439635 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々あれこれ

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

香港 2010

2010.03.09
XML
カテゴリ:香港 2010

ちゃーけるさんにいただいたコメントで、ある間違いに気がつきました。

3月1日の日記のこのくだり

>でとりあえずやってみたけど、生かさず殺さず(笑)で、1時間超で5000香港ドルがなくなりました。

>もっと早く終了を迎えるかと思ったけど。

>5000香港ドルで一時間以上遊べるなら、安いかも。

 

5000香港ドル~!?

日本円にして、60000円ですと~びっくり

全然、安くないですし・・・

ひとけた間違っていました。

私達夫婦(主に主人)が負けたのは500香港ドルですから~!!

皆さん、突っ込んでくれなくちゃ~大笑い

 

ちゃーけるさん、どうもありがとうございました~手書きハート







Last updated  2010.03.09 21:47:54
コメント(4) | コメントを書く
2010.03.08
カテゴリ:香港 2010

香港3日目、あっという間に最終日。 

ホテルでゆっくり朝食。

でも、飲茶に備えて、量は控えめに。

私はペストリーの盛り合わせをお願いし、残ったものはお持ち帰り用に。

これで明日の朝ご飯はOK大笑い

朝食後は、香港駅でインタウンチェックイン。

その後、もう一度ホテルの部屋に戻り、寛いだ後、チェックアウト。

機場快速の駅に近いと、本当に便利です~♪

ホテルを出て、いつものように文武廟にお詣り。

時間もあるので、ゆるゆる歩いていきます。

途中、とても奇麗になった泰昌餅家を発見。

以前、エッグタルトお買い食いしたお店。

でも、あの時は古くて、ぼろっちぃ(ごめんなさい)お店だったのに・・・

一度姿を消していたのに、復活してましたびっくり

で、たどり着きました文武廟

IMG_5224 (400x214).jpg

キャットストリートを流し、今度は地下鉄で湾仔へ。

なんと、湾仔でも泰昌餅家を発見!?

いつの間にか、拡大中?

と、びっくりしているうちに福臨門に到着。

IMG_5229 (400x267).jpg

12時に入店。

なぜか、前回と同じ水槽横のテーブル。

豚の豆鼓蒸し、湯葉の海老包み揚げ、エビと野菜の餃子、海鮮しゅうまい、ふかひれ餃子スープ、あと何をいただいたっけ?

干し魚と卵の炒飯。

デザートに千層カオ、マンゴープリン、餡入りお餅の笹蒸し

他にもいただいた気がするけど、忘れちゃった(^^;)

マンゴープリン以外は美味しかったけど、気のせいか、ちょっと味の切れが悪かったような・・・

でも、十分美味しかったので、お昼からすごい勢いで、いただきましたぺろり

美味しいと、お腹がいっぱいでも、箸が止まらない・・

で、夕食に干し魚と卵の炒飯を、日本へのお持ち帰り用にもう一つ注文。

IMG_5232 (320x228).jpg

 

この日の夕食は、レンジでチンした福臨門の炒飯と、フリーズドライの中華スープ。

IMG_5233 (360x210).jpg

チンしても、パラパラ加減は変わらず、とっても美味しかったし、二人分、十分にありました。

ということは、お昼は飲茶をいただいた上に、この炒飯を・・

凄すぎたかも大笑い

でも、これから、香港に行ったら、必ずお持ち帰りしようっと!!

だって、そうしたらもう一食余分に、香港の料理がいただけるもん~ん手書きハート

 

 







Last updated  2010.03.09 00:23:18
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.07
カテゴリ:香港 2010

予定よりは早く帰ってくることが出来たものの、やっぱりちょっと疲れました。

ホテルの部屋で、の~んびりタイム。

そして夕食の時間が来たので、ホテルのダイニングに向かいます。

今日は、龍景軒に予約が入れてあります。

そう、このレストラン、香港の中華レストランで、唯一ミシュランの星を三つもらったレストラン

☆ ☆ ☆

前回ここを訪れたのは、まだフォーシーズンズができて1年くらいの頃で、もちろんミシュランの☆も香港に上陸していない頃。

サービスは超一流だったのですが、お料理的には可もなく、不可もなく。

再訪することはないかなと思っていたレストラン。

なので欣圖軒や、福臨門、夏宮をさしおいて☆☆☆もらった時にはびっくりびっくり

何かが変わったのか、再訪してみることに。

テーブルに案内されて見回すと、今回は満席。

3日前でも予約が入れられたのは、宿泊客だから?

