11915954 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(130)

黒執事

(470)

黒執事(アニメ)

(153)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(165)

ちはやふる・俺物語!!

(127)

進撃の巨人

(126)

マギ・ワンパンマン・DAYS

(108)

薄桜鬼

(81)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(86)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(75)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(63)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(62)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(45)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(44)

K BTOOOM!

(33)

河内遙&宇仁田ゆみ&オノ・ナツメ作品

(49)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(44)

TIGER & BUNNY・ボールルームへようこそ

(48)

信長協奏曲・信長のシェフ

(20)

小玉ユキ&高台家の人々他森本梢子作品

(39)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(106)

ゲーム原作アニメ

(47)

オリジナルアニメ(YOIなど)

(71)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

ノイタミナ枠

(35)

お気に入りアニメ

(100)

アニメその他

(108)

少年ジャンプ

(501)

青年誌コミックス感想

(228)

少年誌コミックス感想

(118)

少女・レディースコミック

(195)

BLもの

(55)

声優

(9)

小説他

(12)

今週読んだコミック

(115)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

アンパン@ Re:花咲ける青少年 特別編3 感想(11/27) 色んな感じ方があるんですね。
らいち♪♪@ Re[1]:週刊少年ジャンプ2019 43号一言感想(09/23) 漫画好きさんへ なるほど~~~ 確かに少…
漫画好き@ Re:週刊少年ジャンプ2019 43号一言感想(09/23) わたしは花子の告白はブラフだと思ってい…
らいち♪♪@ Re[1]:「進撃の巨人」29巻ざっくり感想(09/14) anise9684さんへ やっぱり進撃は面白いで…
anise9684@ Re:「進撃の巨人」29巻ざっくり感想(09/14) ヒストリアの事を思うと可哀想過ぎて リヴ…

Favorite Blog

劇場鑑賞「フッド:… New! BROOKさん

今朝の特撮感想 New! あくびネコさん

「なきいさち」を省… hiko 888さん

◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
SOLILOQUY rumi0503さん

Rakuten Ranking

全126件 (126件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

進撃の巨人

2019年10月12日
XML
カテゴリ:進撃の巨人
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​今回も​衝撃​の展開。
先月号の感想は​こちら​。


始祖ユミルの過去が判明。
ユミルはいつも他の人を思いやってる優しい子。
2000年前の辛い世界で奴隷として生きていたようです。

奴隷の中でもユミルは親がいなかったのか、守ってくれる存在はなく、
ある日、豚を逃がした者という濡れ衣を着せられことに。
心の優しいユミルは違うということも出来ず。
他の誰かが犠牲になるのなら自分でいいと思ったんでしょうか・・・

エルディア人部族長から「自由」を与えられた代償は狩りの獲物。
やっとの思いで逃げ、辿り着いたのは不思議な樹。
その根元の穴へ入ると深い水溜まりに落ちますが、なんとその中には謎の
生物が・・・

これが原始有機生物って奴のようで。
まるで小脳と脊髄だけで生きてるような・・・
何なんでしょうね?

ユミルの身体に取り付いたことでユミルは巨人へ変化。
これが巨人化の始まりのようです。
つまり「始祖の巨人」ってことですかね。

この「始祖の巨人」はこの先、全ての巨人、ユミルの民を支配する能力を
持つことになるのでしょうが、最初はそんな感じではないですよね。

ユミルはその後人間に戻ってます。
これだけの力を得たというのにユミルは逆らうことなくエルディア人部族長
フリッツの命令に従い巨人の力を行使していたようです。
その褒美はフリッツの子種。

つまりはフリッツの子を産まされたってことですね。
ここから先、ユミルの産んだ子供が増えて「ユミルの民」となったようです。

ユミルの民=エルディア人かと思ってましたが、そうではなかったようで。
ってことはエルディア人でもユミルの民でなければ巨人化はできないってこと
ですよね。

もしくはユミルの民とそうではないエルディア人との混血が増えていって、
いつの間にかエルディア人=ユミルの民になったのかもですけど。

ユミルの巨人の力で敵対していたと思われるマーレを滅ぼし、エルディアは
栄えていったようですが、臣下の裏切りのため命を狙われたフリッツを庇って
ユミルは絶命。
致命傷ではなかったようですが、ユミルは回復を望まなかったようです。

どこまで尽しても「奴隷」と言われることに虚しさを感じたのでしょうか。

そしてユミルは“あの場所”に辿り着いたようです。
まだ“道”はなく、座標としての働きもなかったのかな??

フリッツ王は3人の娘にユミルの力を引き継がせるため、その身体を食べさせ
たようです。
うわぁ・・・生肉だよ・・・(ノД`)  
なんてことするんだろ・・・

「何としても」と言ってることから王はどうしたら巨人の力を引き継ぐことが
できるということは分かってはいなかったようですね。
取りあえず、身体を摂取すれば何とかなるのではと思ってたよう。

後に“背骨”を食わせよって言ってますが、どうしてわかったんでしょ。

娘たちが巨人化の力を手にいれるとが3つに分かれ、そこからまた枝分かれ
しているのでユミルの民が増えていったということのようです。

娘たちは3人ともユミルを捕食したので3人ともに始祖の力が継承されたって
ことでしょうかね。
それとも継承できたのは1人だけ?

9体の巨人はいつ生まれたんでしょうね。
そもそもどうして9体なのか??

