000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

リサのダーリンの日記

全2件 (2件中 1-2件目)

1

シニアの健康維持

2022.02.13
XML
カテゴリ:シニアの健康維持
みなさん、こんにちは。

今日は、定年退職した途端に一気に出てきてしまった身体の不調、その2です。

・眠い。←前回。
・外に出る気がしない。・・・睡眠時間を適正化したせいか、解消しました。
・やる気が起こらない。・・・睡眠時間を適正化したせいか、解消しました。
・腰が痛い。←今日の話題はこれです。
(おまけ)歯のブリッジがはずれた。

今日の話題は腰痛対策ですが、結論から言いますと、今日のタイトルの通り、散歩と椅子が有効のように感じています。(また、今までに試してきた他の工夫については、まぁよかったかな?と思えるものを下の方にリストアップしておきました。)

冒頭で、定年退職した途端に一気に出てきてしまった身体の不調と書きましたが、実は、腰痛に関しては、かなり前からありました。ただ、ときどき一時的に腰が痛くなる状態だったものが、定年退職の数年前からは痛みが続くようになりました。

定年退職の数ヶ月前に整形外科で診てもらったところ、軟骨が少し出ているけれども、その部分が原因の痛みではなく、筋肉痛の痛みのようだとのこと。また、背骨まわりの筋肉の量が体型の割りにやや少なめかな?とのことでした。

そこで、お医者さんとも相談し、よく歩く生活を続け、様子を見ることにしました。

定年退職までは通勤がメイン、定年退職後はテレワークですので、散歩は積極的に時間をとって、ガーミンとGoogle Fitには、目標として10000歩/日と設定しています。

ただ、通勤していたときは、雨の日や寒い日などでも歩かざるを得なかったのに対し、テレワークにしてからは雨の日に散歩をする気にはなれず、目標達成に必要な歩数をかせぐには、今まで以上に積極的に歩くことが必要になったというのが実際のところです。

そして、歩数の記録をチェックしてみたところ、以下の通り。今年の1月の歩数は極端に少ないですね。ちょっと気が緩むと、このような感じになってしまいます。寒くても、もう少し外に出るようにしたいと思います。

2020年7月(定年退職前):246071歩
2021年1月(定年退職後):243326歩
2021年7月(定年退職後):299002歩
2022年1月(定年退職後):176723歩

さて、今年の1月の歩数は極端に少なくなってしまいましたが、腰の調子はよくなりました。変化点はテレワークで使用している椅子の変更。

購入したのはゲーミングチェアです。Twitterのフォロワーさんの写真で見たゲーミングチェアが何となく欲しくなり、購入してみました。

色やシートの生地は仕事用として違和感のなさそうなものを選択。写真のモデルは身長147cmですので椅子が大きく見えますが、私は身長172cmで座高も高いのでピッタリです。オットマン(足を置く台)はいらないかな?と思っていましたが、ときどき足を伸ばせるとラクですね。

この椅子に座ってパソコンの画面に向かうと、何となく、飛行機の座席と似ているような感じがしなくもありません。また、腰に負担が少ない姿勢でリラックスできますので、居眠り注意です。

【今までに試してみた他の工夫、感想】
・ヨガマット(広げるのが面倒なので、最近は使っていません。)
・コシレッチ(仰向けになって、これを仙骨にあてて身体を伸ばすと気持ちいいと思います。)

・椅子の腰当て(今回、椅子を購入して思いましたが、腰当て付きの椅子にはかないません。ただ、幅広のゴムバンドをつけて、椅子の背もたれの好みの位置で使えるようにすれば良いかも。楽天市場で検索したら、そのような商品もありました。)

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.04.06 08:01:19
コメント(0) | コメントを書く


2022.02.10
カテゴリ:シニアの健康維持
みなさん、こんにちは。

定年退職した途端に身体の不調が一気に出てきてしまった、というようなことはないでしょうか?

