000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サステナブルな庭をめざして

サステナブルな庭をめざして

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

10cmの隙間

2021.12.10
XML
カテゴリ:10cmの隙間
秋は我が家の落葉樹達が紅葉して赤や黄色になっていましたが、木以外でも紅葉を発見しました!

敷地の外周の10センチのスリットに植えたアジュガです。外葉が11月から赤くなっています。

夏と秋で比べてみると…

夏には緑だった部分が赤くなったようです。


アジュガ・チョコレートチップ / 9cmポット 【 単 品 】 / あじゅが・ちょこれーとちっぷ アジュガ チョコレートチップ 販売 苗 植木 苗木 庭木 グランドカバー 下草 寄せ植え 低木




10月頃よく咲いていたタマスダレ(ゼフィランサス・カンディダ)。11月に入ってもポツポツ咲いていましたが、さすがに12月に入ってからは雨がたくさん降っても蕾が上がらなくなりました。7月〜11月中旬まで咲いてくれた一年目のタマスダレ。植えた数も少ないのでポツポツとでしたが、条件の悪い狭い隙間で花を咲かせてくれ有難かったです。これから株が充実して花数が増えてくれたりすると嬉しいなぁ。


タマスダレ / 9cmポット 【 単 品 】 / たますだれ 玉簾 販売 苗 植木 苗木 庭木 グランドカバー 下草 寄せ植え 低木



タマスダレの中からこぼれ種で勝手に育ったスイートアリッサムが咲き始めました。白い花でちょっと明るくなりました。
隙間には常緑の植物ばかり植えたので何も無くなってしまうことはないですが、これからの寒い季節に咲く植物は植えていないので、この雑草アリッサムには頑張ってもらいたいです。


アリッサムの苗






最終更新日  2021.12.10 14:00:05
コメント(0) | コメントを書く


2021.09.13
カテゴリ:10cmの隙間

我が家の敷地に張り巡らされた10cmスリット問題

現在、タマリュウが目地植栽として植えられている南側は、夏はカンカン照りで可哀想なくらい超高温。

土の高さと周りのコンクリの高さがほぼ同じなので水をあげても周りに流れてしまい、土に水が入りにくい。

しかも、タマリュウはそんなに直射日光に強い植物じゃない。当然、枯れる。そして、雑草ははびこる。

この環境が悪い10センチの隙間に何か強い植物を植えたい…。

という訳で、この夏、高温乾燥でも耐えてくれ、常緑で、かつ、そんなに大きくならない植物を探してみました!


試した植物はこちら↓↓↓

エントリーNo.1 アジュガ


日向〜やや日陰向きの植物。春に紫色の花をつけてくれ、カラーリーフとしても楽しめます。

どう考えてもカンカン照りの目地では生きていけなそうなアジュガですが、何処かからタネが飛んできたようで、数年前から目地に勝手に生えてます。良く見ると目地の中でも他の植物の陰になるところでだけ増殖しています。

昨年秋にランナーで増殖したものを切り離して、オリーブの木の陰になるところに植え付け、観察します。

 

エントリーNo.2 タマスダレ

昔からあるヒガンバナ科の植物、タマスダレ。暑さや寒さに強く強健なイメージです。夏から秋にかけては純白の花を咲かせ、素敵そうです。

タマリュウが枯れてできた数カ所のスペースに4月に球根を植えました。

 

エントリーNo.3 セダム

多肉植物。いかにも乾燥に強そうです。

庭の別の場所にあったものを昨年秋にちぎってタマリュウが枯れた数カ所にポイポイっとまいたものです。適当にちぎって殖やせるのも魅力☆

我が家のセダムの品種は不明ですが、キミドリと緑白の2種類です。



そして、暑い夏を越えた9月の様子がこちら!


タマリュウ、アジュガ、タマスダレ、アジュガ、全て生き残っています!みんな今年の夏を乗り切ってくれました!乾燥に強そうなセダムはもちろん、一番日光に弱そうなアジュガもオリーブ の日陰で増えています。タマスダレは一年目ですが、ちゃんと花を咲かせてくれています。

でも、実はこの夏、私、どうしても気になってしょっちゅう水遣りをしてしまったのです…。
実験の意味無し!!

