886261 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夜空の星を眺めて・・・

息子のこと

[妊娠からお誕生まで]

長女を出産したのが、25歳のとき。
2年後に私は、流産した。車と電車を使って、1時間半の通勤をしていたのが悪かったのかどうかは分からないが。。。
4ヶ月目くらいだったかしら。不正出血が気になり受診して、超音波をあてて見たら、心拍が弱っていると言われた。様子を見ようということで、そのまま帰宅させられ、翌日受診したら、

『あ、・・・死んでる』と一言言われた。

医者の言葉か!!と憤慨したが、自然の摂理だからしょうがないと諦めた。夫に告げたが、実感として分からなかったようだ。そりゃそうだろう。影も形もないものが、無くなってもね。
でも、女の私は、違う。ショックだった。

もともと、婦人科系が弱いので、2人目は無理かなぁ~~って思っていた。
生理も不順だったし。そして、翌年、生理不順が気になり、別の病院を受診した。隣のK市立病院だ。野口英世みたいな風貌の背の低い先生だった。

「おめでとうございます。妊娠していますよ。」と言われた。

???

生理不順で受診したのに、妊娠していたとは!
あまりに突然だったので、びっくりした。
で、変な事を先生に聞いて、叱られた。
市立病院の診療時間は、午前中のみ。それは知ってはいたのだが、

「あのぉ。仕事があるので、午後の診療を希望したいのですが。この病院には特別午後診てもらえる時間帯はあるのですか?」と。


カルテの保険証をみて、私の職業は先生には分かっている。


「君ねぇ、これだから、学校の先生って困るんだよ。他人様の子どもと自分の子どもとどっちが大事なんだ!!仕事を休んで来ればいいんだ!(怒)」


ちょっと、泣きたくなってしまったのを今でも覚えている。
当時、学校の現場には女性が少なく、産休を取るのも気を遣っていた。
だから、月に1度の検診をしっかり受けられるか?妊娠の喜びよりも、その方が心配だった。
今思うと、とんでもないことを悩んでいたのよね。馬鹿みたいでしょう。


実は、もう一つ、エピソードが。
実家に妊娠を知らせたら、実家の実の妹もおめでただとか。
そして、なんと、

予定日が一緒だったぁ!!(笑)姉妹で同時に妊娠して予定日が同じだなんて、ちょっと、おかしかった。
ま、そういう訳で、出産は実家に帰れなくなったが、それでも実際には私の方が5日早く生まれてしまった。


妊娠は結構順調だった。
職場も自宅から車で20分の所に替わっていたし。
職場の雰囲気もとてもよかった。

ただ、産休に入る2週間くらい前は、辛かったわ。
カレンダーに○をつけて、産休に入る日を指折り数えていたっけ(苦笑)
入ったとたん、毎日ごろごろ寝てばかりいた。
おかげで、予定日になっても生まれてこなかった。
毎日牛のように寝ていたもんだから、子宮の中の赤ちゃんも、きっと居心地が良くて外に出たくなかったのかもしれない。


主治医は、お産が上手だというドクターだったのだが、それでも当日は不安だった。でも、娘のお産の時と違って、産む瞬間は楽だった。
笑気ガスのようなものをすわせてくれて、痛みを緩和してくれるのだ。

先生曰く「僕は、人が苦しむのを見ているのはあまり好きじゃあないんだよ。」


なるほど。


ドクターや看護士さんが言うには、「軽いお産」だとか。でも、私にしてみれば、やはり、25で産んだときと比べ体力の低下が目立ち、ちょっと辛かった。いきむのを途中で止めたいくらいだったもの。


生まれたばかりの息子は、とても元気が良かった。
ドクターも、

「おお。この子は元気だなぁ。おっぱい吸わせてみようか。」と言った。
産湯に浸かるか浸からないうちに、お乳を吸わせる??でも、これが、吸い付いたんだよね。
食い意地が張っていたのか、なんなのか、私はとても驚いた。
生まれたてなのにね(笑)

男か女か分かったのは、出産のだいぶ前だった。
夫に話したら、「そうか」と嬉しそうだった。
でも、私は本当は女の子が欲しかった。
だって、子どもは2人しか産めないと思っていたし、そしたら、大きくなって女同士の姉妹の方がいいにきまっているもの。

「じじ」の喜び方も、かなりのものだった。
田舎では、やっぱり、男の子が生まれるとほっとするらしい。
私は、健康でありさえすれば、どちらでも全然かまわないけどね。


ま、こんな風にして、息子は家族に望まれてこの世に生まれてきたのだった。






© Rakuten Group, Inc.