゃんを倒すとか
そんなことを考えているようには見えませんし、単にシエルの命令に従って
シエルが行おうとしてる兄弟喧嘩?を見守ってるって感じです。

坊ちゃんはそれどころじゃないでしょうけどね。

アグニも犠牲になってるわけですし、ソーマからの憎しみは計り知れないもの
となってますし・・・

そうまでしてシエルが坊ちゃんに挑む理由がわかりませんが、自分自身がいつ
までも現状を維持できるわけではないとわかっていて、坊ちゃんとの時間を楽
しもうとしてるってことなのでしょうか??

自分=シエルを超えて目的を果たせ!と願いをすためとか??
シエルに対する罪悪感を消させようとしてるとか??

葬儀屋さんの意図も未だわからないのですが、彼はファントムハイヴを絶やし
たくないのは確かのようなので、生きてる坊ちゃんを殺しては本末転倒ですし
それどころかファントムハイヴを継続させていくためには坊ちゃんが結婚し、
正当な後継者を生み出す必要があるわけで・・・

そうなるとセバスチャン=悪魔の存在は邪魔ですよね。
今は悪魔が傍にいることで坊ちゃんの安全が保障されているので任せてるよう
ですが、いずれは悪魔を排除する気ですよね。
実際、そう言ってましたし。

う~~~ん、葬儀屋さんの目的はおばあさまのクラウディアをらせることか
とも思いましたが、それはなさそうです。
なので、ファントムハイヴをこれ以上失わない、つまりはシエルをらせると
いうことが人体蘇生に手を出した理由でいいのでしょう。

が、いつまでもシエルを維持できるとは思えないのですよね。
既に死んでいる葬儀屋には寿命はないでしょうが、デスサイズで斬られれば
存在は消えることになるでしょうし、最強だとはいえ、永遠はないでしょう。

そうなれば葬儀屋とともにシエルもまた存在を維持できなくなるわけで。
それにそもそも血液が大量に無くては無理がありそうですし。

つまりは遅かれ早かれ有限ということ。
何か目的があってシエルを蘇らせたというよりも、本当に単に彼のエゴのみで
蘇らせているってことですかね。

シエルが蘇ったことで何かが代わるとも思えませんもんね。
これまでもシエルの代用は坊ちゃんでできたわけですし。

シエルのエピソードとしてパパンやクラウディアのモノまで使うことを考えて
いるとなればまた別の話になりますけど。

セバスはクラウスのところまで逃げて体勢を整えてから反撃するつもりのよう
でしたが、久しぶりの劉の登場に助けられました。

やっと坊ちゃんがらしくなってきました。
ずっとシエルに押されっぱなしでしたもんね。

これがもう辛いのなんのって。

単行本で読めば数分のことですが、本誌で追いかけているときは数ヶ月かかって
やっとここに辿り着くわけですから。

シエルにはシエルの考えがあるとは思いますが、坊ちゃんが追い詰められるのは
ホント辛かったですもん。

さぁここから反撃ですが、サクッとテンポ良く進んでいくことを期待したいです。







Last updated  2019年04月14日 22時46分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月19日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​​​魅了!!!
そう魅了!!!!
ストーリーとしてはほとんど進展はしてませんが、坊ちゃんの身に
危害が加えられなくて、セバスがエロかったなら、それはそれで
大満足d(≧∀≦*)ok!

このまましばらく平和な日々が続いてもいいと思うくらい。
何ならセバスの美麗顔が拝めるだけでいくらでも生きていける。

先月号の感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2019年 04月号 [雑誌]
価格:589円(税込、送料無料) (2019/3/19時点)

楽天で購入

扉絵はカンフーですかね。
楽しそうですw

今回はとにかくセバスの髪がサラッサラ ( ´艸`)

扉絵めくったら軽くねます。
嘘じゃありません。
何度も死にました、私。

これは単行本サイズではもったいない。
過去にも何度もそういうイラストやら扉絵やら表紙やらありましたが、
これもそうです!!

断言します。
本誌買うべし。

悪魔の本気がみられます。 O(≧∇≦)O
人をわし堕落させる。
これぞ、セバスチャン・ミカエリスの本職。

くっそらん!!!(p≧∀≦q)〃
黒髪の悪い男最高!!!

