12882258 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

全482件 (482件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >

黒執事

2020年10月18日
XML
カテゴリ:黒執事
​​​​今月は黒執事の表紙ですね。
ハロウィーンってことで生々しいw
セバスが楽しそうで何より。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2020年 11月号 [雑誌]
価格:599円(税込、送料無料) (2020/10/18時点)

楽天で購入

扉絵は坊ちゃんでしょうかね、旋毛からだと・・・

男爵邸の話は終わったと思ったんですが、まだあったとは。
メイリンたちはひとまずどこへ戻るんでしょうかね。
劉の隠れ家みたいなとこかな。

みんな潜入で出っぱらってるでしょうし、取りあえず先に帰還ってことかな。

セバスなら時々潜入先から抜け出して坊っちゃんからの支持を伝えることも出来
そうですもんね。

ファントムハイヴ邸のシエルには早速ポラリスから北の血液工場が壊滅したという
情報が伝わったようです。
シェルは弟の仕業だとすぐに理解したようで弟の初めての勝利を喜んでます。

が、ポラリスは荒れてますね。
主の前だというのに取り乱し方が尋常ではない。
あまりまともな執事ではなかったってことですかね。

シエルを“シリウス様”と呼ぶポラリスに対して「僕はもう“シリウス様”じゃない、
それは弟のことだろう」とシエル。

これはどういうことなんでしょうね。

「もう」というところが気になります。
かつてはシリウスだったけれど、今は違うってことでしょうし、どこでそれが変わ
ったというのでしょう?

今のゴタゴタの中では圧倒的にシエルの方が優位なのに 。
               
ポラリスもどうやらシエルと同じビザールドールのようですが、他のお星様たちも
みんなその可能性がありそうですね。
ってことは一度亡くなってる人たちってことですよね。

ポラリスは過去に主を失う経験をしたようです。
葬儀屋さんの様子からファントムハイヴの関係者のようですし、かつて執事だった
者のようです。

先代の執事であればタナカさんの下で働いていた誰かでしょうね。
でも、もっと前かもですし、葬儀屋さんがビザールドールにしていることから、祖母
クローディアを主としていた者かもしれませんね。

ビザールドールで上手くいくためには生への執着と未来への願望がたくさん必要だった
と思うので曰く付きの者であることは確かでしょう。

さて、次の舞台はどこかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

卓上 『ディズニー ツイステッドワンダーランド』(2021年1月始まりカレンダー)
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/10/18時点)

楽天で購入

​​​​






Last updated  2020年10月18日 21時42分45秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年09月20日
カテゴリ:黒執事
やっと決着のようで。

これまでの感想は​こちら​。
先月はページ数も少なく話も進まなかったので感想を書くことがほぼ無くてパスして
しまいました(^^;
私がGF買うようになって感想を書かなかったのは初めてかも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2020年 10月号 [雑誌]
価格:599円(税込、送料無料) (2020/9/20時点)

楽天で購入


う~~ん
ずっと続いて欲しいなと思う者としましては終わりが来ないでという思いはあります
が、面白い漫画を読みたいなと思う者としましては、ストーリーが進まないとか、
必要かな?と思えるようなコマが多いとテンポが悪くなり残念に感じてしまうのです
よね。

スピード感のある場面を描く場合、カット数(コマ)は少ない方が脳の認知能力以上
に進んでいるように感じさせ、紙という媒体でも場面展開に速さを出すことができると
思うのですよ。

でも、一瞬の出来事であるだろうところにコマ数を多く入れたり、説明絵のコマが
多かったりすると間延びしてしまって緊張感が出ないし、スピード感も殺してしまう
と思うのですよね。

このメイリンと藍猫の派遣メイドのお話は面白いのですが、ちょっと展開が遅くて
この内容だったら半分のページで収めた方がテンポが良いのでは??っと思うところが
多くて・・・

感想もネガティブなことは書きたくないから最近ずっと短くなってしまって・・・

ごめんなさい 先生(><)

先生がとっても楽しそうに描かれていることは凄~~~~~~~~~く伝わっているの
ですが、それでも漫画を愛する者としましては、テンポを重視したいなと。
引きの美学といいましょうか・・・


