1795763 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

レジャーサービス研究所(東京&上海)

PR

Profile


レジャ研所長

Category

Calendar

Freepage List

Archives

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

たかが楽天~「あっ… bmjapanさん
顧客心を捉える儲か… 顧客心を捉える儲かる仕組み請負人さん
春にして君を離れ ぽち.さん
失敗?成功?教師辞… 教師辞めて上海【のむてつ】さん
■Lifenaviの幸せの法… lifenaviさん

Comments

 マイコ3703@ キーワード検索でたどり着きました☆ ブログを見ていると、時間が経つのも忘れ…
 山本1998@ Re:観光産業の緊急課題は外国人の給与改革!(07/18) アフィリで稼いだ楽天キャッシュはどうし…
 Dr.ヒーリング@ こんにちわ(*^_^*) ここに来たのも何かの縁かな・・・? …

全1426件 (1426件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019/07/18
XML
カテゴリ:教育・研修
ある企業の「働き方改革」に関連する社内向けセミナーに呼ばれた時のこと。

3人の講師の一人だった私の出番は3番目だったので、
一番後ろの席に座って、2人の先生の講演を拝聴しましてました。

一番バッターの先生の講演の最後の質問タイムに、
「政府はもっと私たち主婦層に対して…して欲しい!」
「そもそも私たちの仕事量が多いことが問題なんです」
などなど、ズバズバ意見しちゃう人(Aさん)がいました。
(質問タイムなのに…(^^;)

堂々と大きな声で意見する姿は、
多くの女性社員の共感を得るのかな?と思ってみていると、
反対に白けムードが漂いました。

なぜか?
最後尾にいた私はすぐにその理由がわかりました。

Aさんは、講演中はほぼ自分のスマホをいじっていて、
Facebookを投函したり、LINEで親類に連絡したり…
ほぼ私用でした。

そうです、Aさんは仕事ができない以前に、
仕事してないのです。
これは日常も同じで、
デスクワークをいいことに公私混同型ワークの常習犯で、
社内の人々はほとほと困っている…とのことでした。

なので3番目の私の話しは、
急遽内容を変更して「公私混同ワーク」の話を中心にしました。
だから、Aさんは私の講演中…スマホをいじれなくなりました(笑)。
もちろん質問も意見もありませんでした!

===

スマホやPCの画面を眺めていると、
どことなく仕事しているように見えてしまうので困ります。

実はセミナー中、Aさんのような人は結構いたばかりか、
セミナーの事務局の運営するスタッフも…やってました(^^;。
記録を取ってるフリして…SNS三昧!
残念な会社です。
(同時に、私用SNS中毒患者が多くて深刻です)

スマホやPCは、正しく使えば生産性がどんどん向上して、
働く人も企業もハッピーなツールにもなるし、
使い方を間違えれば、生産性がとことん下がる
恐ろしい悪魔のツールにもなります。

この会社では、こうした実態を受け止めて、
ここはまずは原点に返って
「残業どうのこうの」以前の問題として、
「ツールは正しく使用しましょう!」
…という取り組みが始まりました!