娘3人が巨人の力を継いだ時に能力が3つに分かれ、その後また3人に分かて
9体になったってことでしょうか?
そのあたりはよくわからず。

初代王フリッツはユミルに「我が巨人は永久に君臨し続ける 我が世が尽きぬ
限り永遠に」という縛りを残したようです。

ユミルはそれに従いずっと巨人を作り続けているってことでしょうか。
が、エレンはそれを終わらせようとします。

オレがこの世を終わらせてやるからオレに力を貸せ

ユミルに対し「お前は奴隷ではなく神でもなくただの人だと」言い、誰にも
従わなくていいしお前が決めていいと。

ジークはエレンがこの世を終わらせると言うのを聞いて慌てますが、エレンの
いう「この世」というのは人々が生きてる現実の世ではなく、ユミルが生きる
世界のことですよね。

奴隷として自由を奪われた状態を終わらせるということではないのかと。
そしてユミルが巨人を作る世界が終わるということはユミルの民が巨人化しなく
なるってことではないかと。

私も生殖能力を無くさなくても、巨人化しなくなればそれでいいのではと思って
いたので納得なんですけど。

ただエルディア人から巨人化の恐怖が無くなったとしても、それを世界が信じるか
ってことと、力の無くなったエルディア人を世界が生かしておくかは疑問ですよね。

利用価値が無くなったのならマーレは即、民族粛正しそうですから。

そうであれば、エルディア人が生き残るためには地ならしでマーレの軍事力を削ぎ
一時的な時間稼ぎをするよりも、エルディア人の脅威である者たち全てを滅ぼし
エルディア人だけが残るようにすればいいということになるでしょうか。

以前、エレンが言っていたように・・・
「向こうにいる敵・・・全部殺せば・・・オレ達 自由になれるのか?」

でもそれはキツい・・・(ノД`)  
ホントどうなるんでしょうね。

エレンはユミルを地獄から救おうとしてます。
ユミルを解放して自由を与えようと。

「進撃の巨人」の継承者は王に抗うということは王家が望んだ巨人の力の存続を
終わらせる役割を持っていたってことでしょうかね。

どうやらエレンをここまで導いたのはユミルで、ユミルは2000年前から自分を
救ってくれる誰かをずっと待っていたようです。

エレンは「オレを待っていたんだろ」ではなく「誰かを」と言ってるのでユミルは
エレンを導いたけど待っていたのは他の「誰か」ってことでしょうか。

それともエレンを特定してるわけではなく「進撃の巨人」の継承者をという意味
でしょうか。

初回の「2000年後の君へ」のタイトルと今回の「2000年前の君から」は
対になっていると考えられますが、2000年前の君はユミルですよね。

では2000年後の君はエレンでしょうか?
私はエレンだと思うのですが、別の「誰か」かもしれませんよね。

ここはまだ謎です。

全く意志がないかのように表情のなかったユミルがエレンの言葉に反応

ユミルはやっぱりずっと苦しくて辛かったんですね・・・( p_q) 
自分を救ってくれる存在を待っていたんでしょう。

ユミルはジークではなくエレンに力を貸したようです。

座標から現実に場面が戻りました。

エレンの飛んだ首には脊椎のようなものがついて来てます・・・!
初めはなかったのに、ユミルとの接触後に出てきたようで。

エレンは巨人化したようですが、その能力はこれまでと同じなのか違うのか?

ユミルの力をエレンが持ったとすればそれは始祖の巨人の能力を使えるように
なったってことですよね。

そして、壁が壊れついに中の巨人が姿を現しました。
地ならしが始まったようです。
エレンはマーレ軍を壊滅させるつもりでしょう。

うわぁ・・・もう止まらないようです。 (ノД`) 
これがグリシャの見た光景ですかね。

負の連鎖を断ち切るためとはいえ、来月号が怖いです・・・​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
これ、断ち切れるんでしょうか???






Last updated  2019年10月12日 02時33分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月14日
カテゴリ:進撃の巨人
​​​​​​終わりが近づいてるようで怒濤の展開で畳みかけてきてます。
これまでの感想は​こちら​。



いつもの通り既に別マガ連載時に感想を書いてますので全体を通しての
感想と本誌分を含んだ感想の追加と訂正のみ。
別冊マガジン連載時感想は以下の通り。

115話感想​   ​116話感想​  ​117話感想​  ​118話感想

!今回はこの先のネタバレを含んで感想を書いてますので少し下げます。
!ご注意ください。







この先の121話まで読んでから29巻を読み返すと・・・

本誌連載時はエレンがジークに操られているのかどうなのかわからなくて
疑心暗鬼で感想を書いてましたが、エレンは操られていなかったようで。

それどころか・・・(><)

ジークの方がよほど人間思いというか同僚思いというか・・・
他人を思いやる情に長けてます。
ジークは常にエルディア人全体の救済を考えてきてましたから。
そのための犠牲は目を瞑るというスタンスでいましたが、決して自分の
幸せだけを考えて行動してきてませんもんね。

エレンは・・・
子供の時から危険人物
常に自分の欲求・自由でありたい思いを優先させてきてますよね。

突然、エレンが人が変わった様になり、マーレに単独潜入してジークと
接触を計った理由もわかりましたし、今月号(121話)まで読んでから
読み返すとなるほどなぁと思うことばかり。

今更ながら諫山センセの構成に感動

私は見事に振り回されっぱなしだったようです。
連載時感想も迷走してますもんね。
当時の感想を読み直すと勘違いやら解釈違いやらポロポロ。

でも、その時に読んで感じた内容なのでそのままにしておきますね。


121話まで読んでも気になることはリヴァイのことですね。
ハンジが逃がしてますが、傷は相当深そうで、顔の傷は残るでしょう。

リヴァイが死ぬとしたらとっくに死んでしまってる状況なので復活する
のは確かでしょうが、以前のように戦えるのかは不明ですよね。

リヴァイが回復した頃にはパラディ島、及び他の国々はもう戦う必要が
ない状況になってる可能性大ですけど。

地ならしが行われているか、もっと別の方法で世界情勢が変わっている
のではないかと思われます。
それをハンジとリヴァイが見せられることになるのだろうと。

アルミンはエレンを信じてるようですが、アルミンが気がかりなのは
エレンがあの時言った言葉のようです。

「向こうにいる敵・・・全部殺せば・・・オレ達 自由になれるのか?」

でしたよね。

どこまでも自由であることを求めるエレン。
そのためには手段を選ばない。

アルミンが危惧したのは、エレンがしようとしている地ならしは小規模な
ものではなく、大規模なものではないのか・・・
ってことでしょうか。

マーレで起こした以上の大量殺戮を実行しようとしているのでは・・・
と不安に思ったとか。

さすがはアルミン。

今後のエレンとアルミン、ミカサの関係も気になるところです。​​​​​​






Last updated  2019年09月14日 00時30分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年09月13日
カテゴリ:進撃の巨人
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​今回は伏線の回収が凄かった。
というか、え~~~~そうだったの???って私なんかはびっくり仰天。

先月号の感想は​こちら​。


今月も​衝撃​

グリシャに洗脳されたわけではなく、エレンはエレンの意志で自由を求めて
いたことを知るジーク。
ジークは争いを終わらせることを望んでいますが、エレンの望みはあくまでも
「自由」であること。

