173763 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

統一教会(統一協会)信者への脱会説得法について

PR

カテゴリ

コメント新着

安淳徳@ Re[1]:■これからの統一教会に願うこと(09/09) 書き忘れましたが、 私の事件の発端は、 …
安淳徳@ Re:■これからの統一教会に願うこと(09/09) はじめまして。 安と申します。 訳分から…
樋口 豊@ Re:反カルトのカルト性 反対牧師は酷いよ
匿名さん@ 記事の更新 記事の更新がありましたよ。 <sm…

サイド自由欄

フリーページ

楽天プロフィール

設定されていません


統一協会員を脱会させるための手段

 「保護説得」(救出カウンセリング)とは?

(↑初めて訪問された方は、まずこちらをご覧下さい)



★重大ニュース 2014.1.28 『保護説得(救出カウンセリング)』は違法の判決!


■ ■ ■ ■ ■ [ カテゴリ別記事一覧 ] ■ ■ ■ ■ ■

推薦書『我らの不快な隣人』 法律
書評:読売ウィークリー2008.10.05号
書評:月刊プレイボーイ2008年11月号
書評:ザ・ファクタ 8月号
一般広報雑誌に書評掲載
脱会説得者によるレイプ事件
『拉致計画書』
答えに窮する紀藤弁護士
第一部を読んで
推薦書『我らの不快な隣人』の紹介
保護説得(拉致監禁)は正当な行為か?
犯罪者を保護説得(拉致監禁)することは許されるのか?
刑法
世界人権宣言
日本国憲法2
日本国憲法1

被害者の陳述
12年5ヶ月監禁された後藤徹さん
ある監禁経験者からのメッセージ
監禁中のライター
拉致監禁被害者へのインタビュー 3
被害者へのインタビュー その2
被害者へのインタビュー その1
牧師が考える理想的な拉致監禁(救出カウンセリング) 1
牧師の監禁責任
被害者の心の傷 1
胸が痛くなります・・
保護説得被害者の体験談を発見
信者が脱会した後の扱われ方
拉致の瞬間・・ある被害者の陳述書より
監禁中の心境
監禁中の様子
監禁中の心境
保護説得直後の親子の対話から

元信者
元信者の方々へのアンケート

過去の事例 反対グループ
12年5ヶ月の概略
何と、13年間の監禁!!
抗議文
知られざる拉致監禁の歴史
書かれざる「宗教監禁」の恐怖と悲劇
破壊される信仰
吉村正さんの事件
過去の主な保護説得事件(追記中)

監禁牧師の逃げ口上
『創』編集長が強制改宗問題に対して出したコメント
懲りずに監禁を模索する反対派
嘘つきはどっち?
保護説得を積極的に進める人たちの本音と建前
とある元信者の心境(監禁被害者)
ある元教会員の言葉から・・
統一教会に反対する牧師の経緯

マインドコントロール 警察の対応
どっちがカルトなんだ?
一時間あたり250ドル(約3万円)のカウンセリング料金
マインドコントロールの問題点
マインドコントロール理論

アメリカ国務省は「保護説得」と警察の対応を問題視
国会で取上げられた「保護説得問題」
日中の路上拉致も見過ごす
警察は拉致することを承諾していた

他の強制改宗
アメリカの強制改宗事情
キリスト教の犯罪
キリシタン迫害と現代の拉致監禁問題

解決法
☆アメリカ著名人による講演「強制改宗と宗教の自由」
1. カトリック信者の意見から
2.「迫害」⇒「容認」⇒「協力」
3.アメリカでの拉致・監禁改宗活動
4.既存宗教と新興宗教への世間の認識の違い
5.バチカンの宣言文

時間が和解を助けてくれる
あなたの性格診断
霊感商法の実態
賛同する人々の声も聞いてみる
カルト警戒
親子の交流不足の解消

■ ■ ■ ■ ■■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

[保護説得体験談アンケート]

[トップへ]



保護説得(救出カウンセリング)とは?


