000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

輸入住宅建築士の日々

PR

全515件 (515件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 52 >

設計監理、施工管理

2020.04.11
XML
知り合いの看護師さんからの情報です。
以下にコピペいたします。

知人の看護師さんからの情報

✴️情報共有です、
新型コロナウィルスは、感染されても何日も症状が出ない場合があります。では、自身が感染されたかどうか、どう分かるのでしょう。咳と熱の症状が出て、病院に行った時は大体50%は肺が繊維化されていると考えられます。即ち、症状が出て受診すると遅れるケースが多いのです。

台湾の専門家は、毎朝、自身でチェックできる簡単な診療を提示してます。

深く息を吸って、10秒我慢する。咳が出たり、息切れる等、すごく不便なことがなければ、肺が繊維症状になってない、即ち、感染されてないということです。(注:新型コロナで悪化すると、肺胞の組織が繊維化して硬くなっていくようです。)

現在、既に大変な事態になってるので、毎朝、良い空気を吸いながら、自己診断をしてみてください。
また、日本のお医者さんは、とても有効なアドバイスをしてくれています。皆んな、常に、口と喉を濡らして、絶対に乾燥した状態におかないこと。15分毎に水を一口飲むのが良いそうです。ウィルスが口に入ったとしても、水とか他の飲み物によって、食道から胃に入ってしまえば、胃酸によりウィルスは死んでしまう。水分をよく取らない場合、ウィルスが気管支から肺に侵入してしまうので、とても危ないのです。

✳️出来るだけ沢山の人に拡散して下さい。

✴️日赤医療センタードクターから

今、東京の日赤総合病院で働いていますが、この数日でコロナウイルス感染症の患者さんが急増しています。
私の病院のコロナ病床は満床になりました。
重症者もいます。
現場ではすでに医療崩壊のシナリオも想定され始めています。
正直、報道よりも一般のみなさんが思っているよりも、現実は非常に厳しいです。
近い将来、本来助けられるはずの命が助けられなくなる事態になりそうだと感じています。
今まで、どんな人でも少しでも生きたいという思いがあるのなら、全力で命を助ける医療をやってきました。
でも、このまま感染が拡大すれば、「助ける命を選択する医療」にシフトしなければならなくなります。
本当に悲しい。

だから、外出を控えてください、人と会わないでください。
感染を食い止める方法はこれしかありません。
生きていくための最低限の外出だけにしてください。
このメッセージを出来る限りの家族や友人にシェアしてください。
時間がもうありません。
よろしくお願いします。
皆さん送りましょう。






Last updated  2020.04.11 06:38:56
コメント(0) | コメントを書く


2020.04.06
今日はTOTOショールームでお客様と打ち合わせです。
今日お客様に連絡して、心配ならば延期しましょうかと話しました。
私達は大丈夫なので構いませんよとの事でしたので、それでは予定通りでと話しました。

ショールームの対応ですが、通常10時オープンが11時からです。
基本入り口のシャッターは閉まってまして、予約した方だけが個別に入れます。
いっぺんにたくさんの予約は入れられない。
様マスクは必ず着用してくださいとの事です。
現在ユニットバスだけは国内生産なので納期が見えます。
今後の事についても聞いてきる予定です。






Last updated  2020.04.06 05:42:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.05

 おはようございます。
明日から新学期でしたが、コロナ対策でとりあえず登校して教科書配布。
次の日から2週間自宅待機となりました。
1.5カ月休業することになる給食センター、関係機関の経済的な打撃はかなりです。
もちろん他社の経営者とも話しましたが、相当厳しい状況だそうです。
私の会社も先週からスタッフを自宅待機の指示を出し待機させてます。
お客様の安全を考え打ち合わせの延期を連絡して、時間的にその日しか空いてないお客様だけを対応する形としました。
 可能な場合、メールで連絡を取り合い業務をしています。
早く終息するのを切に願います。






Last updated  2020.04.05 07:03:37
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.04
楽天ブログに戻ってきました。
また情報発信していきます。






Last updated  2020.04.04 13:26:17
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.19
輸入住宅のLIV設計室です。楽天ブログを始めて10年になりました。
この他にアメーバブログでもブログによる情報発信を行っています。これからはブログを統合しアメーバブログに引越しをすることにしました。いままでご覧いただきましてありがとうございました。これからはアメーバで情報発信をしていきますので、今後ともよろしくお願いします。






Last updated  2014.04.19 07:24:37
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.16
家を新築する際にほとんどは天井灯、壁付け灯と工事をして器具をつけると思います。

スタンドでおしゃれにコーディネートも良いんじゃないでしょうか。

場所も、置き場所も 時々変更して楽しむことが出来ます。

__.JPG

写真はアメリカのキッチラー社のスタンドです。

とても有名なメーカーで、全ての器具はISO基準で管理され作られています。






Last updated  2014.04.16 08:24:55
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.11
本日より創業21年目になりました。今まで沢山の皆様に支えられた結果、今日を迎えることが出来ました。これからも日々研究開発や本物を超えるデザインを目指して、歩んで参ります。ありがとうございました。






Last updated  2014.04.11 06:43:22
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.19
久しぶりの更新になってしまいました。

zu.JPG

写真は現在着工中のプロジェクトの設計図書です。
意匠図、展開図、部分詳細図、エアコンダクト図、構造図、構造詳細図等で軽く300枚は越えています。

弊社では通常設計監理物件では作らない施工図説明図まで製作しているのでかなりの枚数になります。


このプロジェクトは別棟でガレージもあるのでこの枚数になりました。

しかし詳細図や施工説明図があると将来的にメンテナンスが必要になった場合、この資料としての図面が
大変に役に立ちます。 出来上がってしまうと見えなくなってしまう部分の内部が全て確認出来ます。

この設計図書を造り上げるためには事前調査、検討、打ち合わせ、資料が必要になり、かなりの時間を要します。

現在弊社では、この他に数棟の設計、新規にお問い合わせいただいたプレゼン棟を行っております。

少人数で時間をかけクオリティーの高い建物を造っていくスタンスは変えないのがポリシーですので、
家をお考えの際は、出来るだけ早めにご連絡いただければと思います。






Last updated  2014.03.19 10:38:38
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.28
年明けより忙しくブログを放置しておりました。

新規のご依頼の設計や定期点検、リフォームのお話などをいただき順序よく進めていました。

先日は5年ほど前に設計した美容院へ点検に行ってまいりました。

__ 1.JPG

ちょっとしたドアの調整があり修正完了でした。

そしてその1週間前、輸入の水栓で定期的なメンテナンスが必要なタイプだったので、
清掃のやり方をお伝えしてきました。

__ 3.JPG

このタイプの水栓は内部にカートリッジが入っていて、一度ばらして清掃すると復活します。

__ 2.JPG
順番を間違えないようにして、掃除をしたあと元通りに組み上げます。

これでまた安心してお使いいただけます。






Last updated  2014.02.28 08:32:02
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.21
現在新規のキッチンを計画しています。

レイアウトを決めてサイズを決め、ある程度の施工図を造った段階じゃないと
次に進めないので、スペックシートを見ながら進めています。

そのほか、モールディングや取り付けのための部品をレイアウトしたり、ある程度 熟練した
経験がないと拾い出しが難しい部分もあります。

dw.JPG






Last updated  2014.01.21 10:22:23
コメント(0) | コメントを書く

全515件 (515件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 52 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.