998971 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

お気楽日記

PR

X

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

親家片(おやかた)

2019.07.30
XML
実家の片付けもいよいよゴール。

最後の最後まで使う日用品や前回積み残されたものを回収に出す。

今回はさすがにもうそれほど量も多くないので軽トラ1台で十分(のはず)。

テレビ 1
テレビ台 1
仏壇置台(キャビネット) 1
自転車 1
扇風機 1
掃除機 1
イス 1
脚立 1
ガラクタが入っていた木箱 大3
掃除道具(バケツ、ほうきなど)
座布団 4
シュレッダー 1
食器、紙ゴミ、雑ゴミ 多数

軽トラ1台 作業者1名 1万円
テレビ処分料 5千円
税込で16200円ナリ。


2014年2月に初めてこの便利屋さんにお願いしてから今日まで
丸5年半長かった。。。

初めてのことばかりで、1人でやるのがつらかったこともある。
家丸ごと業者にお願いして1週間くらいで終わらせることもできた。

でも、時間をかけて向き合うことで、
両親と兄の死を受け入れることができたのかもしれない。
あと自分の過去もね。
片付けながらすっかり忘れていた子どもの頃のことを結構思い出した。
忘れていた自分に呆れるくらい、きれいさっぱり忘れていたことが多かった。

終わってみれば短かったような気もするけど、
もう1回やれと言われたら猛ダッシュで逃げるだろうな。
その程度には大変だった。
いつかこの経験が何かの形で活かせたらいいなと思う。
落ち着いたらまとめのページでも作っておこう。

とりあえず私の親家片(おやかた)終了っ!!!






Last updated  2019.08.04 00:01:56
コメント(0) | コメントを書く


2019.07.23
実家の片づけもゴールが見えてきたところで問題が。
そう、仏壇をどうするか。
最近では『仏壇じまい』というらしい。

仏壇は兄が亡くなった時に両親が買ったもの。
上置きのコンパクトな家具調のもので
まだ新しいので捨てるにはしのびない。

とはいってもウチにも既に仏壇あるし。
本当ならこれと交換したいくらいだけど、
親戚の手前そういうわけにもいかず。

仏壇を専門に処分してくれる業者に問い合わせてみたら、
こちらの希望日時に来てくれることになった。

仏壇の供養もお願いし、
仏具のほかに仏壇の中にあった経本や、
葬儀の時に使った何も書かれていない白木の位牌、
処分に困る御朱印帳やお札も一緒に処分をお願いした。

仏壇が私でも持てるほどコンパクトなおかげで
すべて込みで21000円。
値段が値段なので、対応はものすごく事務的で合理的。

こういう処分の仕方には賛否あるだろうけど、
気持ちの問題が大きいので、そこは割り切った。
もちろん、できる人はきちんと僧侶に
御霊抜きから処分のことまで相談してやればいいと思う。

『生きている者が大事』
『自分の親族は自分に祟ったりしない。むしろ見守ってもらっている』
『仏壇はただの容れ物』

同じようなことで迷っている人がいたら、そういう風に伝えたい。
あとは心の中でいつも忘れないでいることが一番の供養になることも。






Last updated  2019.07.27 14:25:45
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.17
いよいよ終わりが見えてきた実家の片付け。

先週、別の業者に軽トラで回収に来てもらったけど、
今回は大物があるので2トン車、作業者2名で依頼。

今回のメインは食器棚。
重いし大きいしで、本当に2名で運び出せるか不安だったけど
上下に分かれるタイプだったのでなんとかなった。

 食器棚大、中、小 各1
 整理ダンス 1
 電話台 1
 スリッパラック 1
 ワゴン 1
 小引き出し 1
 衣装ケース 1
 踏み台 1
 敷き布団 1
 つっぱり棒 2
 長傘、折り畳み傘 5 
 紙ゴミ、雑ゴミ 多数

当初の見積りどおり、税込みで43200円。
助かった。

前回別の業者に積み残された自転車は今回も置き去りに。。。
まぁ、タンスが大きかったからなぁ。

あとは最後まで使う掃除道具や、テレビ、仏壇などが残るのみ。
軽トラ1台でなんとかなりそう。
今日来てくれた業者さんの帰り際に来週の回収を予約した。

仏壇だけは別便にするかどうか悩み中で業者を探し中。






Last updated  2019.07.27 13:51:22
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.12
実家の片付けを始めて丸5年以上。
いよいよ片づけも佳境にさしかかった。

今回は倉庫の中の不用品を回収に出すために、
初めての便利屋さんにお願いすることに。
(2018年6月27日付け日記参照)