働き方改革の第一ステップだと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レジャー・サービス研究所
上海楽暇堂商務諮詢有限公司
斉藤茂一
~~~~~~~~~~~~~~~~~~






Last updated  2019/07/18 04:52:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/13
テーマ:中国&台湾(3136)
カテゴリ:教育・研修
ER緊急救命室シリーズ1~15を一気見完了!


とは言っても約一年間、毎日ほぼ1話のペースです。
BSの「Dlife」で録画→PSVITAに転送→移動中(飛行機、新幹線、地下鉄…で)
そして、時々自宅の書斎…で見続けました。

中国の病院や介護施設のサービスに関する仕事の打診があって、
まずは医療現場を少しでも学べるものはないか?と探している時、
「日本の事例はあまり参考にならないからまずはERを観なさい!」と
知人(医療関係者)にアドバイス頂いたのがきっかけです。

理由は患者様子と医療制度があまりにも違うから。
中国の病院の現場は色んな意味でアメリカに近いらしく、
その現場の雰囲気を学ぶならとERを推薦してくれました。
次の仕事開始が来月からなので、間に合いました!

実はERシリーズは以前も好きで見てました。
しかし、仕事目線で見ると全く違ったものが見えて来るから
本当に奥が深いドラマです。
ERは「他の追従を許さない医療ドラマの金字塔」
と言われるだけありますね。

改めて見て、最も大事な社会インフラ病院を支える現場の凄まじさを
訴えかけていることに気づきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レジャー・サービス研究所
上海楽暇堂商務諮詢有限公司
斉藤茂一
http://www.lsi-web.net/ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~






Last updated  2019/07/13 04:21:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/06
テーマ:中国&台湾(3136)
カテゴリ:インバウンド対策
この数年の日本のシティポップ人気は中国でも徐々に広まって来ました。

先日、遊学で訪日した中国人経営者の方々18人を案内しました。
その中にも日本のシティポップ大ファンと言う方が6人いました。
中には「子供の影響で好きになった人」もいます。

その息子さんが見ていたシティポップの動画を覗いて、
まず最初に驚いたのは、演奏技術と音質だと言います。
中でも、日本を代表するフュージョンバンド『カシオペア』のライブ映像でした。
以下、何に驚いたのか?主なコメントです。

→Casiopea LIVE 1985​

「その楽曲と演奏技術も素晴らしいが、
さらに驚いたのは、80年代のライブで使用していた楽器と機材。
ヘッドレスでおまけに5弦のベース、
ギターもベースもワイヤレス、シンセドラム、、、
しかもステージ上の楽器も機材もほとんどYAMAHA。
この時代ですでに、ノイズやハウリングを起こさない。
その圧倒的な音質の良さに感動した。



つまり日本の80年代は、シティポップに限らず、
ジャズ&フュージョンに至るまで素晴らしいアーティストがたくさんいて、
その演奏とクオリティを支えるあらゆる技術も保有していた…
そのことに大いに驚いたし、同時に愕然とした。
それは近年はスマホに代表されるようなIT分野などを中心にあらゆる分野で、
すでに中国は日本のテクノロジーを追い越したと思っていたけど、
そういうのはまだ一部なんだと言うことがライブ映像を見て実感したし、
日本を舐めてたなと思いました」」
などなど、大変熱く語ってくれました。

ちなみにかなり音楽業界に詳しいようなので理由を聞いてみると、
3年前からライブハウス事業にも投資しているとのことでした。
尚更実感できるんでしょうね。

案の定、この中国人経営者は日本滞在中に、楽器屋とCDショップ巡りをしてました!

何しろ80年代のライブ映像から、
これだけ色んなことを考える人も凄いなと思った次第です。
何より、個人的に高校時代からカシオペアのファンなので、
自分ごとのように嬉しかったのが正直なところです(笑)。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レジャー・サービス研究所
上海楽暇堂商務諮詢有限公司
斉藤茂一
http://www.lsi-web.net/ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~






Last updated  2019/07/06 01:30:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/30
テーマ:中国&台湾(3136)
カテゴリ:台湾
今や大人気の松山文創園区。
私たちも台北に訪れる度に必ず訪れます。

個人的には、
文化と芸術の最先端を満喫できる公園…
と言った印象です。
なので、毎度衝動買いしてしまいます。