しかも、酷暑続きのここ数年に比べて、今年の夏はわりと過ごしやすい夏でした。
なので、あんまり参考にはならないかもです。でも、水遣りすれば普通の夏は乗り越えられることはわかりました。

↑ちなみにこちらは今年4月の目地。
アジュガは花を咲かせ、セダムたちも元気。キミドリのセダムは明るくて差し色みたいですね。
(前年掘り上げた球根や貰い物のの苗、勝手に生えてきた花などで混雑してますが、気にしないでくださいね…。)



アジュガは春に、タマスダレは夏〜秋に花を咲かせてくれるし、

セダムやアジュガをカラーリーフとして取り入れて、タマスダレの草姿で変化をつけて……
上手くやれば目地植栽も素敵になるかも!と可能性を感じました。

10センチの隙間の秋の様子はこちら☆


ただ、もちろん雑草はゼロにはならないので、完全に省力化したい方には植栽はオススメしません!!


隙間を見たら何か植えたくなる方はどうぞ笑↓

○アジュガたち
日陰の隙間にいかがでしょう?




○セダムたち
いろんな形や色がありますね!





○タマスダレやゼフィランサスたち
花も見られます♪







【MAGIS】me too シリーズ PUPPY Mサイズ・dalmate(ダルメシアン)

























最終更新日  2022.06.09 15:02:43
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.09
カテゴリ:10cmの隙間
我が家の敷地と道路の境目に10cmの土の目地(?)があり、新築時、タマリュウが植えられました。
新しめのお家の駐車場でもコンクリートのクラック防止のスリットにタマリュウが植えられてるのを見かけますね。コンクリの白とタマリュウの緑のコントラストがとっても素敵なのですが、あれ、本当に辞めた方がいいです泣。

コンクリートに囲まれ土が少なく水分は保たれにくく、我が家の場合、特に南側は道路のアスファルトの照り返しまであり超高温。
水遣りをしても毎年少しずつ枯れていきます。
土なので雑草も生えます。芝生も侵入して雑草化したりして、それも本当に大変。
暑い中の草取りに水遣り、枯れたところにはタマリュウを補植…と、手間ばかりでしんどいです。
私は、植物は好きだし、それくらい頑張れるつもりでしたが、共働きで子育てとタマリュウの維持は不可能でした…。
タマリュウは一年中緑を保ってくれるものの、可愛い花を見せてくれる訳でもなくテンションが上がらないのもまた問題です。

お金があれば、業者さんにレンガやピンコロで埋めてもらうといいと思います。

我が家はお金が無いので、解決策として、一部のタマリュウを撤去して、安い防草シート+砂利を試してみました。

その結果、水遣りの手間は省けたものの、防草シートの隙間から草が生えてきて結局草取りが必要になってしまいました。

草ボウボウです!芝生まで雑草化してます!


最近は10cm幅の人工芝も売っていて簡単に施工出来そうです。水遣り不要で年中綺麗な緑なのはありがたいですね。やっぱり端の隙間から雑草が生えてしまうかもしれませんけど。



水をかけると固まるまさ土で自分で埋めてる方も見かけます。

安心・安全[放射線量報告書付き]国産 真砂土 まさ土 まさど まさつち20kg袋 庭土 園芸 水溜り補修 3mmまでガーデニング/庭


ちなみに、防草シートを検討されてる方はザバーンが絶対オススメです。
外構業者さんのオススメで、庭の一部をリフォームした際に敷いてもらったのですが、その部分だけは防草シートのみでも5年経った今も全く雑草が生えてきません。お高いですがそれだけの価値があると思います。
うちは今回は安いものを使ってしまったため、余計に良くなかったのかもしれません。

【計り売り】ザバーン350グリーン(強力・高耐久タイプ)1m幅



これから外構を決める方には、この10cmのスリットについては是非ケチらずレンガやピンコロを検討してもらいたいところですが、
バカな私はせっかく土があるならやっぱり何か植えたいな、と手間をかけないとは逆方向の気持ちがムクムク湧いてきてしまいました。(オイオイ…)

そこで、我が家の極限環境と言っても過言では無い10cm目地の暑さと乾燥に耐えられる植物を探すことにしました!

次回に続く!






最終更新日  2022.05.31 22:41:01
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.