今回は藍猫が全裸で頑張りましたが、ジェーン強し、っといったところでした。
藍猫最強と思っていたのでちょっとショック。

が、ジェーンが降りたことで、補完されていた血液は破棄、地下室の血液収集システム
も完全に破壊。
これにて一つ目終了のようです。

次はどこかな?
楽しみにしたいと思います。







Last updated  2020年09月20日 23時46分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年07月19日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​やっとお話が戻ってきました。
えっと、メイドのお姉さんの名前なんでしたっけ??
ジェーンでしたよね。

前号の感想は​こちら​。


扉絵はメイリンとジェーンが対峙してます。
メイドの矜持(プライド)。

メイリンとジェーンの対決の場面に戻って来ました。

暁学会の動きを調べるべく怪しい4拠点に潜入。
おさらいですね。

坊ちゃん美麗、セバス美麗
今回のデコ出しセバスのデコは非常に​美​しいデコです。

私、額が大好きなのですよね。
この形、広さ、​完璧​でございます。

時々セバスの額が狭くなるのが気になっていたのですが、毎回この額でお願い
したいと思います。

お互い左手に拳銃で牽制しあってます。
もう一方の手にはメイリンはライフル、ジェーンは斧。

交渉決裂で藍猫に斧を振り下ろすジェーン。
やはり藍猫の反応は凄いです。

発砲されるまでは本当に寝てたようですけど(^^;

背後から四肢を使ってジェーンを締め上げてます。
むちむちしてます。
なんかスクエニ版「薬屋のひとりごと」の猫猫にむちむち具合がそっくりですねw

​圧倒的​に藍猫の方が凶暴ですがw

上半身は素っ裸のようですが、下はどうなんでしょ???
藍猫のことだから何も着てない気がする・・・

ジェーンに眠らされていたようですね。
これはわざとかな??
どうなんでしょ。

藍猫は旦那様の呼び出しに直球でほかのメイドのことを聞いたよう。
そりゃ藍猫のことだから、周りくどい言い方はしないでしょうが、いきなりですw

そして助平は殴ると宣言していたとおり、殴ったようでw

藍猫の強さならジェーンが来ても負けることはなかったと思うのですが、どうして
眠らされたんでしょうかね。



​​​​​​






Last updated  2020年07月19日 22時32分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年06月19日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​​​​​​​メイリンメイドになるラスト回でしたw

先月号の感想はこちら



知識なし 経験なし 異能あり

扉絵はセバス、フィニと一緒にメイリンも。
懐かしのファントムハイヴ邸ですわ♪

殺し屋からメイドに転職したものの日々お皿を割る日々w
お皿一枚で一月分の給金が飛ぶという・・・
そんなものをメイリンに運ばせるなんて・・・って思いますが、それでも
仕事を覚えてもらわないといけないですからね(^^;

ま、それに割れても後でセバスがなんとでもするでしょう。
それなのにちゃんと給金から引かれていたとはw

今回は劉との初対面が!
長髪&三つ編みの劉なんてめっちゃレアですが、誰???って感じですねw
ちょっと若くて可愛い (*≧∀≦*) 

劉の方から接触してきたようですが、例のお手紙がそうだったようです。
女王の番犬とは敵対するのではなく、お互い協力できるところは手を組んで
上手くやっていこうって(利用しよう)ってことのようです。

メイリンのことはさすがに劉も承知していたことでしょう。
組織から抜けた者とはいえ、劉にとっては全く関係ないからここは目を瞑って
おくべき(いつも瞑ってるけどw)だと判断したんでしょうね。

毎日、フィニと読み書きの勉強はしていたようですが、メイドの仕事は全く
身につかなかったようで・・・
セバスはやはり形から入るというか教える時は眼鏡装着なんですねw

いつの間にかバルドもいます。

まぁメイドの仕事は失敗ばかりでも、本業の方は完璧。
さすがの腕前とセバスも賞賛。
それにしても「お見事です」じゃないよw
この悪魔人誑し術​こそお見事

なんていい笑顔向けてくるんよw (/ω\*)
メイリンドキッとして、認めてくれるがいるから精一杯応えようって頑張りますが
それ人じゃなですからw

そんなこんなでクラウスのお出迎えだったんですね~~~
ポンコツ使用人'sの裏話を知ると感慨深いですわw
これにてメイリン回想終了。

そして戻ってきましたよ。
三倍の給金の提示。

確かに破格の好条件ではあるけれど、でも女を騙して食い物にするクソッタレな
主人に仕えるなんてお断り!とメイリン啖呵を切ってくれました d(≧∀≦*)ok! 

