000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

旅の人 うちのラム酒は最高だよ!

PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

マイケル@ Re:新松戸ニンニクチャーハン栄楽で労働メシ!(06/24) めちゃめちゃ美味しいニンニクチャーハン…
グーフィー大好き@ Re:cuisine francaise JJでのお食事おさらい篇(04/27) ご無沙汰しております。先日、ランチでj…
桃山@ 御無沙汰です お元気でしたか? あの日、僕は職場に…
yui@ こんにちは 明けましておめでとうございます! …
しぃママ@ Re:cuisine francaise JJのスズキのパイ包み焼き(01/05) おめでとうございます☆ お仕事お忙しい…

Rakuten Card

2009.08.05
XML
テーマ:食べ歩き(3302)
カテゴリ:フレンチ
ミシュラン三ツ星の恵比寿にある、ガストロノミージョエル・ロブション。
前回はアラカルトで食事をしました。

正直言ってあの時は、さほどのインパクトを感じられず、不完全燃焼のお食事でした。
今回は三ツ星の実力を再確認すべく、
力を入れているらしいコース料理を注文してお食事をしました。

注文したのは、定番メニューを含めた季節のコース。
コースで頼むと、メニューをプリントしたものがもらえるので、正確な料理名もわかります。

アミューズに出てきたのは
フレッシュチーズをムースにしたものに、レモンのジェレをのせたもの。
JRアミューズ.jpg

前回のアミューズも似たような方向でしたね。
レモンのジュレは本当にすっぱいのですが、フレッシュチーズのムースと一緒に食べると
それが和らいで、バランスがとれます。
右側に添えられているのが、パルメザンチーズをのせたサブレ。
これは文句なしに美味しかったです…。

前菜の一皿目は、ジョエル・ロブションの定番。
JR冷製.jpg

トマトの間に毛蟹を挟んだミルフイユ仕立てです。
付け合せのトーストとの相性も○でした。

温前菜はプランチャ(鉄板)でやいたフォアグラ。
JRフォアグラ.jpg

鉄板でのフォアグラといえば、エル・ブランシュで何度も食べているわけです。
プルプルはしていますが、エルブランシュよりは固め。
酸味のあるソースが、まぁよかったです。

お魚料理は天然平目。
JR平目.jpg

付け合せはジロル茸とアスパラガス。
この平目、結構しっかりと火が通っていて、プリプリというよりはパサパサな感じ。
ならば、そこに染み渡るようなソースがたっぷりとあればいいのですが
ソースも最小限に、素材だけを食べさせようとしているので…。

お肉料理は鳩ポッポ。
JR鳩.jpg

この火入れは、お肉なのにとろけるような感じで驚きました。
前回の仔羊を食べたときも思ったのですが、どうやらこちらのシェフ(お店)は
お肉料理にスパイスの香りをつけるのが好きなようです。

前回は、クミンの香りのするナスがついていましたし
今回もクミンを散らしたタマネギが添えてありました。
あと写真には写りきらなかったのですが、右奥にはたぶん前回とほぼ同じと思われる
ピュレ(メニューによればデーツのピュレ)も添えられています。
お肉は変われど、他の構成はほぼ一緒です。

アヴァンデセールを食べた後のデセールは
JRデセール.jpg

これはなかなかに美味しかったです。

さて、これでお食事は終了。
ここからは正直な感想ですが、
ミシュランの三ツ星も獲得していて、その他サイトでも高評価ですが
どうしても自分には、その凄さが伝わりません。
当然、ちゃんとした水準の料理なのですが
「ガツン」とくるというか「これはやられたなぁ~」という部分が無いんですよね。

もちろん自分が、クラシックな料理が好きだから…という部分もあると思います。

内装はゴージャスですし、あのお城のような中へ入っていくなんて
喜ぶ人はそれだけで喜ぶと思います。
ただ、純粋に料理の味を…となった場合は、果たして優位性があるのかどうか。

ひょっとしたら今回も料理のチョイスを間違ってしまったのでしょうか?
最も皿数の多いコースじゃないと、真価は発揮されないのでしょうか?

今後イベントとしては使うかもしれませんが、
個人の料理を楽しむ食事では足が遠のきそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2009.08.05 10:06:03
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.