今年の3月に訪台した際の衝動買いは、モバイルスピーカーです。
公園内の店に入ると、目に飛び込んできました。
大変ユニークなそのデザインと音質、
それに小さくて軽い!


一度商品を見てすぐに買ったわけではなく、
「どうしようかな?」と
一度店の外に出てしばらく考えることにしました。
店の外に出てみるとこんな景色です。





すると「ここで自分の好きな音楽を聴きたい…」
と言う衝動に駆られました。
そして購入!すぐに開封してスマホとリンクを設定。





この店が街中にあったら買わなかったかもしれませんが、
(もちろんネットで見ただけでも買わなかったと思います)
公園の雰囲気にやらせてしまいました(笑)。
もちろん実際に音楽を聴いてみて、、、大満足でした!

やはり環境と演出は大事ですね。
これからの店舗開発や商業施設の計画のヒントが満載の、、、公園です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レジャー・サービス研究所
上海楽暇堂商務諮詢有限公司
斉藤茂一
http://www.lsi-web.net/ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~






Last updated  2019/06/30 06:54:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/26
テーマ:中国&台湾(3136)
カテゴリ:インバウンド対策
先日、中国人経営者たちの遊学のアテンド仕事で
東京ディズニーシーをご案内しました。

現地に到着すると、
総勢25人のうち、4人が乗り気でない様子。
女性経営者4人組で、訪日中いつも一緒のお仲間とのこと。

「心ここにあらず…」と言った感じで、本音は
「銀座でブランド品を買いたい」でした。
「明日は、銀座の予定だから今日のところは…」と主催者がなだめてました。

入園して30分くらいしてトイレ休憩後に全員集合すると、
少し遅れて4人組が走って来ました。
しかも全員カチューシャをつけてご機嫌!

カチューシャを買ってからの4人組は楽しみ方も変わりました。
『自撮り合戦』が始まり…
やがて、爆買いモードへと移行しました(笑)。

俗に言う『ディズニーの世界観』に入ったのでしょう。

考えてみれば彼女たちが買ったカチューシャは、
日常生活には全く使えないモノです。
少なくとも帰国時の空港では外すはずです。

例えば、お子さんのお土産にミニーマウスのキーホルダーを買った…
くらいならわかりますが、ディズニーに全く興味がない人たちが
パークに入園後に雰囲気や環境に影響されて
『自分用のカチューシャ』を買ってしまうのは、凄いことです。

銀座の百貨店などでよく見かける中国人の爆買い光景とは違います。
百貨店の場合は、事前に『買い物リスト』が決まっていて、
それを買い求めているケースがほとんどです。
現地の雰囲気で爆買いしているわけではありません。

しかし、今回の東京ディズニーシーの場合、
この4人組は興味がなかったので、当然何も買う気はありませんでした。

つまり購買意欲「0」の人に、
爆買いのスイッチを入れる仕組みがある
と言うことになります。

それは小売業界から見れば『魔法のスイッチ』と呼ばれるほど羨ましいものです。
では、その『魔法のスイッチ』の正体は何か?
そこに注目が集まるのも当然です。

ちなみに、東京ディズニーシーからホテルに戻って会食中に、
「今日はお疲れ様!明日は予定通り銀座の買い物タイムでいいですね?」
と確認すると、4人組は
「私たちは東京ディズニーランドに行きたい!」と言い出す始末。
「買い物はどうするの?」→「ネットでも買えるから…」と言うことで、
結局、銀座チーム7人と東京ディズニーランドチーム18人に分かれることになりました(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レジャー・サービス研究所
上海楽暇堂商務諮詢有限公司
斉藤茂一
http://www.lsi-web.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~






Last updated  2019/06/26 04:47:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/25
テーマ:中国&台湾(3136)
カテゴリ:カテゴリ未分類
仕事柄、毎月一回は中国へ出張します。
その際に中国系の航空会社に乗ることもあります。
(国際線&国内線)

そこで不便と言うか退屈なのが
エコノミークラスだろうがビジネスクラスだろうが
機内のエンターテインメント用の映画がほぼ日本語対応していない…
ことです。
いくら機体が新しくなっても、サービスはこんなもんです(笑)。

そうなるど本を読むくらいしかできないので、
周囲のうるさい客の中で我慢の読書を強いられます。

話し声もうるさいけど、もっとやっかないのは、
各自が自分のスマホでドラマや映画を見る際に
イヤーフォンを装着しないで見る人がかなりいることです。

周囲がうるさいから、ボリュームはどんどんアップしてきます。
だからこちらとしてはできれば音楽を聴いたり、
