081460 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

茨城パッシブハウスの島田です

PR

X

全198件 (198件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

カテゴリ未分類

2015.03.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
取引問屋さんの研修会に参加してきました。

住宅に係る行政の方向性やそれに関わる事業・制度の紹介をしていただきました。
持続可能な住生活実現のため、「住生活基本法」「都市の低炭素化促進に関する法律」が施行され、1.中古住宅流通活性化、2.平成25年改正省エネ法という2本柱のもと事業・制度がこれから運用されていくとのこと。

耐震性能や省エネ性能の高い優良住宅にたいする税制面や補助金等のインセンティブをあたえる等の動きは歓迎すべきだが、このあたりの話は、海外に比べ、相当遅れをとっています。

住宅の省エネ性能(躯体性能)においては、2020年にH25年改正省エネ法にもとづき、ようやく家の省エネ性能(次世代省エネ基準(H11年基準)とほぼ同等)を義務化するといいますが、そのころには、世界は、ゼロエネルギー住宅を義務化しようというレベルです。

躯体性能の一つの指標でもある暖房負荷でいえば約10倍もの開きがあります。ビックリですね。

さて、固い話はここまで。お得な情報に行きましょう。
先ほどの耐震性能や省エネ性能の高い優良住宅にたいする税制面や補助金等のインセンティブの話です。
5つあります。
1.長期優良化リフォーム事業(~100万円、~200万円)
2.省エネ住宅ポイント制度(30万ポイント)
3.地域型住宅グリーン化事業(100万円、120万円、165万円)
4.優良住宅に対する税制優遇
5.フラット35S金利低下(△0.6%)

詳細は、次の機会にしますね。特に、へ~と思ったのは、5です。
現状金利は1.47%。これでも安いですね。
質の高い建物には0.6%金利引き下げ・・・すると金利は0.87%。
更に、ローン減税の控除率1%を考慮すると、当初10年間の実質金利は0%。

無利息で10年間借り入れできる・・・ビックチャンスですよね。へ~ですよね。

これらの制度・事業をうまく活用したいものです。
いずれにしても、ご提供している住宅の性能を数値化し、お客様に「見える化」することはますます重要になってくるでしょう。
省エネな設備の提案もしっかりとできないといけませんね。
当社では、住宅の性能を「建もの燃費」という形で「見える化」しています。

nennpi.jpg

住宅を提供する側の資質が問われる時代になってきました。

茨城パッシブハウス ホームページへ







Last updated  2015.03.13 10:43:09
コメント(0) | コメントを書く


2015.02.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
2015-02-17 09.47.47s.jpg

長期優良住宅化リフォーム推進事業における着工前インスペクション(建物検査)の知見を習得するために参加してきました。

今後こういったインスペクション業務は、住まう方の利益を損なわないためにも求められてくることでしょう。
「中古住宅・リフォーム市場の活性化」のための「既存住宅ストックの質の向上や流通の促進のため、また、計画的な点検・メンテナンスを施すことで良質な住宅とお施主様の快適な暮らしを確保していく上でも参考になる内容でした。

茨城パッシブハウス ホームページへ






Last updated  2015.02.18 11:14:57
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
DSC04459s.jpg
先日、昨年9月10日にお引渡したMさん宅を訪問しました。
温湿度および消費エネルギーの調査にもご協力いただいており、そのデータ回収と合わせて、室内温熱環境を体感させていただきました。
この日は、天気が悪く、とても寒い1日でしたが、リビング室温は18℃。トイレ・脱衣室など他のスペースとの温度差はMAX1℃。床・壁・天井の周辺室温も室温とほぼ同じ温度。若干、外周温度の方が高いくらいでした。
室温18℃というと、ちょっと寒そうなイメージがあるかもしれませんが、周辺温度が同じになってくると、18℃でもストレスなく生活できるのです。