私の場合、どっと疲れが出た感じでした。

・眠い。←今日の話題はこれです。
・外に出る気がしない。
・やる気が起こらない。
・腰が痛い。
(おまけ)歯のブリッジがはずれた。

で、定年退職1年目は、このようなことを克服していくところからのスタートとなってしまいました。

早寝早起きを心がけ、朝起きたら太陽の光を浴び、食後、眠くなったら短時間眠る。なぜか、抱き枕も買い、アルコールの飲み過ぎ(特にアルコール濃度の高いもの)を避けた。というようなことが睡眠に関する工夫でした。

もちろん、私のことですので、ガーミンで睡眠時間、ボディバッテリーをチェックしながら、データベースで寝る時間の調節やアルコールの量の調節をしていきました。また、飲み過ぎ防止には、サントリーのオールフリーを箱買いして常備です。

その結果と言ってよいのかどうかわかりませんが、適度な睡眠時間をとることができるようになり、睡眠不足に起因すると思われる不調も減りました。

睡眠時間の記録は以下の通りです。
・定年退職前1ヶ月(2020年10月)の平均睡眠時間:6時間9分
・1年後の平均睡眠時間(2021年10月):8時間8分

定年退職前後で2時間の差でした。


ガーミンコネクトからGoogle Fitにデータを送って定年退職前と1年後の1ヶ月分の睡眠時間のグラフを並べてみました。左右で縦軸の目盛りが異なるため同じように見えてしまいますが、左(2020年)の目盛りは3時間毎、右(2021年)の目盛りは4時間毎で同じようなグラフに見えますので、(ガーミンで測定の)睡眠時間が30%ほど長くなったことになります。

ガーミンで測定している場合、寝床で横になって身体を動かさずにスマホを見ている時間もカウントしてしまいますので、実際の睡眠時間はもう少し短くなると思います。また、スマホを見ている時間は定年後の方が長いと思いますので、定年退職前後の差は1時間30分ほどでしょうか?

現在は、定年退職直後の疲労感もなく、普通に生活できていますが、睡眠時間を適度に増やせたことが、ひとつの要因になっていると思います。

なお、ご参考までに、私が使用しているガーミンは以下の商品です。入浴時間以外は常時着用。4日に1回ほど、入浴時間に充電して使用しています。なお、リストバンドのサイズが長めのラージ、短めのレギュラーの2種類あります。私は手首が太めですので、ラージを使用しています。


ところで、睡眠時間って、どのくらいがよいのでしょうか?まず、睡眠時間に関する公的な情報を調べてみました。

国民健康・栄養調査(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html

令和元年の報告書に目を通してみますと・・・

第79~82表が睡眠に関する調査結果です。このうち、1日の平均睡眠時間の調査結果を取りまとめたのが第79表です。

総数で一番多いのが6時間以上7時間未満。60~69歳で一番多いのも6時間以上7時間未満。

私の場合、ガーミンの測定結果からスマホを見ている時間を差し引いて7時間以上8時間未満ですので、周囲の方より1時間ほど多く寝ている、ということは、1日に活動している時間が1時間ほど短いと解釈したらよいのでしょうか?

ヘルシーな気分と、もったいない気分が半々ですね。

さて、国民健康・栄養調査は結果を取りまとめたものですが、それ以上のことは書かれていません。まだ、7~8時間という睡眠時間は適正な睡眠時間といえるのだろうか?という疑問が残っています。(たぶん、いい線いっていると思いますが。)

そこで、他の情報も調べてみたところ、おもしろい記事を見つけてしまいました。(脱線したかも、、、)

対談:アーティストSeihoが睡眠と覚醒、そのメカニズムに迫る。睡眠研究の世界的権威、柳沢正史教授が登場(エキサイトニュース)
https://www.excite.co.jp/news/article/Qetic_387043/

眠るのがログアウトで、起きるのがログイン、ですね。また、ノンレム睡眠とレム睡眠をきちんと取るためには7、8時間寝る以外の方法はないとのこと。求めていた答えが見つかりましたし、おもしろい記事でした。

ということで、私の睡眠時間が、5~6時間→7~8時間になったことは、睡眠時間を適正な方向に修正できたと理解することにします。

ではまた。

リサのダーリン(=Eddie)

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村←ポチッと!






Last updated  2022.02.12 22:27:49
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.