そうでなくちゃね。
厳しくても人使いが荒くてもそれでも恩義には代えられない。

まさに損得を越えた​忠誠​
坊ちゃんが求めたものですよ。

さぁそろそろ、藍猫にも起きてもらいませんとね。
多分、彼女は寝たふりしてるだけですよね。
折角だから休憩させてもらってたとか、そんな感じでw

次回、メイリンがこの場をどう収めるのか楽しみです。



​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2020年06月19日 00時53分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年05月20日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​今回もメイリンメイドになるの続きでした。
このところストーリーは全く進んでいませんが、やな先生が楽しそうなので
それでいいと思います。

前号の感想は​こちら​。



扉絵はメイリン。
裏から表へ。

今回もセバさんちょっとしか出てきませんが美麗きらきらです。
メイリンは遠目は利くけど近くは見えないド近眼ということが判明。

「普段の業務に差し支えますね」というセバスの顔面で今月の元が取れました。
満足

使用人たちはキッチンから浴室まで自分でお湯を運ぶんですね。
ま、当たり前といえばそうなんですけど結構な量運んでますよ?
大変だわ。

セバスならひとっ飛びでしょうけど、エレベーターとかもあるわけではないし
普通は大変ですよね。
これは労働としても毎日は無理ですね。

そして久々にニナさん登場!
この人も何気に凄い人ですよね。

仕立屋としての腕も超一流でしょうけど、絶対それだけではないはず。
何か裏設定があると思われますわ。

いくらメイリンが安心して眠りこけていたとはいえ、完全に気配を消してた
と思われますしね。

メイド服だけでなく、役に立つ衣類を持たないメイリンのために一式用意する
ことになってニナさんは大はしゃぎw

やな先生はニナさんに自分の欲望を投影させていかのようw
レースにコルセット、ストッキングにガーターベルト・・・
ダダ漏れてますw

メイリンのエプロンについてるボタンは初めて登場したときからあるので
初期設定ですでにメイリンの過去まで作り込んでいたってことですよね。
さすが・・・神・・・きらきら

髪も綺麗に揃えて、メイリンの完成です。
眼鏡は坊ちゃんからの贈り物

これまで近場がぼやけていたメイリンにとって世界を変えてくれた、いえ、
世界を与えてくれたのが坊ちゃんなのでしょうね。

命を助けてくれたというだけでなく、新しい世界を見せてくれたという特別な
思いがメイリンにはあるのでしょうね。

はぁ・・・もうこんなの一生坊ちゃんに仕える以外の道はないですよ。
例え、坊ちゃんが計算して行動に移したとしても、それでもお釣りがくるほど
メイリンにとってはありがたいことだったのだろうと。

ただ、ヒールのあるブーツだけはどうもメイリンには合わないようでw
これでは緊急時に動けないという大問題発生ですよね。
それであのごっついブーツに変更だったんですね。

多分、1巻全編メイリンで表紙はメイリンに決まりですね。

さぁこれでいよいよ話がバトルに戻るのか、それともドジメイドの回想がまだ
続くのか・・・

どっちでもいいで~~~す。
平和なファントムハイヴ邸が懐かしいので残念なメイド採用後の坊ちゃんの
感想も読みたいw​​​​​​​






Last updated  2020年06月19日 00時09分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年04月19日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​メイリン、やっとファントムハイヴ家に仲間入り♪
先月号の感想は​こちら​。



この屋敷で働かせてくれというメイリンに握手を求める坊ちゃん。
これで契約成立ってことですね。
以後はお客人ではなく使用人になるのでもう握手する機会はないですかね。