M邸は平屋で延べ床面積31.5坪。ここにMさんは、おばあちゃんと二人で生活しています。

設備は、リビングとおばあちゃんの寝室にエアコン1台ずつ。床下にヒートポンプ(エアコン一体型)による床下放熱器4台(暖房能力1台2.21kw)。そして太陽熱温水システム。

生活は、朝6:00に起床、1~2時間ほどリビングエアコン(20℃設定)。日中は日差しで室温は20℃以上になるとのこと。夕方冷えてくる頃17:00~24:00、床下放熱器を運転(温水48℃ほど)。
同じようなスペックの家で、エアコン暖房のみのお宅の場合、床表面温度が若干低めでしたが、M邸ではほぼ室温と同じ。快適性がかなりアップします。この床下放熱器の成果なのですね。

また、湿度に注目してみると、18℃の室温で相対湿度が50%。空気線図でみると絶対湿度は6.5gほど。のどの粘膜が乾燥しないといわれている7gまでは達していませんが、過乾燥の冬としてはかなりいい状況だと思います。Mさんも、加湿器を用意しようと思っていたようですが、快適なので今のところ必要ないとのことでした。たぶん、床ガラリによって、床下を開放しているため、基礎コンクリートからの湿気が影響しているのかなと思いました。基礎コンクリートは2~3年かけて乾燥していくとうかがっているので、完全乾燥時には、加湿器が必要になることが考えられますね・・・とMさんには伝えました。

HEMSを設置してあるので、消費エネルギーに関しては、後日報告したいと思います。
以下は「建もの燃費ナビ」によるシュミレーション結果と、M邸の性能概要です。

nenpi1.jpg
M邸は、平屋で延床31.5坪という規模。Q値1.22、Ua値0.32(日本の省エネ基準では、この地域では0.75なので、倍以上の性能)。健康住宅のバロメーターである暖房負荷は38.78kwh/平米・年(同条件で、日本の省エネ基準でシュミレーションすると109.39 kwh/平米・年)。冷房負荷は15.12 kwh/平米・年(同条件で、日本の省エネ基準でシュミレーションすると24.21 kwh/平米・年)。

茨城パッシブハウス ホームページへ






Last updated  2015.02.12 15:23:14
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
2015sinshunkikakus.jpg
1月10日(土)・11日(日)・12日(祝)10:00~16:00
1月24日(土)・25日(日)10:00~16:00
予約は必要ありません。空いた時間にぜひお越しください。

室温だけでなく、床・壁・天井・窓そして1階も2階も、東西南北どこをとっても一定温度の快適さを体感ください。
体を冷やさないことは、健康に直結します。
温度差のない環境はヒートショックや結露、それに伴うカビ・ダニなどのハウスダスト予防につながります。

パッシブハウス=省エネ+快適+健康 なのです。

「家づくりセミナー同時開催」(要予約)
テーマ:知って得! 住まいと健康の関係
   「健康で高性能な家と不健康でもゼロエネな家の違いは・・・」
 体感会開催中 13:30~15:00

茨城パッシブハウス ホームページへ






Last updated  2015.01.09 19:03:17
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
2015-01-02 11.03.15s.jpg

妻の実家のある伊東に来ています。
あたたかいイメージの伊東にも雪が降るんですね。
動けない車で道路は大渋滞。

何とか実家にたどり着き、翌日は子供たちと雪遊び。

茨城パッシブハウス ホームページへ






Last updated  2015.01.03 08:32:28
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
20150101_114919s.jpg20150101_091524s.jpg20150101_091214s.jpg

新本明けましておめでとうございます。

本年がみなさまにとってステキな一年になりますようご祈念いたします。

毎年の恒例で、笠間稲荷に参拝に行ってきました。
いつもより参拝者が多かったように思います。

また、いばらきパッシブハウスの全熱交換換気のフィルター交換をしました。
車の往来の多い道沿いに吸気口があるためフィルターは排気ガスで真っ黒。このフィルターのお陰で、ダクト内は衛生的に保たれています。