つまりジークのようにエルディア人が滅びる道を選択するとは思えず、自分が
自由であるためにはそれを阻害するモノを倒すという選択しかないってこと
ですよね。

エレンはジークの望んだ“自分と同じように父親の犠牲になった哀れな弟“では
なかったのですね。

ジークはグリシャの記憶により、エレンが幼い頃に他者から自由を奪われる
くらいなら他者の自由を奪ったことを知ります。

幼い自分がミカサにマフラーを巻くのを見ているエレンは何を思っているの
でしょうね。
この出来事がミカサのアッカーマンとしての血を覚醒させてしまい、エレンを
宿主として守ることを運命付けてしまったんですよね。
それはミカサの自由を奪ってしまったことでもあるので、ミカサに本来の自由
を取り戻させたいと思ってるんでしょうかね。

自分から無理矢理でも引き剥がすためにエレンはミカサにキツい言い方をした
とも考えられます。

今回、グリシャと「始祖の巨人」を継承していたフリーダとの詳細なやり取り
が判明しました。

戦って欲しいと言うグリシャに対し、「不戦の契り」の思想に影響を受けている
フリーダは、壁の外の巨人が襲ってきたのなら受け入れるしかないと。

エルディア人が滅びることで世界の怒りを収めるしか無いという考えはジークと
同じ。

フリーダは「始祖の巨人」の力をグリシャが手にしたとしても使えないことを
教えようとしますが、グリシャはそれを既に知っていて・・・

なぜなら、グリシャが所有する「進撃の巨人」は未来の継承者の記憶を覗きみる
ことができる特性を持つから。
つまりグリシャはエレンの記憶を見ることで未来がわかるということ。

あらまぁ~~~~びっくり
進撃の巨人は他の巨人のような身体能力とは別の能力を持っていたんですね。

そう言われると、フクロウであったエレン・クルーガーがそれっぽいことを示し
てましたよね。

そういうことだったのか。

これまでも「進撃の巨人」の継承者だけは何者にも従うことはなかったようですが
全ては王の独善に抗うためだったようです。
まさに今、グリシャが王を捕食するというその記憶を共有していたからのようで。

が、グリシャは王家の子供達まで滅ぼすことはしたくなかったんですね。
自分は人々を救うための医者であるし、同じくらいの子供を持つ父親でもあるわけ
ですから。

でも、それをさせたのはエレンでした!! (゜ロ゜) 
なんと。
これにはホントびっくり ショック

かつてエレンは父親に深く失望したことをジークに話したようですが、子供まで
皆殺しにするような父親に失望したとジークは思ったようですが、実はエレンは
そうではなく、躊躇した父親に失望してたようで・・・

あらら・・・ (ノД`)
エレンよりジークの方がまともだと言わざるを得ませんね。
やはりエレンはイカレた頭の持ち主でした。
エレンなりの理由はあるのですが、相手が子供でも容赦ないとは・・・
力を持ってはいけない者、当にライナーが感じた通りでした(><)

マーレの時もエレンは手段を選ばず状態でしたもんね。
あれは操られていたとかではなく、完全にエレンの意志だったようで。

グリシャの記憶を辿るジークとエレンはグリシャに干渉することはできないと
思っていましたが、実態としてグリシャの前に現れることも可能なんですね。

進撃の巨人の継承者始祖の力も手にした時、もしくはその力を持つ者の力を
借りることが出来た時、干渉できるってことでしょうかね。
この辺りはよく分からず。(・_ .*)?

エレンはグリシャに自分の記憶を見せることができますが、何を見せるのかは
エレンに決定権があり、見せたいことだけを選択できるようです。

つまりは都合の良い記憶だけをみせることが可能ってことのようです。
グリシャが知りたい情報についてはエレンは教えてないようで。
グリシャは壁が壊される日のことも知らないようですし。

これまではグリシャが親のエゴでエレンを利用したのだと思っていましたが、
どうやらエレンがグリシャを利用したようです。

グリシャはエレンの未来の記憶も見たようです。
それは未来のエレンがグリシャに見せたのでしょうね。

それをエレンはヒストリアの手にキスしたときにグリシャの記憶を通して見た
ということのようです。
「あんな恐ろしいことになるとは・・・」と言っているのでエレンが恐ろしい
ことをしでかすのでしょう。

世界に対し、地ならしを発動させるってことだと思われますが・・・。
グリシャにとってはどういう経緯でそうなるのかは知らされず、その景色だけ
を見せられたとしたらそりゃ驚くでしょう。

多くの巨人が街や人を潰していくのをグリシャは見たことがないのですから。
どれくらいの規模なのかは分かりませんが、マーレが滅ぼされるくらい???

グリシャにジークの姿が見え、その身体にも触れることが出来たのはどういう
仕組みかわかりませんが、取りあえずグリシャがジークに対し、悔恨を示し、
愛情を示したことでジークは救われたようです。

ジークの父親に対する思いに変化が起きてますよね。

グリシャはジークにエレンを止めてくれと頼みます。

ジークの望みではなくエレンの望みが叶うというのに、なぜジークにエレンを
止めることができるのでしょうね。
そこもよく分かりません。

未来は決まっているようで、変えられる余地があるってことでしょうかね?
始祖の力を使えば出来るのかな???
無理だとわかっているけど、何とかしなくてはという切実なグリシャの思いが
そうさせたのでしょうか。

ジークはエレンの洗脳を解くためにグリシャの記憶を辿ることにしたのにエレン
は全く影響を受けていないどころか、逆にエレンがグリシャをいていたと知り
ショックを受けたからか、突然二人は離れて記憶の旅は中断。

これまでエレンが自分の後継者の記憶を覗いたという描写や後継者から影響を
受けたという描写はなかったように思うので、エレンの後、進撃の巨人を継ぐ
者はいないのでしょうかね。

となると、エレンの望みである地ならしは行われるけれど、その先のことは
エレンにもわからないってことですよね。
それならば、もしエレンの死後はエレンが望んだものとは違う結果になってる
可能性
もあるわけですよね。

もしくは、未来のエレンが地ならしの後のことを敢えてグリシャや他の継承者
に見せていない可能性もありますよね。
自分が先のことをそれ以上知ることにならないように。
どうしてそうする必要があるのかはわかりませんが。

