000154 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

物語から見えること。

2021.05.07
XML
カテゴリ:2回以上見た映画
​初めまして。こんにちは!
映画・アニメ・舞台・声優好きの彩音です。

コロナ下のゴールデンウイークお家で過ごすには、映画はそのお供として最適ですよね。
中にはまずは家の掃除や模様替え!なんて方もいらっしゃると思います。
私もその口なのですが、のんびりしたいときもあり、そういう時は、映画やアニメなど気軽に見れるコンテンツを楽しみながら、コーヒーを楽しんでリラックスしてます(笑)

映画って新しい出会いを探すのも良いですが、一度見た作品でたまに無性に見返したくなる作品てありますよね!
今回の題材の「劇場版 名探偵コナン 業火の向日葵」は、その中の一つです。
怪盗キッドが出てくる同作品は、話の展開の速さにより演出の派手さが際立ち、ワクワクしますよね。

ただ、今回、改めて見てみて、​​​​「こんなにも人の表情が事細かに描かれていたんだな」​​​​​と、再認識しました。
(基本的にコナンは展開に合わせた書き込み忘れがないですが、今回はより強調されてた気がします。)
物語の展開の仕方が、表情で語る作品になっている。
そのため、画面から目を離してみてしまうと面白さを味わえない作品とも言えるでしょう。
だからこそ、話の展開が早い(犯人の動機も添え物でしたが(;^ω^))

注目すべきは、
​​登場人物の表情や話の内容、背景・映像をすべて丁寧に見ていくと自然と犯人にたどり着くように設計されており、それらが誇張されて描かれていることです。​​
カンの良い子供なら気が付くように描かれているということが、
細かなことに注意を向けることにより、理解が深まることへの面白さを伝えている作品と言えるでしょう。
これが、出されるヒント(謎解き文・背景映像・証拠)のみでなく、キャラクターの表情を見ても犯人が分かるように描かれています。
表情の面だとあの人が実はこの人だったということころに注目しがちですが、犯人の動きもわかりやすかったです(笑)

そういった点に気が付くと、
​子供たちへ向けて観察することのワクワクを伝えること非言語コミュニケーションを感じ取ることに特化した作品​である見て取れました。

テーマも向日葵ですしね!
​まさに​夏休みの親子が一緒に楽しんでたっぷりお話ができる(そのきっかけができる)作品にしたかった​のかも​しれません。
(気が付いたとしても、”なぜ”がわからないから、親に聞きそうですし( ´艸`))

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版 名探偵コナン 業火の向日葵 [ 高山みなみ ]
価格:5677円(税込、送料無料) (2021/5/7時点)


​​​​​​






最終更新日  2021.05.07 16:15:02
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

© Rakuten Group, Inc.