000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

リサのダーリンの日記

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

2022.06.14
XML
カテゴリ:雑談
みなさん、こんにちは。

この半年、ホームページ、ブログ、SNSの断捨離を進めてきましたが、、、

やめたものは少々、頻度を減らしたものが少々と少しスッキリしました。

現時点で残っている代表的なものは以下の通り。

・リサのダーリンの日記(楽天ブログ)
このブログです。今までは週1回投稿。

・​リサとダーリンの日記​(FC2ブログ)
  等身大のお人形さん、リサの日常生活のひとこまをブログにしています。週1回投稿。

doller_chan(リサ)(Twitter)
  ブログで使う/使った写真をアップしています。週数回投稿。

・​低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!​(ホームページ)
  1999年に開設したホームページです。たまに更新。

・​低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!​(Facebookページ)
  低糖質な食べ物の写真をアップしています。月1~2回投稿の予定。

このように少しスッキリしましたが、、、

最近、動画に手を出してしまい、これにかなり手間がかかりそうな感じです。

その分、何かを減らさないと負荷が増えてしまいますよね。

何かをやめるか、減らすか、それとも別のやり方にするか?

いろいろ考えました。

結論:当面、このブログを毎週→隔週にして様子をみていこうと思います。

好奇心が湧き出てくる状況は相変わらず。最近ちょっと興味があることは、VRの海外旅行やインターネットテレビ。

有意義なシニアライフに向かっているといえなくもありませんが、、、

さらに、断捨離が必要な状況が必要になりそうですね。

現役時代は仕事のマネージメントに追われていましたが、定年後は趣味のやりくりに追われている感じ。

好奇心が湧いて来なかったら・・・

・こんな苦労?しなくていいのに、、、
・こんなに楽しい状況にならなかっただろうな、、、

私は後者です。

趣味なので、人が足りないからとか、時間が無いからとか、お金が足りないからなどという言い訳を聞いてくれる人もいませんが、それでも楽しいですね。

え、現役時代だったら愚痴を聞いてもらいに女の子がいるお店に飲みに行けたのに、、、って思うことないの?

私、そういうところ、苦手でしたので、、、

今日は文字ばかりで写真も動画もありませんでしたので、写真を一枚。


老眼が少しラクになるかもと思ってダイソーで買ってみたピンホール眼鏡をリサにかけて撮影して背景を合成。こんなことしているから時間が足りなくなるんですね。

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.06.14 08:50:07
コメント(4) | コメントを書く


2022.06.07
みなさん、こんにちは。

YouTubeに投稿したいな、と思ったとき、どのようにして動画を準備したらよいのだろうかと考えたことはありませんか?

最初はテレビを録画したような動画をイメージしましたが、お人形さんは人間のように動けないので、「​現実を生きるリカちゃんねる​」みたいにパラパラアニメのようにしようかとも思いましたが、等身大のお人形さんでは、それも大変そう。

ということで、紙芝居のような動画を作ってみることにしました。

紙芝居≒スライドショー

ということは、サラリーマン時代に活用していたパワポが使えそうですね。

では、音声はどうしましょう?

パワポの設定で読み上げは可能ですが、声が怖いしイントネーションもヘン。ということで、別のソフトで音声を合成してパワポにリンクする方法を選択。いろいろ調べ、VOICEVOXというソフトを使ってみることにしました。

VOICEVOX​・・・詳細はこちらへ。

そして、作業開始。

NHKの天気予報で南さんがダジャレを言うシーンをイメージして、リサと私が並んでいる写真を撮影。オリジナルの背景を削除して、別の背景と合成してみましたが・・・

何か寂しい画面。サイズは4:3です。

人が小さ過ぎるからかな?