「道」に戻ったジークは始祖ユミルにユミルの民から生殖能力を奪うよう命令。
エレンは自分の指を引きちぎってでもユミルを止めようとしますが・・・

エレンが望む世界はエルディア人全体の自由でしょうか?
パラディ島のエルディア人の自由でしょうか?
エレンは子供が生まれない世界は望んでいないようです。

自分の自由だけが欲しいのなら子供が生まれようと生まれまいとエレンにとって
関係ないように思うのですが、それを阻止するということはエレンも自分だけの
自由を望んでるわけではないってことですよね。

とはいえユミルを止めることはエレンにはできないでしょうね。
ユミルの民は生殖能力を失うことになるのではないかと。

それなのに新しい命が生まれた・・・ってなんたらびっくりですよね。
ラストはそんな描写が来るのかな???とか思ったり。

以前、諫山センセは子供のコマがラスト候補のようなことを取材で話されていた
ように思うのですが。

それが今の問題と関連してるってことでしょうかね。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

アッカーマンは始祖の記憶操作は受けないけど巨人にはなれるんでしたっけ?
始祖の力は及ばないからアッカーマンは生殖能力を奪われないですよね。
これでユミルの民だし巨人化もできるとなったらリヴァイの子だけに巨人の能力
が集まったりしないですかね(^^;

ミカサに関してはアッカーマンと東洋の血だし、生殖能力は大丈夫そう。
どちらも相手がユミルの民だとダメかもですが(><)

じゃあ、リヴァイとミカサなら問題ないってことかしらん????
アッカーマンだけ継続???(・_ .*)?

終わりが近づいてますが、私の頭は混乱続き・・・






Last updated  2019年09月13日 01時58分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月12日
カテゴリ:進撃の巨人
​​​​​​​連続で120話の感想いきます。

8月号の感想は​こちら​。



エレンの首が吹っ飛んでどうなることやらと思われましたが、エレンが事切れる
前にジークと接触することができたので、 始祖の力はジークに渡ったようです。

エレンは死んでなさそうです。
とは言え、主人公が生首になって吹っ飛んでいくなんて​衝撃​ですよね。ショック

ジークの身体も謎の場所で謎の女の子によって修復されたのでエレンも同様に
修復してもらったってことなのでしょう。

謎の場所は全ての「道」が交わる座標だったようです。
そして謎の女の子は始祖ユミルさんでした。

ジークは始祖を継承した王家は始祖の力を行使する際にこの場所にきたのだろう
と言ってますが、ジークはなんで前回はまだ始祖の力はないのにこの場所に行け
たのでしょうね。

ジークは「ここでユミルに命令できるのはエレンだけ」だからエレンに計画通り
エルディア人を子供のできない身体にするようユミルに伝えて欲しいと頼みます。

​が、エレンはお断り。​
やっぱりエレンはジークの安楽死計画には賛同してたわけではなくて、座標に到達
するためにジークに話を合わせていただけだったようです。

でしょうね。
エレンにはジークとは別の願いがあるようです。

でも、エレンがユミルに話しかけてもユミルは全く無反応。
本当に始祖の力を手にしたのは王家の血を引くジークだから。

ジークはエレンの本心を確かめるために鎖に縛られるという芝居をしてただけ。

あらら・・・やはりエレンよりジークの方が一枚上でしたね。
その上、ジークは歴代の壁の王と違って初代王の思想に染まらないまま座標に
到達し、長い時間を始祖と過ごすことで「不戦の契り」を無力化することに成功
していたようです。

なんと!!!!
ジークい。

絶大な力を持つ始祖ユミルは実は自分の意志を持たなくて、王家の血を引く者を
主だと思い込んで服従し続けるだけのようです。
なんか、それ可哀想ですね。

ジークはエレンが自分に賛同しないのは父親に洗脳されているせいだと考え始祖の
力を使ってエレンを治そうとするようです。

エレンは無駄だと言いますが、「世界を救う時はお前と一緒だ」とジーク。

一緒に育ったわけでもないのに、エレンは自分と同じく父親の被害者だと捉えてる
ジークはとても家族想いですよね。
エレンを決して見捨てないと言ってますし。

エレンは反抗的ですけど。

自分たちの父親・グリシャがどのようにエレンを洗脳したのかをわからせるため
グリシャの記憶を辿るようですね。

自分たち家族を犠牲にしたことも忘れ、エレンが生まれ幸せを享受するグリシャに
皮肉を込めた視線を送るジーク。

そりゃそうでしょうとも。
ただ、エレンにしたらそんなん知らんがな・・・だと思いますが。

小さい時のエレンには二人の姿が見えていたようですね。
毎回ではなさそうですけど。

グリシャの記憶を辿ることでエレンよりもジークの方に何かしら影響が出そうです。

自分とは違ってエレンは父親からされて育ったのだと感じるジーク。

グリシャも若かったし、周りに復権派が多くいたし、ジークに英才教育を施そうと
真剣になるあまり、ジークを駒としてみてしまっていたのは否めないでしょうね。

一方、壁の中での安全で幸せな生活はグリシャの意志を鈍らせたことでしょう。
壁の中では復権派はグリシャ一人ですしね。

自分のことなど完全に忘れ去っていると思っていた父親が突然、自分への謝罪の
言葉を口にしたのを聴いてジークは驚愕

グリシャは忘れていなかったんでしょうね。

「ごめんな」

自分が子供に負担を追わせてしまっていたことへの後悔や、寂しい思いをさせて
しまっていたことや、何よりもジーク自身をみて愛してやれなかったことへの
謝罪の言葉だったのでしょう。