地元の人たちというよりは、地元に駐在している白人のグループっぽい人たちが多いような。

二人でもいろんなものが食べてみたいと思ったので、シェフのおまかせコースをチョイス。

ここまでのホテルスタッフの接客は完璧。

オリエンタルなサービスというよりは、洗練されたとてもスマートなサービス。

お料理はタイミングよく運ばれてきます。

一皿、一皿の説明も丁寧でわかりやすい。

IMG_5210 (240x163).jpgアミューズ:キムチ

 

焼き物3種IMG_5212 (300x136).jpg

 

IMG_5213 (240x147).jpgふかひれときぬがさ茸のスープ

 

ロブスターのクリームソースIMG_5215 (320x240).jpg

 

IMG_5216 (320x240).jpg鮑とはたのオイスターソース

 

和牛の豆鼓ソースIMG_5217 (300x215).jpg

そしてこの後、野菜料理と炒飯。

IMG_5219 (301x320).jpgジンジャー風味クレームブリュレとお菓子

 

焼き物、スープ、ロブスターのクリームソースのボリュームが、ことの他あったのと、疲れていたのとで、その後の料理は、味見程度で完食できず。

 

お料理は、ヌーベルシノワとしては成功していると思います。

ただ、私的には、これなら日本の中華料理レストランと変わらない・・と思ってしまったのも事実。

全く、前回と同じ感想。

上湯も、美味しくて、とても上品だけど、それ故にくせがなく、金華ハムの香りもあまりありません。

私達を含めて、外人には食べやすいお料理だという感じ。

美味しいことは美味しいと思うけど・・・

と、私達的には、やはり求めていたものとは違うという、ちょっと残念なディナーになりました。

 

 

 

 







Last updated  2010.03.07 14:04:33
コメント(2) | コメントを書く
2010.03.01
カテゴリ:香港 2010

お腹がいっぱいになりましたぺろり

マカオと言えば、世界遺産

そしてもう一つ。

そうカジノです~♪

どこに行こうか悩みましたが、お買い物にも事欠かないという「ヴェネツィアン」に決定!!

 ヴェネツィアンの正面玄関にタクシーで乗りつけます。

エントランスを一歩入ると

IMG_5198 (270x360).jpg 

IMG_5199 (270x360).jpg

豪華ザ~マス。

でもどこかで見たことが・・・

そうホテル・ミラコスタ

ここだけ見ると、ちょこっとだけど似てますね(笑)

カジノもちょっとだけ体験。

ここのカジノ、荷物持ったままでもOKだし、セキュリティチェックもなし。

とってもゆる~い感じ。

でも、かなりの広さで、ディレクトリーで、目的のゲームを探さないと、どこに何があるか全く不明。

でとりあえずやってみたけど、生かさず殺さず(笑)で、1時間超で5000香港ドルがなくなりました。

もっと早く終了を迎えるかと思ったけど。

5000香港ドルで一時間以上遊べるなら、安いかも。

思ったより長く遊べちゃったので、ヴェネチアンの中を見て回る時間が少なくなっちゃった。

グラン・カナルをいそいで見て回りましょう。

まずはilly cafeで寛ぎますコーヒーオイオイ

IMG_5201 (360x270).jpg

IMG_5202 (360x270).jpg

ここも、どこかに似てる!?

あっ、東京ディズニーシー大笑い

ブランドショップから、お手軽フードコートまで。

安高、すべてがそろってます。

広すぎて見て回れなかったけど、テーマパークみたいで楽しい。

夏の蒸し暑いマカオでも、ここに来ればOK!?

一歩も外に出ずに遊べます。

マカオに行ったかどうかも、わからなくなるおそれはありますが大笑い

フェリーの時間も迫ってきたので、またまたタクシーでフェリーターミナルへ。

IMG_5205 (320x218).jpg

タクシーの窓から、ヴェネツィアンに手を振りました~バイバイ

帰りは、タイパ島からフェリーターミナル近くまで行くマカオ・タイパ橋を渡ったらあっという間でしたびっくり

IMG_5208 (360x199).jpg

そして帰りもスーパークラスの威力で(笑)、予約より早い出港ギリギリのターボジェットに乗せてもらって、香港に向かったのでした~スマイル

 

 

追記

ちゃーけるさんからいただいたコメントで気がつきました。

私達夫婦が、マカオで負けた金額は500香港ドルです。

日本円にして、6000円弱

>5000香港ドルで一時間以上遊べるなら、安いかも。

5000香港ドルなら、全然安くないし!!