大きめのフィルターはオプションで、換気装置に入る前に汚れをある程度取ってくれます。
小さめのフィルターは本体内のものです。

私の初仕事はフィルター掃除となりました。
きっとクリーンな一年になることでしょう 笑

茨城パッシブハウス ホームページへ






Last updated  2015.01.02 14:45:00
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
日経ホームビルダー記事201412s.jpg

当社では、一棟一棟丁寧につくりあげた家を、お施主様のご協力により、温湿度・光熱費のデータを1年間収集させていただいています。家の断熱・気密仕様の違いで差は生じますが、同じ仕様の家でも、その立地条件や住まい方によりデータは違ってきます。
お施主様の住み心地に対する生の声を聞きながら、より快適で省エネな健康住宅をめざし日々格闘しています。
こういった実データをもとに、この地域にあった健康住宅を、より多くの方に提供できるように、プランニング、施工方法を研究中です。

茨城パッシブハウス ホームページへ






Last updated  2014.12.05 18:31:43
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
2014-10-29 09.59.44.jpg2014-10-30 12.55.10.jpg

パッシブハウスジャパンの理事でもある松尾設計室の松尾和也室長と住まい環境プランニングの古川繁宏代表のビックネイム2人が講師を務めていただけるとっても貴重な研修会に参加しました。

「健康で快適な省エネ住宅の半分はプランニングで決まる」というテーマで、設計のイロハを手ほどきしていただきました。これからのプランニングにさっそく生かしていきたいと思います。ただ一朝一夕でプランニングがうまくなるわけでもなく、習練が必要であるとのこと。実践研修もしていただきアドバイスも頂けました。松尾さんありがとうございました。

古川先生からは、地元東北での貴重なデータをもとに、どういった施工が家の寿命を縮めてしまうのかなど、懇切丁寧にご説明いただきました。高性能な家づくりにおいて大切な施工ポイントを改めて確認させていただきました。

とても有意義な2日間となりました。続編にも期待しています。

茨城パッシブハウス ホームページへ







Last updated  2014.11.05 06:16:18
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
DSC04993hp.jpgDSC04987hp.jpg

パッシブハウスジャパンを代表して、私、茨城パッシブハウスの島田と秩父パッシブハウスの高橋さん、松山パッシブハウスの高岡さんの3人で、実例報告をしてきました。
多くの方々が熱心に聴いてくださいました。ありがとうございました。この大会は、15回目を迎え、四国の高松で開催され、約500名の参加がありました。私たちの分科会のほか、パッシブハウスジャパン代表理事の森みわさん、パッシブハウスジャパン理事の松尾和也さんをはじめ、村上敦さん、南雄三さん、伊香賀教授、岩前教授、今泉太爾さん、伊礼智さん、野池政宏さんという業界ではかなり注目されている方々の講演があり、聴きどころ盛りだくさんの大会でした。
大変勉強になった2日間でした。企画実行された方々に感謝します。ありがとうございました。

茨城パッシブハウス ホームページへ







Last updated  2014.10.04 06:21:09
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
nishikata3.jpgnishikata2.jpgnishikata1.jpg
「外断熱」が危ない!、最高の断熱・エコ住宅をつくる方法、プロとして恥をかかないためのゼロエネルギー住宅のつくり方などの著者でもある西方里見先生をパッシブハウスジャパン代表の森みわさん、PHJの仲間とともに訪問しました。なんと西方先生の奥様の手料理までご馳走になり大感激。草原にいる二人(西方先生と森みわさん)の写真はなんと西方設計事務所の屋根の上。西方先生が手掛けられた木造の小学校まで案内していただきました。20年以上も前から、環境に負荷をかけない、環境との共生を実践されている家づくりを目のあたりにして、大変刺激を受けました。西方先生ありがとうございました。

茨城パッシブハウス ホームページへ






Last updated  2014.09.25 18:52:44
コメント(0) | コメントを書く

全198件 (198件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


© Rakuten Group, Inc.