この段階ではまだメイリンは眼鏡を掛けてないから坊ちゃんの顔とかセバスの
顔とかよく見えてないのでしょうね。
近くがしっかり見えた時の最初のメイリンの驚きを見てみたいw

先生がコルセットとかフリルの話題をしてはるので次号では始めてメイド服を
着るメイリンのお話でしょうかね。
ストーリーの進行はすっかり止まったままですが、メイリンがお屋敷に入り
以前のファントムハイヴ邸での日常が戻ってきたようでなんかしいw

フィニは元気いっぱいですね。
力任せに人に抱きつくと大抵は死ぬということを覚えているところでしょうか。
セバス、おでこ狭いな。
私はアニメセバスのデコでこの作品にちたのですが、デコはもう少し広い
方が好みです。
角度的な何かだったということにしておこうと思いますw

天使のような笑顔でメイリンを迎えたフィニでしたが、メイリンがスナイパー
だと知って羨望の眼差し。

無垢な笑顔で いー―――――――ぱい殺しましょうねっ!!ってこれまた
見た目との大きなギャップにメイリンも戸惑いw

彼の過去もまた後で回想になりますよね。

メイリンの過去はちと長くてアレでしたけど、優雅(?)なお屋敷でのお話には
飢えていたのでしばらくこのままでもいいです。
ポンコツ使用人と有能執事のあの懐かしい時間が戻ってきたような気分。

セバスが顔を近づける度にドキドキのメイリンでしたが、あれは悪魔の誑し
テクによるものだったんでしょうかねw
意識的でなかったとしてもそれはそれでセバスの天然さが可愛い

メイリンはすっかりそれに乗っかって一杯普通の女の子ぽさを覚えていったん
でしょうね。
頑張ったよメイリン。

で、いざとなった時のメイリンの変わり身がいいのですよね。
あのお屋敷屋上にライフルがずら~~~~っと並んでいた時の​衝撃​は忘れられ
ませんもん。

次号は過去回想から戻るのか、もう少し続くのかどちらにしても楽しみです。​​​​​​​






Last updated  2020年04月19日 21時04分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月19日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​​​​​​​お話は一向に進んでいませんが、今回も美麗セバスがいっぱいv
先月号の感想はこちら



扉絵はお茶を飲む坊ちゃん。
椅子はチェスの駒であるルークに座ってます。
他はポーン、ビショップ、ナイト。
遊びを楽しんでるってところでしょうか。

塔(ルーク)で一服(ミッドナイトティー)
ってことなので、ちょうど、今の進行状況と同じ??
ナイトの中からセバスが出てきそうでドキドキしますww
トラウマかw泣き笑い

坊ちゃんは梟が女性スナイパーだったと知ってびっくりびっくり
しかもセバスがメイドとして迎えることを提案するものだから呆れて・・・
殺し屋をメイドに勧誘するなんて正気か?と。

でも、セバスはむしろ、殺し屋だからこそ勧誘するのだと。
優秀な使用人を雇うのは必須。
が、それよりも優先されるべき条件は、主人を危険から敬語できる専門技術が
あり、主人を裏切ることが不可能な条件下にあり、坊ちゃんが実力を認めた者

確かになかなか見つかりそうもないですね。

メイリンは人殺しがメイドなんかやれるわけがないと言いますが、セバスは
たいした違いはないと。

メイドも殺し屋も主人にとって目障りな“汚れ”を払うのが仕事、道具がハタキか
銃か違うだけ。

人間とは思考が異なる悪魔的発想でしょうかw

特にセバスとしては使用人としての能力なんてのはあるに越したことはないけど
それよりも坊ちゃんの近くに置いておいても危険のない者であることが優先事項
でしょうね。

メイリンの決め台詞である「屋敷の汚れは家女中(私)が払う」はこのセバスの
言葉を忠実に守ってるってことだったようです。
伏線回収。
なるほど~~~ですよ。

フィニは助けてもらっただけでなく、大切な名前を坊ちゃんに付けて貰ったって
こともあって、坊ちゃんを特別視してますが、メイリンもまた殺されても当然な
状況で命を助けてもらい、これまで食べたこともない温かい食事をお客の待遇で
もてなして貰ったことが坊ちゃんへの忠誠となってるんでしょうね。

