098750 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あるのおはなし帳

全1件 (1件中 1-1件目)

1

時代劇

2020.01.06
XML
カテゴリ:時代劇
ようやく観終わりましたw

長かったー

録画するだけして全く観てなかったんですが

去年から少しずつ消化してようやく今日、最終話となりました

約1年遅れですねw

ここまで時間がかかったのは次が観たいという気持ちがそこまで無かったからです

決してつまらなかったわけでは全くないんですが

あまり自分には引っかからなかったですね

何て言うんですかね

女性視点なんですよね

それもそのはずで原作が林真理子さんの「西郷どん」で脚本が中園ミホさんです

まぁ、そうなるよねって感じです

ガッツリ明治維新の話しを観たい人向けではないのかなといった作りでした


西郷隆盛は生涯で3度結婚するんですが

奥さん達のところはかなり力を入れていた感じでした

その甲斐あってか奥様達はみんな良かったです

3人の中で誰推しと聞かれれば糸さんですかねー

黒木華さんの素朴だけど芯の強い糸さんが良かったです


肝心の西郷はと言うと鈴木亮平さんが演じていますが

そこまでフィットしてなかったです自分的には

鈴木亮平さんを見るとどうしても変態仮面を思い出してしまうw

それだけはまり役でした

西郷隆盛と言えば対峙するのは大久保利通

2人は同郷で幼馴染で共に下級藩士からのスタートで

後に維新三傑と呼ばれる程の人物になります

大久保は瑛太さんが演じていましたが、ちょっと幼い感じですね

新時代を作るために躍起になっていた若い頃は良かったんですが

維新を成し遂げ髭をたくわえた頃からはなんか合わなくなってしまった感じ


同じ大河ドラマで西郷隆盛を扱った

「翔ぶが如く」がありますが、その時のキャストが

西郷隆盛が西田敏行さん、大久保利通が鹿賀丈史さんでした

このコンビのイメージが強いので何か物足りなさを感じた西郷と大久保でした

決して鈴木亮平さんや瑛太さんが悪かったわけではないです

むしろこっちのコンビの方が良いと言う人もたくさんいると思います

ちなみに

西田さんはナレーターと西郷菊次郎、鹿賀さんは島津斉興で今作に参加されてます


「西郷どん」はクセのあるキャストが多かったです

この人物ってほんとにこんなだったのって思います

島津久光役の青木崇高さんとヒー様役の松田翔太さん

ヒー様とは一橋慶喜(後の15代将軍の徳川慶喜)がお忍びで夜遊びする時の名前です

実際にはまずお忍びなんてありえないでしょうね

どこかの暴れん坊みたいですw

問題なのは島津久光の方です

あんな久光にしちゃって大丈夫かと心配になってしまった

個人的には青木さんの怪演は好きですけどね

歴史上の人物であの演技で良いのかなって思いましたね


最後に西郷隆盛と大久保利通で締めたいと思います

西郷は今作ではかなり人が良い設定だと思いました

そこまで民の為といった理想主義者でもなかったはず

逆に大久保は悪いイメージが強めです

維新三傑とも呼ばれ功績もかなりあります

公共事業でお金が足りないときは私財を投げうってもいます

物語をわかりやすくするために正義と悪をはっきりさせてるのでしょうけど


今ではかなり緩和されてきてるようですが

西郷を裏切り死なせた大久保は鹿児島ではかなりの嫌われ者でした

実際に大久保没後100年に鹿児島で銅像を作るときに

西郷の隣に作ろうとしたら鹿児島の人達から大反対されて違う場所に作られました

それだけ西郷の存在は大きいんですね


ドラマとしての「西郷どん」は観やすいドラマだと思いました

自分の感想はあくまで自分のですから

「西郷どん」くらいのタッチのほうが観やすいといった人達も多いと思います

まだの方はぜひ

チェストー!

ここまでお付き合い、ありがとうございました
それでは次のおはなしで



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ブログのランキングサイトに登録しています。
読んだよの”ポチッとな”してくれると嬉しいです!


「欲しい!」に出会える楽天市場のショッピングSNS。
あるの「楽天ROOM」はこちらから


楽天市場のイチオシ大型企画が開催中です!


旅行・ビジネスのご予約は楽天トラベルで!


衣服、生活雑貨、食品という幅広い品ぞろえからなる品質の良い商品






最終更新日  2020.10.10 16:36:50


全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.