これカラー絵で欲しいです!!
おいくら万円でしょうか???

坊ちゃんの方は全然、仕事になってないようですが・・・(^^;
チャイナ服着たらそれだけで一発OKなのにw

が、さすが坊ちゃんは考えてます。
シエルが血液の収集手段を一つに絞っているはずがないと。

ホールは閉店してますから、もうそこからは血液を得ることはできない。
とすると、シエルは必ず他に保険を掛けていて、そこからライフライン
確保しているはずだと。

今は表だって動けないから、まずはそのライフラインを断つことから始める
ようです。

劉には社会で“多数の人間を扱う”事件を調べるよう依頼。
セバスには社会で“多数の人間が動く”ニュースを調べるよう指示。

イエス・マイロード

んんん??
劉までもが坊ちゃんにいてる???(((((゚.゚;)
なんか、鳥肌!!!! カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!

っと思ったら一回言ってみたかったとかw
ですよね~~~~wo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

劉ならではの緊張感の無さが今の緊迫した状況をませてくれますわ。

いよいよ、坊ちゃん本格的に始動ですね。
ところで使用人'sはどうしてるんでしょうか???

坊ちゃんに負けないくらい役に立ってないどころか、邪魔になってるはず
なんですがw



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒執事 28 (Gファンタジーコミックス) [ 枢 やな ]
価格:606円(税込、送料無料) (2019/3/19時点)

楽天で購入

​​






Last updated  2019年04月18日 14時23分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月19日
カテゴリ:黒執事
​​​う~~~~~はよ、続きを~~~
死神派遣協会が本格的に動くようです。

先月号の感想は​こちら​。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2019年 03月号 [雑誌]
価格:589円(税込、送料無料) (2019/2/19時点)

楽天で購入


扉絵はオセロと葬儀屋さん。
やはり二人は同期だったんですね。

あの口調からはただの知り合いってよりはよく知ってる間柄って感じ
でしたもんね。

ファントムハイヴ邸から抜け出してオセロとグレルはパブに来てたよう
です。
グレルの美尻からの登場w

髪を束ねたグレルちゃんが素敵
知り合いの誰かに似てるんだけど誰だろう??

オセロはグレルと葬儀屋では、圧倒的に葬儀屋の方が強いと分かって
たんですね。

葬儀屋が協会を抜けたのが70年ほど前ということが判明。
本名を語らず不明ってことですが、死神になる前に何があったんでしょ。
葬儀屋については謎が深まるばかり。

「模範的な死神」だったようですが、その彼を狂わせたのはクローディア
なんでしょうかね。
それだと若干年回りが合わないような気がするのですけど。

クローディアと知り合ったのは派遣協会を抜けてからなんでしょうか。
よく分かりません。

逃亡に際し、死神派遣協会本部を半壊に追い込み “伝説のお尋ね者”
なっているようです。
アニメでも「伝説の死神」でしたね。

銀髪におリボンって・・・ (/∀\*) ダブルハート

オセロは施設の状況から今のシエルは動く死体としては未完成だと見抜い
てます。
血液の供給が絶たれればそれまでってことで。

葬儀屋の死者蘇生が完成すれば、死神派遣協会が管理してるの定義
根本から崩壊するらしいので、神たちは何としても阻止しようとするで
しょうね。

でも葬儀屋一人で本部半壊するだけの力があるんだったら、一体どれだけ
の援軍が必要なんでしょうね。
オセロのことだから単に人海戦術ではないと思うのですが。

何か罠にかけるような秘策とかあるのではと。
葬儀屋の弱みを握ってるとかかもですけど。

オセロはを使って人事部に応援要請を出したようです。
それで鳩合なのね。
何気に死神は鳩がお好きなようでw

ところでキドニーパイがまだたくさん残ってるのにお店出ちゃいましたね。
あまり口に合わなかったのかしらん(^^;
ちょっと食べてみたい。

シエルは夜になると時間切れのようですね。
れ落ちるシエルをきかかえる葬儀屋のコマが何ともお耽美(*/-\*)

葬儀屋の掌だけで身体の半分以上が収ってしまうなんて・・・
シエルも華奢なんですね。

それにしても崩れ方がい・・・(ノД`)

シエルは坊ちゃんのことが気になるようです。
ってことはやはり坊ちゃん憎しでやってるわけではないってことですよね。
でも、派手な兄弟喧嘩でアグニが犠牲になったのならそれだけは辛い。

