440415 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ももクラブ

避妊手術




ももの赤ちゃん

ももが1歳になった頃に ももの赤ちゃんが欲しくなってきた
2歳を過ぎた頃に まだ欲しければ そのときに又考えようと思った
そして今年2歳を迎えてもその願望は変わらず
ももパパと色々相談していた ももパパの意見はこうです

・可愛い子はもも一人で充分

・出産する事によって毛並みが悪くなる

・これは母体に負担がかかっている証拠であり

・体の小さいももにもしものことがあったら・・・

・同じ年の子がいるという事はお星さまになる時期も同じで耐えれない

・多頭飼いはそれなりにいいかもしれないが自分としては 単頭飼いのほうが魅力的

・争う事を知らない

・嫉妬をする事も無い

・次我が家に来た子がもし吠える子なら吠えないももも 吠えるようになってしまう

何やかやと色々理由を並べているけど ももパパの意思は固く
それを強引に押しのけて子供を産ませて
もしものことがあったらって思うと 多分離婚だろうな・・・
色々悩んだ結果 ももの赤ちゃんは諦めました
そして 2月23日に避妊手術をしました 何をしても 気が紛れず・・・
赤ちゃんを産ませない事が いきなり何で避妊手術に???って思うかもしれないけど・・・・

蓮4044 



避妊手術

子供を産ませなくても 自然体が一番!
健康体に 人間の手でメスを入れるなんてナンセンスって思っていたももママ

なのに急に 『避妊手を!!!』 って考えた一番の理由は 近所のワンチャン(7歳)が
子宮蓄膿症になって 痛い思いをして子宮を取ったのに手遅れになり 天国に行きました

その時の飼い主のお友達が 言ってました
一億円の宝くじに 当たるか当たらないかの確率で 病気になるのではなく
右か左かと言うくらいの高確率で 高齢になればなるほど
病気にかかってしまうってことを もっと早く知ってれば・・・・って後悔してました

『自然体が一番・・・』 って何だろう?って事を考えました
犬にとっての自然体とは ヒートが来るたびに子犬を産み 多くの群れで生活する事!
ヒートが来ても子犬を産まないのは自然に反しているって事に気づきました

もっともっと厳密に言えば
『人間に飼われていること自体が 不自然だ!』 って事に気づきました
『病気になったらなったで その時に考えればいいやんか!』 って
お気楽に考えていた・・・・

元気に飛び回っているももの体にメスを入れるのに 本当に抵抗がありました
ましてそのまま 麻酔の効きすぎとかで意識が戻らず 天国に行ってしまったら・・・
なんて思うと 中々結論を出せなかったけど 高齢になってから
手術をしなければいけなくなったときの麻酔の危険性と
(高齢+病気でもう既に 体力が落ちてしまってる時)
今元気で若くて 何処も悪くない時に 麻酔をした時とでは
天と地との差が有るって先生に説明を聞いて 色んな説明をして頂き
『この先生ならももをお任せしても安心!』って思い決心しました

たった5センチ程切っただけなのに どこも悪くないももがでさえ
あれ程の体力消耗があり 精神的にも落ち込んだのだから
病気になって手術をしていたら 悲惨だったろうなと思います
元々 何処も悪くなかったから 3日間で元気になれたのだと思う
病気が見つかって 手術をしたなら・・・
早期発見かどうか?にもよるだろうし
高齢かどうかにもよるかもしれないけど
この間のももみたいな 驚異的な回復には程遠かったと思うし・・・

今は ワンチャンの病気の中で一番多い子宮に関係する病気になるリスクが
ゼロになって 手術をして良かったと 本当に思います
そして 次に良かったのは お出かけする時に 生理中だと
他のワンチャンとの接触にも 気をつけないといけなかったけど
気にしなくても良くなり お洗濯の回数も減るから
ずぶらなももママには本当に良かった!良かった!です

『だからあなたもすれば?』って簡単に言えるようなことじゃないけれど
悩んでいる人は いろんな人の話を聞いて 最終的には飼い主が そのワンチャンにとって
何が一番幸せなことなのか???って考えて結論を出せばいいと思います

蓮4044 



多頭飼いについて

多頭飼いをするまで我家のももは 殆んど一日寝て暮らしていました
夕方5時位から10時位まで たった5時間しか起きてないのです

お出かけといっても たま~にだし 勿論田舎だからドッグカフェなんて洒落たものはなく
ワンチャンと出会うと言えば お散歩の1時間位の間に2~3匹出会うのが関の山!
元々怖がりで大人しかったももの性格に拍車がかかり ワンチャンと挨拶が出来ない
ドッグランでも 他のワンチャンと遊べない 一人ポツンと居るって事が多くなり
ワンチャン同士で楽しく遊んでいる姿を見ると 『あ~なって欲しい!』って思ってました

そんなある日 ブラ~ッと立ち寄ったペットショップで
『この子は何歳?』 って聞かれ 『3歳です!』 って言うと
『ず~っと一人でしょ? 落ち着いているね! 精神的に6歳位かと思った!』
『このままだと 呆けも早く来るよ~!』 って言われました 今から考えると
『早く2匹目を飼いなさい! 我がペットショップで!』 って言いたかったのか・・・?