寝ぼけていたからか、一瞬ジークの姿がグリシャには見えたようで。

子供の時に別れて以来なのに、ひげ面になって現れた男を息子だと直感したほど
にはジークのことを思っていたのではないでしょうかね。

信じられない状況に固まるジークでしたが、次を促すエレン。

ここからはエレンが主導するのでしょうかね。
エレンとジークの立場が逆転したかのよう。

この先もグリシャの記憶を辿るのなら、彼がどれほど苦悩したのかも知ることに
なるんでしょうね。

エレンに巨人化の注射を打つときや自分を捕食させるときのことも。

自分が思っていた父親と実際の父親との違いを目の当たりにしてジークに変化が
起きそうですが、どうでしょう。

そしてエレンの行動が父親からの洗脳ではなく、エレン自身の意志によるものだ
と知ることになるのではと。

エレンが勝手に外の世界に興味を持って、自分で動きだしたんですもんね。

まだまだ怒濤の展開が続きそうです。

始祖の力を手にしたジークはどういう選択をするのでしょう。
安楽死計画ではなく、エルディア人が巨人化しないようにすればいいだけの
ように思うのですが。

でもそれではエルディア人の安全は保障されないので、地ならしは必要になると
思いますけど。

リヴァイやハンジもどうしてるのか気になりますし、ミカサの血筋の件とかも
気になりますし、終わりが近いと言われてますけど、まだまだ終われないのでは
ないかと。

どうやったら憎しみの連鎖が無くなるんでしょうかね。
それだけでもラストで解決してたらいいなと思います。​​​






Last updated  2019年09月11日 21時07分54秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:進撃の巨人
​​​​​​​​感想書いたと思ってたんですけどね。
すっかり忘れてたようなので慌てて書いてます。
別マガじゃないけど2話同時掲載でw

7月号の感想は​こちら​。

119話は衝撃でした。
だって、エレンの首が​飛​んじゃったんですよ???びっくり

まさかそんなことになるとは思ってもみませんでしたわ。

マーレ兵に苦戦する兵団。
車力の対巨人砲の威力も凄くて、獣はやられるし、エレンの進撃にも命中。

これはもうジークとしてはエレンと接触するためには巨人を増やして何とか
この場を切り抜けないと!って思いますよね。

それを止めようとするコルト。
ファルコがジークの脊髄液を飲んだことを話して、“叫び”を待って欲しいと。

ジークならファルコを犠牲にするようなことまではしないと思ってのことで
しょう。
でも、それはジークには受け入れることのできない願いでしたね。

ジークは既に両親を楽園送りにしてるし、実弟であるエレンも巨人になって
るしで、コルトの気持ちは十分過ぎるほどわかっているけど、エルディア人
全体の将来のことを考えているジークにとって、ファルコは一人の犠牲でしか
なくて。

ファルコだけでなく、兵団の多くの兵士も巨人化し、その中にはピクシスも。
それにしても彼は何でこんな時に飲んでるの???

巨人化したファルコは無垢の巨人なので何とも残念な体型ですね。

ライナーは獣の巨人が倒されたと知って、自分の役割は終わったからファルコ
に鎧を継承させようとしますが、そこにポルコが現れて・・・

無垢の巨人のファルコは本能のままか鎧の巨人のライナーからポルコへ関心が
移って一目散に、そっちへ走っていってしまいました。
ああ・・・ファルコは​顎​を継承するってことのようです。

ポルトは兄の記憶を覗いたことにで、兄が自分を死なせたくないためにわざと
ライナーが選ばれるよう印象操作したことを知ります。
やはりライナーよりも自分の方が優秀で、本来は自分が選ばれるはずだったと
わかってポルコはやっと納得がいったよう。

ポルコはもう生への執着を無くしたんでしょうか。
顎をファルコに継承させることに。

ファルコを助けるには鎧か顎を捕食させればいいのですが、ライナーではなく
自分を差し出したのはなぜでしょう。
兄への思い、ライナーへの思い、色々複雑でしょうがもう解放されたかったん
でしょうか。

ライナーいよいよ捕食されるのか?っと思いましたが、彼はまだ残酷な世界を
退場することはできなかったようです。

巨人の身体を硬質化させて鎧を拘束している間にエレンはジークと接触すること
を試みます。

なるほど、もうあれくらいの距離なら巨人のままでなくても人間の姿の方が動き
易いともいえますからね。

うなじを撃たれ、人間の身体の修復が間に合わないジークの元へエレンが走り
ます。

車力の方はミカサとアルミンが攻撃してるし、これでジークの元にエレンが辿り
着けば・・・っと思ったら、なんと・・・!!!!ショック

コルトの持っていた対巨人用ライフルをガビが使用! びっくり
エレンに命中し、エレンの首が​吹っび​ました!!!!びっくり

ガビの射撃の腕前・・・。

ちょ、これ!?ありですか???ほえー
主人公の首がこの段階になって吹っ飛ぶなんて???

ついこの間はジークの胸から下が吹っ飛んでこれはもう終わりでしょ。
っと思ったところなのに、今度はエレンが・・・

さすがに首だけになってしまったら再生は無理でしょ??

どうすんのよ、これ???
ですよね。

​衝撃​の展開。​






Last updated  2019年08月12日 00時20分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月12日
カテゴリ:進撃の巨人
​​​​​​​​​​​今月はなんか内容が濃かった・・・
衝撃の事実が判明!!とかではないんですが、ドキドキする場面が多かった
ですね。

先月号の感想は​こちら​。



いよいよマーレが攻めてきました。
が、ジークの登場によって顎と鎧は一時的に戦闘不能に。

オニャンコポンは鍵を持って来てくれましたね。
彼は信用できると思うのですよね。
裏表なさそう。

オニャンコポンはジークの安楽死計画には反対だけど、エレンとジークが
いなくては島を守れないから二人を助けたいってことですね。
アルミンもそれに賛同。

それにアルミンはエレンもそう考えていると思ってるようです。
ってことはこれで正解ってことですよね。
これまでもそう言っても違うんじゃ無いの??って思ってきたことは多々
ありましたが、アルミンとハンジが言うことは大抵その通りだったので
今回もそうではないかと。

エレンは「地ならし」を発動するためにジークたちの考えを承諾したとみせ
かけて実はその力を利用するつもりなのだと。

ただ、ミカサに対してはエレンが無理矢理嘘をついているといってるのは
その通りではなさそうですね。
アルミンは何かエレンの言葉を聞いていて、それをエレンが実行してると考え
てるようです。

それはミカサに自由になって欲しいということか、エレンから離れることで
エレンがこれから行うことの犠牲になって欲しくないということか・・・
何れも違うのか、さっぱりです。

エレンに全てが終わってから聞いたらいいとアルミンは言ってますが、この
感じからするとアルミンはエレンが全てが終わったときには生きていない
考えているように思えるのですよね。

