128220 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ロンドン偏食生活・偏食通信

PR

X

Profile


偏食の嬢王様

Archives

2021/10
2021/09
2021/08
2021/07
2021/06
2009/08/27
XML
カテゴリ:偏食思考
最近、いろんな偶然が立て続けに起こって、
もしかしたら、これは偶然ではないのかな?と思い始めた。

キーワードは「いつか」


「いつか」という言葉に期待をかけていたことと、
「いつか」という言葉を隠れ蓑にして逃げてきたことが、
ほとんど同時にやってきた。

それも期待していた方は、
自分の舵のとり方一つで失敗してしまう危険性があるが、

逃げてきたことの方は、
それをしないという選択肢はなさそうな強引さで。

なんか、フェアじゃない(ちょっと怒ってる


神様の存在は昔から信じているのだけど、
この「いつか」の急速な現実化に、
最近はことさら強く感じる。

それも、シンクロニシティを多用して、
のらりくらりとごまかしてきたことを、
絶対に私にさせようという、

涙ぐましいまでの努力と配慮が感じられる。

そんな妙に人間的な神様の存在感に苦笑しながらも、
決心してドドッと一気に走ってしまおうという気にならないのは、

その道は間違いなく茨の道だから。


神様がこれだけ私の好きな人たちや
私に影響力のある人たちを動員して、シンクロニシティを作りだして、

私を宥めたりすかしたりして歩かせようっていう道が、平坦なわけがない。


一応、行かないという道はないということだけは理解したし、
最初の試練でさっさと投げた時でさえ、

「いつか」はその道を歩かなきゃいけないんだろうな、という
諦めに似た予感もあった。


が、まだ覚悟なんて出来てないし、「いつか」は始めるんだろうな、
と人ごとみたいに思って、毎日のんべんだらりと過ごしているのだ。

いや、本当のところはそれとも微妙に違う。
毎日ダラダラと過ごしていながらも、実は小さな準備を
一つ一つしている自分に気がついている。


あー、神様の思う壺か、悔しいな。


でもそれはきっと私がこの世に生まれてきたからには
絶対にやらなければいけないことなのだろう。

もう逃げる気なんてないし、逃げおおせるとも思っていない。


それと同時に、自分ひとりの力ではやり遂げることは出来ないだろうが、
きっと神様がいろんな人を使って助力してくれるという

勝手な自信というか、安心感はある。

それの一つが、「いつか」という言葉を信じて、
諦め切れなかった憧れを今、目の前に並べてくれていること。

それにしても、憧れというニンジンを目の前にして
イバラの道を歩いたその先に何があるのか、皆目見当がつかない。

果たして私はニンジンを食べられるのか?
それとも、目の前にぶら下がってるニンジンさえも忘れてしまうほど、
茨の道を歩くことに集中するのだろうか。

そんなことが、考えるともなしに、頭に浮かんできていて気がついた。


「いつか」という言葉に期待をかけていたことと
「いつか」という言葉で逃げていたことはコインの両面、車の両輪。


もうFRでもFFでも四輪駆動でも何でもいいから動け
・・・・・ってことなんだろう。


でも性格上、おとなしくて制御しやすいFRではなく、
今風のFFでもきっとなく、四駆、できればスポーツ四駆
(スバル・インプレッサや三菱ランサーなどWRCカー)で、

その茨の道をぶっ飛ばしたいものだ。



買わないといけないほど若いかどうかは微妙だが、
それでも苦労なんて・・・少しでも軽くて短いほうがいい。

美味しいニンジンもじっくりと楽しみたい。







神様、私はこういうヘタレなんですよ。






・・・それでもやれと仰るのですね。


お手数をおかけしますが、コメント・感想は目次ブログにお願いします。






Last updated  2009/08/28 01:55:43 AM
[偏食思考] カテゴリの最新記事


Calendar

Favorite Blog

龍馬がゆく 神田龍馬さん
アスクル代理店つば… つばめやさん
ハマの内装業、せつ… せつこマ〜マさん
カントリー・パント… かおりけりーさん
aromafanヤ… aromafanヤスミンさん

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.