いつもの便利屋さんに頼もうかと思ったけど、
ポスティングで入ったチラシなので
もしかして急に電話しても対応してもらえるかな、と思ったのだ。

何かの時に、いくつかの選択肢があるのが望ましいからね。

電話すると、たまたま空いていてすぐに来てもらえることに。

今回、回収をお願いしたのは下記の通り。

 アングル棚3つ
 木の板や木片
 シャベルや熊手などの外掃除用品
 工具類などのガラクタ
 プラスチック製のすだれ3枚
 水撒き用のホース(5メートルくらい)

恐らく余裕で軽トラ1台に積み込めるはずの量。

本当は自転車も回収してほしかったのだけど、
思いのほかアングル棚がかさばって無理だった。
かといって分解する時間はもったいないので仕方ない。

しかし想定外だったのはその料金。
今回の木片や木の板が産廃扱いで別料金になって
なんと軽トラ1台分が4万円超!!

いつもの便利屋さんなら、2トン車の料金じゃん!!!

まぁ、でも回収したゴミを処理するのにもお金はかかるわけで。
ここ数年、その処理料金もどんどん上がっているのだとか。
それはいたし方ないよねぇ。

来週はまた2トン車の出番だよ~。






Last updated  2019.07.20 20:23:39
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.27
実家の片づけも4年目になり、
あとひと息でゴールが見える気がする今日この頃。

約半年ぶりの粗大ごみ回収をいつもの便利屋さんに依頼。
(2017年11月15日付け日記参照)

今回は大物の桐だんすが2棹あるので、
2トン車、作業者2名で依頼した。

桐は軽いというけど、大きさが大きさだけに2階から1階に下ろし
外階段でガレージまで下ろすのはやっぱり2名は必要。




雨が心配されたけど、回収の間だけはなんとか持ちこたえてくれた。

今回捨てたモノ
桐だんす 2棹
テレビ 20インチ 1
タオルストッカー  1
つっぱり棚 大  1
折り畳み室内物干し  1
アルバム 30冊
傘  3
灯油ポンプ 2
ダンボール 20枚(引っ越し用)
タオルケット(新品) 2
ポリペール(ゴミバケツ)  1
パイプいす  1
空気清浄器  1
水切りカゴ  1
着物 5枚、羽織 1枚、浴衣 など
小引き出し  1
茶器(新品)5客セット  1
タンブラー(新品)5個セット  1
ジグソーパズル  1
フライパン  1
引き出しの中のこまごましたもの
食器  2箱
雑ゴミ  5袋 
布ごみ  5袋
紙ごみ、空き箱



※この写真の後に、さらに追加したのでこの1.5倍くらいの量になった

2トン車、2名で約1時間、テレビのリサイクル代を含め46,440円だった。

次回 捨てたいモノ
自転車  1
飾り棚  1
食器棚  2
ワゴン  1
いす  1
整理ダンス  1
食器 多数
風呂回りのモノ  などなど






Last updated  2018.06.30 21:54:56
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.15
気付いたら3年を超えてまだ続く実家の片付け。

冷蔵庫(350L)と洗濯機(二層式)を処分するために
便利屋さんにお願いすることに。

今回はなんと、ほぼ1年ぶり。
(2016年12月5日付け日記参照)



冷蔵庫と洗濯機以外の大物がこれ。



積み込みが終わった後はこんな感じ。




今回捨てたモノの覚え書き

冷蔵庫  1
洗濯機  1
物干し竿  3本
整理だんす  1
オープン棚  1
石油ストーブ  1
電気ストーブ  1
ミシン  2
電気ポット  1
テレビ台小  1
布団   1組
枕  2個
座布団  2
傘立て  1
傘   7
掛け時計  1
植木鉢  10
アルバム 20冊
食器  3箱
(新品)毛布・ボアシーツ・肌布団など  4
ゴミ箱  1
体重計  1
こたつ上掛け  2
紙ゴミ・布ゴミ・雑ゴミ  合わせて約20袋


今回は1トン車、作業者2名、作業時間約30分。
 冷蔵庫処分料 5400円
 洗濯機処分料 3240円
     合計 46440円






Last updated  2017.11.20 23:45:57
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.05
既に2年半かかっている実家の片付け。
まさかこんなにかかるとは。

ちょこちょこ片付けていたゴミが溜まってきたので、
久しぶりに便利屋さんに来てもらった。
(2015年11月24日付け日記参照)

