035235 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ダーリンはフランス人シェフ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ミミ Paquet

Freepage List

Favorite Blog

">“水”は、堤防をこ… 松下一郎さん

ひなつのひとりごと ひなつにっきさん
隠野窯 お釜3386さん
慢性ビタ… ちかぴぃ〜さん
不動産営業マンの今… こまみや3さん

Comments

どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/x-bcc9d/ 今…
通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw http://hiru.kamerock.net/glfl-mx/ フ○…
地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…

Headline News

全223件 (223件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

2007年10月03日
XML
カテゴリ:グルメ・お店情報
2007年11月下旬にダーリンことフランス人シェフのロロさんが、フレンチデリカ&レストランをオープンします。今後は開店に向けての奮闘日記を中心にブログを書きたいと思っていて、下記のブログアドレスに移転します。

http://lolosan.livedoor.biz/
どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。






Last updated  2007年10月03日 13時02分32秒
コメント(69) | コメントを書く
2007年06月20日
カテゴリ:グルメ・その他
 b>ワインの主な国別輸入量について、18日の日経流通新聞に情報が載っていました。やっぱりダントツはダーリンことフランス人シェフの ロロさんのお国フランス。全体の46%を占めています。さすが美食の大様おフランスですう。
 ちなみに2位はイタリアの19パーセント、次がアメリカ、チリ、スペイン、オーストラリア、ドイツの順番です。伸びが激しいのは南半球のワインで、アルゼンチンやニュージーランドなど98年の赤ワインブーム以来手ごろな価格で人気のようです。
 さらに最近は農薬を使わないイスラエルワインも注目です。ユダヤ教のおきてに従ったワインが健康ブームとマッチしているのでしょうか?
 色々な国のワインがしのぎを削ってお互い品質を高めるのはとってもいいことですね。でもやっぱりフランスワインが一番!!

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。






Last updated  2007年06月20日 15時03分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年06月15日
カテゴリ:その他
 最近会社の仕事でラジオ出演が多いのです。もっぱら電話出演でパーソナリティの方と掛け合いの形で商品をPRするのですが、やはりスタジオ出演が一番臨場感があって、反応も上々。でも本人は厚~い面の皮とは別に意外と緊張するので実はちょっと引き気味なのです。
 しかし、出身地金沢市が擁する北陸放送今日もシャキッと」にスタジオ出演したときは楽しかった。だって、高校時代の同窓会みたいだったもの。なんと出迎えてくれた次長さんは2つ下の後輩。パーソナリティは高3のときの隣のクラスの人。そしてプロデューサーは先輩。もうわきあいあいで楽しかったですう。
 でも恥ずかしいので父にはラジオ出演秘密にしていたのに、ちゃっかり聞いていて「びっくりした!」といわれました。ああ、世の中狭い!

 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんに伝えたら「よかったねえ」と言ってくれました。シェフも仲間意識が強い職業。一人がいいさ、と強がっていてもやっぱり仲間っていいですね。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。






Last updated  2007年06月16日 00時18分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月10日
カテゴリ:その他
大人のウォーカー表紙大人のウォーカー中

 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんが、何と今書店に並んでいる人気情報誌「大人のウォーカー」(角川書店)に登場しました。しかも今をときめく人気作家・嵐山光三郎氏の推薦として、です。これは凄い名誉。ミミも糟糠の妻として(誰?ただロロさんを虐めている、って言ったの!?)、本当にうれしいですう。
 嵐山氏といえば、泉鏡花賞読売文学賞をダブル受賞し、まさに旬の作家であり、またグルメとして大変有名です。ロロさんもシェフとして今がまさに旬。大人のウォーカー登場を弾みにさらなる飛躍をしてくれたらいいなあ、と本当に思います。
 
 書店にお寄りの際はぜひ、立ち読みしてみてください。32ページにロロさん曰く「僕かわいく写っている」という写真が掲載されています。ヒゲがのびて大人になったロロさんに会えることでしょう。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。







Last updated  2007年06月10日 00時19分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月09日
カテゴリ:その他
女性のための山登りの会「からっぽクラブ」でアロハスのイベントの打ち上げがありました。場所はちょっと高級感のある居酒屋「入母屋」。森伊蔵などの秘蔵の焼酎や日本酒が美味しい店です。
 ネパールやカナダなどいろいろな山の話で盛り上がり、4000メートルを超えると高山病になりやすい、という話など、山登りのプロならではのお話がいろいろと聞けました。その中で目からウロコが・・・。
 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんと寝室で寝ていると、途中で息が苦しくなることがよくあるのです。気のせいかなあ、と思って空気清浄機を見ると、汚染の赤いマークがフルで光っているではありませんか。「おかしいなあ、明大前って空気悪いのかなあ」と天然ボケしていましたが、その理由が今日判明。
 なんと「白人男性は低空気に弱いらしい」という情報が。どうも白人男性は酸素食いらしい。つまり白人男性の身体はより酸素を必要とする、ということだ。だから低酸素の高地では弱い、らしいのです。な~るほど! ロロさんは寝室という密室で酸素を沢山食べているんだ、だから隣のミミが息苦しくなるんだ、とメイクセンスでした。体温が白人は高い(37度くらい)ことも関係あるかもしれないし、ビールを飲むと二酸化炭素が増える、という話も聞く。
 ロロさんは白人ぷらすビール好きというダブル要因で寝室の酸素を寝ている間に貪り食べていたのですね。
 今夜からこっそり寝室のドアを少し開けて寝ることは言うまでもなく、「このメタボの腹が酸素食ってる~」と得意の腸モミをして、ロロさんを虐めてしまいそうな、最近軽うつ気味のミミでした。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。






