021889 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ピアノと共に*・.。.*・.。..

PR

プロフィール


Reina(レイナ)

カテゴリ

カレンダー

ニューストピックス

お気に入りブログ

自分を無条件に愛す… Myue Godoさん

アメリカは中国を超… 徳川内大臣4845さん

本にひたる のりりん5700さん

食いだおれピアノ食堂 にゃんぴん。さん
unjour blog O R Iさん
2006年08月16日
XML
カテゴリ:ピアノ
今日は、アルゲリッチのラヴェルのオンディーヌのCDを
聴いていました。
すると不思議と練習する気が湧いてきて久々に
集中して練習できました♪
アルゲリッチというと技巧的、情熱的。。という印象があります。
好きなピアニスト..というわけではないのですが、
ラヴェルのオンディーヌの演奏は素晴らしい極まりないです。
するどい感性と緻密な演奏で技術は文句のつけようがないです。


聴いていたら今度はラローチャが聴きたくなり久々に!聴いてみました。
(普段はクラシック聴かないたちでした、普通はポップばかり聴いています)
ラローチャのスペイン曲集、Spanish FireWerks。
ラローチャはスペイン生まれの女流ピアニストでピアノの女王とも
言われる世界で認められているピアニストです。
スペインの曲を弾かせせたら右に出るものはいない!と
言われていて、まさに「スペインの曲を弾くために
生まれてきたピアニスト」だと感じます。
女性にしか表現できない柔らかさと感性と
情熱的な温かい、そして音色は明るく軽やかなそして
深みのあるタッチです。
曲集にはファリャ、グラナドス、アルベニス...などの
名作曲家の曲があり、聴いているとまるでスペインの街を
歩いているような気持ちになってきます。
小さい頃から父がスペインが好きで旅行へよく行っていて
スペインの話しをよく聞いていました。
ので、ラローチャの演奏を聴いているとスペインの街って
こんなかなぁと小さい頃話しを聞かされていた事も一緒に
甘い感情が一緒になって出てくるのです。
特にグラナドスのEl Pelele(わら人形)が大好きです。


オンディーヌは片手づつ練習してみました。
片手で弾くとかなり思ったより弾けていないところがあり
まだレッスンにはもってゆけないなぁ~と思いました。






最終更新日  2006年08月18日 11時51分00秒
コメント(9) | コメントを書く
[ピアノ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.