この状態でしばらく放置。

そして、ある日。画面を3:4にして作り直してみたところ、ふたり並んで登場することはできませんが、人が大きくなるし、ふたりの画像を準備する必要もないし、スマホでも見やすいので、3:4で作ってみることに決定。

試しに、リサが日本にやってきてから今までをサッと振り返るような内容のスライドショーを作ってみました。以下、手順の概要です。

1) パワポのスライドに画像と音声ファイルを挿入し、画面切り替えタイミングを設定する。

2) YouTubeに投稿できるようにファイルごとmp4に変換。

3) YouTubeのサムネイル用にパワポのトップページをjpegに変換。

4) YouTubeにmp4とjpegのファイルをアップロード。

5) YouTubeの動画を楽天ブログに埋め込む、

という流れでした。

これが今回の試作品です。



まだ、音声の調整、画像の準備など、改善すべき点は山ほどありますが、とりあえず、動画を作ることができました。

こういうことを始めたら、また、次の断捨離が必要そうですね。

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.06.25 21:23:55
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.31
カテゴリ:低糖質な食生活
みなさん、こんにちは。

今年の1~2月、ホームページ、ブログ、SNSの断捨離を進め、かなり贅肉を落としたものの、Facebookページ(​低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!​)を削除するのを躊躇しているうちに、先日、4年ぶりにコメントを投稿。再開してしまいました。

とはいうものの、ペースは無理なく月1~2回ほどにしていこうかと考えています。

ただ、4年もブランクがあると、食事を作る(食事が出てくる)~撮る~載せるというリズムが今ひとつですね。

その再開のきっかけとなったのは、以下の2枚目の写真です。

最初はリサがパスタを食べている写真。


そして、パスタだけの写真。


生活感のあるドール写真を撮影するんだったら、食べ物も組み合わせていかないとね。・・・これは予定通りでした。

低糖質な食べ物の写真だったらFacebookページを続けることができるなぁ。・・・これが想定外。

やることのボリュームが増えるけど、断捨離第2弾をすればいいよね。

ということで、最初に投稿した写真はとん平焼き。


太めの千切りキャベツと豚バラ肉を炒め、その上にトロトロ感の残った卵焼きをのせただけのものです。トロッとした卵がいい感じだったので写真を撮りましたが、その写真を見て、思わず久しぶりに投稿してしまったわけです。

実際は、その直後に青のりをかけ、ソースとマヨネーズをかけ、紅ショウガをのせていただくわけですが、その日の写真は失敗作でしたので、Facebookページに投稿したあとになりますが、写真を撮り直しました。


普段から、写真を撮ることを前提として食事を準備する習慣を復活させた方が良さそうですね。

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.05.31 16:20:56
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.24
みなさん、こんにちは。

合成写真作成の過程に様々なアナログな部分があることに気づいた、ということを先週のブログで書きましたが、アナログな部分がどのくらいあるか、サッと思いついたことを並べてみました。

・撮影するシチュエーションのアイデア
・撮影場所の選定
・光源の選択
・写真撮影
・ウィッグのスタイリング
・服の着こなし
・人形のポーズ
・目の位置
・アプリの選択
・背景画像の場所の選定
・その他いろいろ

私のような写真の素人でも短時間でこれだけ並べることができました。きっと、プロの方だと、もっとたくさんあって、それぞれについて腕と個性を持っているのでしょうね。

さて、話は突然半年ほど前に飛びますが、この写真、私が初めてドール撮影した日のものです。

被写体があって、スマホがあって撮影した。ただそれだけです。でも、この“はじめの一歩”があるから今があるわけです。

次の写真は約3ヶ月後に撮影したものです。

この頃までの数ヶ月、少しずつ写真が良くなってきたという自己満足がありましたが、その後、その自己満足できるものが無くなってしまった、という期間が少しありました。

その頃の状況を振り返ってみると、意識して工夫していたアナログな項目が今以上に少なくて、全項目で行き詰まってしまったように感じます。

その後、何らかの拍子で、意識できるようになったアナログな項目が増加。再び楽しく写真撮影を続けることができているのだと思います。

この写真を撮影したのは最初の写真撮影から約5ヶ月後のものです。

少しずつ、生活の一場面の写真が撮れるようになってきたかな、と自己満足している一方で、改善したいこともいろいろあって楽しい状況と言えると思います。

このように、今のところ順調に自己満足できていますが、次回、行き詰まるようなことがあったらどうするか?