ってことはエレンが死んだとしてもミカサには生きて欲しいから今のうちに
エレンから離れさせようとしてるってことなんですかね。

ミカサはエレンにもらったマフラーを自ら手放しました。
これは気持ちの上でエレンから独り立ちしようとしてるってことですよね。
エレンの希望通りになってると言っていいんでしょうかね。

104期たちはジークが来ていることを知り、兵長らに何かあったことを察した
よう。
そりゃ確かにリヴァイがジークを自由にするわけないですもんね。
ということは・・・(><)

動揺する104期生にアルミンは「残念だけど世界を救うためにはイェーガー派
に加わる」と演じてみせて結束を促します。
アルミンは冷静ですよね。
ここはイェレナに反発してもどうにもなりませんからね。

まずはエレンとジークを接触させてエレンの考えていることを実行させるのが
先決だと考えてのこと。
が、このときのイェレナの顔!!!ほえー

何なんでしょう????
​怖​いよ  (((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル   
アルミンを疑ってるのか、裏切ったら許さへんで!という脅しなのか??

ファルコはナイルのお陰でコルトやガビと再会することができました。
ガビはやっと島にいたのは悪魔ではなく人だったとライナーの気持ちがわかった
ようです。

ということはライナー同様に苦しみを抱えることにもなったということですね。

もう先が無いかも知れないファルコは自分がエレンに協力したことで惨劇が引き
起こされたこととガビが好きなことを一気に告白。

あっら~~~なんでこんな時に???っと思ったんですが、このことによって
ジークの「叫び」を阻止する流れになってジークに近づく伏線となるんですね。

ジークはピークらの騙し討ちに遭い、どうやら瀕死状態。
ってことで叫びそうです(><)

これでファルコは巨人化し、近くにいる鎧か顎を捕食するってことでしょうか。
鎧を継承するつもりだったのに顎になりそうかな・・・
ライナーはまだ出番がありそうですし。

ジークも「地ならし」発動前に捕食されて退場ってことにはならないかと。

次号は叫びによってとんでもない数の巨人化が起きそうですわ。

巨人化した元兵団員を104期生が倒すことになるのかしらん。
リヴァイが部下を倒したように・・・
修羅場化しか思いつかない・・・​​​​​​​​​​​






Last updated  2019年06月12日 21時34分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月12日
カテゴリ:進撃の巨人
​​​​​​​​​​​激​しい戦闘になりましたわ。
ライナーはエレンを終わらせたいようで。
もうこれ以上エレンを苦しませたくない思いなのでしょうが、それはエレンや
ジークのようにエルディア人の未来を見据えて動いてるわけではなくて・・・

ライナーの立場や気持ちもわからないではないですが、同じエルディア人が
これ以上戦うのは見ていて辛いですね。

先月号の感想は​こちら​。


マーレが飛行船をたくさん飛ばして来ました。
なんかでっかいの降ろして来たと思ったら、これ対巨人砲のやつですね。

ピークとガビは繋がれているからこのままではピークは巨人化しないと思って
たのに、ポルコに腕を斬らせるとは・・・

確かに巨人化すれば身体はまた修復されますけど、痛いよね(><)

ピークの車力の巨人の口に乗り込むときはまだガビの手には鎖があり、ピークの
斬られた手もぶら下がっていたのに降りた時にはもう鎖ごと無くなってますね。
何でだろ?

エレンはマーレが奇襲を掛けてくることはないと思っていたようですが、これは
ライナーがさせたことだと考えたよう。

ライナーとエレンの久しぶりのバトル。
エレンも拳を硬質化させることでライナーの鎧の巨人をボコってます。

かといってガリアートもいるし、さすがに巨人3体を1体で相手するのはキツいし
エレンちと無謀じゃないの???って思いましたが、鉄槌の巨人の能力を使いまし
たわ。

ほぉ~~~そう来たか。
なるほど。

鎧の巨人も顎の巨人も刺し
凄いわ。
あっという間に動きを止めてしまうとは。
でも、この力は長くは使えないようですね。

これで兵団が鎧と顎を仕留めると思ったら、なんとマーレは対巨人砲を撃って
きました!!!

マガトが砲手。
元帥自らですね。

進撃の巨人の頭に直撃ってことからそこそこの腕前のようです。
パルツアー隊はみんなやられてしまったんでしょうかね。

それにしてもエレンの進撃の巨人がメッチャ強くなってますね。
どうしたこったい??ってくらいの活躍

ライナーはライナーでもうこれ以上エレンを苦しませないように終わらせてやろう
ってことのようですが・・・

これはお互い引けないですよね。
いつにも増してエレンが強いのはメンタルが強くなったからでしょうかね。
それとも何かエレンには目的があって、どうしてもここで巨人たちを倒さなくては
ならないんでしょうか??

逃げるということは全く考えてないようです。

ま、この状況でエレンが自分の保全を図ったら他の人への被害は相当ですけどね。

鎧の巨人がいきなり弾き飛んで、これはさすがに進撃の巨人の力ではなさそうだと
思ったらどうやら獣の巨人の投石のよう。
壁を壊して投げたようで。

ここでジーク登場!!!
これまた凄い距離を当ててきましたわ。
コントロールはさすがです。

後はお兄ちゃんに任せろってことですが・・・

うわぁ~~~~
これどうなるの????

ジークは約束の場所ってずっと言ってますから、このシガンシナ区がエレンとの
待ち合わせ場所だったんでしょうが、エレンはずっと場所を特定するとか言って
ましたし、知らない様子でしたよね?

これはどういうことなんでしょ??
エレンが忘れていたのであればこの場所には来てないでしょうから、場所を知って
ることを隠してたってことですかね。

何のために???
イェレナやイェーガー派を含む誰にも知られてはいけない何かがあるってことで
しょうか??

それがエレンが本当にやろうとしてることに繋がるってことですかね??
だとしたらジークにも隠してることがあるか、ジークもイェレナたちを裏切る
つもりとか?

ジークがエレンを助けに来たのは本当のようですが、エレンはどうなんでしょ?
ジークに気づいたエレンの表情は喜んでるようには見えないような・・・

ジークのエレンに対する思いは大事な肉親だと思うので、ここまできてエレンが
ジークを裏切ってるとしたら、それはそれで哀しい気もしますわ。

みんなそれぞれの立場があるのはわかるけど辛いなぁ・・・

予告では戦いは苛烈を極めるってことなのでジークとエレンが再会したことで
始祖の巨人の力を発動させるんでしょうかね。

その前にジークの脊髄液を口にした者たちを巨人化させるかもですよね。
そしたらファルコも巨人になって・・・
もしやライナーを捕食する流れになるんでしょうか?