できれば集中できるようにドラマや映画を見たい…
耳と目を画面に集中できるようにしたい願望が生まれます。

そこで、僕の場合はタブレットが欠かせません。
予め日本で様々な動画を入れておいて、
周囲の騒音を遮断して機内の2-3時間を乗切ります。

特に見たかった映画やドキュメンタリーなど、
一心不乱に見るようにしてます(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レジャー・サービス研究所
上海楽暇堂商務諮詢有限公司
斉藤茂一
http://www.lsi-web.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~






Last updated  2019/06/25 05:19:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/07/22
カテゴリ:講演会・セミナー
昨年から、中国の観光・レジャー産業の団体から依頼されて
主要都市で開催される研修会の講師に招かれるようになりました。

主題公園セミナー


現在の中国が特に力を入れているのが国内の観光産業です。
昨年の上海ディズニーランドの開業で、全国でさらに熱を帯びてきています。
半面、一気にバンバン作ってしまうから失敗も多く、
それはそれで各地域の社会問題にもなっています。

そうした中、そもそもちゃんと事例を勉強しましょう…
ということで、日本人の私たちに白羽の矢が立ちました。

日本の成功と失敗の事例を中心に
特に「失敗の教訓」から今後の開発に役立てる内容にしてます。

内容は「テーマパーク開発」と題材に
ソフト、ハード、そしてそれらの必要な数字…の三部構成です。

2日間、ホテルでぎっちりやります。
参加者は、テーマパークやリゾートのの運営会社の方々や
これから観光レジャー分野に投資しようとと考えている投資家
設計・デザイン会社…など。
そのほとんどの方が社長または幹部なので真剣です。

実はこの4-5年は中国各地のテーマパークやリゾートの
仕事もしていたので、ある程度の実態を把握できていました。
日本でも中国でも成功の理由は色々あっても、
失敗の理由はほぼケースが似ています。

なので、日中共通して犯す間違いをビデオや数字で紹介すると
皆、釘付けになります(笑)。

共通しているのは、ハード先行で開発が進んでしまうこと。
その後の運用とその収支計画は「えいや!」で丸めておいて、
取り合えず作ることが最優先。
理由は、作りたい業者ばかりが集まってくるから。
いわゆる「作り逃げ」というやつです。

「世界一」とか「アジア一」というキーワードと共に、
美しいCGで「こういうのを作りましょう!」とプレゼンされると…
弱いみたいです(笑)。

それでハード先行で作ってバンバン予算使って、
オープンする頃にはスッカラカン。
そしてやっとオープンすると、
いきなり「経費削減」を叫びながらの日々になります。
もちろん運営スタッフの給与も安い!

それでも、企画書にある
「おもてなし」だの、「感動のサービス」というスローガンだけが
独り歩きしていきます。

だから「順番が逆ですよ」と教えます。
ハードを考えるのは一番最後でOK。
まずは、ソフトから。
そして、数字の検証を繰り返して、それに見合うハードを作る…
という流れを指導します。

よって、日本でも中国でもハード屋さんたちには煙たがられます。
30代は、なかなかこうした意見は通らなくて、
逆に「余計なことを言うな!」と、釘さされてました(汗)。
ようは「余計ないことを言ったらこれから仕事が来ないよ、いいんだね!」と。
私たちのような弱小運営コンサル会社は大手には逆らえない時代でした。

それで作ったテーマパークやリゾートのその後は、、、
当然ながら経営破たんしていきました。
儲かったのは、開発に関わった業者だけ。

そういう暗黒の時代が終わってみると、
今度は中国で同じことが起きていたわけです。

さすがに今は十分に経験も重ねて来たので、
日本でも中国でも変な釘をさされることはなくなりました。

かつての苦い経験が、こうして社会や地域の役に立てられるようになったのは嬉しいことです。

レジャーサービス研究所のホームページ






Last updated  2017/07/23 04:33:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/05/08
カテゴリ:教育・研修
中国に出張して接客サービス研修をやるようになって
何だかんだで17年。

最初の10年は中国に進出している日系企業からの依頼が7割でした。
この7年間くらいは、9割は中国企業の研修です。


それで毎回課題になるのがチームワークです。
多くの中国企業の課題と言えるかもしれませんし、
現実に経営者の大きな悩みになっています。


しかしながら、日本と比較して「あーだ、こーだ」と言うのは無理があります。
そもそも小学校の教育内容からして大きく違います。
給食当番や掃除当番にクラブ活動…
授業以外の様々な要素で培われたのがチームワークです。
わかりやすく言えば、そのようなチームワークを向上させるような教育は
ほとんどないも同然なので、できなくて当たり前と言えます。


さらに、大きな問題は「一人っ子」です。


