528994 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

悦楽Days~精神的裸体宣言~

QLOOKアクセス解析
2018.03.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
1月頭に前向きっぽいことを投稿していながら、その後は若干波乱があった。

突然の母からの電話。何かと思ったら「がんになっちゃった」というものだった。
幸いにも転移などはない初期で、間もなく手術をするという話だった。
そうか、初期か…と意味はわかっていても、「がん」という言葉の衝撃は大きい。
ヤバイ、うち完全がん家系じゃん、とも思った。

手術の日は仕事を休んで病院へ行った。
ちょうどインフルエンザが流行っていたので、面会は入院日と手術日くらいにしてくれ、というお達しがあった。それでも受付やナースセンターで「本当にいいと言われたのか?」と厳重に確認され、ようやく担当の看護師さんに会えて、母の部屋へ。
手術後、麻酔から覚めた母は管だらけだったが、想像よりよく喋れており、ちょっとホッとした。
その後、放射線治療を受けて1週間で退院。

術後検査の結果から、抗がん剤治療を受けることになった。
ハゲることを心配した母は、帽子やらウイッグやらを購入。
そういうのも含めると、がんってすごくお金がかかる。

冷静に現状分析すると、母のがんはすぐに死ぬものではない。
がん細胞の活発度とか、今はいろいろなことが検査でわかるが、何よりも大きいのはがんがまだ広がっていなかったこと。いろいろなHPなどを見て、そう思った。
今、母は抗がん剤治療とそれに伴う薬でけっこう辛そうだ。
抗がん剤自体よりも、白血球を増やすための治療がきつそうに見える。
なのでとても心配なのだが、これで少しでも予後が良くなるのなら…なんとかがんばってもらいたい。

これらの治療が落ち着いたら、ある意味でとても幸せな時期が待っている。
命の大切さがわかった上で、どう過ごすかを考えられることは、家族にとっても大きい。
楽しい思い出を少しでも残せるよう、できるだけまめに実家に行きたい。






最終更新日  2018.03.23 13:33:38
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

プロフィール


マナカ☆

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.