451403 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々あれこれ

2007.03.17
XML
カテゴリ:ディナー
今日は、結婚記念日と私のお誕生日のお祝いを兼ねて、アンバサダーホテルの「エンパイアグリル」へ。

まずは、シェフ心づくしのお花を、私達のテーブルの近くに、活けてくださってありました。

桜

そう「」、光の加減で夜桜のような妖しさがあり、とても綺麗。

そして、次々と運ばれてくるお料理の数々。

アミューズサヨリのフリット スパイシータルタルソース
サヨリ
サヨリはからっと揚がっていて、スパイシータルタルで、コクとキレが加わります。


前菜手長海老のソテーとダイコンサラダ レモングラスドレッシングラングスティーヌ_1_1_1.jpg
これは今日の1,2を争うお料理でした。

とても大きな手長海老、火を通してオレンジ色の卵巣と、火を加えていない緑色の卵。

そして、生に近い海老のネットリした食感。

レモングラスとオリーブオイルでアジアン薫るドレッシング。

もう最高の一皿です。


スープハマグリと菜の花のスープ 生姜風味

残念ながら、写真を撮り忘れてしまいました。

火を通しすぎいない、ふっくらしたハマグリ、菜の花、そして焼き目のついた筍。

とても優しいお味でした。


お魚料理エイヒレとフォアグラの赤ワイン煮 クリーミーキャベツ添えお魚料理

このお皿が運ばれてきた時、私の頭は???

机に置かれているメニューに書かれているお料理と一致しないような。

説明されて納得です。

グリルしたフォアグラを、赤ワインで煮込んだエイヒレで包み、その周りを背脂で包み、それをグリルしてあるとのこと。

下にはキャベツのクリーム煮がひいてあります。

三位一体となって口の中で広がる濃厚なお味。

あまりに美味しくて、思わず、うう~んと唸ってしまいました。

この一皿は、完全にフレンチテイスト

クリーミーキャベツは、パスタと和えれば、それだけで立派な一皿になること間違いなしの美味しさでした。


お肉料理イベリコ豚ロインのグリル アンディーブサラダ
     トリュフと季節野菜の紙包み焼き
ポークロイン

主人はイベリコ豚の代わりに「黒毛和牛」をチョイス。

紙包みを開けると、トリュフの香りが。

もちろんお肉も美味しかったですけど、それよりサイドディッシュの季節野菜が美味しく仕上がっていました。

あまりお野菜好きでない主人も喜んで食べていました。



そして最後にバースデーケーキが。
ケーキ

シェフとスタッフの心のこもったおもてなしを受け、心もお腹も満たされた、最高のディナーでした。

偉くなられたもうお1人のシェフにはバラの花までいただいて花

本当に、エンパイアの皆様、ありがとうございました。

そして主人にも・・・ありがとう、そして、これからもよろしく手書きハート












Last updated  2007.03.17 23:22:19
コメント(4) | コメントを書く
[ディナー] カテゴリの最新記事


PR

Profile


lovecoffee60

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Calendar

Category

Archives

2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.