これまで食べるものを手に入れるために命をかける生活を強いられ、それでも
手に入るのは冷たくカビたパンだけ。
宝石を奪い命を奪い、生きて行くためには奪うことしかしてこなかった人殺しに
生まれて初めて温かい食事を与えてくれたのが坊ちゃん。

客としてもてなして貰うことはおろか、まともな人扱いもされてこなかったで
しょうから、その衝撃はいかほどか・・・
メイリンにとっても坊ちゃんはやはり恩人なのでしょうね。

それに近くがぼやけて不自由してたところに眼鏡も与えてもらいましたからね。
これだけでもメイリンが使用人としてだけでなく、ちゃんと人として扱われて
いることがわかります。

絶対に裏切ることのできない主、それが坊ちゃん。

これでメイリンの過去回想は終わりでしょうかね。
メイリンがどうやって女性らしさを身に付けたとか知りたいところですが。
う~~~ん、セバスが手取り足取りでしょうかねw

言葉使いが変なのは男言葉しか使ってこなかったから無理に女性言葉にしたら
ああなってしまったってことでしょうか。

やな先生の設定の細かさに唸りますよ。
単にキャラ付けってことだったのではなく理由もあったってことで。

すっかり可愛く女の子にはなりましたが、メイドとしての技能は残念ながら身に
つかなかったようですね(^^;
それはメイリンに限ったことではないですがw

次号からの展開に注目。






Last updated  2020年03月19日 01時22分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年02月19日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​​​​​​​​​やっとメイリンが坊ちゃんの前に・・・長かった・・・

先月号の感想は​こちら​。



扉絵にセバスチャン。
なんか久しぶりな気がしますけど、どうだったっけ??

屋敷を狙撃できる範囲内には人間の気配は感じ取れなくて、セバスの聴覚でも
ハンマーの音を聞き取れてなかったんですね。
ほぉ~~~だからセバスがいていたんだ・・・

私はてっきり気づいていて泳がせているのだと思ってましたわ。

しかもライフルの射程距離を越えたはるか先から正確に坊ちゃんの頭を狙って
狙撃できる腕前。

自分の想定の上をいく人間が現れたってことでセバスが笑ったんですね。
これは絶対に買いだと。

何かあれば、本来ならフィニが後始末を付けに追いかけていたようですが、
今回は行かなくてもいいというセバス。
ってことは自らが行くってことですね。

嗚呼・・・懐かしのファントムハイヴ家の朝食。
もう現実の時間軸では訪れることはないのかもですが、この頃の優雅な朝をまた
見たいものです・・・

いたく強引に坊ちゃんの世話を済ませると早速メイリンを追いかけるセバス。
しかもお屋敷なんか見えないくらいはるか遠くまで。

メイリンの狙撃を全て避けてアッと言う間にメイリンの目の前。
さすがは悪魔さま。
メイリンに向けて放ったと思われたシルバーは後ろにいた鳩ぽっぽの脳天に直撃。

こいつ、メイリンが失敗したから口封じにきたようですけど、メイリンに気づ
かれずに後ろを取ってたってことは結構やり手だったんですね。
ただの伝令かなんかだと思ってましたわ、ごめんね。

