000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

らぶふみ

らぶふみ紹介頁

らぶふみ賞に選ばれたらぶふみ、最終選考の候補に残ったらぶふみを皆様にご紹介するページです。

らぶふみに記された色んな人の、様々な想いを味わって頂ければ幸いです。
(受賞者・応募同意の上、イニシャルでおおくりします
なお、この文章の無断転載(一部抜粋・加工も含む)を禁じます
また、各らぶふみについていますタイトルは、応募者がつけられたもの、私達が勝手につけたものとがあることを記しておきます。)



第一発目は、らぶふみ賞に選ばれたらぶふみ「Eちゃんへ」です。

―――――――――――

Eちゃんへ


いよいよ、行ってしまうんだね。
一緒に過ごした高校三年間、本当にいろんなことがあった。
君を初めて見たのは、Mに紹介されたとき。
どんぐり頭の明るい子だという印象だった。正直言って、俺の好みじゃないと思った。はじめは・・・
MとEちゃんがつき合いはじめ、二人はどんどん近づいていった。近くで見ていて、本当にうらやましく、そしてせつなかった。何より、EちゃんがMを本当に好きなんだとわかって、本当のことが言えなかったんだよ。

実は、EちゃんがMあてに書いてた手紙の返事は、俺が書いてたんだよ。わからなかっただろうなあ・・・・
手紙の中で、将来のこと、家のこと、悩み、いろいろ書いてきたね。
Mに”お前が書いてくれ”と頼まれた時は、めんどくせえーと思ったけど、書いてくうちに、Eちゃんのことどんどん好きになっていった。明るく見えても、本当は、弱い子だとか、真剣にいろんなことを考えている子だとかわかって、好きになっちゃいけないのに、好きになってしまった。
苦しかった。親友の彼女を好きになり、Eちゃんに「Mの手紙を読むと、とっても元気がでる」って言われた時は苦しくて「俺が、実は書いてんだ」と何度言おうとしたことか・・・・。でも、本当にEちゃんはMを好きなんだとわかっているから、言えなかった。

いよいよ、K県の大学に行ってしまうEちゃん。頑張って先生になる夢、かなえてほしい。
そしていつか先生になった時は、俺の子どもを教えて下さい。
   ごめんな。そして、頑張れよ!!
            
                  H

――――――――――――




らぶふみ紹介第二弾は、最終選考の候補に残ったらぶふみ「キャンディ」です。どうぞ。

―――――――――


物陰からうかがうようにして、わたしがひとりになるのを待っていたあなたから。
こちらを見ようともしないで、
赤くなった顔を隠すようにして
ぶっきらぼうに押し付けられた飴ひとつ。

「元気になるから」と。

その一言へのご返事です。

どのくらいの思いで握っていたのかな。
すこし溶けて紙包みに張り付いていて、人肌にぬくもったあたたかなキャンディー。


生き方に不器用な人だろうなと、そのとき思ったの。
それでも
あなたは信じられる気がした。

傷つき、痛みだらけだとおもっていた日常に広がる
やさしさに感謝して。
照れくさいけど言葉にします。

あなたが好きです

あなたが好きです。



何年たっても、結婚しても、これからも。
あの日、あなたへの思いの甘さに、今でも酔っているわたしです。


――――――――――




第三弾は、「今までありがとね」というらぶふみです。




――――――――



Dear Y


こんな形ではなれることになってごめん。でももう、友達としてYに彼女ができたりするのを見ているのは耐えられなかった。
親友という関係を壊すのが怖くて、心のおくに封印してた気持ち。でもそんな恐怖よりも、Yを想う気持ちのほうが何倍も大きくなって、一生口にしないと決めてた言葉を伝えてしまった・・・ごめん。
冗談や笑いで流さず、ちゃんとMの気持ち受けとめてくれて、ありがとう。
どうしたらMを傷つけなくてすむかって、いっぱい考えてくれたんだよね。そんなYの優しいところや、マイペースで個性が強くて、不器用だけど一生懸命で、Mにはないものを、Yはたくさんもってて、そんなYがMは大好きだよ。

これから先、Y以上に好きになれる人に出会うことができるのか正直わからない。だけど、Yとであって親友になれていっぱい一緒にいろんな思いでつくって、ここまであなたを好きになったこと後悔してないよ。
『恋人になってしまったら、いつか別れがあるかもしれない。だけど、友達なら、いつまでも一緒にいれる、だからMは友達のままで、ずっと一緒にいたい』というYからの返事。すごく嬉しかった。

でも、もう、前みたいな友達には戻れないよ・・・。でも、いつかまた、お互いに笑って会える日を楽しみにしてるから。それまでにいい女になってやるんだから。Mをフったこと後悔させてやるんだから!!
覚悟しといてよ!!

それじゃあ、元気で。今までありがとね。

             バイバイ。
                    From M


―――――――――




第四弾は、「J」というらぶふみです。



―――――――――



横浜スタジアム前J(レストラン)であなたを見かけて以来、随分時が流れましたね。私は一目ぼれではなかったですが、段々とあなたに魅かれていきました。
去年の六月、スタジアム前Jが閉店すると知って以来、私は慌てました。だってMちゃんと会えなくなるから。毎日それだけが楽しみだったのに・・・。でも私は勇気を出しました。友人の力も借りたけど、あなたと話しました。そして次のバイト先、今の職場でもある横浜北幸Jを教えてもらえました。あなたは深い意味はなかったとは思いますが、私は喜び、少なからずの好意を持っていてくれているのかな?なんて、勝手な想像をめぐらせました。本当に嬉しかった。だって又、あなたに会えると分かったのですもの。
それから、北幸J通いが始まりました。土曜日は毎週友達に付き合ってもらって通いました。そして今も通っています。あなたは、そんな私に気付いてか、気付かないでか、少し冷たい素振り。私は迷いました。毎週あなたに会える、その幸せをとるのか、振られるのを覚悟で告白するか、と。私は前者を選びました。只、見ているだけでいいと。でも、今、今日、思い(想い)を伝えます。振られるのを覚悟で、勇気を出して言います。「私はあなたが好きです。その想いを分かって下さい」と。最初で最後の手紙になるかもしれません。それでも、この世にこんな馬鹿な男がいることだけは覚えていて下さい、いや、あなたに幸せを貰った、世界で一番幸せな男がいたということ。そのことは忘れないで下さい。返事はいつでもいいです。私は覚悟は出来ています。付き合うor振られる、Mちゃんの素直な心でいいです。
偽りはいりません。同情はいりません。頂けるなら愛情を。
すみません、長くなりました。では、この辺で。

                A



―――――――――



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.