288086 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

旅の人 うちのラム酒は最高だよ!

PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

マイケル@ Re:新松戸ニンニクチャーハン栄楽で労働メシ!(06/24) めちゃめちゃ美味しいニンニクチャーハン…
グーフィー大好き@ Re:cuisine francaise JJでのお食事おさらい篇(04/27) ご無沙汰しております。先日、ランチでj…
桃山@ 御無沙汰です お元気でしたか? あの日、僕は職場に…
yui@ こんにちは 明けましておめでとうございます! …
しぃママ@ Re:cuisine francaise JJのスズキのパイ包み焼き(01/05) おめでとうございます☆ お仕事お忙しい…

Rakuten Card

2009.07.30
XML
カテゴリ:フレンチ
麻布十番エルブランシュでの、特別コース。
怒涛の前菜2皿を終えても、まだ折り返し地点です!

お魚料理は、アワビと黒ムツを使った一皿。
エルブ黒ムツとアワビ.jpg

中央に流れているのは、シェフの出身地福井県のコシヒカリを使ったリゾット。

このお皿、どこから話しましょうか…というくらい、どれもこれも美味しかった。

まずはアワビにしましょう。
海女さんが獲ったというアワビを、コンソメでこっくりと煮込んでいます。
食卓に用意されたカトラリーはソーススプーンとフォーク。
ちなみにソーススプーンというのは↓のスプーン。


通常、柔らかいお魚料理などの時に使われて
ナイフ代わりに、魚を切ったり、これにのせてソースに絡めて食べるスプーンです。

で、アワビがこのソーススプーンで簡単に切れるんですよ!(*´д`*)
柔らかいのなんの(*´д`*)
肝も添えられていて、これが不味かろうわけがないのです。

ともすれば、アワビが堂々の主役になりそうなのですが
もうひとつの黒ムツだって、ひょっとしたらアワビを超えるんじゃないか?
と思うほど、ソースとの相性がバツグン!

それらを、コシヒカリのリゾットと一緒に頬張ると…。

「とんでもない」

の一言しか出ません!

前回も言いましたが、ここで食事が終わっても、充分満足なのですが
この日のお目当ては次の肉料理にあるわけです。

何のお肉なのか?

思わせぶりですが、次回へと続きます。

【その1】
【その3】
【その4】

ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2009.08.01 19:24:42
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.