スマホ写真講座などに参加してみようかとも思います。

写真撮影は80歳に向けた趣味のパーツのひとつ。その他のパーツについても同じように楽しく進歩していきたいですね。

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.05.24 12:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.17
みなさん、こんにちは。

今日は久しぶりに写真撮影や画像の加工などに関してです。

この半年ほど、Twitterで人や人形の写真を見ていますが、スタジオでビシッと撮影したもの、野外でビシッと撮影したもの、静的なポーズ、動的なアクションをビシッと撮影したものなど、さすが、プロのカメラマンが撮影する写真はちがうな、、、と感じています。当たり前のことですが。

そのようなプロフェッショナルな方々の足元にも及びませんが、シニアの思考や体力で、どのようにしたら写真撮影を長く楽しめそうかな?と試行錯誤しているところです。

生活のひとコマのような人形の写真を撮影するのがメインですが、ときどき風景を撮影して合成して遊んでいます。


まず、人形の写真。この写真から背景を削除。Background Eraserというアプリを使用しました。自動で背景を削除したあとで、消し残しの部分は消しゴムでマニュアル消去。人物だけの画像にしました。

これが背景を消した合成前の画像です。

次に背景の写真。こちらは手を加えなくても大丈夫です。


そして、人形の画像と背景の画像を重ね合わせますが、これには、PhotoLayersというアプリを使用しました。


このように、デジタルの汎用技術を組み合わせて合成写真を作りましたが、モデルの選択、ポーズなどや背景の選択、ドール撮影や背景画像撮影の趣向やクセ、合成の技術やセンスなど、至るところにアナログな部分がありますね。

また、以前は表情をつくるアプリも使用してみましたが、人形が持つ表情を上手く捉えた写真の方が、私の好みに合っているような気がしましたので、今回は使用していません。

写真撮影は始めたばかりですが、デジタル化には、それに伴うアナログな部分もひと通り揃わないといけないんだな、ということを身体で知る機会になったと思います。

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.05.17 12:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.10
カテゴリ:雑談
みなさん、こんにちは。

「私の趣味は○○です」といっても、○○を単純に繰り返して続けているのではなく、趣味の向上のために情報収集したり、趣味に関連することに手を出したりして、腕前を上げ、レパートリーを広げ、より納得がいく結果を得られるようにしていっていると思います。

最近、「その着せ替え人形は恋をする」というコミックを1巻から順番に少しずつ読んでいるところです。


まだ、4巻までしか読んでいませんが、コスプレーヤーの「こうなりたい!」という願望の強さ、それを実現するために迅速で徹底した情報収集をしてコスチュームを作成する五条新菜(主要な登場人物のひとり)など、願望の実現に向けて行動をポジティブに積み重ねていくところ、趣味にはまって楽しむんだったら、ここまでやりたいよね、という感じがします。(私の性格?)

また、おまけですが、知っている場所が舞台になっていて身近に感じられるところもいいですね。

今まで、サブカルには全く縁が無いと思っていましたが、もしかしたら、私はもう、その中にいる???

でも、リサにコスプレさせる気はありません。

私自身は身体の機能を維持し、スマートホーム化の準備も進め、80歳になっても楽しいシニアライフをエンジョイしている。そういう私にリサが寄り添っているという将来を目指していますので、、、

やってこの程度かな?