私自身、昔から自分のチームを作る時には、
メンバーの兄弟構成を十分に考慮して選抜してましたし、
それは今でも組織を作る上でとても重要な要素だと考えています。
例えば、4人のチームを作るとして
<長男・末っ子・中間子・一人っ子…>
という具合です。


たまに血液型や星座を重視する人事部の担当者もいますが、
現実にこの方がうまく機能しました。
しかし、現在の中国で就職するのは
ほぼ全員一人っ子です。
(1979年→2015年まで続いた一人っ子政策のため)
長女も中間子もいません。


なので、日本の研修内容の違いは
一人っ子に特化したカリキュラムを作らなければならない…
(評価システムも同様に…)
という点にあります。


だから、日本で使っている教材をそのまま中国に持って行っても、
その時だけ盛りあがって…数か月後何も変わってない…
ということが頻繁に起きるわけです。


当然、マネジメントも違います。
世間には「人材組織マネジメント」系の書籍がたくさんありますが、
一人っ子だけの組織マネジメントについて書かれたものは極稀です。


最近私たちは、中国のテーマパーク開発の仕事が多いですが、
その基本構想や管理運営計画や運営マニュアルを作成する際にも、
この一人っ子がカギになってきます。
日本のノウハウをそのまま移植してもうまく行かない理由の一つです。






Last updated  2017/05/08 08:56:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/02/16
カテゴリ:教育・研修

先日テレビを見ていたら「褒めるセミナー」が紹介されてました。
部下を褒めて育てよう、今の管理職は褒めるのが下手で、
叱ってしまうことが多いから…などで、
様々な実習を通し褒め方を学びましょう…というような内容でした。

褒め方のスキルを学習するもの悪くないとは思うものの、
それで人が育って戦略になるかどうか?はわかりません。

個人的には「褒める&叱る」以前の問題として、
その人の仕事を「正しく評価する」ことの方に注力すべきと考えます。

売上や生産数など、数字を評価するのは簡単ですが、
仕事の中身はそれだけではありません。

特に店舗や施設運営に関わるような仕事の場合
接客の評価をどうするか?はとても大きなテーマです。

実際に現場で評価のお手伝いをしていると、
その会社の管理職や経営者のコメントをきいていると、

「あの人は接客がうまい」
「愛想がいい」
「気が利いている」
「あのスタッフは特別感はない、普通だ」
「元気がない」
「イマイチ…暗い」
「テキパキしてる」
「覇気がない」
など、基準があやふやなものが目立ちます。

「接客がうまいと普通と下手の違いを教えてください」
「そもそもどのようにしたら標準の評価がもらえるんですか?」
と尋ねても…これまたあいまいな答えが返ってきます。

ならば従業員にも教えられるわけもありません。
(よって、従業員も改善できない)

もちろん、言いたいことの何割かは気持ちとしてわからないではありません。
今までの感覚や経験値で言うのがいい…と
人それぞれの「何となくの基準」がある。

しかし「これが基準です!」と、ストライクゾーンが定まってなくて、
投げた後になってからその日の審判の気分で
「ストライク!」とか「ボール!」と言われても
野球なんか辞めたくなるでしょう。

それは仕事でも同じ側面があると思います。

そんなことで、新入社員が入社する前の準備として、
あれこれ色んな研修の相談や依頼が来ますが、
まずは評価者研修をしましょう!と言ってます(笑)。

仕事の評価とその基準を決めて、
それを正しく評価できるスキルを身につける…。

「褒める&叱る」以外のスキルこそ
注目されるべきだと思います。

レジャーサービス研究所のホームページ







Last updated  2017/02/17 03:44:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/08/21
カテゴリ:インバウンド対策
現在北京に出張中なので、オリンピック中継が見れません。
テレビをつけても、中国人選手が中心の試合ばかり。
当然ですね。

そこで、頼みの綱はYoutube。
しかし、中国で見るにはVPNを使わなければならない。
しかも、毎回繋がるわけではありません。

いつもなら大目にみるけど、
今回はほとんど繋がらなくてイライラはピークでした。

それがやっと約4日間ぶりに繋がった時の嬉しさったらありません。
しかも、福原愛ちゃんのインタビュー。

rblog-20160821100608-00.jpg

感動2倍で涙腺がゆるゆるに、、(笑)。

中国は、Free Wifiが充実しているという人もいるけど、
やっぱり外国人の立場では、
YoutubeもFacebookにも繋がるネットフリーの方がいいに決まってます。

帰国したら、
オリンピックの録画を見るのが楽しみです!






Last updated  2016/08/21 11:06:19 AM
コメント(0) | コメントを書く

全1426件 (1426件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.