セバスにしてみたら、やっと見つけた逸材をこんなポンコツ野郎に殺されては
堪ったもんんじゃないってことで始末したんですね。

そしてメイリンは坊ちゃんの前に。

久しぶりにパツンパツンのセバスの太もも拝見vなんですけど、ちょっとスリム
になってますね♪
この頃は自分でスリム設定にしてたんでしょうか、セバスチャン。

坊ちゃんは既に自分が​狙​われているという情報を持っていたようです。​​​​​​

私はこの後で劉と手を組んだのかなと思っていたのですが、劉はもっと強かな
奴だったようです。
自ら味方の情報をファントムハイヴ伯爵に与えていたのだと思われ・・・

ってことは劉はメイリンが元梟であったことは承知してるってことでしょうか。
あの劉が知らないとは思えませんしね。

今後同じような襲撃があった時のために見張り役としてもメイリンの目は使える
ってことでセバスは坊ちゃんに暗殺者をメイドとして雇うよう提案。

追手に怯えて一生隠れて暮らすよりもファントムハイヴ家使用人として新たな
人生を歩む方が良いだろうってことで。
双方の利害が一致。

それにしても久しぶりに沢山のセバスチャンと坊ちゃんを堪能できましたわ。
これでこそ黒執事。
ホッとしました。

セバスの顔も​美麗​だったり、​妖​しかったり、ゲスかったり、すっとぼけてたり
と色んな表情を拝めました。
坊ちゃんも​麗​しくて涙がでそうです。

セバス、ちゃっかりメイリンが女の子であることを確かめてましたね。
悪魔だからあんな格好をしていても匂いで気づいたとかかな~~っと思ってたん
ですが、ボタン外して視覚的に確認してましたわwww

いつの間にボタン外してたのかしらん。
まさか、あの「やっと会えた」で???
悪魔は手が早い。


​​​​​​​​​






Last updated  2020年02月19日 01時32分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年01月20日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​​​​坊ちゃんの反撃が始まりました。
潜入捜査ってことでまずはメイリンと藍猫組のターン。

前巻の感想は​こちら​。



本誌感想は以下に。
最近は感想短めです。
既に感想を上げてますのでここでは29巻をまとめて読んでの追加感想のみ
書き足しておきます。

2月号感想  ​3月号感想​  ​4月号感想​  ​5月号感想​  ​6月号感想
7月号感想​  ​8月号感想​  ​9月号感想​  ​10月号感想

ちょっと丁寧過ぎるくらいに潜入捜査のお話が展開。

やな先生、楽しんで描いてはるなぁ~~~って感じですv
乳と尻と太ももとレースやフリルが大好きってのがよくわかります♪
私も好きです。

なんか今回は全体に作画がもっちりしてますよね。
あの痩せこけてるはずの坊ちゃんのおみ足もむっちりしてました。
劉のところいいもの食べさせてもらってるのかしらんとか思っちゃいます
よねw

いやいやいつもスイーツやら食べてましたし、食事量が増えたってわけでは
ないでしょうけど。
ぷっくり坊ちゃんも可愛いです。

シエルがミッドフォード侯爵夫妻にこれまで自分がどうしてきたのかを説明
してるところを改めて読み返してみると、シエルは弟は弟なりの考えがあって
のことだと弟のことを認めてるのは確かでしょう。

その上で「今度は僕がファントムハイヴ家の真の当主として役目を果たさねば
なりません。」と言ってます。

そして我が一族が請け負ってきた「女王の番犬」の使命もと。

この時、タナカさんと葬儀屋さんは同じコマにいて、タナカさんは「・・・」
となってます。

これってやはりタナカさんは先代を貶めた犯人を知っていて、もちろん葬儀屋
もシエルも知っているのではと。
女王絡みですよね??

坊ちゃんは犯人を知りません。

シエルは弟から全てを取り上げて危険から遠ざけようとしてるのではないで
しょうかね。
自分は既に死んだ身でもあるわけですし、弟が向かう敵はとても弟では適わ
ないと考え、自分が相対するために表舞台から弟を消したのではないかと。

もしそうだとしたら、タナカさんがシエルに協力するのも納得がいきます。
シエルの坊ちゃんに対する仕打ちもわからないでもないですし。

アグニへの行いは理解しかねますが、シエルのあの異常なほどの坊ちゃんへの
偏愛をみると、近くにいたソーマやアグニに対し嫉妬から消すことは十分に
考えられます。

坊ちゃん以外は虫けら扱いでしょうし、坊ちゃんが大切にしているものに対し
てすら、愛情を向けることはないようですから。

シエルは坊ちゃんに代わり伯爵家を仕切るつもりのようですが、使用人も増や
すつもりのようですし、かといって自分の身体が長く持つとは思ってないです
よね。
本当に生き返ったわけではないですし。