みんなぁ、突っ込んでくれなくちゃ~(笑)

 

何はともあれ、ちゃーけるさん、どうもありがとう~手書きハート

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2010.03.09 21:36:47
コメント(10) | コメントを書く
2010.02.28
カテゴリ:香港 2010

お腹が空いてきたので、世界遺産をあっさり振り切り、タクシーで一路タイパ島へ。

いろいろ考えたけど、なんていったってマカオ初心者。

マカオ料理でよく知られている「ダンボ」にでも行ってみましょう。

タクシーで乗り付けて、ダンボへ。

でも、主人いわく、「ここは匂わない」

そう、この人、美味しいところを見つけることに、意外と鼻がきくんです。

じゃぁ、もう一か所のメジャーどころ、ダンボと経営は同じらしい「ピノキオ」へ。

ダンボにピノキオ、ふざけたネーミング大笑い

IMG_5193 (270x360).jpg

主人に、ここならOKの言葉をもらい、中へ。

1時頃でしたが、とっても混んでいます。

でも、空いている席に案内してもらい、メニューチェック。

出てきたパン。

IMG_5196 (240x180).jpg

えっ、温めてあるし、美味しい!

マネージャーさんっぽい人の助言もあり、車エビのにんにく焼き、マカオ風リブステーキ、そして野菜のカレースープ炒め、をオーダー。

 

IMG_5197 (360x270).jpg

どれも、なかなかのお味。

特に、マネージャーさんが勧めてくれた野菜炒め。

これがとっても美味しいの~手書きハート

スープまで、ほとんど食べてしまいました。

マカオ料理、侮るなかれ。

香港でいただく牛肉は、あまり美味しいと思ったことが無かったけど、このリブはやや硬かったけど、美味しく頂きましたぺろり

トイレもそこそこ綺麗で、また行きたいと思えるレストラン。

 

 

でも、このネーミング。

ダンボも、ピノキオも、お話自体はディズニーがオリジナルではないから、文句はつかないだろうけど・・・

 

IMG_5220 (182x240).jpg

紙ナプキン以外にも使われていたこの絵は、どうなのかしら~?

と、思わず心配してしまいました(笑)

 

 

 







Last updated  2010.02.28 19:16:37
コメント(2) | コメントを書く
2010.02.27
カテゴリ:香港 2010

マカオに到着。

世界遺産を巡るために、とりあえずタクシーで、「聖アントニオ教会」へ。

運転手さんは英語がわからない感じなので、「聖安多尼教堂」と書いた紙を見せて、連れて行ってもらいました。

その教会を皮切りに、世界遺産を歩いて周ることに。

街は、ちょっと前の香港の九龍側のような感じ?

でも、建物の壁の色や、ベランダの雰囲気が香港とは違います。

この辺が、イギリスとポルトガルの差かしら?

IMG_5170 (325x360).jpg

有名どころの聖ポール天主堂跡

裏に回ると

IMG_5143 (360x270).jpg

ファサードの上にあがって、マカオの街が見渡せます。

ここには、日本人などの殉教者の遺骨が納められている地下納骨堂などもありました。

この後、マカオ博物館のエスカレーターで、楽して「モンテの砦」へ。

IMG_5154 (360x270).jpg

IMG_5158 (240x320).jpg大砲の先にはリスボアが

ここの砦からは、マカオの街が360度見渡せます。

先ほど見てきた聖ポール天主堂跡も、ほらこの通り。

IMG_5150 (360x270).jpg

エスカレーターで、楽して下に降りて、いろいろ眺めつつ、セナド広場へ。

IMG_5180 (360x270).jpg

この時は春節の準備が進められていました。

他にも「リアルセナド」「聖ドミニコ教会」etc.etc.

狭い所に固まっているので、ささっと見て回って、世界遺産の旅終了

さぁ、そろそろお腹がすいてきましたね。

 

 

 

 







Last updated  2010.02.27 19:14:39
コメント(2) | コメントを書く
2010.02.13
カテゴリ:香港 2010

香港2日目、部屋での朝食が終わった後、歩いて香港マカオフェリーターミナルへ。

歩く人 歩く人 歩く人 歩く人 歩く人 歩く人  

 

朝はゆっくりと思っていたので、予約してあるのは10時の船。

フェリーターミナルと接続しているビルの改札階の下の階では、吉野家も、スタバも結構朝ご飯を食べている人でいっぱい。

活気があります。

そんな人たちを観察(笑)しながら、改札に向かう私達。

このスーパークラスvisaカードで購入すると、とってもお得~!」のプロモーション実施中。

スーパークラスのチケットを買っていたので、ラウンジ(?)が使えるらしい。

ということで、ラウンジはどこ~?と見回すと、待合室の中、ガラスで仕切られた空間が。

しょ、しょぼい・・・

でも、そこだけ喧騒とは無縁な感じなので、近寄って係員にチケットを示すと、あと5分足らずで予約より一つ前の船が出るので、そちらに乗れますよと言われました。

 おお~これはラッキー!!