でも、今の状況ではそうは上手く行きそうもないのですが・・・

はぁ・・・もうとにかく毎月ハラハラ。​​​​​​​​​​​​
私では先の予想が全くできません。






Last updated  2019年05月12日 01時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月06日
カテゴリ:進撃の巨人
​​​​​凄い勢いで話が進んでますよね。
本誌追っかけてても消化できないこと多々。

これまでの感想は​こちら​。


いつもの通り既に別マガ連載時に感想を書いてますので全体を通しての
感想と本誌で読んでいた時点での感想の追加&訂正のみ。
若干のネタバレを含みますのでご注意を。

別冊マガジン連載時感想は以下の通り。

111話感想​  ​112話感想​  ​113話感想​  ​114話感想

毎回、同じことを書いてるようにも思いますが、エレンはジークに操られ
ているのかいないのか??
表面的にはジークに協力してますけど、やっぱり改めてまとめて読んでみる
と、ミカサに対する態度はミカサを自由にするためにも思えますし。

ミカサのアッカーマンの血を自覚させ、本来の自分を取り戻して欲しいと
いう思いから、敢えて自分から無理にでもミカサの意識を引き剥がそう
しているようにも思え・・・

もし、ミカサを思ってのことでないのなら、このままミカサを利用した方が
自分の護衛にもなるわけですし。

アルミンにしても上手いこと懐柔した方がエレンたちにとっては都合がよい
と思われるんですよね。

それをわざわざ反感持たせるようにしたってことは、やはり意味ある行動
はないでしょうかね。

ではエレンの目的は何か?
エレンがジークとは別の考えで動いているのなら、その協力者が必要だと
思われ、一番信用のおける二人を選らぶのは有り得ますよね。

が、逆に危険だから二人を巻き込まないということも考えられます。

う~~~ん。
でも二人には呪縛を解いてから協力してもらうというのが、エレンらしい
かなと思うのですが・・・。

まだ何とも分かりませんけどね。

ジークはエルディア人の安楽死計画を実行しようとしてますが、そもそも
エルディア人から子供を作れなくするよう身体組織を変更することが可能
なら、巨人化できなくすることも可能なんじゃないでしょうかね。

そしたら世界から巨人の恐怖は消えるし、エルディア人も巨人にならないで
済みますよね。

ただ、それではエルディア人を虐げることでこれまでの仕返しをしていた
マーレ人は納得できないでしょうね。
もちろんマーレ側の歴史が事実であることが前提ですが。

もしマーレの歴史自体に誤りがあり、巨人は実はマーレ人を殺戮してなかっ
たとしたら、全てがひっくり返りますから。
そうだとしたら巨人化の恐怖さえなければエルディア人は世界から受け入れて
もらえるようになるかもしれませんよね??

はぁ・・・とにかくエレンが何を考えて動いているのか、ジークとの関係が
実際どうなのかがわからないとさっぱり先が読めません。
怒濤の展開に必死について行くのみですわ。​​​​​






Last updated  2019年05月06日 00時30分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月27日
カテゴリ:進撃の巨人
​​​​​​​​​​​​​​​​おお~~~な展開です。
すっかり感想が遅れたのでこっそりと。

先月号の感想は​こちら​。



表紙が気になりますね。
ポーカーしてるんですが、コニーがロイヤルストレートフラッシュ
あまりにも手が良すぎてびっくり。
コニーらしからぬ状況。

役が大き過ぎるせいかコニーの顔が暗いですね。
ポーカーフェイス?
アルミンも読めません。
サシャは顔に出そうだし、いい手なんじゃないのかと思われ・・・
ジャンはストレート狙いでしょうが、揃えられない気が・・・

エレンのところまでやってきたピークでしたが、撃てないことをエレンに
指摘されて敢え無く御用。
あまりにこれは安易過ぎると思ったら、エレンを捕獲することが目的では
なかったようです。

が、やはりピークも本心ではエルディア人解放を望んでいるようですよね。
ガビはまだ世界やエルディア人の置かれてる本当の状況を知らないから
マーレによる教育をそのまま受け入れてますが、さすがにピークたちは今の
ままでいいとは思ってなかったんでしょう。

だからと言ってジーク側に立つつもりはなかったようですが。
ジークが何者であるかも知らないのだから迂闊には本心を打ち明けられない
でしょうしね。

エレンに言った言葉はピークの本心だったでしょうが、罠でもあったわけで。

ジャンはエレンがミカサとアルミンを傷つけたと聞き、エレンが正気だとし
たら、何の意味もなくそんなことをするとは思えないと言います。
ってことはエレンは意味があってやったってことですよね。

どういう意味なんでしょ??
私にはさっぱり。
ミカサを呪縛から解放するための荒療治???

それともアルミンたちに極秘に知らせたいことがあったとか??
アルミンなら分かってくれるだろうと思ってイェレナたちにはわからないよう
何かメッセージのつもりとか??

ジークやイェレナにバレないように伝える方法だとしたら凄いと思うんですが
エレンはそんなに賢かったかな???

エルディア人を悪魔の末裔だと呼ぶグリーズをあっさり射殺するイェレナ。
兵団の上層部とは仲良くなれなかったけど、104期を代表とする調査兵団とは
上手くやりたいってことですかね。

真の目的である「安楽死計画」についても話してますし。
彼らの協力は不可欠だと考えているんでしょうか。

ただイェレナもどこまで信用できるのか、ちと疑問なんですよね。
涙を浮かべてこれからジークとエレンが成そうとする事を話すあたりは本心を
語っているのだと思われますが。

それに対して、アルミンが反応。
感動したと涙を流してますが、これって完全に演技ですよね?

アルミンが「尊い教え」なんて言葉使いしそうにないですし、宗教じみてるし、
明らかに​変​
何か考えがあっての行動だと思われます。

でもイェレナはアルミンが理解してくれたと思ったようですよね。

これはイェレナの警戒心を解いておくためってことですかね。
アルミンが単独でイェレナ側に着いて怪しまれずにエレンに接触するつもり?