今回は軽トラ1台、積み込みに約30分で10,800円。



写真は途中経過なので、実際にはこれの1.5倍くらい。
直前に撮るのを忘れていた。

今回捨てたモノの覚え書き

夏布団  3枚
毛布  2枚
枕  1
布団カバー  5
カラーボックス  1
折り畳み室内物干し  1
車いす  1
パイプハンガー  1
電子レンジ  1
蛍光灯  2
デスクライト  1
鍋、調理器具など  段ボール1箱分
カトラリー  1箱(5キロ)
LPレコード  10枚
CD  300枚
ラップ・ホイル(新品)  50本
食器  段ボール2箱
密閉容器、カゴなど  1箱
使いかけの洗剤など  1箱
つっぱり棚   1
座布団  5枚
オルゴール、人形など  1箱
ゴミペール   1
ポケットアルバム  10冊
折り畳み傘   10
グラニュー糖  5キロ
プランター  5
植木鉢  5
麻袋  2
和装小物  2袋
布・衣類   15袋
紙類  2束
雑ゴミ  5袋
シッパー  1
ペール缶(ゴミ焼却用)  2

今回は、植木剪定ゴミ6袋が積み残された。

次回は整理だんす(小)とテレビ台(小)、洗濯機、スチール棚などを処分する。
1月か遅くても2月には、取りに来てもらう予定。
次は1トン車じゃ無理かなぁ。。。






Last updated  2016.12.06 00:22:26
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.15
カツオが磯野家を片付ける日.jpeg

私のこの日記のカテゴリにしている『親家片(おやかた)』は
以前に読んだ本のタイトル『親の家を片づける』から。
(2014年2月26日付け日記参照)

今日読んだこの本も親家片本。
サザエさんの『磯野家』に関する本はいろいろ出ているけど
ちゃんと読んだのはこれが初めて。

今回はカツオが41歳、波平(84歳)が亡くなったあとの家をどうするか
残されたフネ(80歳)やサザエ(54歳)、ワカメ(39歳)と考えていくというストーリー仕立て。

不動産屋さんを継いだ花沢さん、『家事片づけアドバイザー』になった早川さん、
そしてファイナンシャルプランナーになった中島くん。
同級生3人の力を借りて奮闘する話。

テーマは重いけど、おなじみのメンバーが出てくるので
あっという間に読み終わった。

私にもこんな心強い友達がいたらなぁ・・・、と誰もが思うはず。

私にとっての『早川さん』はもう出番はないし、
FPの中島くん役は自分でできるけど、
不動産屋の知り合いはいないなぁ。

どこかに私の『花沢さん』いないかしら~?






Last updated  2016.04.15 23:59:03
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.24
実家の片づけもまだまだ続いている。

先週から片付けていたのが、食器棚の引き出し。
小引き出し2はい分のカトラリーを処分する。

全部出して畳の上に並べてみる。

処分するカトラリー.JPG

試しに数えてみたら・・・

バターナイフ  17
ナイフ     20
フォーク 大  24
     小  12
スプーン 大  9
     小  115
    アイス 10
    スープ 9

合計200本以上、重さで5キロ以上あった。

この引き出し以外のものは今までにずいぶん処分してきたから
恐らく、これでカトラリー類はほぼ終了。
まだ日常使いで別にしていたものはあるけれども、
今回ほど大量にはないはず。

それにしても、バターナイフ17本って。。。
最大でも4人家族だったんだけどねぇ。






Last updated  2016.03.25 00:09:20
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.02
実家の片づけも本当にちょっとずつではあるが、前進している。

先週は兄の残したCDの棚を整理。
500枚くらいはあったであろうCDも、少しずつ処分しているので
あと残り300枚くらいかな。
CDの入っていた棚も、きょう倉庫へ下ろした。

これで兄の使っていた部屋はほぼ空に。

きょうは食器棚に手をつけた。
わが家で使える、もしくは使いたいものは最後まで取っておく。
わが家の食器棚だって結構キツキツなので
本当なら減らさないといけないくらいなのだ。
だから実家のを使うなら、家のを処分しないといけないし。
判断に困るものはなるべく後回しにする。
とりあえず捨てても惜しくないものを選り分けることに。

今日はグラタン皿5枚、ピーターラビットの大皿1枚、
耐熱ガラスの角皿2枚、急須1個、取り皿1枚、
冷茶グラス小4個、小さ目の小鉢(?)4個・・・など。
小さめの段ボールに詰める。

食器は重いので、大きな箱には入れられない。

これまでも、小さな調味料入れだとか
ガラスのそうめん鉢と小鉢のセットなどを処分してきた。
それでも私が持てるサイズの小さめの段ボールなら、あと10箱分くらいありそう。
コーヒーカップなどもあるし。

食器もそうだけど、フォークやスプーンなどのカトラリー類も
引き出し2杯分くらいあって結構重い。
これは段ボールには入れられない。
もっと小さくて丈夫なものに入れないと。
もしかしたら銀のも混じっているかもしれないけど、
そこまで丁寧に選り分けるのは無理かな。

母の残した服地やハギレも、なかなか整理できないけど
食器棚と交互にやっていこう。
どうせ家を処分できるまでには、まだかなりかかるだろうしね。






Last updated  2016.02.03 00:05:25
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.