000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

旅の人 うちのラム酒は最高だよ!

PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

マイケル@ Re:新松戸ニンニクチャーハン栄楽で労働メシ!(06/24) めちゃめちゃ美味しいニンニクチャーハン…
グーフィー大好き@ Re:cuisine francaise JJでのお食事おさらい篇(04/27) ご無沙汰しております。先日、ランチでj…
桃山@ 御無沙汰です お元気でしたか? あの日、僕は職場に…
yui@ こんにちは 明けましておめでとうございます! …
しぃママ@ Re:cuisine francaise JJのスズキのパイ包み焼き(01/05) おめでとうございます☆ お仕事お忙しい…

Rakuten Card

2009.05.28
XML
カテゴリ:フレンチ
その昔、自分にフランス料理を教えてくださった方が
「初めて行った店では、メニューをアラカルトから説明されたか
 コースから説明されたか良く覚えておくんだよ、
 そして最初に説明された方のメニューから選べば失敗が少ない。
 反対側を選ぶのは、通いなれてからで充分。
 最初から、逆を行くのは自己責任。それで美味い不味い言っちゃいけないよ」
と、メニュー選びの心得を伝授してくれました。

その方は「フレンチはアラカルトこそが料理を楽しむ王道」という
考えの持ち主でしたが、それでも上記のような心得を教えてくれたのです。

さて、そんなフレンチを教えてもらった日から幾年月。
遂にミシュラン三ツ星デビューを果たす日がやってきたわけです…。
シャトー.jpg

東京へ出てきたあの日、
恵比寿ガーデンプレイスで見上げた、この建物の中に
堂々とお客として入っていくわけです。

店内はHPでも確認できるように、黒のテーブルクロスと、
シャンパンゴールドの壁というゴージャスな雰囲気…

ドレスコードもあるはずなのですが、
店内にはTシャツ姿の外国人がいるなど、ちょっと驚いてしまいました。

さてそんな中、最初に渡されたメニューはコースメニュー。
カナリ詳しく説明された後、
「よろしければアラカルトのご用意もあります…」
と言う感じで、アラカルトメニューを渡されました。

しかし、この日はなんとしても、アラカルトにある
スペシャリテが食べたく、アラカルトで注文をしてしまいました。
アミューズには、レモン風味の酸味の強い一品が出て、
ある意味これを食べてみたかったという前菜が登場。
JRキャビア.jpg

ロブションの代名詞といいますか、代表的スペシャリテ
オシェトラキャビア甲殻類のジュレになめらかなカリフラワーのクレームです。

甲殻類のジュレ。しっかりと、甲殻類の凝縮間があって
キャビアだって、底に「これでもか!」って位にタップリ入っています。
「豪華な料理だなぁ」
と思いますが、多分純粋なおいしさと言う事では
他の前菜メニューのほうが、上かなと予想します…。

この後、注文していなかったのですが
「シェフからです!」
という言葉とともに、スープが登場。
で、メインには一番比較しやすい仔羊を。
JR仔羊.jpg

こちらの羊は、しっかりと羊の香りがして好きな感じの仔羊!
でも、匂いの無い羊が好きと言う人には向いてないかもしれないですね。

デザートは苺の葛餅を選びました。
JR苺の葛餅.jpg

奥の液体は、そのまま飲んでもよし、
お皿に流しいれてソースにしてもよしという不思議な存在。

そういえば、アミューズといい、スープといい、デセールといい
この泡は度々登場していました。(勿論味はその度に違いますが)

そしてお茶とともに、プティフール。
JRプティフール.jpg

これはお菓子の国のようなワゴンに乗って物凄い数やってきます!
左から、パリブレスト、マカロン(バラ風味)、カヌレ、生キャラメルで
手前のピンクがマシュマロです。

マカロンが、ひょっとしたら今まで食べたものの中で
一番じゃないかと言うくらい美味しかった(*´д`*)

サービスですが、とにかく人がたくさん居ます。
グランメゾンはお客と同じくらい、
いやそれ以上にサービスがいるという言葉を再認識しました。

もし、次行く機会があれば今度はコースをチョイスして見たいです。
そこで、ミシュラン三ツ星の力を体感したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2009.05.28 19:49:42
コメント(2) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.