はぁ・・・死神派遣協会も動くようですし、坊ちゃんも動き始めましたし
ソーマも・・・
一体どうなってしまうのでしょう。

さっぱりですわ。
この頭では先の展開が読めないのでとにかく早く続きを読みたいです。
落ち着きませんわ。
もう何ヶ月も。


ところでオセロの眼鏡はどうなってるんでしょう・・・不思議。​​​​






Last updated  2019年02月19日 01時41分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月19日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​​​​​​​​​​あららら・・・
坊ちゃん復活したと思ったら・・・
なんてこったい(><)
今回かなりページ数少ないですよね。

先月号の感想はこちら



月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2019年 02月号 [雑誌]

TwitterのTL上に不穏な空気が漂っていたので今月号で一体何があった
のかと思いきや・・・

まさかの展開。
全くの予想外でした。

扉絵は在りし日のソーマとアグニ。
ソーマの幸せそうな顔が​辛​い。 ( p_q) 

なんであんな身分のソーマが貧民街を歩いてたんでしょうね。
馬車を呼んで港へ行けばよかったのに(><)
迷子になってしまってたんでしょうか・・・

故郷へ帰るつもりだったんでしょうが、今回の件でソーマ完全闇堕
ですよね・・・

坊ちゃんに双子の兄がいて、アグニを襲ったのは本物のシエルたちだと
いう情報はソーマには渡ってないですよね。
何しろ、坊ちゃん自身がシエルを目の前にした直後に逮捕でしたし。

さすがにセバスも隙間を縫ってサリヴァンの所へ行って状況を伝えたとは
思えませんしね。

ということは今もソーマは坊ちゃんを恨んでいるってことですよね。

この後、ソーマはどうするつもりなのでしょうか?
坊ちゃんが自分たちを貶めた者たちへの復讐を誓ったのと同様にソーマも
坊ちゃんに対して復讐を誓うのでしょうか。

状況的には坊ちゃんほど苛酷ではなくとも同じように痛みを負ったしまい
ましたし。
でも出来ることならソーマにはダークな世界とは無縁でいて欲しいです。

アグニもそれを望んでいるはず。
もうそういうわけにはいかなさそうですが・・・

アグニを刺した者は一体誰なんでしょう。
シエルの従者であることは確かですが、葬儀屋さんでもタナカさんでも
ないし、ブラバットもアグニを倒せるほど強いとは到底思えず。

人外である可能性も否定できませんし、ホント謎です。

もうこれ以上、坊ちゃんを追い詰めないで欲しいしソーマにも辛い思いを
して欲しくないのですが・・・ (。>д<)。・゜

アグニは最初からあのような形で最期を迎えることになっていたようですが
ではアグニの死はソーマをどう変えることになっているのでしょう。

鬼神となってしまうのはあまりにもいです・・・
それはアグニの望みではないですよね。
大切な大切なソーマにはいつも笑っていて欲しいはず。
太陽のような存在でいて欲しいはず。

アグニの思いを坊ちゃんが思い出させてくれると良いのですが・・・
この状況でそれを願うのは酷でしょうかね。

今はソーマは坊ちゃんを憎んでいるでしょうが、もう周りは坊ちゃんに
双子の兄がいることを知ってるわけですから、今度ソーマと再会した時
には本当のことを伝えられるはず。

せめて真犯人を知って恨みはそちらに向けて欲しいです(><)

それにしてもなんでシエルはこんなことをしたんでしょうね。
どうしてロンドンの屋敷を襲いアグニを惨殺したのか?
そんな必要があったとは思えないのですけど。

自分の存在を知らしめるだけなら、本邸に戻ってやぁ!って挨拶したら
済んだ話ではなかったんでしょうか。
そりゃびっくりはしますけれども。

はぁ・・・やっと坊ちゃんが復活して浮上した気分がズド~~~~~ン
奈落ですわ。
私が闇堕ちしそう・・・ (ノД`)

どうかアグニの守りきったソーマにわれる日が来ますように・・・
今は本人がそれを望んでいないようですが、このままではあまりにも哀し
すぎます  ( p_q) 

​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2019年01月19日 00時51分04秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全469件 (469件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 47 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.