Last updated  2007年06月09日 23時21分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年05月26日
カテゴリ:その他
アロハス

 女性のための山登りの会「からっぽクラブ」で「湘南☆ALOHASカーニバル』に参加しました。テーマは『結』。人とつながる・地域とつながる・自然とつながる、という意味です。
 場所は、南国に来た様にサーファーがダイビングスーツを着て、ボードを持って歩き回っていて、リンボクのような南の木がそよいでいる気持ちのよい公園、辻堂海浜公園(神奈川県)。天気もアロハ~で本当に気持ちのよいイベント日和でした。
 からっぽでは、山でのインスタント商品を使った食事実演や、テントの展示やヨモギ白玉団子作り、山の知識を問うクイズなど盛りだくさんの趣向を凝らし、沢山の方に興味を持っていただけました。
 ミミは山の知識にかけては下っ端なので、もっぱらパシリ。でもそれがまた楽しい。水を汲んできたり、テント張りを習ったり、と炎天下でお手伝い。しっかり日焼けもして、気分はすっかり高校生の学園祭気分。みんなで一つのイベントをやりとげることが出来て本当にうれしかった。余計なことを一切考えなくてもよく、山の知識を少しでも学べる、というチャンスにすっかり没頭できました。
 ここで山の知識のクイズの一例を。山用ローソクは一体何時間燃え続けるでしょうか? 答えは14時間です。もう停電用にぴったりと、早速ミミは1本お買い上げしたのでした。山の食事の例で、アンコ餅があるのですが、なんと水をかけるだけ。美味しいアンコ餅があっという間にできちゃうのです。地震グッズにも最適ですね。山の知識は本当に生きる知識だなあ、と思いました。テント張りも覚えたし、今度ダーリンことフランス人シェフの ロロさんと一緒にキャンプ行こうっと。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。






Last updated  2007年06月10日 00時04分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年05月13日
カテゴリ:フランス事情
 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんのお国フランスではサルコジ氏が新大統領に決まりましたが、暴動などまだまだ選挙の余波はありそうです。
 「相撲は野蛮」と言ったり、「(移民は)社会の屑」と言ったりと何かと過激な発言で話題の多いサルコジ氏ですが、その妻がとってもぶっ飛んでいるのです。「ファーストレディーなんか真っ平」と、選挙当日も姿をくらましたサルコジ氏の妻セシリアさんは元モデルのスラリとした美人。サルコジ氏の実質的官房長官も務めるほどスマートな女性ですが、ナント、サルコジ氏を捨てて駆け落ちした過去もあるのです。やるではないですか! 政敵に「妻を魅了することも出来ないものが民衆を魅了できるわけがない」とまで言われたサルコジ氏ですが、たぶんベタボレだったのでしょう。一年後にはよりを戻したとか。
 ぶっ飛び妻の情報を聞きつけるや否や、ロロさんに
「ねえねえ、サルコジのワイフぶっ飛んでるって知ってた?」と知ったばかりの情報を披露。
「ふ~ん、でもサルコジもクレイジーだから、いいんじゃない?」とあまり驚かないロロさん。
「え、サルコジってクレイジーなの? そんな人が大統領になったら困るじゃん、アメリカ好きだし」とミミ。
「でもフランスは今問題を多く抱えているから、サルコジが5年間大統領になるしかないね。その後ロワイヤルが大統領になればいいよ」とクールにロロさん。

 そうなのか。サルコジ氏がクレイジーと分かっていても、そのパワーが必要なほど、今のフランスは移民問題や失業問題などいろいろと深刻なのですね。
 それにしてもイギリスのブレア首相も辞めるし世界の政治はどう変わるのでしょうね。心配な反面、あの自信たっぷりそうで嫌味だなあと思っていたサルコジ氏にぶっ飛び妻という急所があっただなんて、あまりにも人間っぽくて少し愉快になりました。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。






Last updated  2007年05月13日 14時43分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年04月25日
カテゴリ:その他
 レストランの格付けで有名なミュシュランが初の日本旅行ガイドを発売しました。4月25日の朝日新聞によると、ユーロ高が定着したうえ、寿司の流行で、日本を訪れるフランス人が増えたためだそう。さて、その格付けの結果は?