弟の身に及ぶだろう危険を排除するまで動けたらいいと思ってるのではないで
しょうかね。
シエルは当然自分の方が坊ちゃんより優れていると思ってるでしょうし。

もしシエルの目的が坊ちゃんを守ることで、シエルがやろうとしていることと
坊ちゃんのやろうとしてることが同じなら共闘も今後あるかもですよね。

ただ、最後、坊ちゃんが悪魔に魂を食われてしまうところはシエルとしては
阻止したいのではないかなと思ったり。

さてどうなるのでしょうか。






Last updated  2020年01月20日 00時10分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年01月19日
カテゴリ:黒執事
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​いよいよメイリンがファントムハイヴ家にやってきましたね。
先月号の感想は​こちら​。

一週間屋敷を伺っていても目にするのは執事庭師のみ。
先鋭の傭兵部隊がいると警戒していたのに驚くほど人がいなくて。

そりゃみんな傭兵ではなくセバスチャンがお片付けしてるからですね。
帰す必要のない傭兵なんて気を遣わなくてもいいから簡単。
ファントムハイヴ家の特殊事情を絶対に口外しない者しかお屋敷には入れる
ことはできませんしね。

フィニが一番初めにお屋敷勤めをしていたようです。
フィニが可愛らしいわ。
元気いっぱいで何より。

サヤエンドウはフィニが育てたのか、セバスチャンが育てたものをフィニが
喜んでみているのか?
お屋敷では食料となる食物も作ってたんですね~~~

セバスチャンとフィニしかいませんが、お屋敷でのあの優雅な生活が垣間見れ
かしいです。

あの日常が戻ってくることを願いますが、リジーもあんなだし、タナカさんも
以前のように・・・ってわけにはいかないでしょうね。
哀しい・・・

これ以上先延ばしはできないってことで、メイリンはターゲットである伯爵の
姿を確認しないまま狙撃を決行することに。

メイリンは気づいてないでしょうけど、あんな距離ではセバスは当然最初から
メイリンの存在に気づいていたでしょうね。
いつ狙ってくるのかな~~~とか思っていたに違いありませんw

坊ちゃんにそれを伝えていたかは不明。
何も言わずに楽しんでる方に一票。

メイリンは坊ちゃんの姿が視界に入ると同時に狙撃

セバスが何もしなければ、坊ちゃんに命中でしたね。
が、セバスがそれを許すはずはなく、ティーポットで弾道を反らし坊ちゃんは
無傷。

ティーポットは被害を受けてしまいましたが、紅茶は無事だったようでw
めでたし、めでたしと言ったところでしょうw

いや、そうではないかw
セバスが命は守ってくれるとわかっていても肝を冷やしたことでしょう。

何事もなく紅茶を出そうとしてるセバスが笑えます。

メイリンは暗殺に失敗したわけですが、この後セバスによって捕らえられて
坊ちゃんの前にって流れでしょうかね。

超距離からの狙撃の正確さをセバスは確認できましたので、狙撃の腕を買って
逆スカウトですね。

お屋敷の護衛募集中だったでしょうから、探す手間も省けて一石二鳥。
セバスと坊ちゃんのお目に適うかどうか確認するためにメイリンは泳がされてい
たのでしょう。

メイリンが使用人になるにあたって、きっと坊ちゃんからメイリンに忘れられ
ない一言、とか契約内容が告げられたのではないかと思われ・・・

それがあったからメイリンは絶対に坊ちゃんを守ると誓い、例え他にどんな条件
のいい契約を提示されようとも坊ちゃんを裏切るようなことはしないのだろうと。

坊ちゃんがフィニに名前を与えてくれたように、メイリンにとっても坊ちゃんは
特別なはず。

劉がいよいよ英国入りするようですが、中国マフィアの彼がファントムハイヴ家
とどのようにして懇意になったのかも気になるところ。

劉のことだから、敵対するより懐柔した方が仕事がやりやすいってことだと思い
ますが。
お互い利用する関係ってことで。

ま、彼の場合は単純に面白そうって興味もあるでしょうけど。

長髪劉が拝めるのを楽しみにしたいと思います。
このところちょっとだけですが幸せ坊ちゃんと美人セバスが見れて​嬉​しいです。

でも、もう少し展開を巻きでお願いしたいです(^^;

​​​​​​​​​​






Last updated  2020年01月19日 00時48分09秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全482件 (482件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.