待ち時間なし

急いで船に向かうと、もう乗船が始まっています。

IMG_5127 (400x300).jpg

エコノミーキャビンはいっぱいで、とってもにぎやか。

どうも、中国からの団体客でいっぱいっぽい。

スーパークラスのキャビンは、ガラ空き。

お客さんは、10人足らず。

席に着いたら、ほどなくして出港。

すぐに、食事が配られました。

IMG_5130 (240x137).jpg

食事が出るのは知っていたのだけど、やっぱり、朝食はホテルでゆっくりが基本。

お腹はいっぱい、それでも、フルーツとオレンジジュースはいただいちゃいました大笑い

IMG_5128 (320x240).jpg

 

 フェリーから、ホテルに向かって「行ってきま~す」と手を振って←してないしてない

一番高いビルの右横が、ホテルフォーシーズンズ香港

今日も、雨は降っていないけど、視界は不良。

朝読んだ新聞の、天気予報通り。

IMG_5132 (320x181).jpg

さすが高速フェリーというだけあって、いろんな船を追い越して行きます。

島もいろいろ見えるんだけど、なんせこの視界。

あまり見所もなく、50分くらいでマカオに到着

 

IMG_5136 (320x240).jpg

いよいよ、初マカオ上陸です~手書きハート

 

 

 







Last updated  2010.02.13 11:13:03
コメント(6) | コメントを書く
2010.02.08
カテゴリ:香港 2010

香港2日目の朝ご飯は、お部屋で。

ラウンジから見える景色より、圧倒的に30階にある私たちの部屋のほうが良かったから~♪

お願いしていた時間通りに、テーブルごと持ってきて、セットしてくれました。

IMG_5125 (400x300).jpg

主人は、アメリカンブレックファスト。

スイカジュースにフルーツサラダ。

ホワイトブレッドのトースト。

卵料理は、ハム、チーズとマッシュルームの入ったオムレツにしてもらいました。

私は、ベルギーワッフル。

アプリコットのコンポート添え(別添えですが)

コーヒーは、昨夜のコーヒーのほうが美味しかったなぁ。

ベルギーワッフルは微妙。

以前泊まった時に食べたパンケーキも、微妙だったっけ。

主人の方は、まぁまぁだったそうです。

なぜか、私たちにとって、フォーシーズンズ香港の朝ご飯は、超美味しいというものではないんですよね・・・

はっきり言って、朝食はリゾート地のホテルの方が美味しい気がします。

 

でも、朝のハーバービューを眺めながらのゆったりとした朝食は、やっぱり気分がいいものです手書きハート

 







Last updated  2010.02.08 20:17:59
コメント(11) | コメントを書く
2010.02.07
カテゴリ:香港 2010

遅いランチとデザートを済ませた後、早々とお土産物を、これまたifcモールに入っている奇華餅家で購入。

これでもうお土産物の心配はなし。

買った物を部屋に置いて、香港マカオフェリーターミナルにチケットのピックアップに行きます。

もちろん、チケットのピックアップは、当日で構わないのですが、上環にある香港マカオフェリーターミナルには行ったことがなかったので、下見を兼ねて。

部屋の窓からも見えているし、地図を見ると、4~500メートルくらい。

それでも、エントランスのドアマンに行き方を尋ねると、とても丁寧に教えてくれました。

エントランスを出てOne ifcのビルまで数10メートル。

そこからはマカオフェリーターミナルのある信徳中心まで、空中廊下でつながっていて、あっという間に到着!!

インターネットで予約していたチケットを券売機からピックアップ。

なんて便利なの~スマイル

映画のチケットとおんなじね!!

これで明日は万全。

 

さぁ、部屋に戻って夕食を検討しないとね←って、もう夕食!?