ピークは初めからジークが嘘をつき続けているように見えていたんですね。
確信に変わったのは4年前、ジークがエレンに本音を話したのを聞いてから
だったようですが。

そっかエレンとジークが出会った時、車力の巨人としてピークもその場にいま
したもんね。

「お前の理解者だ」「いつかお前を救い出してやる」「信じて欲しい」
確かにマーレ側の人間がそんな言葉をエレンに掛けるはずないですからピーク
しんだのも当然でしたね。

ピークはジークの特別な力については知らなかったと言ってますが、その後の
エレンのコマが意味深だからピークは今は知ってるってことでしょうかね。

イェレナはピークを見て青ざめてます。
っていつも青ざめてる感じですけど(^^;

イェレナはピークを警戒。
エレンも彼女を信じてはいないようです。

いつでも巨人になれる体勢のエレン。
ピークが指した仲間の位置はエレンの​真下!!​びっくり

あら、なんとガリアードが巨人化して出現!!
びっくりしましたよ。
パックリ口を開けてますし、エレンを捕食するつもりだったんですね。

エレンは両足を失いましたが、即 巨人化
すっかり逞しくなりましたよね。
ガビと繋げられてる状態ではピークは巨人にはなれませんが、勝機はあるって
ことだったよう。

頭上にマーレの飛行船。
うわ・・・ライナーがいる。
かなりまた老けている・・・
これが彼が言ってた奇襲作戦だったんですね。

ピークはマーレを信じてないし、エルディア人の解放を願ってるけど一緒に戦っ
きた仲間を信じてるってことのよう。

う~~~ん。
ここで始祖を奪還したとして、その先にエルディア人の解放はないと思われるん
ですけどね。
何のためにエルディア人同士で戦うの?

「正義を貫くため悪を滅ぼす」って、どっちが正義でどっちが悪?

まだジークいない状態ではエレンは始祖の力が使えないですし、この状況をどう
するんでしょ(><)​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2019年04月27日 09時05分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月11日
カテゴリ:進撃の巨人
​またもいろんなことが一気に起こって大変(><)
これまでの感想は​こちら​。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

別冊 少年マガジン 2019年 04月号 [雑誌]
価格:619円(税込、送料無料) (2019/3/10時点)

楽天で購入


上半身しかなくなってもうダメだろうと思われたジークでしたが復活して
びっくり。

「王家の血を引く巨人」が「始祖の巨人」保有者と接触するとその能力を
発揮できる。

「不戦の契り」打ち破る方法をクサヴァーさんは研究結果からわかっていた
んですね。
マーレには伝えず、ジークにだけ伝えていたようで。

でも、始祖の力を使えるのは始祖の保有者、つまりはエレンってことのよう
です。

最初は信頼できる者ってことでイェレナを選んでいたようですが。
エレンのことをライナー達から聞いて予定を変更したみたいですね。
自分と同じように父親の犠牲にされている腹違いの弟ということでエレンを
本当に救おうとしてたようです。

ジークの回想によってエレンと接触していたことも判明。
やはりあのグローブとボールは二人が会っていたことを表していたようです。

エレンは壁の中に現れる巨人を駆逐してやると考えてましたが、それは父親の
影響だったと気づき、自分は間違っていたと考えジークに賛同したようです。

これまでのエレンだったら無差別に人を殺すようなことをしなかったと思われ
るのに、ジークに接触してからは目の前の被害より、未来を見て行動するよう
になりましたよね。

それは不幸を連鎖させるだけでエルディア人同士で憎しみ合う結果を生んでし
まってますが、彼らの思う救済はこの世界からエルディア人を安楽死させる
ことだから、もう小さな憎しみ合いは関知しないってとこでしょうか。

でも、ユミルの民を根絶やしにすることで世界が巨人の脅威から逃れられるのは
確かですが、ユミルの民は滅ぶべきなんでしょうかね。

苦しみからの解放は民族の消滅しかないんでしょうかね。
他に方法は無いのか?
これはエレンの問いでもあったわけですが。

今いる者たちは生き続け、この先の未来を作る者だけが生み出されないというの
は解決策ではあるでしょうが、ユミルの民から巨人が生まれない身体にするって
ことはできないのでしょうかね?

それが可能なら、ユミルの民は他の人々と何ら変わらないことになりますよね。
過去に犯した罪についてはマーレももうお互い様だと思いますし。

そして瀕死のリヴァイですが、ハンジによって救われたようです。
ハンジはリヴァイが死んだと言ってますが、これは明らかにフロックから彼を
守ろうとしてますよね。

フロックはトドメを刺そうとしてましたから。

でも、生きてるとはいえ、顔に相当の傷を負ってますし、指は吹っ飛んでます
から、以前のようには戦うことはできないでしょうね(><)

それに逃げるためとはいえ、川ですからね。
ハンジが一緒ですが、あの傷ではかなり危険な状態だと思われます。
アッカーマンの力は巨人と違って自己の再生能力はなさそうですよね。
ハンジもリヴァイも助かるとは思うのですが、心配です。(ノД`)

で、今回はジーク全裸が多かったですよね。
獣を継承した後も全裸でしたし、身体が修復された後も全裸。

ジークはもうダメだろうと思われたのに突然巨人が現れて、ジークの身体を取り
込んだのには仰天。 (゜ロ゜) 
これまであんな再生法はなかったですよね。

あの巨人は無垢の巨人でしょうが、誰かの指示を受け取ったのか、謎です。
ジークの身体を土から作ってた少女が何者なのかも、「道」がなんであるのかも
今ひとつ私にはよくわからないです (・_ .*)?

ジークはかなり年上に見えてましたが、眼鏡と髭がなかったら若そうです。

そして、エレンの前にピークが現れました。
彼女もまたエルディア人なわけで。

マーレのために動いてるんでしょうが、同族でこれ以上戦って欲しくはないの
ですが。
彼女も賢いからマーレに残ってるエルディア人もみんな解放されて自由が手に
入るならこれ以上マーレ側にいることはないと思うのですが。

各所で一気に動きが出てきました。
これがどういう展開に繋がっていくのか。
さっぱりわからないのですが、面白いことだけは確かです。






Last updated  2019年03月11日 00時10分06秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全126件 (126件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.