120542 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ダーイ ヾ(,,• ω •,,)ノ スキッ♡

2017.06.24
XML
カテゴリ:… さ行



6月21日 DVD鑑賞

残念ながら動画が見つかりませんでした雫

たけし軍団のひとり、ダンカンが初めて監督した作品←その後があるのかは知らなけどあっかんべー

”毒”と”ユーモア”に溢れた「とんでもない」ファミリー映画の誕生!ということですが・・・

12年前、2005年の映画ですし…ネタバレでいきますねウィンク

あらすじ書いちゃいます。

夏休み、案内人の垣内(ダンカン)に連れられて山奥のキャンプ場にやってきた7組の親子
このキャンプの目的は最終日の夕飯後、子供たちを眠らせ、そのままどこかに運ばれ臓器を売られるというものほえー
報酬は5000万円。
一人脱落すればその分は山分けされるということで脱落させようとしたり。。。
普段、虐待を受けていた子供たちは優しい親たちに不自然さを感じ、次第に疑い始めます。
年上の潤平、晴美を中心に垣内に詰め寄り事実を知ります。が、もう逃げる道はないと・・・

そして最後の晩餐
睡眠薬のはいったアイスクリームを食べる前に子供たちから親に感謝の言葉が…
ひとりの親だけが良心を取り戻し、子供からアイスを取り上げます。
そしてみんなアイスを食べ・・・・・・・・・・・

不思議な顔をしているひとりの親に垣内が一言・・・
子供たちは無限の可能性を持っていました。

垣内に詰め寄って逃げ道がないと知った子供たちは、
自分たちを殺そうとしている親なんていらない。殺してしまえと…
臓器さえあれば別に子供のぢゃなくてもいいのなら、親たちに払う予定の半額・子供料金で手を打とうと・・・

睡眠薬入りのアイスを食べたのは子供たちではなく親たちでした。

翌朝、親たちが乗って帰るはずだったバスの中には子供たち(+親ひとり)

一人が歌いだし、やがて大合唱・・・

いいな いいな 人間っていいな
おいしいおやつにホカホカごはん
子供の帰りを待ってるだろな
だから帰ろう おうちへ帰ろう
でんでんでんぐりがえってバイバイバイ音符

これって日本昔ばなしかなんかで使われてた歌だよね?
なんか、この映画のために作られたんちゃうかと思うぐらい…
皮肉というかなんというか。。。


たぶんこれ、テレビで放送されてそれを見てたと思う…
見てるうちに最後のオチを思い出したんで平常心で見ていられましたが、知らなかったらどんな思いで見たんだろう?
子を持つ親ってところは同じだけど共感できるわけもなく・・・
ほんの少し残っていた親心もお金がチラつくと捨ててしまうクズな大人たち…
12年前も今も改善されない社会問題でもあるよね…

思いを馳せるのはやっぱり子供たちのこと。
殺されるためにキャンプに連れてこられたと知った時の気持ちって?
それでも親を殺すなんて嫌だと泣いた子の気持ちって?

大きな街までバスで送ってもらい(映画はバスの中で終わり)、その後の子供たちは?

子供料金で一人2500万円もらったから大人になるまでは生活できるとしても一人ぢゃ無理…

この出来事を一生抱えて生きていくんだよね…
一人で背負うにはあまりにも辛くて苦しいよね…
ず~っとみんな一緒にいてほしいよね… ←感情移入激しいです雫

良心を取り戻し生き残った親と、その子供の関係はこれからどーなる?
子供が素直に育てばいいけど…ねぇ雫
親は一生負い目を感じて生きていけばいいいなずま自業自得だよ炎
ただ…お金をもらうことができなかったから・・・・・生活は何も変わらないんだよね雫


最初から最後まで、そして見終わった今でも後味の悪さしか感じない映画でした。←だからといって悪い映画というわけではありません!




ところで・・・


潤平を演じていた中村友也くん 撮影当時17歳
この映画でデビューし、後に中村倫也と改名いたしました。

デビュー作で既に表情で演技してたよマル
特典映像のキャスト紹介のところに、その存在感ある演技に親役俳優たちも絶賛!!とありました。

知り合いの子のクラス写真を見てスカウトしたという人凄いね~!大当たり!!

そそ、特典映像のメイキング
子役の子のナレーションで進み、夏休みの思い出みたいな感じで…
顔合わせからクランクイン、クランクアップから1年後の映画公開時の舞台挨拶までが収められていて、ちとホロッときてしまいました雫

この子役ちゃんたち、今でも芸能活動してるのかな?
してたらいいな…と、その後の中村倫也の活躍を見て思うのでした。











最終更新日  2017.06.24 01:28:51
コメント(0) | コメントを書く
[… さ行] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.