でも今までの生活を振り返ってみると 確かにボケ~っとした一日を送っていて
『このままでは本当に呆けてしまう』 って思ったのです
刺激を与える為に 『妹を飼おう!』 って切に思いました
ももパパが反対していた多頭飼いを覆す正当な理由が出来たのです!

それからず~っとワンチャンを捜していて アンと巡り合ったのです
多頭飼いをするにあたっての不安って 全然無かったです!
ただもう 『ももが呆けない為に!』 って意気込みが強く 躾も出来ていたし
優しい子だったので 上手くやっていけると思ってました

我家にやって来たアンは 普通の子犬の無邪気さを持っていただけの子
だけど 余りにも長い間一人で育ったももには 刺激が強すぎたのか
『ある日突然やって来たこいつは一体何者???』って感じで 迷惑そうでした
寝ていたいのに起こされ 遊びたくも無いのに 誘われ・・・
犬なのに 人間の私が見ても 『迷惑な顔!』ってのが良く解る位 ももにしたら
迷惑な話だったのです アンは遊んで欲しいし ももは遊びたくないし・・・・
人間の誰かが遊んであげても アンは犬のももと遊びたいみたいで・・・
このままだと お互いにストレスを溜め 二匹とも駄目になってしまうかもしれない
時間をかければ 仲良くなれるとは思っていましたが
ゆくゆくは各色4匹欲しいと思ってたので 少し時期は早いけど
もう1匹飼えば 早期に問題は解決するんじゃないかと ニコを迎えました

ニコを譲っていただいたブリーダーさんに
『ヒョットしたら 下二匹で ももを虐める事になるかもしれないですよ!』って言われました
そうなるかどうかは 飼って見ないと解らない事だし その時に考えればいいかなって!

先住犬の躾がしっかり出来ていれば 2匹目は真似をしてくれるので と~っても楽です!
1匹目から2匹目は何事も初めてで大変に感じました
でも2匹目から3匹目は さほど変わりません
かえって競い合いながら育つので 三匹目はと~っても楽でした

ニコが来るまでの一ヶ月の間にアンのオシッコ&ウンチは8割方出来てましたが
失敗した時に 一度叱ってしまい 隠れてシート以外の所でするようになり
振り出しに戻ってしまいました だけどニコが100%完璧に出来るようになって
刺激を受けたのか アンも現在8割方できるようになりました
おすわりも待ても あえて教えてないけれど ももの真似して出来ます
ドッグフードを食べなかったももが 二匹につられて パクパク食べています(信じられない!)

現在3匹の関係は理想的で ニコとアンが遊んでいる時に
気が向けばももが入って行くというパターン
午前と午後2回 バトルがあって ももには良い運動(刺激)になってます

結論から言うと 飼いたいときが飼い時! いかなる事態になっても
責任を持って最後まで飼う覚悟があれば 必ず良い結果を迎えられると思います

先住犬に合う子をって思っておられる方! そんなの飼って見ないと解りません
レンタルで一時借りて 合うかどうかお試し期間って言うのがあればいいのですが・・・

ワンコが姉妹が欲しいって思ってるかどうかは喋れないから解りません
多頭飼いは 単なる飼い主の勝手なエゴなのです 自己満足なのです
でもいかなる問題が起こった時でも 要は 最後まで責任を持って飼う覚悟があるかって事です

先住犬が攻撃的でなく 躾の出来たワンチャンで
更に 間が1年以内であれば 何の問題も無いと思います
結構飼ってしまえば 『何とか なるようになるさ!』って事でしょうか~?

蓮4044 



犬を飼わないなんて 言わないで


お家を汚すから飼わないというなら
犬はお行儀を身に付けることが出来る

留守がちだから飼わないというなら
犬はけなげにも 孤独とむきあおうと努力するかもしれない

貧乏だから飼わないというなら
犬はきっと一緒に貧乏を楽しんでくれる

だけど・・・
死ぬのが怖いから
って言われたら 犬はもうお手上げだ

すべての犬は 永遠じゃない いつかはいなくなる
でもそれまでは すごく生きている すごく生きているよ

多分今日も 日本中の犬達はすごく生きていて
飼い主達は 大変であつくるしくって 幸せな時間を共有してるはず

飼いたいけど飼わないという人がいたら 伝えて欲しい
犬達は あなたを悲しませるためにやってはこない
あなたを微笑ませる為だけにやって来るのだと

By 『 日本ペットフード 』

飼い主になったら出来ること
それは

『 健やかな一生をおくれるように 気遣ってあげる事 』

蓮4044 


top.gif

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.