007185 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サステナブルな庭をめざして

サステナブルな庭をめざして

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

室内の植物

2021.12.15
XML
カテゴリ:室内の植物
蕾を付けた幸福の木。
遂に開花!ではなく、バランスを崩しまさかの倒伏。


仕方なく、一回り大きな鉢に植え替えることにしました。

引っこ抜くと、すごい根詰まり状態でした。

鉢穴から出て下に伸びていた根はちぎれましたが、なんとか植え替え完了!

before→after

残念ながら、3つあった花房のうち1本は根元付近から折れてしまいました。
大きい鉢に替えて、発泡スチロールを抜いて土を増やしたので、だいぶ重心は下がったと思います。でも、徒長していてまだバランスは悪いので、春になったら剪定してみようと思います。



そして、植え替えの翌日…

夕方6時頃に幸福の木の横を通ると、フワッと花の香りが…。あれっ⁉︎と思い、見てみると…

蕾の存在に気づいてから3週間、遂に開花です!白くて可愛いお花です。
まだほんの少ししか咲いていないのに、ユリのような強い匂いが、部屋中、いや、1階中に広がっています!お花屋さんにでもいるような感じで嫌な匂いではありませんでしたが、炊飯器で米が炊ける匂いと混ざるとちょっと気持ち悪かったです笑


翌朝には花は閉じ、閉じた花は雌蕊が伸びて花びらから出ているので未開花の蕾と区別出来ました。その後茶色くなり、一日しか咲かないようです。


翌日もやはり、夕方から咲き始めました。前日より花数が増えました。

(縦の写真が何故か横にしか載せられません…。)

一部を摘んで水に挿して飾ってみましたが、やはり夜咲いて朝には閉じているので不思議。

ベタベタして固めだった蜜は開花してから粘度が低くなった気がします。垂れないように要注意!


滅多に咲かない花を咲かせて香りも楽しませてくれたドラセナ・マッサンゲアナ。開花を始めて10日。蕾も少なくなりそろそろ花とはお別れのようです。ここのところ毎日嗅いでいた香りともお別れ。次は何年後に出会うことになるのでしょう。


花が終わったら種を付けないよう花房を切って、肥料をあげたいと思います。どうか回復しますように。枯れませんように…。来年もいい年になりますように…。


【お試し】 幸福の木(マッサン:幹なし) 4号 白色 プラスチック鉢(ココファイバー) マッサンゲアナ ドラセナ シマセンネンボク 鉢植え 苗 苗木 プラ プラ鉢 観葉植物 白 ホワイト 4寸



観葉植物の土 2L 花ごころ ピンピン育つ 光合成を助けるマグネシウム配合 培養土






最終更新日  2022.06.03 02:02:44
コメント(0) | コメントを書く


2021.12.11
カテゴリ:室内の植物
我が家の観葉植物、幸福の木(ドラセナ マッサンゲアナ)。
7年くらい前にいただいて、嬉しくて、嬉しくて、初めはせっせと液肥をあげたりしてみたのですが、その結果、葉がビロビロ伸び大きくなり過ぎ、姿も乱れてしまい…
それからは液肥をあげるのは年に一度程度、水やりもも限界まで減らして生かさず殺さずでキープしてきました。


そして、そんな幸福の木に11月中旬に変なものが…!

なにこれ!? もしかして………蕾!?

幹が2本あるのですが、よく見るとどちらにも蕾がついています。

ずっと花なんて付けなかった木が一斉に蕾をつけるなんて竹みたいに一斉に花を咲かせて枯れるつもりなの…?

トマトとかも栄養がいっぱいあると栄養生長ばかりで実をつけないけど、栄養が少ないと生殖生長に転じて花をつけるよなぁ…。
そういえば、今年は幸福の木に一度も液肥をあげてない。そもそも一度も植え替えもしてない。やっぱり最後の力を振り絞って花をつけて種を付けて次世代を残して死ぬつもりなのかもしれない…。

幸福の木が枯れるなんて、凄いヤな感じじゃん…。我が家に一体何が起こるんだ…。と、一瞬にして色々な考えがめぐり、もうすぐ迎える新年がどんな年になるのか不安になりました。


しかし、夫に幸福の木に花がついた事を伝えると、
「幸福の木に花が咲くなんて、良いことありそうじゃん!」とのこと。
そうか、そう考えることも出来るのか、と考え直し、開花を楽しみに待つことにしました。
その時はその後何が起こるかなんて知る由もなく…。


蕾を見つけてからの変化はこちら↓

花房がだんだん伸びて大きくなっていきます。

アップだとこんな感じ↓

ギュッと詰まったカリフラワーみたいだった蕾が、もうすぐ咲きそうな蕾に変わりました。

蜜がたくさん出てあちこちで雫状になっていることも。垂れたら嫌なのでラップを敷いてみたりしましたが、蜜は半分くらい乾いたボンドくらいの硬さで、ベタベタしていて、ポタポタ垂れる感じではなかったので、2、3日に1度爪楊枝でかき取っておけば蜜が垂れることはありませんでした。


そして、12/5。待ちに待った幸福の木が遂に…



↓↓↓↓↓↓















どーん!!!!












倒れました……。


予想外の展開。



でも、そういえば…以前から鉢の中には詰め物の発泡スチロールが入っていて土が非常に少なく軽く、さらに、根詰まりして鉢底からも根が出ていたので、鉢に若干グラグラ感がありました。花房が伸びたことで重心が変わり遂に倒れたようです…。

幸福の木が倒伏した我が家は平穏が保たれるのか…⁉︎次回に続く。
幸福の木のその後はこちら






最終更新日  2022.06.14 22:41:12
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.