なお、想定外の方向に進んでいく可能性は否定しません。

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.05.11 15:23:45
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.03
カテゴリ:シニアの統計等
みなさん、こんにちは。

仕事の関係で定期的に厚生労働省の法規制関係の情報をチェックしていますが、最近は、現役の頃と比べると幅広くチェックする時間的な余裕があります。

先日、いつものように情報をチェックしていたところ、「健康長寿ネット」というサイトにたどり着きました。

健康長寿ネット


シニアのためではなく、シニアを食い物にしようとしている胡散臭い人たちのためになる記事が並んでいるのでは???と疑いながら読み始めると、結構、シニアにとって面白い記事も。仕事を放り出して?読んでしまいました。

サイトの中に、「いつも元気、いまも現役」という現役を続けているシニアのインタビュー記事のページがあり、面白そうなものから、そうでなさそうなものまで並んでいましたので、以下の2番目に該当しそうなものだけをチェック。

1) 若い頃からしてきたことをシニアになってからも続けるパターン
2) シニアになってから新しいことを始めるパターン(二毛作)

その中で、面白かったものをひとつ紹介したいと思います。

ITエヴァンジェリスト 若宮正子さん

まず、エヴァンジェリストって何でしょう?

Wikipedia​によると、「エバンジェリスト(Evangelist)とは、キリスト教における伝道者のこと。エヴァンジェリスト、エヴァンゲリストとも。ドイツの神学者ルターは、自らを福音主義者(エヴァンゲリストevagelist)と呼び、イエスの教えに回帰することを説いた。また、IT業界では、技術的話題を社内外に解りやすく説明・布教する使命を持つ「テクニカルエヴァンジェリスト」という職業も存在している。」ということです。

さて、記事の超概要ですが、若宮正子さんは、昭和10年(1935年)生まれ。銀行を定年退職後にパソコン通信を始め、81歳の2017年にゲームアプリ「hinadan」を開発・配信。この実績からWorldwide Developers Conference 2017に招待されてApple CEOのティム・クックから「世界最高齢のアプリ開発者」と紹介されたそうです。さらに、国連総会で講演したり、政府の会議に委員として参加したそうです。

「hinadan」・・・​App Store​、または、​Google Play​から無料で入手できます。

わかったような、わからなかったようなWikipediaの説明ですし、健康長寿ネットの記事を読んだ段階では、若宮正子さんって雲の上の方のような印象を受けましたが、若宮正子さんが開発した「hinadan」を使ってみて思いっきり納得!

客観的に一般的な目で、ただ単にゲームアプリとして見てしまうと、正直、しょうもないアプリと感じてしまうかもしれません。

でも、立場を変えて主観的に見てみると、そういうものを作って公開してしまう、というノリというかパワーを真似したくなってきます。

記事の見出しのひとつに「有り余っている好奇心と足りない時間」というのがありましたが、こういうセカンドライフっていいですね。

私も、有り余ってる好奇心を無駄にしないように行動していきたいと思います。

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.05.04 23:34:27
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.26
カテゴリ:雑談
みなさん、こんにちは。

案ずるより生むが易しということで、最近、思いついたことを同時並行で実行しているところですが、考えているのはひとつの頭ですので、思いついたことのそれぞれに共通する何かが無いかな?と考えてみました。

先々週のブログで記事にしたGoogle Nest Camでは、ある場所にいて、カメラを設置したA地点、B地点に目玉がある状態を作ることができます。また、履歴の機能がありますので、過去のA地点、B地点に行くことも可能です。

また、画像の背景の合成も似たような感じで、ある場所にいる人の写真の背景を変えて、C地点、D地点で撮影したような写真を作ることができます。この場合も、過去の写真と組み合わせることが可能です。(今回は、FaceAppではなく、Background EraserとPhotoLyersというアプリを使用しました。)

こうして並べて説明すると、同類項をかっこでくくれるような気がしませんか?