 我が子が統一協会の信仰を持っている。
 
 世間でも評判が悪いらしく、心配だ。

 『カルトに詳しい牧師さん』
 『被害者家族の会』

 などに相談に行くと、こう言われることがあります。
 
 「・・・保護して、説得するしかないですね・・・」
  
 
 この「保護説得」を実行されたことによって、たくさんの人たちが今もその後遺症で苦しんでいます。

『保護説得・救出カウンセリング』

とは、つまり、

『拉致および長期間に渡る監禁』 です


「ディプログラミング」とも呼ばれ、信者を物理的、計画的に監禁し、そこで所属団体に嫌悪感を抱くような情報を十分与え、本人を精神的にも肉体的にも疲弊させて脱会させる手法です。

(⇒参考:「親による子供の拉致」by Wikipedia)


アメリカでは違法とされています。


しかし、この手法は統一協会(=世界基督教統一神霊教会=統一教会)に入会した信者を脱会させるために、
いまだに日本で使われています。

実行する専門家(キリスト教の一部の牧師)は、
「破壊的カルトで犯罪集団の統一協会からお子さんを救うためには、あなた達両親の愛が必要だ」などと言葉巧みに身内の家族を説得します。

(まさか、キリスト教の牧師さんが、酷い事を指導するはずがない。

 不安感を煽られている家族は巧みに操られ、我が子を監禁していくのです。


監禁現場の玄関 南京錠

監禁マンションでの玄関ドア
チェーン及び南京錠を使用した施錠状況
玄関の南京錠


信者が統一協会(統一教会)を脱会すると言うまで続けられます。

マンションの一室に、何週間も、何ヶ月間も監禁します。
なんと、12年間に至った例もあります。
その間、信者は閉じ込められたまま、一歩も外に出してもらえません。


後藤さん監禁後1 後藤さん監禁後2

12年5ヶ月もの監禁から解放された直後の信者

身長185cmなのに
体重はわずか37kgしかなかった

    参考記事



早く外に出たいという気持ちと、両親に裏切られたという気持ち・・・。

信者は精神的にも肉体的にも衰弱します。

そこに、教会を批判する情報だけを数多く見せ付けられ、一方的に棄教を強要され、精神的に物凄い圧力を加えられます。


実質は「逮捕監禁罪」という犯罪行為です。



多くの人は、解放後も拉致監禁による精神的ショックでPTSD(心的ストレスによる精神障害)を発症します。

まるで廃人のようになり、社会復帰が困難になるケースもあります。


良識ある牧師は、「正義」と思われた「保護説得(救出カウンセリング)」が、正義の行いではなかったと気付き、保護説得には批判的になっています。


しかし今なお、金儲けや宗派争いのために確信犯的に続ける牧師が少数います。

また、弁護士や被害者の会と称してまるで正義の味方のような顔をして、そのような反社会的な牧師と結託して、巧妙に拉致監禁を勧める人達もいます。

家族の不安をあおり、「救出」と称した「犯罪行為」を積極的に勧める牧師がいることは、社会的に憂慮すべきことではないでしょうか。


監禁場所の出窓
ボルト付き金属棒
出窓のレール部分にはめ込まれていたボルト付き金属棒
監禁マンションの出窓の状況

外から見えないように花柄のシートで覆われ、クレセント錠は幅広のビニールテープが貼り付けられ、レール部分にはボルト付き金属棒がはめ込まれて、開かないようにされている。

[カテゴリ別記事一覧] [保護説得体験談アンケート]


2014/07/08
XML
カテゴリ:◆最近思うこと
最近、生きている間に行かないだろうと思われる国で日本人が活躍している、という番組がある。

テレビの朝日放送で毎週放送されている『世界の村で発見!こんなところに日本人』

公式サイト⇒http://asahi.co.jp/konnatokoroni/

また、毎日放送で毎週放送されている『世界の日本人妻は見た』

公式サイト⇒http://www.mbs.jp/japa-zuma/

という番組。

実際、観 … [続きを読む >>]




楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014/07/08 09:39:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.