619698 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

神様の住む島 奄美!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


たま あまみ

カレンダー

コメント新着

坂東太郎9422@ 琉球料理伝承人 「宮国由紀江(薬膳でメンテ)  ~ 身近…
Jingtyng Chou@ Re:請島に行こう! ウケユリ観察ツアー(05/19) Nice to meet you. I once went to 甑島,…
たま あまみ@ Re[1]:9月の予定(09/04) 宋休さんへ 書き込みありがとうございます…

お気に入りブログ

島唄の道 けんけん-kenkenさん
みんなそ(素)のま… jasmine*天地七億色さん

フリーページ

2010.01.07
XML
カテゴリ:島暮らし
先日このブログで紹介した”究極の島暮らし”に登場してくださった
Wさんから、同期の大島紬専門学院卒業生のMさんを紹介したいとの連絡を受け、
仕事場にお邪魔してきました。

石川県からWさんと同じ4年前に島にIターンしたMさんは、
高校、短大で、染織を学んだ後、京都の和装小物の会社に就職したものの、
機織りをやりたいという思いを募らせていました。
そんな折、短大の同期生で、京都の紬問屋さんに就学した友人から、
”大島紬の織りの後継者がなかなかいない。”という話を聞き、
”それなら、私がなる!”と、問屋さんの仕入れ元の紬屋さんを訪ねて、奄美へ。

”本気でやる気があるなら、まずは学校へ行きなさい。”との言葉で
紬学院に入学。
卒業後、現在は、名瀬の紬屋さんの工場で機織りをしています。
成績優秀だった彼女は、難しいとされる9マルキや12マルキの織物を織れるほどに・・

現在彼女が仕事で織っている織物は、これ。
tsumugi

現在発売中の着物雑誌”美しいキモノ 2009年冬号”にも
掲載されている9マルキの大島紬。
市場価格は、1反200万円くらいだとか・・
これを織りあげるには、相当な技術が必要。

けれども彼女に入って来る織り賃は、7万円。
かかる期間は、毎日8時間休まず織って、1カ月から1ヶ月半。
1か月の家賃が、3万円で、残りは4万円。
これでどうやって生活しているの?と聞くと、
毎日ほとんど家と工場から出ず、ひたすら機織りして、
お金はできるだけ倹約し(食費はひと月1万円なのだとか。)、
それでも足りない場合は、今までためてきた貯金を崩して
なんとか暮らしているのだそう。

彼女はまだ20代後半。
普通なら、いろいろお金も使いたい年頃なはず。

けれども、”機織りが何よりも好き。”という彼女は、
今のところ、ほかの仕事をする気はないそうです。

昨年は、デザイン、染め、締め機、織り、すべての工程を
自分でやって見ることにチャレンジ。
そしてれが、まだ制作途中の彼女の作品。
genjiko

香道の遊びのひとつ、”源氏香”の図柄を紬に仕立てたもの。

自分で作ったデザイン画も見せていただきました。
tsumugidesign

お金が続くなら、ずっと機織りしていたいという彼女。

紬学院を卒業しても、それでごはんが食べられず、ほかの仕事に変える人が多い中、
なんとか頑張っている彼女のような”おりひめさん”たちが、
せめて普通に暮らしていけるような方法を考えない限り、
大島紬は、次世代には残らないかもしれません。

貴重なお話を聞かせて下さったMさん、Wさんありがとうございました。 











最終更新日  2010.01.07 22:11:33
コメント(0) | コメントを書く
[島暮らし] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.