あっ、その前に、最終日の飲茶の予約をコンシェルジュにお願いしておかないと。

 

いろいろ考えたけど、今日はゆっくりしたいから夕食もifcモールで取ることに。

さっき食べたワンタン麺屋さんの真下にあったレストラン「翡翠拉麺小籠包

そこに行くことに決定。

行ってみると、これまたすごい人だかりびっくり

そしてワンタン麺屋さんと同様、人数を告げると番号の書いた紙きれをくれました。

そして、番号掲示板

これって、今の香港の流行~!?

で、待ってると100番台の番号を持った人と、800番台を持った人がいる?

私がもらったのは800番台

???

その後のお客さんたちを、よ~く見ていてわかりました。

2人以下の人数は800番台

3人以上は100番台

待つこと20分余り。

席について納得。

お店の真中には2人掛けの席が2列、ずら~っと並んでいます。

そして、その2人掛けを取り囲むように壁沿いには4人掛け。

4人掛けが空いた場合、2人以下の場合は、いくら先に待っていても、案内されないのです。

合理的というか、何というか・・・

 

席に座ると、すぐにグラスに熱いお茶を注いでくれます。

見張っていて、減るとすぐに足してくれるサービスの良さ。

まずは小籠包を。

熱々をいただくという使命に燃えて(笑)、写真を撮る前にパクリ

お口の中で、スープがジュワァって。

おいひいね~ぺろり

そしてそれを食べ終わる頃、ほかの注文が全部運ばれてきました。

IMG_5115 (320x240).jpg

車エビのチリソース

青菜の上湯スープ煮

雪菜とエビの炒飯

どれも、とっても美味しかった~ぺろり

でも、お腹が重~い・・大笑い

ごちそうさまでした。

 

お腹いっぱいになったら、コーヒーが飲みたくなっちゃった。

コーヒー コーヒー コーヒー コーヒー  コーヒー  

デザートには、お持ち帰りのマンゴー餅と、マンゴークレープが残っているし。

部屋に戻って、ルームサービスに電話電話

電話通り、きっちり15分後にはコーヒーが運ばれてきました。

IMG_5118 (320x240).jpg

ドリップ仕立てで、香りも良いし、お味も良い手書きハート

オーダー通り、熱いミルクと、冷たいクリームもたっぷり。

美味しいコーヒーに、疲れも溶けていきます。

香港の夜景を見ながら味わうコーヒー

こうして、ゆったりと最初の夜は更けていきました。

IMG_5119 (320x240).jpg

IMG_5121 (320x240).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2010.02.07 20:52:06
コメント(6) | コメントを書く
2010.02.04
カテゴリ:香港 2010

スマイルホテルの部屋でしばし寛いでいたけど、お腹が空いてる・・

だって、機内食にはほとんど手をつけなかったから。

相談の結果、ホテルのラウンジでアフタヌーンティーか、ifcモールの「正斗」でワンタン麺。

やっぱり、香港に来たのだからワンタン麺よね~!! 

 

ラーメン ラーメン ラーメン ラーメン ラーメン ラーメン ラーメン

フォーシーズンズホテルとifcモールは直結してるから、こんな時に超便利。

「正斗」に行ってみると、結構な人が待っている!?

もう3時半なのに、ランチ~?

人数を告げて、番号札を貰って待ちます。

銀行みたいに電光掲示板に番号が出る仕組み

2年の間に、進歩したわ~!!

と思ったけど、電光掲示板の使い方がいま一つ(^^;)

20分近く待って、やっと席に案内されました。

ワンタン麺と菜心を注文。

IMG_5111 (640x480).jpg

IMG_5110 (200x150).jpg

ワンタン麺、あっさりお味で美味しいスマイル

菜心も、スープで茹でてオイスターソースをつけて食べるだけなのに、どうしてこんなに美味しいのかな~!?

完全に火が通っているのに、このシャキシャキ感

あっという間に完食。

ごちそうさまでしたぺろり

すぐにマイタンして、お店を出ます。

そのまま、隣のお店に流れていく二人。

そう、そこは「満記甜品

ここもほぼ満席でしたが、ちょうど一つだけテーブルが空いていてラッキ~きらきら

IMG_5112 (640x480).jpg

マンゴークレープ、マンゴー餅、そして小豆スープ(ぜんざい?)かけ仙草ゼリー

パクパクと食べたせいか、マンゴークレープ1個とマンゴー餅1個が食べきれず。

ダーパオしてもらいました。

うふっ、幸せのお持ち帰り~手書きハート







Last updated  2010.02.04 21:38:30
コメント(4) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Profile


lovecoffee60

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Calendar

Category

Archives

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.