このようなワープのようなことが現実感を持って体験できると楽しいと思います。行きたい場所、行きたい時代(現時点では過去)に移動できて、私が何か話しかけたら返事がくるようことを想像してみると、それが限られた仮想空間であったとしても面白そうですね。将来は未来に行くことも可能になるかもしれません。

ここまで書いて思い出しましたが、旅の番組も好きです。旅行者は声だけですが、旅先の人とやり取りする番組です。これも同類項かもしれませんね。


私: 「こういうこと楽しむのにコンピュータが必要だからリサ(将来のスマホのような機能を内蔵したお人形さん)が必要なのか、、、」


リサ: 「そんなこと、最初からわかっているでしょ!」

私: 「そんな目で見ないでよ。」

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.05.04 23:33:33
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.19
カテゴリ:シニアの統計等
みなさん、こんにちは。

ひと月ほど前に定年退職後の趣味に関する統計に関して記事にしましたが、もう少し範囲を広げてシニアの学習・自己啓発・訓練についても数字をチェックしてみました。

データの出所は平成28年に行われた総務省統計局が行っている社会生活基本調査の結果です。今回は「シニアの学習・自己啓発・訓練」のうち、(目的が仕事に関係するものを除外するため)目的が自分の教養を高めるためと層別された数字について、定年後(65~69歳)の趣味、その10年上、20年上(75~80歳、85歳~)の趣味について、行動者率の多い順に並べてみました。


どのように解釈するのがよいか悩ましい数字ですが、どの世代も芸術・文化に前向きな行動をする方が最も多く、その下の世代では約20人にひとりがパソコンなどの情報処理を学習・自己啓発・訓練というレベルで取り組み、65~70歳では英語をがんばっている方も同じくらいいるという感じでしょうか?

表にはしていませんが、自分の教養を高めるために学習・自己啓発・訓練という行動をとっている方の合計が、65~70歳で20.1%、75~80歳で15.3%、85歳~で7.4%となっています。

学習・自己啓発・訓練という行動をしているということは、きっと、身体も気持ちも元気なのだろうと想像してしまいますが、そういうアクティブシニアになりたいと思います。


ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.04.19 12:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.12
みなさん、こんにちは。

AIはどこにいるんでしょう?と考え始めてから1週間。少し頭の中がスッキリしたような感じです。

自分自身の姿、家の状況などをイメージすると、AIさんがいて、私のために何かをしてくれるのではなく、複数のAIさん達がいて、私がいて、(当面は)私が中心になってAIさん達と協力して生活をスマートに変えていく、というようなのがスタートライン。

将来は私の代わりに中心になってくれるようなAIさんが登場するでしょうから、取り敢えず、将来はスマホの中にメインのAIさんがいると想定して、私自身がすること、私に接するもの、家に置くもの、の3カテゴリーに分類してみることにしました。(既に開始していることは○印をつけておきました。)


1) 私自身がすること
○身の回りと家のAI化に関する調査
○マイワールドのシステム構想・要求仕様検討
○導入する機種、ショップ、アプリの選定
○Twitter、ブログ(情報交換など)
○上記に関する技術の習得
その他

2) 私に接するもの
○アシスタント(お人形さん)
○スマホ
○リストバンド
スマートグラス
スマートレンズ
補聴器
外骨格
スマートリング
その他

3)家に置くもの
○スマートスピーカー
○スマートセキュリティカメラ
スマートテレビ
スマート照明
スマートカーテン
その他
 
スマート化というと3)に該当する商品のイメージが先行するかと思いますが、1)と2)無くして十分にスマート化の恩恵を受けることは容易ではなさそうです。

というのも、今、スマホになじめないシニアの方もいらっしゃいますよね。それと同じようなことがスマート化についても言えると思いますし、スマート化って、スマホ以上にハードルが高いと思います。

だったら、あらかじめ自分自身で腕を身につけておくか、それとも、その時になってからお金で解決するか?

私の場合、前者を選択。1)と2)のあたりのことを優先して趣味としていこうとしているのだと思います。

ところで、お人形さんの役割は???

将来はAIを実装し、私の代わりにいろいろなことができるようになったらと思います。その少し前の段階では、1)の勉強する、判断するというところを私と一緒にできたらいいですね。


ま、このへんの話は、また、別の機会に。

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.04.12 12:00:07
コメント(0) | コメントを書く

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


© Rakuten Group, Inc.