 見事三ツ星を獲得したのは日光、東京、高尾山、富士山、高山、京都、姫路城、そして厳島神社。意外なのは、高山と高尾山では? 高山は確かに個性もあり、伝統もある美しい街だなあ、と密かに思っていたところ。さすがミシュランの調査員は目が高い。
 ミミの故郷の金沢市は二ツ星。二ツ星でも立派なものなんだろうけど、やっぱりちょっと悔しい。調査員さん、ちゃんと西の廓と東の廓見たの?とちょっと難癖気分。

 ナント11月には東京を対象にしたレストランガイドを日本語と英語で発行するそう。今ちょうど覆面調査員が色々なレストランを食べ歩いている最中だとか。ミシュランと言えばグルメの殿堂。いよいよ日本で本領発揮といったところでしょうか?ダーリンことフランス人シェフの ロロさんのお料理もぜひ食べてもらいたいなあ。調査員ってどんな感じなんだろう。なんだか無理に自然に見せているような気がするので、ラフな服装で目だけランランとしているフランス人なんてチョット怪しいかも。
 みなさん、そんな怪しいフランス人をレストランで見かけたらぜひ教えてくださいね。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。






Last updated  2007年04月25日 22時41分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年04月10日
カテゴリ:その他
 世界のトヨタのお膝元、名古屋に出張しました。アポアポの間にちょっと時間があったので、3月末にオープンしたミッドランドスクエアに。
 
 もう世界のブランド店はもちろん、まだ東京にしかない世界的名店がずらりと揃った豪華な空間でした。例えば、チョコレートブームの火付け役のベルギーの「ピエール・マルコリーニ」やシックなフランスのフラワーアーチストのお店「クリスチャン・トルチュ」など、東京以外はこのミッドランドスクエアにしかお店がありません。ご一緒した大阪の広告代理店の方が「なんで大阪すっとばすんや」とちょっとお怒りでした。
 
 今日本で景気がいいのは東京と名古屋、といわれています。しかしタクシーの運ちゃんや、アポ先の方曰く「ぜんぜん実感なし!」とのこと。トヨタの一人がちでしょうか? しかし、ミッドランドスクエアには高級ブランドの買い物袋を提げた名古屋嬢がいっぱい。お金、あるところにはあるんですね。それにしても名古屋嬢って、みんな髪がバッチリカールで決まっているんです。こんなところにも少し名古屋カルチャーを感じました。
 
 お休みで一人お留守番のダーリンことフランス人シェフの ロロさんにニューヨーク・ソーホーで鳴らしたデリカ「ディーン&デルーカ」の丸ごと玉ねぎの肉詰めとアボガドグラタンを買っていったのですが、一言「まず~い」。食べてみると、見た目はいいのですが、玉ねぎは硬いし、アボガドとグラタンの味もマッチせず、がっかり。でもロロさんは「アメリカンフーズだから当然。がっかりもしないよ」と言っておりました。名古屋でアメリカンではなく、やっぱり手羽先でも買っていけばよかった!

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。






Last updated  2007年04月10日 08時53分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年04月08日
カテゴリ:グルメ・その他
水仙と桃桃園

 久しぶりに女性のための山の会「からっぽクラブ」のイベントに参加しました。そのイベント名は「桃源郷ハイキング」。名前の通り本当に桃の花満開の桃源郷の世界でした。
 
 勝沼ぶどう郷で待ち合わせをして、蜂城山を目指しました。遠目からはピンクのじゅうたんのように見えるほど、一面ピンクの桃畑の中を歩いていると気分はもうお姫様。ロマンチックな気分で歩いているといよいよ蜂城山の登山道に入りました。800メートル弱の山だと侮っていたのですが、以外と急斜面。ピンクの世界から一気に茶色の山の世界に突入したのでした。
 
 すると、突然Kさんが「あ、たらの芽」と叫ぶと同時に林の中にすばやい動きで分け入っていくではありませんか? そうです。この山実はたらの芽の宝庫でもあったのです。それからは色気よりも食い気に走り、みんなでたらの芽採りにもう夢中。山菜採りのプロともいえるKさんの指導のもと、みんなでたらの芽の目になって探しながら登ったのでした。その結果は大収穫。桃源郷がたらの芽採りに様変わりし、頭はたらの芽のほくほくてんぷらで一杯になって帰途についたのでした。
 
 この経験で気づいたこと。5人で行って、ミミだけがたらの芽を見つけられませんでした。な・なぜ? そういえばよくダーリンことフランス人シェフの ロロさんが「ミミ、あそこに猫が!」といっても、ミミは見つけられず悔しい思いをしたことがただあったっけ。動体視力が悪いせい? 
 今までロロさんが特別に目がいいんだ、って思っていたけれど(だってよくお金拾ってくるし)、ミミの鈍さが原因だったんですね。

 そうそう帰りに大菩薩山ろくの秘境の湯「嵯峨塩館」の温泉(滝が見える露天風呂付き、何と500円)に寄りました。その辺は「砂金がとれる」と地元出身のKさんのことばに「ミミさんは、たらの芽はみつけられないけど、砂金は見つけられそう」という声が。なんといってもグルメとお金が大好きなミミ、大いに納得したのでした。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。






Last updated  2007年04月10日 08時55分05秒
コメント(0) | コメントを書く

全223件 (223件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.